カテゴリ:その他( 96 )

e0009772_19451063.jpg
百貨店の正月といえば福袋と思っていたら、夢袋も登場!
地元、高槻の松坂屋でこんな広告を発見!
福袋と夢袋の違いって何だろうか?
ネットで調べてみたらあちこちで登場している。
福袋のネーミングを夢袋に代えているところや
モノ=福袋、コト=夢袋と分けていたりマチマチ!
実際のところはモノ=福袋、コト=夢袋がトレンドかなと思うのだが、
皆さんはいかがですか?

by mitsuketai | 2016-12-31 19:45 | その他 | Trackback | Comments(1)

サンテレビ開局45周年

関西では早くから阪神タイガースの試合をプレーボールから
ゲームセットまで完全中継することで有名な神戸にある放送局。

そのサンテレビが開局45周年。

昨日の広島戦の中継ではミスタータイガース 田淵幸一さんや
流暢な関西弁をしゃべる元阪急のバルボンさんがゲストに…

関連ニュースはこちらをクリック

サンテレビが最初に中継を開始した1969年当時、
最初の解説がバルボンさんで、ゴールデンルーキーが田淵さん。

そして記念すべき第1回目の甲子園からの中継が1969年5月6日

実はこの1日前、1969年5月5日に甲子園で野球観戦していたのを思い出しました。

祖父が当時京大の大学院生だった2人の叔父にお小遣いを渡し、
こどもの日に甲子園にと連れて行ってもらって甲子園初観戦。

お目当てはゴールデンルーキー 田淵選手とザトペック投法の村山投手。

残念ながら試合はサンケイアトムズに2-3で惜敗。

いつも言われますが、田淵選手が出てくると“田淵、田淵”

あとは村山投手の応援。

それ以外はアイスクリームだの、ジュースだの、食べ物ばかり(笑)

野球を観に行ったのか何だか分からないとボヤかれ…(笑)

翌日は学校で、こどもの日についての作文を書かされました。

周りは書き始めるのに苦労する中、僕はなぜかスラスラ…

さて、どんな内容の作文だったのでしょう!

今でもくっきり覚えています。

プレーボールからゲームセットまでのスコアラー実況風の作文内容に
その間、食べたメニューの感想(笑)

我ながら、なかなかの出来栄えだったとは思うのですが…(苦笑)

今や阪神タイガースの完全中継で有名なサンテレビの放送が
僕の甲子園初観戦の翌日だったとはまさに奇遇。

不思議な感じをしながら昨夜は中継放送を見ていました。

願わくば、タイガースに甲子園11連勝を飾ってほしかったんだけれど…(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-05-02 20:06 | その他 | Trackback | Comments(0)

カニかまコロッケ

かにコロッケやカニクリームコロッケなら分かるけれど…

カニかまコロッケって…  

普通、カニ缶、しかもほぐしずわいかに肉が入ったカニ缶を使って
カニコロッケを作ると思います。

ならば、カニかまぼこでも可能ではないの? 

そんな発想から考えてみたのが、カニかまコロッケ

e0009772_21223978.jpg


カニかまぼこを割いて、ほぐしてカニ缶のカニ身のように…

あとは玉ねぎをじっくり炒め、カニかまぼこをほぐしたものを入れ、
塩・コショウで味付けして炒める。

そこにゆでたじゃがいもをつぶして、通常のコロッケを同じ要領で…

e0009772_21232710.jpg


カニ缶を使わなくても、結構いけるのです(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-08-06 21:23 | その他 | Trackback | Comments(0)

いよいよ待ちに待ったロンドンオリンピックの開幕!

サッカーは開幕に先立って男女とも初戦勝利で好スタート。

メダルラッシュ、日本人選手の活躍が楽しみになってきました。

オリンピックの思い出となれば、やはり東京オリンピック!

ちょうど幼稚園の時に東京オリンピックが開催されたのです。

当時は堺に住んでいて、聖火リレーが市役所の前を通るということで
多くの人が見物に集まっていたようです。

うちの母親と祖母は僕を幼稚園まで送った後、一路聖火リレーの沿道へ…

いや、僕も聖火リレーが見たかった!

なぜなら、半分以上の幼稚園児が親といっしょに聖火リレーを見てから
幼稚園に遅れてきて、みんなが集まった頃にはお帰りの時間!

何たることでしょう!

うちの親や祖父母はサボって聖火リレーを見に行くとはけしからん!という
考え方の持ち主でしたから、当然許してはくれなかったと思います。

でも今考えれば一生に一度の経験!

