新年あけましておめでとうございます。

気がつけば、メルマガはもちろん、ブログも月1回の状態(汗)

ネタは拾っていているのですが、アップする時間がなかなか取れず、
このような状態になっていて申し訳ありません。

月1回のメルマガはなんとか実行しようと思っています。

早速ですが、今年最初のメルマガを明朝配信します。

今回もブログでは公開しない、とっておきのおいしいもの情報で
しかもこの時期にしかない、旬のネタで巷では知られていない逸品です。

もちろん、しっかり私が自分の舌で、五感でチェックした上でご案内しています。

メールマガジン登録が未だの方は下記をクリックして手続きをお願い申し上げます(ペコリ)

メールマガジン登録はこちらをクリック!
# by mitsuketai | 2016-01-02 10:25 | おいしい逸品 | Trackback | Comments(0)

毎月1回、ブログでは公開しない、とっておきのおいしいもの情報を
メルマガ会員様に発行しています。

通常は月半ばに配信するのですが、今回ご紹介させていただく逸品は
期間限定販売で、締め切り期間が迫っていると同時に、一定数量に
達すると売り切れ御免になる可能性もある超レアもの!

もちろん、しっかり私が自分の舌で、五感でチェックした上でご案内しています。

これはもはや、藝術品の域に達している味わいです。

メールマガジンに登録していただいている会員様に限定させていただいています。

わざわざ登録いただいているお客様への特典として考えています。

メールマガジン登録が未だの方は下記をクリックして手続きをお願い申し上げます(ペコリ)

メールマガジン登録はこちらをクリック!
# by mitsuketai | 2015-12-04 14:14 | おいしい逸品 | Trackback | Comments(0)

毎月1回のお約束のメールマガジンを21日に配信します。

今回もブログには紹介しないメルマガ読者限定のおススメ商品のご紹介!

自分が実際に食べておいしいと思った逸品をご案内します。

これはおいしいもの見つけ隊の原点に立ち返って発行しています。

メルマガの登録はココをリックして下さい!

日々忙しく、なかなかブログアップできないジレンマに陥っていますが、
これも近いうちに少しずつアップしていきたいと思います。

写真は先週ちょっと遠出をして行ってきた秘密の場所です。

e0009772_2327143.jpg


e0009772_23281029.jpg


もちろん、目的は秘密ですが(笑)充実した1日でした(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-11-17 23:31 | お取り寄せ | Trackback | Comments(0)

毎週土曜日の18時30分放送されるのがテレビ大阪「おとな旅倶楽部」


俳優の三田村邦彦さんが女性レポーターとJR西日本管内を紹介する旅番組

テレビ大阪「おとな旅倶楽部」に入会しているので、前日に番宣を兼ねた
メールマガジンが届きます。

今回も次のような一文が…(前後は省略しています)

その後も途中下車を繰り返し、美味いもんの数々に出会うのですが…

2人とも大感動したのが江戸時代から続くみかん農家でいただいた秘伝のおやつ。
家族4代以上にわたって伝えられた家庭の味なんですが、
一体何なのかは放送をお楽しみに!!
ちなみに農家の方々は人柄もよく、
三田村さんも「渡る世間は鬼ばかりではない!」と喜んでおられました。

もしかすると…そんな予感がしたら、何と和歌山 下津の蔵出しみかんで有名な鈴木農園さん!

2009年2月28日にこんな記事もブログで紹介しています。

最近、ブログやメルマガをさぼり気味ですが、以前取り上げた生産者さんが
メディアに取り上げられることがあります。

取り上げた生産者さんがこうして有名になることはうれしい限りです(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-11-07 22:11 | おいしいものアーカイブス | Trackback | Comments(0)

ここのところ、ブログの更新が滞っており申し訳ありません(ペコリ)

それに加え、メルマガはもはや休眠状態(とほほ)

言い訳に過ぎませんが、仕事において新しい仕組み作りに
時間を奪われ、メルマガはもとより、ブログもままならない
毎日を過ごしております。

何事も仕組み作りを考えると、人が介することなので
調整に膨大なエネルギーを費やします。

身近で当たり前と思っていることの全てにおいて
軌道に乗せる仕組みを最初に作った人は偉いなあ!

さてさて、この度、気を引き締めてメルマガを改革します。

改革その1:メルマガ読者限定のおススメ品をご紹介します!

