ネットお取り寄せ恐怖症

インターネットによる通販は便利ですが、その反面、悪質業者も結構います。

ホームページは立派でも、対応が杜撰などころもあります。

確かにホームページの見栄えは大事ですが、見栄え=満足度の高さには比例しません。

それどころか反比例して騙そうとして産地偽装や品質のごまかすところもあります。

今年はずいぶん、そんな場面に遭遇してきました。

もちろん過失もあれば、確信犯的な場合もあります。

特定商取引法の記載はあるものの、問合せしてもまったく連絡がつかない
ネット販売の業者も多く見受けられます。

武士の情けであえて公表はいたしませんが…(苦笑)

時にはもう新たなところから、気心の知れないところからの
お取り寄せには躊躇してしまいます。

ネット販売は一人でもやろうと思えばやれる商売です。

しかしながら目に見えないからこそ、ネットでしか連絡がつかないからこそ、
こまめなメール返信や連絡、対応、商品の取り扱いや説明、アフターフォローが
リアル店舗より必要なのです。

プラットフォームは立派であっても、最終的にはそこに出店される個々の
業者さんの姿勢が問われるのです。

これは規模の大小だけで云々される問題ではありません。

規模が大きくてもいい加減や杜撰な対応、いわゆるブラック性を感じるところもあります。

小さい規模やご夫婦だけでも一人でも素晴らしい対応のところはいくらであります。

その出店審査や監視まで十分行われる、満足を保証してくれる
そんな出店者の集まりのプラットフォーム作りがこれから
ますます求められるような時代の流れを感じます。

プラットフォームの仕組みを構築される方はこの点に心を配る

1980年代にハイテク&ハイタッチという言葉が流行った記憶があります。

ハイテクが進めば進むほど、ハイタッチという人間らしい温かみを求める。

ネットの世界も一見ハイテクのように見えますが、本質は人間性そのもの。

インターネットにおける進化と退化、これも最終的には人間性に行き着くような感じがします(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-09-10 18:57 | ネット直販のススメ | Trackback | Comments(0)

おいしいもの見つけ隊でおなじみ!松山市中島の越智農園さん。

瀬戸内の陽光をたっぷり浴びたイヨカンの季節到来!
e0009772_19182936.jpg

越智さんの飾らない人柄、いつも変わらずおいしいイヨカン。
e0009772_19184533.jpg

あっという間になくなるので、お早めに…(ペコリ)

越智農園のホームページはココをクリック!
by mitsuketai | 2011-02-21 19:19 | ネット直販のススメ | Trackback | Comments(0)

おいしいもの見つけ隊でも取り上げていると同時に、
個人でも農家からの産直で取り寄せています。

信頼できる農家直販の条件とは…

今までの経験から述べてみたいと思います。

1.反応が早いこと、これは必須です。

いい産物を作っておられる農家はとにかく反応が早い。

しかも、大半が夫婦2人とか家族経営での農家。

出村農園さん越智農園さん土肥農園さん 、谷本農園さん

忙しい農作業の合間を縫って、問い合わせにはその日のうちに返答が来ます。

世の中には注文や問い合わせに対して1週間以上ほったらかしというところも結構遭遇します。

信じられないお話であり、産直の資格以前の話で、公表したいくらいですが、
ここは武士の情けということで止めておきます…(苦笑)

2.こまめに情報発信がある。

メールやレターでこまめな手作りの情報発信は共通しています。

天候や生育状況、甘さや味、大きさなど正直な情報が届きます。

今年はこれがおススメだとか、例年の出来栄えではないとか…

その情報とやりとりの中で商品の選択ができます。

吉永農園さん 熊本すいかの最もおいしい時期を教えていただいました!

鈴木農園さんのこまめな情報発信力には頭が下がります。

3.納得がいかなければ出荷しない。

指定した日に欲しいと連絡しても、出来栄えが悪ければ
その旨をきちんと報告されています。

これがプロというものです。

私が信頼している産直農家の皆さんは実践されています。

信州の梶原農園さんは食べごろでないと出荷しません。

山吉果樹園さんはぶどうの色づきが完全でないと出荷されません。

土肥農園さんは秋冬野菜、生育がおもわしくなければ
種を蒔きなおして、時期を遅らせてでも立派な野菜を
出荷されています。

実は、先日、ホームページも素晴らしく、評判もいいとされる
生産者から無農薬野菜を取り寄せたことがあります。

腐った白菜に、みすぼらしい大根に、雑草と見間違うような野菜…
 
そのままにしておこうかな!と思いましたが、生産者のために
ならないと思い、あえて苦言を呈しました。

今年の天候不順で作物の生育が悪いのは分かってはいたが、
毎年お客様からの注文があるので断り切れなかった…
 
ご指摘にハッと目が覚め、5月まで販売中止することに決めましたとのこと…

言葉にすれば簡単なのですが、この決断なかなかできるものでもないのです。

4.品質も接する態度も変わらないこと。

年月が経過してくると、品質が落ちたり、接する態度がぞんざいになったりします。

メディアやマスコミに取り上げられたりすると、天狗になってしまうのは
人間の性であり、誰も責めることはできません。

ところが、自分の軸、自分のスタンスをきちっと守る農家は立派だと思います。

先ほどからあげた農家はほんの一例ですが、ほんと立派の一語に尽きます。

それが出来るのは、苦労されてきたことを胸に秘め、コツコツ積み上げられてきた
土台の上に、今日の成功があるからだと思います。

この土台がなく、メディアにもてはやされると、失敗する可能性が高いのです。

まさに砂上の楼閣ですね。

では、これらの農家や生産者をどうやって見つければいいのか?

