カテゴリ:武雄感動物語( 38 )

ユーストで配信されていた新武雄図書館の記者会見を見て、びっくり!

樋渡市長のプレゼン!すご過ぎる!

新武雄図書館のパースを見て、一瞬大英博物館みたいな図書館と思ったくらい…少々ほめ過ぎ(笑)

詳しくはここをクリックしてユーストをご覧下さい。

何がスゴイか?武雄市×CCC、自治体と企画会社の夢のようなコラボの発想。

蔵書20万冊、開放感ある快適空間、新刊雑誌や斬新な文房具販売、カフェダイニング、
音楽や映像のDVDの充実、IT端末を使った検索、365日午前9時から午後9時までオープン、
おまけに図書館利用でたまるポイントカード…

しかも年間運営経費を1割削減して、機能を充実!

高槻在住時代、よくご一緒させていただいた樋渡さんのTSUTAYA大好き、タワーレコード大好き、
買った本を読みながらお茶をしていたブックファーストでのカフェの光景がよみがえってきました。

ともすれば無味乾燥な図書館に樋渡さんのライフスタイル提案のありとあらゆる要素を
余すことなく盛り込んで、しかも有機的に統合されている点はなかなかのもの。

僕も本屋好き、回遊魚のように時間があると本屋めぐりしていないと落ち着かない人間にとって
ここまで充実している書店はないし、それが図書館として、じっくり本を楽しめる空間を創り出している
今回の構想には心ワクワク、まさに血湧き肉躍るような感じ…

ジュンク堂や紀伊国屋書店もいいけれど、京都の恵文社ヴィレッジヴァンガード
スタンダードブックストアといったライフスタイルの提案がある方に魅力を感じるようになってきている。

ただ大切なのは単に本を集めているのではなく、そこに意味がないと魅力がないのも事実だが、
その点を理解できて、しかも実行できる人や組織体なんてなかなか見つからない。

それを図書館に結実させようという試みまで思いつくなんて…

プレゼンでもおっしゃっておられましたが、地域が元気にならないと日本は元気にならない!

図書館を情報拠点の中核におくことで、市民のライフスタイルの充実につなげるのは大いに賛成!

個人的には大都市よりこじんまりとした地方都市の方が成功する確率は高いと思っている。

なぜなら娯楽産業が林立している大都市部での文化度はみかけに比べて劣化がひどい。

何より、豊かな自然や風土に囲まれて、じっくり、深く物事を考えようとする環境にない!

これからの時代、解答のない問題にますます直面するようになってくる。

そんな時に大事なのが、自分の考えや思想を高めるインプット、とりわけ読書は大切!

乳幼児にとっては感情や情操教育、児童、学生にとっては自分の目指すべき将来の指針、
社会人や親の世代にとっては生き抜く生活力や判断力、現役からリタイアされた方々に
取っては豊かなセカンドライフと知恵の伝承による社会貢献…

必要に応じてインプット、情報交換、思索を行える多機能的なマイ書斎の実現。

僕の想像ではここから次代を担う人材が出てくるような気がするし、地域の人々が
生き生きとライフスタイルを実現する知の拠点になるようなワクワク感を感じるのである(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-05-05 07:48 | 武雄感動物語

九州新幹線で武雄へ

京阪神のJRの駅で九州新幹線開業を記念して、
“新幹線で行く九州”のパンフレットが配布されています。
e0009772_2274298.jpg

熊本、鹿児島が中心で、宮崎、佐賀、福岡、長崎、大分も
コーナーを作って紹介されています。
e0009772_2284770.jpg

今まで、この種のパンフレットでは武雄のPRがイマイチ、
いやほとんど無かったに等しい状態。
 
樋渡さんと知り合わなければ、おそらく佐賀県に武雄が
あったなんて知ることがなかったかもしれません。

ところが今回のパンフレット、嬉野温泉と双璧で紹介されています。
e0009772_22141565.jpg
 
武雄の皆さんが一生懸命PRしておられることがこうして形に…

明らかに武雄の知名度が上がってきていることを肌で感じています。
 
九州新幹線で九州が近くなる、待ち遠しい限りですね(ペコリ)
e0009772_2211115.jpg

※写真が下手でピンボケになっていますが、実際のパンフレットはきれいに
 写っていますのでご心配されませんように…
by mitsuketai | 2011-02-09 22:12 | 武雄感動物語