どっちが正しかったのかなあ(ぽつり)
by mitsuketai | 2012-07-27 18:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

天下御免と平賀源内

今朝の読売新聞の日曜版「よみほっと」の特集は平賀源内

その特集の中で、1971年にNHKで放送されていた「天下御免」というドラマの話も…

時代は田沼意次の文化文政時代、蘭学の華が開き、日本の文化との融合が進んだ頃が舞台。

さもありながら、ゴミ問題や公害問題、受験戦争などの当時の社会的問題の風刺も
盛り込みながら、毎回ワクワクさせる早坂暁さんの脚本と配役が素晴らしかった。

主役の平賀源内を演じた山口崇さんの何事にもとらわれない源内の大きさと
ニヒルな笑顔が何よりもドラマの痛快さを物語っていたように思う。

痛快時代劇と称されていましたが、水戸黄門などと違って、
ピリッと効いた社会風刺のエスプリがワクワク感につながっていたのかなあ…

残念なことにNHKには主演の山口崇さんが個人で家庭用ビデオで撮影した
初回と最終回の映像しか残っていないとか…

平賀源内は土用の丑のうなぎの話やエレキテルで有名ですが、今でいうところの
博物学に相当する本草学や諸国の物産を一堂に集めた物産会を開催したり、
洋画を書いたり、ガリバー物語みたいな戯作を書いたり…

もちろん讃岐の和三盆糖の栽培、精製に尽力したことも忘れてはいけませんが…

色々なことに興味を持ち、チャレンジし続ける源内の姿にワクワクさせるストーリー

あんなに面白いドラマ、何とか復活してくれないかなあ(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-06-03 23:47 | その他 | Trackback | Comments(0)

ぼちぼち 復活します!

昨年10月15日よりブログを休刊していました。

実はその2日後、11時間に及ぶ食道ガンの手術を受けていました!

8月頃、食事のあと、しゃっくりがひどいので、内視鏡検査を
受けたら、食道と胃の接合部分にガンが見つかったのです。

それまで定期的に健康診断は受けていたのですが、
食道ガンはなかなか発見が難しいと言われています。

ここ2年間のひと言では言い表せることのできない
苦難の連続によるストレスが原因だと思われます。

何せ、タバコは吸わない、酒はほとんど飲まない、お姉ちゃん遊びはしない!(笑)

手術前に麻酔科の先生と話をしたら、そういう真面目な人間も食道ガンになるんやなあ…(ポツリ)

一般的なガイドラインとして、食道ガンの手術の場合、お腹を
タテにバッサリ、胸は肋骨を1本折って、ヨコにバッサリ…(苦笑)

地元の大きな病院でもなかなか手術の症例は少ないし…(困)

色々と検査を進める一方で、胸腔鏡を使った最新の手術をしていただける
神の手を持ったスーパードクターの先生にお願いして手術は無事成功!

この手術は並外れた熟練の技術をお持ちになられている先生しかできません!

ガンは切除、リンパ節への転移もなく、先週受けた半年後の
検査でも異常はありませんでした(ホッ!) 

胸腔鏡を使った手術は傷口も比較的小さく、手術の2日後には
ICUで歩行器を使って何とか歩いていました。

1ヶ月の入院期間中、主治医の先生もほぼ毎日、一緒に手術を
していただいた担当医の先生は毎日朝、昼、晩と回診していただき、
看護スタッフの皆さんには献身的な看護をしていただきました。

ただ、食道ガンは手術すると、何せ食べることが苦痛で、
何度も吐きながら食べるの繰り返し…いやはやこれには参った!

食べることが唯一の楽しみ、味覚=仕事に直結する人間にとっては本当にショックでした。

体重は20Kg近く痩せましたが、会う人は皆、スリムになってよかったね!とか、
その体型を維持しなきゃ!とか、誰ひとり痩せたという大変さを気遣ってくれません(苦笑)

最近になって、ようやく食べることにも慣れ、味覚の鋭さと動物的勘は戻り、
口の悪さは元通りいやそれ以上かも(笑)、普通に颯爽と歩くこともでき、
メールと携帯とパソコンがあるので仕事の対応も年明けからボチボチ動いています。
e0009772_1819213.jpg

突然の宣告からここまで復活してくる過程で医療関係者の皆さんはもちろん
実に多くの方々のご支援をいただいたことに感謝しています。

連日、見舞いと世話に遠距離を通ってくれた家族と叔父。

僕の勉強仲間で超能力を持つ女性は娘さんと連日お見舞いに…

彼女が遠隔操作で送ってくれるエネルギーパワーは実にスゴイ(驚)
脳梗塞で倒れたおじいさんがたった4ヶ月で自分で運転してドライブするようになるくらいですから…

僕の入院前後に、仕事のプロジェクトを分担して支えてくれた友人、知人。

お見舞いや励ましのメールや貴重なアドバイスをいただいた皆さん。

ご加護を下さった神様、仏様、ご先祖様!

一時の悪夢を考えると、命を拾っていただいたような気持ちです。

これからはあまりカリカリせず、ゆったりと、ガンが再発しないように
うまく身体とつきあっていかなくてはなりません!

まあ、記事の内容は以前と相も変わらず、支離滅裂、思ったこと、
感じたこと、おいしかったこと、出会ったこと、勉強になったなあと感じたこと、
そして、時には怒りに吼える(これがガンには一番悪いらしいが…笑)を
ボチボチ、気の向いた時にアップしていきたいと思っています(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-04-26 20:58 | その他 | Trackback | Comments(14)

休養宣言!