あくまで隊長流のポイントをひとつご紹介します。

ホームページを見て、その中の文章をしっかり読み込むことです。
 
きれいごとではなく、生産者が自分の言葉できちっと語っておられるか…

ここを見極めることです。

そして、他人の評価はあくまで参考として、その言葉が自分の直感に
響くかどうかを見極めることです。

僕は動物的カンと申し上げていますが、直感で感じる部分って
ものすごく大切ですね!

今回失敗した無農薬野菜は少し直感にひっかかることがありました。

他人の評価を鵜呑みにしてしまった自分自身の反省として
改めて勉強になりました。

同時に恐るべし直感、愛すべき動物的カン(苦笑)

皆さんに少しでもご参考になれば幸いです(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-02-13 11:19 | ネット直販のススメ | Trackback | Comments(0)

インターネットの普及によってネット直販する農家が増えている。

しかしながら、ネット直販は両刃の剣である。
 
なぜなら、ストレートに評価が伝わるからである。
 
お褒めの評価はストレートにうれしいが、
ごまかしをした場合は手痛いしっぺ返しを受ける。 
 
先日、ある農家からモチ米を取り寄せた。
 
いつも惚れ惚れするくらいのモチ米なので期待していたところ…

石や異物がこれでもか!というくらい出てくる。
 
モチ米ではなく、粳(うるち)米も混入している。

その農家もよそから仕入れたらしいが、それにしてもあまりにもお粗末。
 
今年は異常気象で、農作物の出来は相当悪かったのは事実。 
 
確保できなかったら、この程度でごまかしても大丈夫だろう… 
 
心の隙間に吹いた、ちょっとした出来心かもしれないが…
 
そんな時に信頼できるのは、注文に対して、きちんと情報を伝えること。
 
今年は収穫が遅れているので、ご希望の時期には間にあいません。

この品種はおススメできないので、こちらの品種をおススメしたいのですが… 
 
今年は蒔いた野菜の種の発芽が悪かったので、再度蒔きなおした分、
遅くなりましたが…というご連絡をいただいた農家の野菜は最高であった。
 
収穫時期を遅らせていただいた分、きちんとした品質の果物を届けてくれた果樹園もあった。
 
これこそ、プロの農業者であり、はじめて直販する資格がある。 
 
これから直販しようとする農家はこれくらいの覚悟がないと… 
  
農家の一部に見られる、昔ながらの“ごまかして儲けてやろう”精神じゃ、生き残れない(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-12-30 17:29 | ネット直販のススメ | Trackback | Comments(0)

但馬牛の里 はまださんからホームページリニューアルのご案内をいただきました。

但馬牛は1200年ものの間、かたくなに血統を守り続けた国内唯一の和牛なのです。
e0009772_2153591.jpg

その但馬牛を繁殖から肥育まで一貫した生産供給体制を
貫いておられるのが但馬牛の里 はまだの真骨頂。

流通マ-ジンもかけていないので、品質に対してリーズナブルな価格もうれしい。

とはいうものの、牛肉は高くてなかなか、踏ん切りがつかない…

そんな時に試してみたいのが、但馬ビーフコロッケ。
e0009772_2125382.jpg

以前、おいしいもの見つけ隊でもご紹介させていただいたところ、すごい反響。

知り合いの料理研究家の先生からも生徒さんが隊長のメルマガを見て、
注文してよかった!とのお声まで…

JTBの関西うまいもん30選にも入っている但馬ビーフコロッケ! 
 
7月10日までにホームページから無料会員登録していただくと、700ポイント(700円相当)もれなく進呈。

この機会に試してみてはいかがですか(ペコリ)

但馬牛の里 はまだのホームページはココをクリック
by mitsuketai | 2010-06-29 21:06 | ネット直販のススメ | Trackback | Comments(4)

おいしいもの見つけ隊では多くの農産物の生産者も紹介しています。

生産者の顔も見えるので安心という理由もありますが、
その他にも大きなメリットがあります。

そのメリットはおいしい時期に送ってもらうこと。

まあ、初回からというのは無理がありますが、何回かやりとりを
していると、生産者の皆さんとお互いに気心が分かり合えるようになります。

そうなってくると、耳よりな情報も教えていただけるようになります。

こんな食べ方もありますよ!

この時期が一番おいしい時期です!

ところで、今年は天候不順、雨が多く、日照不足で
農産物の生育状況もなかなか一筋縄ではいきません。

たとえば、吉永農園さんのすいか
e0009772_21432874.jpg

例年ならば、今頃は一番おいしいのですが、ここ数日、
吉永さんからの情報では甘さがのってきていないとのこと。

来週いっぱい待っていただいた方が甘さが増してきます。

彼らはその道の目利きのプロ!

もちろん、出荷時期は吉永さんにお任せすることに…

一般ではなかなか分からない情報も加味して
おいしいものを入手できるようになります。

注文する側も注文される側もこのメリットを生かすべきだと思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-06-02 21:34 | ネット直販のススメ | Trackback | Comments(2)