2007年 09月 08日 ( 1 )

学校給食 食べ歩記!

学校給食 食べ歩記という本が出版されています。
e0009772_16183948.gif

これは三重県伊賀市在住の料理研究家 吉原ひろこさん
朝日新聞に連載されている人気コーナーが1冊の本になったもの!

朝日新聞の連載は欠かさず読んでいますが、実際に
学校の給食現場に足を運んで、栄養職員や調理職員に
取材し、児童とともに食べた給食がイラスト付きで克明に
解説されています。

連載を読み始めた時には、朝日の家庭部の記者が
書いているのかなあと思っていました。

当初は、料理研究家として取材申し込みをすると断られたとか…

大変なご苦労の末、今やある程度認知されるようになったようです。

この本を手にとって読んでいただけると、分かりますが、
学校給食ひとつとっても地域格差や学校格差があります。

もっと情報を共有できればいいのになあ…と思うことばかり!

以前、地元 高槻市のブログ みんなのブログ学校給食について
記事を書いたことがあります。

実に現場は涙ぐましい努力をされています。
e0009772_16314946.jpg

この内容を見ると、経済的な事情で払えない場合は別として、
給食費の滞納なんてもってのほか!であることが分かります。

それと吉原さんが提唱されておられる『給食育』

食育については、絶対コレだ!というものがなく、
各地でとまどいを感じておられると思いますが、
やはり、給食を中心に据えて、食育を行う
この『給食育』の考えには賛同しています。

自治体や学校等で食育について何から手をつけていいかわからない!
そういった場合はこの本を参考にしていただいて、自分のところに
足りない部分で、できるところからを補いながら、給食の時間を充実させる!

それだけでも随分成果が出るのでは…

給食時間の充実なくして、食育なし!そんな感じがしています。

そんな意味もあって、この本をおススメさせていただきました!
by mitsuketai | 2007-09-08 16:45 | 食育&地産地消