日頃何かとこのブログにご声援をいただきありがとうございます。

ここ最近、忙しさを理由に文字通り“心を亡くした”状態で
ブログを配信している自分に気づいております。

何とか毎日、孤軍奮闘、ブログのネタを探し、記事にして
配信してきましたが、配信することに振り回され、
自分を追い立てることにその原因があると考えれます。

一方で、相変わらず、増減を繰り返しながら、一定の読者の
皆さんに毎日ご覧いただけていることに喜びもあり、
そこに励みを感じているのも正直な気持ちです。

その両者の葛藤に、なかなか一筋縄でいかない仕事がさらに
忙しくなって時間に追われ、ただ、ただ配信することに疲れを
感じている自分を垣間見ております。

このままでは、何もかもが中途半端の状態になってしまいます。

今一度、何を残して、何を捨てるのか?その答えを自らに
問いかけて、整理して、自分なりに結論を出すまで、
とりあえず、ブログをいったん休養することにしました。

あえて期限は設けず、自然な流れと自分の気持ちに
任せてみようと思っています。

日々、パソコンを見ないと気がすまない性格に対して、
しばらくパソコンから距離を置いてみて自分を見つめなおそうと思っています。

その間コメントできないかもしれませんが、見つめなおして復活した時に
パワーアップしてからコメント返信しますのでしばし、わがままをお許し下さい。

また帰ってくるまで、どうかご理解のほど、よろしくお願い申し上げます(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-10-15 08:58 | その他 | Trackback | Comments(5)

先日、KBS京都の谷口な夜で学校居酒屋なる店が
紹介され、給食の時に牛乳を飲みやすくするミルメークが登場していた。

ミルメークの説明はこちら… 

 
我々の中学時代、学校給食はありませんでしたが、終礼時に
ミルク給食というのがありました。

成長期に毎日牛乳を飲むことで発育増進というのが趣旨だったようですが…

まずいし、薄っぺらい牛乳で、栄養になるのかなあ…と正直思っていました。

その薄っぺらい牛乳を飲みやすく、いや正確には、薄っぺらさをごまかすために
ミルメークではなかったが、ココアパウダーが一緒に配られていた。

使っても、使わなくてもよく、ともかく牛乳を飲みながら終礼が行われていた奇妙な習慣。

そのココアパウダー、雪合戦の雪球ならず、爆弾として敵味方に分かれて
ココア戦争なる遊びにもっぱら使っていた…食べ物を粗末に扱う罰当たりな行動ですが…(困)

思わずミルメークなるココアパウダーを見て、ふとそんなことを思い出したのである(ペコリ) 
by mitsuketai | 2011-09-15 19:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

何もなければよいが…

先日、我が家の庭にある文旦の樹上で鳩の親子がイタチに
襲われるという惨劇のお話しをしました。

その時のブログタイトル ある夜の惨劇でした
 
イタチなんて今まで見かけたことはありません。

庭の向こう側は歩道と行動に面していますし…

その文旦の樹上に今度はヘビが…

樹木から樹木へ飛んでいる…

今までヘビが出現しなかったところにお出ましに…(苦笑)

ヘビは金運の兆しとおっしゃられる方もいらっしゃる!

庭を掘ってもそんな兆しはない。

一方でヘビが出て、地を這うと地震の前触れという噂もある。

もちろん金運にも恵まれたいが、地震だけは御免蒙りたい!

平凡は安全以外の何物でもない。

何もなければよいが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-05-09 21:29 | その他 | Trackback | Comments(4)

地震お見舞い!

今回の地震による悲惨さ、もう言葉が出ません!

福島県でお世話になっている方とも未だ連絡がとれません。

前日夕方に電話でお話ししてからつながらないのです。

今はただ、ただ無事を祈るばかりです。

被災地を見ていて思うのは、いずれも真面目に慎ましやかに仕事をし、
生活を営んでおられる人々の命と財産をこの地震と津波が一瞬にして奪ったこと。

重箱の隅を突き合っている国会議員の先生方はどう思っておられるのでしょうか?

民主党も自民党も公明党もみんなの党も共産党も社民党その他諸々の
政党も何もかもその存在意義はなくなってきています。

陣取り合戦をしている余裕なんてありません。

地震の被害にあわれた皆さんには気の毒ですが、この国のいい加減さが
今回の大きな地震と津波を招いたのかもしれません。

この国難にあたって、政治は陣取り合戦をせず、是々非々で対応してもらいたい!

党議拘束などせず、国会議員は良心にしたがって議決する。

国民はその国会議員の良心を判断して投票する。

同じ良心の議員で再編する。

もはや、まったなし!これまでのくだらない陣取り合戦の政治はやめてもらいたい。

何よりも地震に見舞われた方々にどのような支援ができるか、
そのための議決を即決して対応していただくことを切に祈る次第である(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-03-12 09:12 | その他 | Trackback | Comments(0)