樋渡さんの待望の著書が発売された。

首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記
e0009772_9252121.jpg
 
アマゾンの紹介はこちらをクリック…

霞ヶ関から沖縄に飛ばされ、霞ヶ関に呼び戻され、
市民と膝を交えて仕事ができる現場として高槻に赴任され、
請われて郷里の市長に最年少で当選したとたん、市民病院問題という
誰もが逃げていた難問にはからずも巻き込まれるまでの流れが
実にリアルに、時系列で書かれている。

この流れを理解してはじめて、樋渡啓祐という人間像がはじめて
分かるというのもうなづける。

最初の立候補も無投票と思いきや、現職との一騎打ち、当選してみたら
市民病院という地雷を目の当たりに…

ハートのエース!だと思って引いたら、実は誰もが敬遠するジョーカーだった。

高槻でも将来の市長候補だったし、ましてや大阪府の副知事のお誘いまで
断ったのも、高校生時代に聞いた隣町の町長さんの講演をきっかけに
いつかは武雄の市長にという思いがおありだったから…

市民病院問題もこうして流れをキチンと説明することで武雄市民はもちろん、
我々外部の人間にも今まで分からなかった部分が見えてくる。
 
それにしても疾風、怒涛の連続!

ストーリーとしては面白いかもしれないが、当事者にしてみれば、大変、大変。

アイデアと実行力で難問題をスイスイと解決しておられるイメージからは想像しがたい苦難の連続。
 
そんな時に、ふと思い出すのが※疾風に勁草を知る!という言葉。

※疾風に勁草を知る
《「後漢書」王覇伝から》激しい風が吹いてはじめて丈夫な草が見分けられる。
苦難にあってはじめて、その人の節操の堅さや意志の強さがわかるということ。


※勁草(けいそう)
雪に耐える強い草。また、思想・節操の堅固なたとえ。「疾風に―を知る」

※いずれもWeblio辞書より引用
 
苦難の連続で吹っ飛ぶほどの疾風、怒涛に会う度に、
樋渡さんは強く、たくましくなっていかれるように思う。
 
そこには妻の祐子さんや周りで、時には諌言も浴びせながら、しっかり樋渡さんを
根っこから支えておられる方々が次々と集まってくるのも不思議な魅力である。

そして難問も解決してもらえる樋渡さんのもとに次々に押し寄せてくる。
 
それでもますます根っこが広がっていく不思議なパワーが湧いて来る。

解決すべき問題は解決できる人に集まってくる!

何事にも答えのない世の中、真正面から立ち向かうことで
解決する勇気を人々に与えてくれる良書である(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-12-12 09:25 | 武雄感動物語

あの「佐賀のがばいばあちゃん」が帰ってくる。

3年前の2007年1月4日 

あの日、驚異的な視聴率をたたき出したのが
フジテレビで放映された「佐賀のがばいばあちゃん」!

何せ、石原プロとテレビ朝日が総力をあげて
製作した番組 マグロを吹っ飛ばしたのは記憶に新しい…

今度は「佐賀のがばいばあちゃん2」として2月20日(土)
フジテレビ系『土曜プレミアム』枠21:00~23:10で放送されます。


思えば、武雄が全国的に有名になったきっかけが前回の放送!

