カテゴリ:おいしい逸品( 190 )

新年あけましておめでとうございます。

気がつけば、メルマガはもちろん、ブログも月1回の状態(汗)

ネタは拾っていているのですが、アップする時間がなかなか取れず、
このような状態になっていて申し訳ありません。

月1回のメルマガはなんとか実行しようと思っています。

早速ですが、今年最初のメルマガを明朝配信します。

今回もブログでは公開しない、とっておきのおいしいもの情報で
しかもこの時期にしかない、旬のネタで巷では知られていない逸品です。

もちろん、しっかり私が自分の舌で、五感でチェックした上でご案内しています。

メールマガジン登録が未だの方は下記をクリックして手続きをお願い申し上げます(ペコリ)

メールマガジン登録はこちらをクリック!
by mitsuketai | 2016-01-02 10:25 | おいしい逸品

毎月1回、ブログでは公開しない、とっておきのおいしいもの情報を
メルマガ会員様に発行しています。

通常は月半ばに配信するのですが、今回ご紹介させていただく逸品は
期間限定販売で、締め切り期間が迫っていると同時に、一定数量に
達すると売り切れ御免になる可能性もある超レアもの!

もちろん、しっかり私が自分の舌で、五感でチェックした上でご案内しています。

これはもはや、藝術品の域に達している味わいです。

メールマガジンに登録していただいている会員様に限定させていただいています。

わざわざ登録いただいているお客様への特典として考えています。

メールマガジン登録が未だの方は下記をクリックして手続きをお願い申し上げます(ペコリ)

メールマガジン登録はこちらをクリック!
by mitsuketai | 2015-12-04 14:14 | おいしい逸品

やめられない!とまらない!かっぱえびせん!  

この名キャッチコピーとともに全国区に…

成功の秘訣は小麦粉生地に瀬戸内産の生エビを練り込んだこと!

この生エビを練り込むことが模造品との決定的な差別化!

カリカリ感、エビの風味、食欲をそそる塩加減…

そのかっぱえびせん!高級品としてかっぱえびせん匠海が販売されています。

e0009772_21163695.jpg


1箱:30枚入りで1,851円、1枚換算約60円!

e0009772_21171383.jpg


1枚の価格が通常のかっぱえびせんの1袋の特売売価に匹敵します。

確かに、おいしいし、高級感は感じますが、これはかっぱえびせんとは似て非なるもの。

これは愛知県の三河などの土産菓子の海老せんべいと同じようなもの。

かっぱえびせんの延長線上ではないような気がします。

e0009772_21185893.jpg


やはり、かっぱえびせんは定番のかっぱえびせんかな(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-07-27 21:19 | おいしい逸品

手県 一関市にある手焼きせんべいの老舗 佐々木製菓

ここの名代手焼せんべいのピーナッツが美味しいのです。

e0009772_0181610.jpg


先般ご紹介した山口製菓の栗せんべいもおいしいのですが、
この名代手焼せんべいのピーナッツも同じくらいうまい。

実に素朴な味わいなのですが、嫌味がない、シンプルなおいしさ。

e0009772_0185244.jpg


口あたりは軽いけれど、しっかりしています。

極めつけは控えめな甘さと香ばしさ!

せんべいのかりっとした香ばしさ×ピーナッツの香ばしさと食感。

ピーナッツも堅過ぎず、柔らかすぎず、絶妙の煎り加減。

さらにせんべい生地に練り込んで、焼き上がって、冷めてせんべいになった時点で
最高の食感と香ばしさを逆算して仕上げていることには脱帽。

シンプルなものほど、その実力の高さと生産者の心意気を感じます(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-01 23:58 | おいしい逸品

マイナーなお菓子屋さんですが、この栗せんべいが美味しいのです。

それが岐阜県の有限会社 山口製菓の栗せんべい!

一見何の変哲もない、ただのせんべいかもしれません。

栗の形を象っているから栗せんべいに見えるかもしれません。

e0009772_23213643.jpg
 

ただ、それだけではこの栗せんべいの実力は分かりません。

そう、一度食べていただければ、これこそ栗せんべいと思える味わいです。

e0009772_23222293.jpg


その秘密は何だろう?

そこで原材料を見て、パッとひらめきました!

原材料の中に生あんと栗ペーストを使っているのです。

生あんと栗ペーストが入っていることで、せんべいでありながら、生の栗菓子のように、
栗の風味を感じる仕組みになっているのです。

このちょっとした、真面目な物作りや工夫が美味しさを醸し出しているように思います。

e0009772_2323567.jpg


残念ながら、山口製菓さんホームページはないようです。

念のため、袋にある住所所在地を下記に記載しておきます。

岐阜県岐阜市市ノ坪町4丁目18番地の1
有限会社 山口製菓
TEL:058-245-3209

なお、あくまで袋の情報を転載しているだけなので、お問合せ等は各自で
責任を持って、節度あるご対応をお願い申し上げます(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-05-21 23:23 | おいしい逸品

鹿児島県鹿屋市にある南洲マイスターヴェルク

鹿児島の黒豚にこだわり、本場ドイツのソーセージ製法で製造されています。

ここのお気に入りがヤークトヴルスト

e0009772_22381946.jpg


いわゆるドイツの定番ソーセージです。

豚肉赤身肉をあらかじめスパイスと共に漬け込み荒挽きにし、
細挽き生地と合わせ充填加熱して仕上げるソーセージ。

e0009772_223858100.jpg


ソーセージの燻製匂いもなく、塩辛さも少なく、とにかくうまい!

