ヒットの延長線上

ようやくプロ野球も開幕し、本格的なシーズンを迎えた。

野球の華は何と言っても豪快なホームラン!

ブラゼルのスイングを見ていると、最初から一発を狙うフルスイング。

当たれば即ホームラン。これまた見ていて気分がスッキリ!

反対にミート中心の巧打者はヒットの延長線がホームランになることもある。

まさに技あり!という感じかな…

これはビジネスにも言えるのではなかろうか…

市場規模が○○でその何割かの○○を最初から狙う。

そのための妙案はないだろうか?と考える。

確かに最初から大きな目標というホームランを狙って大きく出ることもある。

当たれば大きい!ということで何もかもフルスイング!

ひょっとしたら当たるかもとさらにフルスイング!
 
フルスイングにはその分、落とし穴や弱点も多い。

その点、ミート中心主義は一発ホームランで大きく稼ぐ可能性は少ないが、
ヒットの分、着実に塁を進めることができる。

ヒットを重ねているうちに、タイミングが合ってきたり、相手のクセが分かってきたり…

そしてジャストミートに力がうまく伝わればホームランにつながる。

ホームランを狙うのも、ジャストミートでヒットを重ねるのも自由。

それでも一発ホームラン狙いばかりよりは、ヒットの延長線上に時に
ホームランを狙う心構えの方が結局は成功するような気がする(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-04-15 22:16 | ウラを読み解く?