せっかくメルマガにご登録いただいている読者様にだけ
お伝えする特典で、ブログにはご紹介しないものをご案内します。

紹介させていただく商品は厳選するつもりです。

価格はリーズナブルにも関わらず、おいしいものを紹介していくつもりです。

もちろん、有料メルマガにするつもりは毛頭なく、無料で配信していきます(苦笑)

改革その2:原則月1回発行します。

これまでの怠慢を改め、月1回の発行を頑張ります。

改革その3:最新号のみしか公開しません。

従来まぐまぐで過去発行したメルマガを閲覧できましたが、
最新号のみしか公開しません。

改革第一弾は10月17日(土)に配信を予定しています。

とにかくやってみて、皆さんからのご意見もいただきながらメルマガの
配信を考えていこうと思っていますので、今後ともご贔屓願います。

こんなことでメルマガを再度登録してみよう!一度見てみようという
ご厚意をいただける方は下記をクリックしてご登録いただければ幸いです。

まぐまぐ おいしいもの見つけ隊メールマガジン登録はこちらをクリック!
# by mitsuketai | 2015-10-10 12:14 | お取り寄せ | Trackback | Comments(0)

クワガタを食する?

最近、昆虫を食べる昆虫食が注目を浴びています!

栄養価も高く、食糧資源としても貴重だとか…

確かに長野県では蜂の子を食べたり、終戦後の食糧難の時代には
イナゴを串刺しにして焼いて食べたとの昔話も聴いたこともあります。

さてさて、今回のお題は“クワガタを食する”

いくら昆虫食がブームで栄養価が高いと言っても、
ホンモノの昆虫を食する勇気はございません(苦笑)

クワガタを食する⇒リアルなクワガタをイメージしたチョコパンに方針転換(ニヤリ)

e0009772_0234225.jpg


これは明石に本店があり、大阪にも店舗展開されているダンマルシェさんの期間限定商品!

こちらのブログの方も記事を書かれています!

本当に、リアルなクワガタそっくりのかたち!

ぱっくり割って、ガブリ!うまい!

e0009772_024264.jpg


昆虫好きのお子さんにもウケることもちろん、大人も一瞬童心に返ってしまいます(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-09-28 23:58 | おいしいパン | Trackback | Comments(0)

りんごの品種は9月上旬のつがるから始まります!

今年は生産者の皆さんが口を揃えて季節が早まり、
収穫時期も例年より早くなっているとおっしゃっています。

まだまだ暑い日もあって秋はまだかな?と思う反面、
こういう情報に接すると、あっという間に秋は過ぎ去っていくのかもしれません。

さてさて、つがるりんごは果肉が柔らかく、サクサクッとしたさっぱりした味わい。

ふじりんごの場合はいちょう切りにして、グラニュー砂糖をぶっかけて、
さらにレモンをたっぷり搾って、浸透圧で果汁がにじみ出るようになってから
ひたすらコトコト煮詰めるとコンポートになります。

ところがつがるりんごの場合は同じように煮詰めると、果肉がつぶれてジャムに…

e0009772_20323433.jpg


これが意外にさっぱりしていて、初夏の味わいという感じかな?

これまでつがるりんごをジャムに!なんて発想はなかったのですが、
意外や意外、さっぱりしていて、さわやかなジャムになります(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-09-25 20:23 | 野菜のソムリエ | Trackback | Comments(0)

カナダ産松茸

今年はカナダ産松茸の入荷が多いようです。

e0009772_21302969.jpg


例年、中国産や韓国産が多かったように思えるのですが、
今年はリーズナブルなカナダ産もしくは高い国産かの選択。

個人的には環境汚染や不良品が気になる中国産や韓国産より
白くて、きれいで、香りもそこそこで価格もリーズナブルな
カナダ産で十分だと思います。

e0009772_21311071.jpg


この松茸1本、税込で1,080円で秋の香りを満喫できれば十分。

e0009772_21314951.jpg


これで松茸ごはんにして食べれば、ささやかな幸せかもしれません(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-09-24 21:31 | 食の安全&表示 | Trackback | Comments(0)

先週の10日の木曜日 軽井沢へ弾丸日帰りトンボ返り出張!

軽井沢は実に4年ぶり!

台風にぶつかるかと当初はヒヤヒヤでしたが、
そこはさすが晴れ男(笑)

今回も雨には会いませんでした! 