経済的効果は計り知れないほど…

マスコミにおける露出度を経費換算するとかなりの金額に…

樋渡さんにはこのあたりをしっかり説明してほしいくらい。

がばいばあちゃん、レモングラス、イノシシ課…

武雄の市民の皆さんの中には費用対効果が判らないという疑問
を抱いている方もいらっしゃると思います。

しかしながら、県外の人間が見ると案外判るような気がします。
 
なぜ、がばいばあちゃん、レモングラス、イノシシ課なのか…

これはそれぞれひとつのきっかけではないかと推測している。

究極のところは武雄の知名度を上げること。

武雄に興味をもってもらうこと。

武雄に来てもらうこと。

武雄の製品を買ってもらうこと。

企業に武雄への進出を図ってもらうこと。

その先には、武雄に人やモノや金の流れを作ること。

地域が豊かになれば、税収や収入も増え、活力も生まれ、
霞ヶ関にも覚えてもらい(笑)、とにかく収入を増やすことに…。

がばいばあちゃん、レモングラス、イノシシ課
…そのきっかけなのである。

福祉や教育など費用がかかることも
収入(税収)がなければ始まらない。

金や人やモノを引き込む流れを作らないと、何もできない。

フジテレビドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」は、「北の国か
ら」を超える地域づくり、まちづくりといった爆発的効果を生
むきっかけになるのではなかろうか!

繰り返しになりますが、県外に住む私たちには
このサイクルも何となく分かってくる感じが…

いつもながら話が長くなってきたのだが、
ここで樋渡さんの友人である私からのお願い!。

何はともあれ、2月20日(土)21時、チャンネルを
フジテレビ系列に合わせて、ご覧いただきたい(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-02-17 23:22 | 武雄感動物語

昨日、エコのために、瓶の復権を!というタイトルで記事をアップしたところ、
さっそく、武雄市民物語さんがご賛同の記事をアップ。

ありがたいと思うと同時に、さっそく行動へと…おそるべし早業!

三夜待などで、お酒を飲む時は「缶ビールでなく、
まちの酒屋さんで瓶ビールを買う」という取り組みもいいかも!


武雄人倶楽部も今後検討!

そのあとの言葉がこれまた素晴らしい!

なんでもそうですが、小さな動きが大きな動きへとつながることも。
まずは、小さくとも自ら動くことかと。

そうなんですね!まずは小さく動くことって大事ですよね!

今や、武雄にはこの機運があちこちで満ちている。

長崎広島オリンピックを応援する、武雄オリンピック隊はその好例。

これまた武雄のブロガーが中心となって自発的に結集して、
自分たちのできることから立ち上げ、行動に…

はたまた、牟田副議長のブログを拝見していると…

なんとオバマ大統領に応援のメッセージをお願いするメールを送られたとか…

何事も成功は試行錯誤 トライアル&エラーの積み重ね。
e0009772_14133848.jpg

しかも小さく動くことから始めることでリスクも軽減できるし、
その小さな失敗から学んだことを積み重ねることがノウハウの蓄積につながる。

野球に例えると、世の中、外野席からヤジを飛ばすだけ、
自らは何もしないでネット裏から批判だけのにわか解説ばかりで
“そんなことしても仕方がない!”というネガティブなことばかりが目立つ。

何事もやってみないと分からない、行動してみないと結果は分からない、
宝くじも買ってみないと当たらない、告白してみないと想いを寄せているだけでは…(笑)

今、武雄が元気たるゆえんはやっぱりこのひと言!

まずは、小さくとも自ら動くことかと。

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-10-24 14:08 | 武雄感動物語

土曜日の午後、家に居る時によく見る番組は百歳バンザイ!

その中でご紹介されていたのが、なんと佐賀県武雄市の占野謹吾さん(101歳)

2月21日に放送された番組のアンコール放送だそうです。

以前こちらのブログでも紹介されていたので、再放送があればいいのになあ…と

101歳とは思えないほどのしっかりとされた足腰にはびっくり!

何事も続けることで、101歳になってもあのお元気ぶり!

若いころから車にあこがれ、オリジナルポスターを作るため、
チラシに載っている車の写真を集め、それも5000台を突破とか…

郵便局で預金するときにもらえるスタンプを40年間少しずつ集め続け、九州5県を制覇。

今度は四国八十八箇所めぐりに挑戦されるとか…

この番組を見ていて、いつも感じることは挑戦する意欲の大切さ!

やはり精神が充実していることが一番の健康法かと…

よく現役をリタイアしたらすることがなくなって…
それは言い訳であって、いつでも、どこでも目標を見つけよう思えば見つかるはず!

老いも若きも、もっと見習わなくては…(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-07-18 14:08 | 武雄感動物語

とうとうやっちゃった!