ビールがおいしくなるこれからの季節、おつまみには最適です(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-05-14 22:39 | おいしい逸品

アラスカといえば、大阪を代表する高級洋食レストラン!

e0009772_23385610.jpg


しかも、北新地の本店となれば、我々庶民にとって敷居の高いもの(笑)

でも、アラスカの雰囲気を少しでも味わいたい!

そんな時におススメなのが、アラスカ北新地本店の数量限定ランチ

サラダバー、本日のお料理、パンかライス付きで税込1,000円!

e0009772_23374455.jpg


追加料金で紅茶か珈琲も可能。

e0009772_23382232.jpg


その中でも人気なのがカニクリームコロッケ!

e0009772_23393980.jpg


まずビジュアルがオシャレ!カニクリームコロッケもここまでくればメインそのもの!

細かいパン粉でカラッと揚がっています。

中は濃厚なホワイトソースに蟹のむき身がしっかり!

e0009772_23402013.jpg


添えられている輪切りのレモンの酸味と合うデミグラスソースもさすがアラスカ!

このソースも最後までしっかり味わいたいと思うくらい!

本日の料理がカニクリームコロッケになるかどうかは時の運ですが、
通りかかって、カニクリームコロッケだったらお試しの価値あり(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-05-12 23:40 | おいしい逸品

手軽でおいしい生そばがようやく見つかりました!

それが 五代目本田屋繁 奥出雲生そば!

e0009772_23364371.jpg


結構日持ちもするので買い置きしておくと便利です。

そば粉:小麦粉が1:1ですが、しっかりそばの風味もあり、
食べやすくて、楽しめます。

10割りそばや二八そばといったそば粉が多い方が
何となく優れているように思いがちですが、
個人的にはおいしくて、そばの雰囲気が味わうことが
できれば、それでいいと思っています。

そば粉も小麦粉も日本産!

このそばは手頃でおススメです(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-04-30 23:37 | おいしい逸品

若水の山かけそば

先日、朝一番から定期検査で朝食抜き!

検査を終え、梅田で遅い朝食、早いお昼!

阪急百貨店のB1食品売り場を出たところにエアスポットみたいに飲食街があります。

お腹に優しく、血糖値が下がってふらふらにならないようにと…

やはり、無難にお蕎麦かうどんということで、若水を選択。

ここはよく前を通る宝塚の名旅館 若水の直営です。

今回は山かけそばをチョイス!

そばも細めでしっかり、山芋と卵とあったかいお出汁の相性も抜群!

e0009772_21482251.jpg


お腹も満足!何も食べてなかったのでホット一息!

天ざるも興味があったのですが、朝食抜き、しかも天ぷらの衣にまとわりつく油が
小さくなった胃袋に負担をかけてしんどくなってもいけないし…

そうすると、常連と思しき初老の紳士が、天ざるを注文、しかも…天ぷらの衣薄目に!

そんな裏ワザがあったのかと!思わず発見。

衣が薄目で美味しい天ぷらって、これ結構実力がないとできません。

じゃ!今度は天ざる、天ぷらの衣薄目に!で注文してみようかなあ(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-04-27 21:48 | おいしい逸品

京都にある老舗はちみつ屋 蜂蜜家京都かねいち

単にはちみつを品揃えするのではなく、トースト用、紅茶用など
用途別に提案したり、パッケージも女性が好むようなものにしたり、
はちみつを使った酢やジャムなど、はちみつというカテゴリーの範疇で
水平展開している。

これは米にも言えることで、単なる品種や銘柄ではなく、この料理にはこのブレンド、
お客様の食事スタイルに合わせて銘柄選択を提案したり、ウィークデーは消化のいい、
週末はがっちり系、食べ盛りにはこんな品種みたいな水平展開の提案も必要。

そういう意味では、これからの差別化、はちみつならはちみつ、米なら米、
柑橘類なら柑橘類、そこで水平展開していくのがキーポイントかもしれません。

そのかねいちのブランドショップがミール・ミィ( miel mie )

店舗名の由来はフランス語[miel:はちみつ]+[mie:私の]≒造語「私だけのはちみつ」

音韻的にも女性客がわたしだけのとっておきと連想してしまうようなネーミングです。

ここのはちみつを使ったいちごジャム!

e0009772_23232193.jpg


砂糖使わず、糖分をはちみつだけにしているので、いちご本来の酸味が生きていて、
いちごのフレッシュ感がジャムという加工品に生かされています。

e0009772_2324271.jpg


ああ!なるほど!はちみつ屋のいちごジャムってこういうことなんだ!

e0009772_23244529.jpg


砂糖や白ぶどうの果汁や水あめを単独で使ったり、混合で使ったりする場合もあるけれど、
果実、特に酸味のある果実、酸味を生かしたいジャムにする場合は、その果実にあった
はちみつを選択するのもありかな!と感じています(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-04-22 23:24 | おいしい逸品