前回4年前の出張から帰阪して具合が悪くなって、
食道ガンが見つかって以来の軽井沢へ

実に感慨深いものがあります。

京都駅の新幹線ホームにはホームドアがあって
開閉する際には乙女の祈りの音楽が流れる。

それから何となく気になったのが、東海道新幹線から見た富士山の上に
黒い笠雲がかかっていたこと。

富士山の笠雲は縁起がいいという意見もあれば地震の前触れという意見もあり微妙?

東京から軽井沢への長野新幹線は北陸新幹線に…

e0009772_20325723.jpg


北陸新幹線の座席は東海道新幹線のぞみの座席に比べ
座っていても疲れない感じかな!

北陸新幹線に乗ると座席の後ろにはJR西日本の冊子!

JR東日本管内にも関わらず、ちゃっかりJR西日本に引き込む宣伝ぶり。

昨年から岡山への日帰り、今年に入って東京日帰り
そして今回の軽井沢へ弾丸日帰りトンボ返り出張!

ボチボチ行動範囲を広げています(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-09-15 20:33 | 諸国漫遊 | Trackback | Comments(2)

12日の土曜日 NHK 経世済民の男 小林一三後編を拝聴!

前編は小林一三翁の人間的側面が描かれていたのがよかったが、
後編は展開が早すぎて、いささか息切れ、時間切れ!

たった1時間で全てを盛り込もうと思うのがそもそも無理がある!

あれだけの大事業を成し遂げたことから考えると、エピソードは
いっぱいあるし、関係者の側から見た人物像も絡めると
マッサンのように朝ドラぐらいのボリュームになる。

それくらいのスパンにしないと面白くない!

そんな中で今回ちょっと違和感を覚えたのは阪神からの合併話!

恩人、岩下清周が阪神からの合併話を打診した際の小林一三翁の答え!

阪急が阪神を吸収合併するなら受けますが、阪神が阪急を呑み込むことは受けません。

当時は阪神と阪急を取り巻く環境からは少し疑問!

村上ファンドが阪神電鉄の株を買占め、ホワイトナイトとして阪急が株をTOBで買い取り、
阪急阪神HDとして結果的に阪急が阪神を合併したことになるのは平成の時代のこと。

真偽は定かではないが、銀行と村上ファンドと阪急が手を組んで、優良不動産と
阪神タイガースという唯一無比のエンターテイメントを手中に収めるとともに、
阪急が過去からの因縁でケリを付けたというお話し。

それにしても、存命当時の小林一三翁は果たしてそこまで考えていたのか?

これは後付で脚本家がそれこそ脚色したのではないかと思うが、
そこはやり過ぎじゃないかなあ?

わずか2時間で全てを盛り込むことに無理があるのは割り引いても、
売れっ子の脚本家がストーリーを書いたとしても、おそらく
きちんと資料や歴史を読み込んでいなかったのかと感じてしまう。

その点は少し残念だったと思うのである(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-09-14 22:06 | OH!タカラヅカ | Trackback | Comments(0)

カステラの中でも最高級とされるのが五三焼!

この五三焼きの由来は卵黄と卵白の対比が5:3であることだとか…

生地を膨らませる卵白と小麦粉の割合が少ない分、
熟練のカステラ職人でないとできないともいわれています。 

ならば、五三焼はカステラ屋さんの専売特許かなと思っていたところ…

そんな時に、ケーキハウスショウタニさんの店頭でふと目についたのが…

ケーキハウスショウタニの特製五三焼南蛮焼カステラ!

e0009772_2351341.jpg


このカステラなかなかのものです!

ケーキハウスのカステラですが専業のカステラメーカーも真っ青の実力。

e0009772_2351498.jpg


五三焼の名の通り、卵の風味としっとり感が最高です。

ザラメも使っておられるのですが、舌で感じる、ザラメ特有のジャリジャリ感も控えめ!

こうして個包装になっているのでお持たせにも最適です。

ケーキハウスなのでケーキを前面に出さなければならないのも理解できますが、
特製五三焼南蛮焼カステラも堂々と前に出してもいいのかなあと思っている(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-09-10 23:52 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(2)

手土産はオシャレで、軽くて、小分けができるものって重宝します。

そんな時に利用するのがシーキューブのゴールデン・エスプレッソ・ ラングドシャ!

e0009772_20533525.jpg


商品説明はココをクリックしてご覧下さい!

