高山堂の大阪きんつば

JR新大阪やJR大阪駅などでお土産として販売されているのが、高山堂の大阪きんつば

e0009772_23261241.jpg


ホームページの紹介によると…   

北海道産の小豆を、ミネラル豊富な地下水で炊き上げました。
シンプルだからこそ素材にこだわった高山堂のきんつば、
小豆そのもののお味をお楽しみいただけます。


控えめな甘さで小豆の粒が立っていて、しかも粉っぽくないので
ホームページの説明もさもありなん!

e0009772_23274663.jpg


小豆の良さを生かしているという点では遜色なく、まさにその通り。

e0009772_23265429.jpg


これも手軽でかさばらず、しかもかばんの中でひっくりかえっても
赤福のように台無しになってしまうこともない。

6個入り:700円とは価格も手ごろ!

大阪土産として、年配の方向けにはちょうどいいかもしれない。

ところで、この高山堂、本社は兵庫県 西宮市となっているのに、
なぜ、大阪きんつばと名乗れるのかとよく言われるらしい。

実は高山堂、歴史を見てみると創業は大阪市であり、
本社は西宮に移ったものの、歴史的には大阪市内の方が長いかも…

高山堂の歴史はココをクリック!

そして面白いことに、この高山堂はもともと粟おこしで創業し、
主力商品として扱ってきた経緯も…

なぜ、西宮が本社なのに、大阪きんつばを名乗れるのか?

そんなことから調べてみると、今の取り扱い商品からは
想像もつかない商品を扱っていたことも…

創業以来の伝統を頑なに守るのもひとつの方法ならば、
時代の流れに即してスパッと変化を遂げるのも一考の価値あり。

伝統を守るにも努力と創意工夫、変化を遂げるにも努力と創意工夫!

文句ばかりで、行動を起こさないのが一番あぶないかもしれない(ペコリ)
トラックバックURL : http://mitsuketai.exblog.jp/tb/20911754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coppoumon at 2013-08-12 06:23
きんつばは、自分から買うということはありません。
十三喜八州のきんつばは、大きくて価格も安い。安くて大きいのなら、買っても良い・・こういう感覚が自分の中にあるようです。
大きなきんつばを買って、4等分に切って食べるのなら、ひと箱買って、粛々と食べる・・となると食べ過ぎる。
やっぱり、好きなのです、きんつばwith love.
機会があれば高山堂のきんつばを買ってみたいです。

Commented by mitsuketai at 2013-08-12 21:48
>十三喜八州のきんつばは、大きくて価格も安い…この意見には賛同!おいしいけれど、大きすぎるんですよね!これまたまったく同感!

十三喜八州のきんつばを食べごろサイズで…と思ったのですが、やはりあの大きさでないと十三喜八州のきんつばの存在感がないのかなあ?実に悩ましい(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-08-09 23:28 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(2)