経世済民の男 小林一三

NHKで“経世済民の男”として戦前戦後の日本経済の基礎を作った
経済人が取り上げられている。

前回の高橋是清に次いで、今回は小林一三がいよいよ登場。 

このブログでもよく取り上げていますが、ご存知、阪急グループの創始者!

その生涯をドラマとしてどのように放映されるかが楽しみです。

NHKの紹介サイトはこちらをクリック!

e0009772_2026348.jpg


見どころは小説家志望の夢破れ、うだつの上がらない銀行員が
強烈なキャラクタ-の上司 岩下清周や面倒見のいい上司の
平賀敏の助けを受けながら、行く末も分からない電鉄会社を
中心に新しいビジネスモデルを構築していくところ。

岩下清周に関する情報はこちらのサイトをご覧下さい。

ちなみに岩下清周の存在とバンカーとしての千里眼がなければ
近鉄奈良線の生駒トンネルはなかったと思います。

それまで第三次産業という言葉がなかった時代に、日銭商売を
ビジネスモデルにまで高めたという点ではベンチャービジネス、
いやイノベーションそのもの!

今や当たり前のビジネスモデルの多くを産み出しています。

こちらの阪急電鉄のサイトにも小林一三に関する詳しい情報があります。


関西人にとって阪急ブランドはなじみがあり、小さい頃から知っていましたが、
創業者の小林一三のことは大学4年のある時まで存じ上げませんでした。

実は百貨店の食品バイヤーになりたくて大学4年の時に阪急百貨店を受験。

筆記や面接をクリアーして最終面接を待つ間に待合の応接室に
飾られていた小磯良平画伯作の“小林一三翁の肖像画”を見つけて、
係りの人に聞いたのがまずかった!時すでに遅し(苦笑) 

今の就活している学生さんから考えると、信じられない話!

創業者を知らず、創業者と企業の沿革知らず!

当然、面接で小林イズムを聴かれてもしどろもどろ。

無駄と思いつつ、あわてて阪急百貨店の書籍売り場で関連書籍を
買って読み込んだのがきっかけ!

その時のことがトラウマになって反省もあり、おそらく学者先生以上に
読んでいると思います。

これまで読破したありとあらゆる関連書籍は100冊以上!

現在、花の道を通るようになってから、途中にある小林一三の胸像の前も
敬礼して通っています。

おそらく、敬礼の年間回数日本一!と申し上げても過言ではないくらい!

この番組を見て、著作物を読み返して、ひとつでも新しいビジネスモデルを
構築していきたいと初心に帰る毎日です(ペコリ)

注釈:敬称は省略させていただいていますのでご了承願います。
トラックバックURL : http://mitsuketai.exblog.jp/tb/23634093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mitsuketai | 2015-09-04 20:26 | OH!タカラヅカ | Trackback | Comments(0)