エスプレッソの芳醇な香りのする2枚のラングドシャでクリームを挟んでいます。

クリームはチョコレートクリームとマスカルポーネ

e0009772_20543244.jpg


エスプレッソのラングドシャが決め手であることは召し上がっていただいたらお分かりいただけると思います。

ご存知、シーキューブはアンリシャルパンティエのブランド。

全国のデパ地下にも店舗がありますが、新大阪駅や大阪空港にもお店があります。

もしお土産に困ったら頭の片隅にでも記憶していただくと役に立つかもしれません(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-09-09 20:55 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(2)

ゆるキャラグランプリ2015が開催されています。

ゆるキャラグランプリも6回目 

ひこにゃん、くまモン、バリィさん、さのまる、ぐんまちゃん…

とあるところから守備範囲外の景品として版権を調べてほしいということで
これらの関係各所に問い合わせて、色々なことを学んだことがあるので
ゆるキャラの動向にも興味を持っています。

我が地元、高槻市から“はにたん”が出馬しております。

e0009772_065782.jpg


画像は高槻市のホームページから拝借しました。

はにたんなかなか愛嬌があって、ほんわかキャラがいいのです!

街中では“はにたんバス”も走っています。


少し地味ですが、コツコツ頑張っている“はにたん”に毎日1回投票しています。

皆さんもぜひ“はにたん”に清き一票を!

投票はこちらをクリックしてお願い申し上げます(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-09-07 23:58 | 地元高槻/茨木ネタ | Trackback | Comments(2)

経世済民の男 小林一三

NHKで“経世済民の男”として戦前戦後の日本経済の基礎を作った
経済人が取り上げられている。

前回の高橋是清に次いで、今回は小林一三がいよいよ登場。 

このブログでもよく取り上げていますが、ご存知、阪急グループの創始者!

その生涯をドラマとしてどのように放映されるかが楽しみです。

NHKの紹介サイトはこちらをクリック!

e0009772_2026348.jpg


見どころは小説家志望の夢破れ、うだつの上がらない銀行員が
強烈なキャラクタ-の上司 岩下清周や面倒見のいい上司の
平賀敏の助けを受けながら、行く末も分からない電鉄会社を
中心に新しいビジネスモデルを構築していくところ。

岩下清周に関する情報はこちらのサイトをご覧下さい。

ちなみに岩下清周の存在とバンカーとしての千里眼がなければ
近鉄奈良線の生駒トンネルはなかったと思います。

それまで第三次産業という言葉がなかった時代に、日銭商売を
ビジネスモデルにまで高めたという点ではベンチャービジネス、
いやイノベーションそのもの!

今や当たり前のビジネスモデルの多くを産み出しています。

こちらの阪急電鉄のサイトにも小林一三に関する詳しい情報があります。


関西人にとって阪急ブランドはなじみがあり、小さい頃から知っていましたが、
創業者の小林一三のことは大学4年のある時まで存じ上げませんでした。

実は百貨店の食品バイヤーになりたくて大学4年の時に阪急百貨店を受験。

筆記や面接をクリアーして最終面接を待つ間に待合の応接室に
飾られていた小磯良平画伯作の“小林一三翁の肖像画”を見つけて、
係りの人に聞いたのがまずかった!時すでに遅し(苦笑) 

今の就活している学生さんから考えると、信じられない話!

創業者を知らず、創業者と企業の沿革知らず!

当然、面接で小林イズムを聴かれてもしどろもどろ。

無駄と思いつつ、あわてて阪急百貨店の書籍売り場で関連書籍を
買って読み込んだのがきっかけ!

その時のことがトラウマになって反省もあり、おそらく学者先生以上に
読んでいると思います。

これまで読破したありとあらゆる関連書籍は100冊以上!

現在、花の道を通るようになってから、途中にある小林一三の胸像の前も
敬礼して通っています。

おそらく、敬礼の年間回数日本一!と申し上げても過言ではないくらい!

この番組を見て、著作物を読み返して、ひとつでも新しいビジネスモデルを
構築していきたいと初心に帰る毎日です(ペコリ)

注釈:敬称は省略させていただいていますのでご了承願います。
# by mitsuketai | 2015-09-04 20:26 | OH!タカラヅカ | Trackback | Comments(0)

昨日、こんなニュースが流れました!

