カテゴリ:おいしいパン( 50 )

クワガタを食する?

最近、昆虫を食べる昆虫食が注目を浴びています!

栄養価も高く、食糧資源としても貴重だとか…

確かに長野県では蜂の子を食べたり、終戦後の食糧難の時代には
イナゴを串刺しにして焼いて食べたとの昔話も聴いたこともあります。

さてさて、今回のお題は“クワガタを食する”

いくら昆虫食がブームで栄養価が高いと言っても、
ホンモノの昆虫を食する勇気はございません(苦笑)

クワガタを食する⇒リアルなクワガタをイメージしたチョコパンに方針転換(ニヤリ)

e0009772_0234225.jpg


これは明石に本店があり、大阪にも店舗展開されているダンマルシェさんの期間限定商品!

こちらのブログの方も記事を書かれています!

本当に、リアルなクワガタそっくりのかたち!

ぱっくり割って、ガブリ!うまい!

e0009772_024264.jpg


昆虫好きのお子さんにもウケることもちろん、大人も一瞬童心に返ってしまいます(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-09-28 23:58 | おいしいパン | Trackback | Comments(0)

京都市内のあちこちに店舗があるベーカリーが志津屋さん

このお店の食パンを代表すると申し上げてもいいのが食パン 匠

e0009772_23575076.jpg


ズバリ!ほんのりとした甘味ともちもち感です。 

e0009772_23582937.jpg


もっちりとした食パンを食べたい方には超おススメ!

e0009772_2359779.jpg


個人的にはカリッととした食感も、もちもちとした食感も
大好きなのですが、その時の気分で買い分けています。

食パン 匠はその点、米飯を主食とする日本人好みのもちもち感を
小麦粉を使ってパンに昇華させたものだと感じています。

e0009772_23594735.jpg


結構、お客さんに支持を受けている点を見ると、もちもち感が決め手かも!

京都は神戸とパンの消費量1位、2位を争う激戦区でありながら、志津屋さんや
進々堂という多店舗展開のお店がある一方で、個性豊かな小規模ベーカリーが
共存共栄しているのもひとつの特徴。

欧米から持ちこまれたパンが日本人の感覚に合わせて進化していったことは
京都のパン、いや全国のパンを見ればうなづける点もあります(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-08-04 23:51 | おいしいパン | Trackback | Comments(2)

以前にもご紹介させていただいたダンマルシェのパン!

数あるパンの中で、ひときわ気に入っているのがこのちぎりパン。

e0009772_21372228.jpg


年配の人にはなつかしい、甘食タイプの味わいでプチサイズ。

このサイズで1個:税別55円は高いのかどうか評価は分かれるところですが…

あっという間に2個、3個ペロッと食べちゃいます(笑)

ほんのりとした甘味、くどくないバターの風味とコク、そして何とも言えないふんわり感!

もはや禁断の味わいかなあ?と感じつつ、ついつい買ってしまいます。

このちぎりパンを開発した人のセンスには脱帽(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-07-03 21:37 | おいしいパン | Trackback | Comments(0)

サンマルクのチョコクロ!実に息が長い商品です。 

e0009772_21572722.jpg


うまく説明できませんが、ドトールでもなく、スタバでもないのがサンマルクカフェの立ち位置。 

利便性のドトールでもなく、サードプレイスの提供というスタバでもなく、
最近のサードウェイブのこだわり焙煎のカフェでもない。

確かにカフェというからにはコーヒーも重要な要素でもあるが、サンマルクの立ち位置は
コーヒーとその他メニューとの比率が違うと個人的には思っています。

サイドメニューというより、それぞれが主役に立ってもおかしくない、その代表がチョコクロ!

e0009772_21585113.jpg


サクサクのクロワッサン生地でチョコを包んでいるもの。

生地に練り込むのではなく、ビターの板チョコをクロワッサン生地に挟むというのは
それまでありそうでなかった発想。

お持ち帰りのボックスはあるし、どこまでベーカリーでどこまでスイーツなのか?

境界線がなく、オーバーラップしながら、しかもこのチョコクロだけ独立した地位の産物。

カフェのお伴でもあり、単独でチョコクロを頬ばることもあり、
僕の場合はどちらかと言えば後者。

サンマルクの代名詞と申し上げてもいいくらい。差し入れにもいいですね(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-17 21:58 | おいしいパン | Trackback | Comments(0)

仕事とでも言うべきか、研究対象とでも言うべきか…

とにかく京阪神のベーカリーの食パンを食べて研究しています。

なぜ食パンが研究対象なのか?それはオープンにはできませんが…(苦笑)

そんな趣味と実益を兼ねた研究テーマから派生しておススメ食パンを
これから機会があれば、ご紹介させていただきます。

今回は神戸 北野 パン工房 ラ・サン・ミッシェルの食パン ボンジュール!

e0009772_18251021.jpg


異人館で有名な神戸 北野の小学校の建物に神戸のいくつかの店が
入った北野工房のまちがあり、ラ・サン・ミッシェルさんも入っています。

ここの食パン ボンジュール!私が食べた中で5本の指に入る食パン!

e0009772_18302279.jpg



ホームページにはこんな解説があります。


ボンジュール食パンは、独自の製法により小麦粉の一部を熱湯処理し、
氷温庫で18時間じっくり熟成させて、うまみ成分ともちもちっとした食感を引き出しました。


小麦粉は世界でもっとも良質であるといわれてい るカナダのマニトバ地方で採れるものを使用しています

また、一般的 に風味を良くする、卵や牛乳は使わずに、小麦本来の味を生かしました 。

そんなこだわりをもって作るボンジュール食パンは、ふんわりとした 自然の甘みで、
焼き上がりの翌日でもしっとりと柔らかい、これまでに ない食べやすさの特選食パンです。


神戸に用事がある場合は、あらかじめ焼きたての時間を聞いて、焼き上がりの時間に
合わせて買い求めます。

卵や牛乳を使っていないのに、しっとり、やわらかでモチモチ、
香りのいい食パンがなぜできるのだろうか?

