なすの豚ひき肉炒め

先日、ブログの記事で家庭菜園の夏野菜のこと書きました。

当ブログの愛読者のおひとりであらせられるコップさんから
コメントをいただいて、試してみようと思ったのがなすの豚ひき肉炒め。

ちなみにコップさんは粋な料理の達人であり、尊敬する教養人

コップさんのブログはこちらをクリックしてご覧下さい。 

料理の達人であるコップさんの足元いや小指の元にも及びませんが、
コメントをヒントに我流で超簡単に作ってみました。

豚ひき肉とたっぷりのみじん切り生姜を炒めながら、
砂糖、しょうゆ、酒で味付け…

なすは乱切りにして油でさっと炒め、
ひき肉と生姜を炒めたものを投入。

みりん少々でテリとコクをつけながら、水溶き片栗粉でとろみづけ!

e0009772_043364.jpg


これでなすの豚ひき肉炒めの出来上がり!

なすは油を通さないとおいしくなく、色もあざやかになりませんが、
油っぽくなく、さっと炒めることがコツかもしれません。

そうすることで、主役であるなすの旨味をじゅわっと感じると思います。

味付けは人それぞれの好みがあるので目分量、感覚でどうぞ!

これをあったかいご飯にぶっかけてどんぶりにしてもおいしいと思います。

ヒントをいただいた、いつもながら温かいコメントをいただくコップさんに感謝(ペコリ)
トラックバックURL : http://mitsuketai.exblog.jp/tb/23481324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coppoumon at 2015-08-10 08:34
あれま、私の名前が・・ありがとうございます。
夏は毎日の食べ物がまず食あたりしないこと・・に尽きるので、わがやは連日のようになすが登場です。
煮物には水茄子のほうがアクがないので、上手く仕上がるようにおもいますが、千両茄子のようなものは、クセのあるもの同士、茗荷とかちぎりこんにゃく、ピーマン、伏見唐辛子とあわせています。赤味噌だけで炒めて、大葉の千切りを天盛りしたりもします。味噌は赤・あわせ味噌の2種類、用意してそのときの気分で日本酒でゆるめて調合しています。やがて秋茄子の季節ですね。
Commented by mitsuketai at 2015-08-14 21:26
水ナスの液漬は毎朝我が家では定番となっています。嫁に食わすな…秋茄子は待ち遠しいですね!本来の意味とは異なりますが、世の中には
食べさせても良さが分からない鬼嫁、※※嫁みたいな女性には秋茄子はもったいないですね!
by mitsuketai | 2015-07-28 23:58 | 野菜のソムリエ | Trackback | Comments(2)