「ごくごく」「ぐびぐび」やめます アルコールCM

酒類の製造販売の9団体でつくる「酒類業中央団体連絡協議会」は
8月31日、アルコール飲料のテレビCMなどの出演者の年齢を、
これまでの20歳以上から25歳以上に引き上げる方針を明らかにした。


「ごくごく」「ぐびぐび」という効果音の使用や、のど元のアップもやめる。

業界団体として素晴らしいことだと思います。

タバコやそれに関連する業界には、受動喫煙も含め、見習ってほしいくらい…(苦笑)

なかなかモノが売れない時代、過剰な宣伝文句が幅を利かせる時代にあって
社会的責任を考えた今回の英断には拍手を贈りたいと思います。

たぶん、協議会のトップやそれを支える事務局がしっかりしているからだと思います。

事務局が黒子に徹して、しっかりしているところは引き締まっています。

業界全体の適正な利益を考えるのが業界団体の存在意義。

もっとも誰でも手に入る統計データを送るだけ、行政機関に折衝したりできず、
親睦と称してお飾りだけの総会を宴会主体に行う業界団体なんかは
時間と会費の無駄遣いで存在意義はありませんが…(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-09-03 19:53 | 食の安全&表示 | Trackback | Comments(0)

千鳥屋の丸房露

まるぼうろは16世紀後半(1570年頃)ポルトガルから伝わった南蛮菓子!

佐賀県や長崎県ではご当地の菓子として有名ですが…

今回ご紹介させていただくのは、千鳥饅頭で有名な千鳥屋の丸房露(まるぼうろ)

e0009772_2350265.jpg


こういう日持ちのするお菓子はおやつや間食としてカバンに忍ばせています。

e0009772_2351569.jpg


手術で胃袋を引っ張り上げたり、小さくなった人間にとっては何回かに分けて
食事や間食で栄養補給する必要があります。

e0009772_23515425.jpg


しかもお茶にも紅茶にもコーヒーや果汁飲料にも合う素朴な味わい!

こういうお菓子は私のような人間にとっては必需品として助かります(ペコリ) 
# by mitsuketai | 2015-08-28 23:52 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

チョコレートをぎゅっと凝縮させたショコラフランボワーズがmaQザッハ!

神戸老舗チョコレート専門店マキィズの看板商品です。

e0009772_2116810.jpg


この商品、説明はここををクリックしてホームページをご覧下さい!

今回はこちらの説明に優る表現をする自信がありません(笑)

あえてひと言申し上げると、ありとあらゆるチョコレートのおいしさを四角く凝縮したもの。

e0009772_2114043.jpg


e0009772_21152354.jpg


サイトも実によくできていて、画面をスクロールしていくと一度食べてみたい!と
気持ちが高ぶってきたところに買い物カゴにプチっと注文を入れてしまうように、
あたかも魔法にかけられたかのように誘導されてしまいます。

そういう面でも買いたくなる工夫は感心しきり!

パッケージもご存知のようにオシャレで小分けサイズになっています。

中身のおいしさは大前提ですが、おいしさは実際に食べてみないと分かりません。

おいしいものさえできれば売れる!そう信じて疑わない人もいますが(笑)
おいしさを伝えるにはデザイン、パッケージやビジュアルも重要。

食べてみたいと思わせないと、実際においしさを感じてもらうところまでいきません。

そういう意味ではこれからの時代、マキィズの商品戦略は参考になると思います(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-08-27 21:16 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

当ブログの夏場のアクセス数1位は下記の記事!

葛まんじゅうと水まんじゅうの違いって?

何の権威もお墨付きもない自己流の勝手なる解釈ですが、
アクセス数がダントツに多いことに少々びっくりしています。

ならば、この時期、どこかの水まんじゅうをご紹介しないと…(汗)

今回は大阪府池田市 光楽堂光國 水まんじゅうをご紹介! 

e0009772_2119929.jpg


このお店の夏場のウリは冷やしみたらしなんですが、
ここはあえて水まんじゅうに挑戦!

e0009772_21195362.jpg


定義その①…透明感のある乳白色の部分が大きく、中のあん玉が小さいのが水まんじゅう。

以前の記事で書いた定義その①にハマっています。

あえて補足させていただくと、あん玉が小さい分、すっきりしているけれど、
乳白色の部分が大きくても、一体感とあん玉としての存在感がしっかり!

定義その②…水まんじゅうの生地にはほんのりと甘涼しさを感じるピュアな純水を
       閉じ込めている感じがすること。


この定義その②にも合致しています!