この食パンはパンでありながら、炊いたご飯のモチモチ感を併せ持っています。

e0009772_18275433.jpg


その秘訣は先ほどのホームページの解説にある、小麦粉の一部熱湯処理、
氷温庫でのじっくり熟成、そして最良のカナダ マニトバ産の小麦粉、
そして解説にはない焼成の部分で秘伝の製法があるのかなあ!と思っています。

ネーミングもボンジュール!

口の中に入れると、こんにちわ!ようこそ!ボンジュール!と個性を主張してくれます(笑)

もし機会があれば購入されて、召し上がっていただければ、私が推薦している理由を
五感で感じ取っていただけると思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-12 18:14 | おいしいパン | Trackback | Comments(0)

Bois de Boulogneの小さなトーストブレッド 最近気に入っています!

5枚、6枚いずれも税込:200円

ちなみにBois de Boulogneとはフランス語で『ブローニュの森』という意味だそうです。

製造者は株式会社リバーフィールド 

ミニサイズですが、トーストにして食べると、外はカリカリ、中身はモチモチ!

e0009772_21382794.jpg


生地もしっかり詰まって、サイズは小さいけれど、中身は凝縮されている感じです。

e0009772_2139793.jpg


しかもオーブントースターに何枚も入るので、トーストしてバターを塗ったり、ジャムを塗ったり…

e0009772_2139509.jpg


この小さなトーストにそれぞれトッピングを楽しめます。

ありそうでなかなかなかったこのサイズのトーストブレッド!

クラッカーのサイズでもない、食パンの定型サイズでも、小型サイズでもない!

この手頃なサイズのトーストブレッドを考えたのも素晴らしい!

このサイズならちょうど凝縮されるトーストブレッドの設計思想も素晴らしいと思う(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-05-20 21:40 | おいしいパン | Trackback | Comments(0)

ベーカリーで有名なアンデルセンの瀬戸田レモンケーキ!

e0009772_213477.jpg


広島県尾道市瀬戸田町のレモン果汁とレモンピールを
生地に練り込んで、ホワイトチョコでコーティングしたケーキです。

e0009772_2142828.jpg


菓子パンとケーキの中間みたいな形態。

まあ、それはともかく、このレモンケーキのポイントは爽やかなレモンの酸味と風味!

e0009772_2154663.jpg


生地に練り込んでいて、ホワイトチョコには入っていないと思うのですが、
ホワイトチョコにレモンの風味がそこはかとなく染み込んでいるような気がします。

そのまま召し上がっていただいても美味しいのですが、これから暑くなる季節、
冷蔵庫でひんやり冷やしていただくと、これがまた格別の味わい!

ぜひ、お試しあれ(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-05-13 21:05 | おいしいパン | Trackback | Comments(0)

和歌山を中心に店舗展開をされているパン工房 カワ! 

ここのベストセラー商品が生クリームサンド。

e0009772_21463282.jpg


食パンに自家製いちごジャムを塗って、さらにしっとり生クリームをはさんだサンド!

e0009772_21465522.jpg


e0009772_21471987.jpg


私の画像では分かりにくいので、こちらをクリックしてご覧下さい!

非常にシンプルなのですが、これが意外や意外においしい。

税込で1個:200円はある意味、リーズナブルな価格。

1個でもボリューム十分と思う反面、あっさりしているので2個、3個もへっちゃらかも…(笑)

どうしても食べたい!と思ったら、お取り寄せも可能です(ペコリ)

お取り寄せはこちらをクリック!
by mitsuketai | 2015-04-28 21:42 | おいしいパン | Trackback | Comments(0)

世の中には数々のクロワッサンがありますが… 

今回ご紹介させていただくのは、クロワッサンでもあり、フランスパンでもある不思議なパン!

それがブレクレールのメイプル味のクロワッサン風フランス!

e0009772_21411271.jpg


一般的なクロワッサンのようなふわふわ感はないものの、クロワッサンの雰囲気は十分!

そしてフランスパンのような堅過ぎる感じはないものの、フランスパンのパリパリ感も感じる。

e0009772_2142778.jpg


しかもメイプル風味がクロワッサン、フランスパン双方の良さをうまくジョイントさせている。

実際食べてみると、こんなクロワッサン風フランスなんてよそではお目にかからない!

どうやらブレクレールの売れ筋NO.1らしい。

ここでしか食べられない!買うことができない!

売れ筋NO.1になるのもなんとなくうなづけるような気がする!

ブレクレールのお店、関西では天王寺ミオ店高島屋洛西店 でお買い求めができます。

お近くでご興味がある方はぜひ一度お試しあれ(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-04-13 21:42 | おいしいパン | Trackback | Comments(0)

食道がんの手術以降、苦手になったのがバタートースト!

食パンが苦手なのか?バターがだめなのか?

実はその点がはっきりしません(笑)

トーストしてバター塗って食べても平気な場合もあれば、
胃もたれして、ぐったりしたり、最悪はむかむかとしたり…

もうこればかりは、ひとつひとつ、恐る恐る
動物的カンを頼りにしながらトライするしか…(苦笑)

そんな中で今のところクリアーできる食パンのひとつがこれ!

アンデルセンの朝の山型食パン!

e0009772_2374778.jpg


外側がパリパリ、中がサクサクっとしたどちらかと言えばハード系統の食パン!

それでいて、食べてみると、口どけの良さは抜群です。

これは結構おススメかな(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-03-26 23:08 | おいしいパン | Trackback | Comments(0)