水まんじゅうの名の如く、清流の流れに甘涼しさを閉じ込め、つるりんと湧水のような清々しさを感じます。

見直してみると、この水まんじゅうの定義、結構イケてる!と自画自賛してしまいそう(苦笑)

残暑厳しき折、見た目、イメージ、のどごしでせめて涼を求めたい気分!

小ぶりなのであっという間にいくつでも食べてしまいそう!

小豆も抹茶どちらも甲乙つけがたいくらいの爽やかなおいしさ!

池田や箕面は洋菓子の街といったイメージがありますが、レベルの高い、
歴史のある和菓子の名店も結構あります(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-08-26 21:20 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

おいしいもの見つけ隊のホームページを開設したのが2004年7月。

この時にホームページとメルマガでご案内させていただいたのが
明治屋ストアーオリジナルブランド ヌーボー旬のいちごジャム!

最近はOSのバージョンアップに対応するホームページビルダーの
更新を止めている為、ホームページも開店休業中、生きた化石みたいに
なっていて申し訳ありません。

ちなみに当時の情報はこちらをご覧下さい。 

ここ5、6年久しくこのいちごジャムとは疎遠になっていましたが、
久々に買い求めてみました。

e0009772_2112810.jpg


感想をワンフレーズにすると…想い出の中の初恋の女性が一番!

あの頃のヌーボーイチゴジャムは一体どこへ…

600g:1,365円(税込)が570g:1,512円

価格は若干上がっているのは仕方がありません。

g数的には若干の違いですが、瓶の形状のイメージから見れば
ずいぶん小さくなった感じは否めません。

e0009772_21125610.jpg


以前はイチゴの粒がつぶれず、形があり、しかもほどよい甘みとイチゴの風味… 

昔のこの感激、ときめきはどこへいったのやら…(苦笑)

大きないちごの粒がゴロゴロしていた粒感は感じられないし、
甘味も酸味も薄く、ペクチンの固まり具合がきつく、ジャムというより、
ゼリーみたいな感覚の方が正直な感想。

e0009772_2114256.jpg


同情する訳ではございませんが、難しい面もあると思います。

原材料や資材の高騰や光熱費の上昇などがあり、
その面をストレートに反映すると価格はもっとアップすると思います。

600gのまま、以前の原材料の配合では2,000円くらいは当たり前!

いちごジャム1瓶:2,000円になると売れ行きはどうなるのか?

価格を取るか?それとも価格は上がっても品質を維持するのか?

価格は2,000円くらいになっても以前のおいしいものを食べたいのか?

これはメーカーにとっては苦渋の決断だと思います。

どちらが正解か分かりません。売上は単なる結果論であって、
お客さんの評価は単なる数字の尺度で測ることはできません。

人はそれぞれ好き勝手なご意見を述べられることが多いと思います。

そこをあえてお許しいただけるのであれば、個人的には1瓶:2,000円くらいになっても
2004年頃の私がホームページでご紹介した、ヌーボー 旬のいちごジャムを
食べたいし、買い求めたいと思います。
# by mitsuketai | 2015-08-25 21:15 | おいしいものアーカイブス | Trackback | Comments(0)

佐賀県の唐津に銘菓 大原松露饅頭があります。

e0009772_18395169.jpg


あっさりした味のこしあんを薄く丸い、カステラ生地に包んで焼き上げている饅頭です。

e0009772_18403817.jpg


e0009772_1842071.jpg


社会人になって3年目、仕事で全国の支店・営業所とやりとりする部署にいた関係で
各地の担当者と仲良くなることがありました。

ある夏、福岡の女性事務員が京都に遊びに来られるということに…

実はその女性と同僚は恋仲でしたが、同僚は京都案内に疎いということで
なぜか駆り出されることに…(笑)

特に女性の希望は、京都大学の本館時計台を一目拝みたいとのこと…

e0009772_18383386.jpg


たまたま僕の叔父ふたりが当時、京都大学の助手(いまでいう助教)と院生でしたから
幾度となく遊びに研究室にも出入りしたりしていた関係で、守衛さんとも知り合い!

事情を話しして近くから眺めてもらいました。

後で分かったことですが、小さい時に生き別れになった
実のお父さんが京都大学の先生ということ!

家族には内緒で、京都へ、しかも一度京都大学へ行ってみたかったようです。

後日、自宅あてにご丁寧なお手紙とともに、贈っていただいたのが大原松露饅頭。

今から30年以上前のある夏の想い出ですが、夏が来ると思い出します(ペコリ)
# by mitsuketai | 2015-08-24 18:42 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)