今日のお題、とうとうやっちゃった!何が…

武雄市が日本の自治体として初めて市民ブログのポータルサイト
たけおブログを立ち上げて高らかに宣言してしまったのである(驚)

もちろん武雄は樋渡市長以下、市民のブログや公式ブログも含めて、
おそらく正確な数字は誰も把握できないほど、人口あたりのブログ密度が高い。

そこに市民である風竿さんのブログのタイトルで武雄ブログシティーの記事で
樋渡市長にピンとひらめきが…

そこからが電光石火(笑)とにかく思いついたら市長も走るが、市民も走る!

武雄市というのは実に恐るべし街あのである。

それであっという間に、ポータルサイトまでできてしまったのである。

先日、武雄市ブログ密度ナンバーワン宣言でもされたらとコメントしたら…

ひと晩寝て、目が覚めたらあっという間に…(驚)
e0009772_21554274.jpg

このポータルサイト、どこでもやろうと思えばできるのだが、実現するところはなかなか。

いいと思ったら、即実行してみる!この積極性の差が成功への大きな一歩。

企業でも、チームでも勢いのあるところは、いいと思ったら全員のベクトルが一致している。

そして、皆が自由闊達に意見を言いながら進めている。

今、足の引っ張り合いをしている末期症状のどこかの政党と対比すればよく分かる(笑)

それと樋渡市長の人をうまく巻き込む情熱ウイルスの感染力。

高槻にいらっしゃった時に僕も感染して、いつの間にかブログを始め、続いている。

今回もそのご縁続きで、武雄市民でもないのに皆さんにお誘いをいただき、参加。

今や、武雄市をはじめその情熱ウイルスがいい意味で蔓延している。まことに恐るべし。

樋渡さん、ここまで来たら、いっそのこと人口あたりのブログ密度世界一、
ギネスブックに申請してみたらいかがですか?

実現すれば、世界デビューの日も近い(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-07-16 21:03 | 武雄感動物語

武雄の不思議な魅力!

最近、武雄に行かれた知り合いから、武雄はよかった!というお声をよく聞きます!
e0009772_1825481.jpg

井出ちゃんぽんにハマッたとか、なな菜の自然食バイキングがよかったとか
原風景が素晴らしく感動したとか、有田も近く窯元めぐりや佐賀県立九州陶磁器文化館
よかったとか、はたまた餃子会館のジャンボ餃子まで…数え切れないくらい!
(※佐賀県立九州陶磁器文化館は有田町です)
e0009772_1824168.jpg

京阪神にはない魅力がたっぷり!これは隊長も実感したことです。

これだけ魅力が詰まっているのが不思議なくらい!

ところで、武雄ってどんなところを回ったらいいの?

愛川欽也みたいに、武雄の宣伝部長じゃないのですが(笑)
武雄のことをブログで紹介しているので、こんな質問をよく受けます。

ところが、ズバッ!とこれだ!という回答はありません。

なぜなら、人の趣味嗜好は千差万別で、答えはひとつに絞れないのがその理由!

まず、隊長にできることは、自分の率直な感想がブログのカテゴリー武雄感動物語
書いてあるので見てください!とお伝えしています。

原風景の素晴らしさを見てもらうには、武雄市長物語を推薦しています。

毎週日曜日に開催される朝市については武雄温泉楼門朝市ブログ

ちゃんぽんなどの情報は北方町のいきいき商店街をオススメしています。

タクシーで回りたい場合にはタケタクさんのブログにアクセスをお願いしています。

ゆったりと時間が経つのを忘れたい場合は山閑人ママのブログ!
e0009772_18273055.jpg

あとはなな菜やホテルや博物館、武雄の大楠などの観光情報に
アクセスできるURL集を作ってお渡ししています。

でも、ここに行き着く前にもっと大事なことがあると思うんです。

武雄に実際に行って感動した旅人の本音の体験にアクセスできる仕組み。

僕も含めて多くの人間が武雄の自然・食・温泉・芸術…に
新鮮な感動を覚えるのです。

だからこそ、感動が感動を呼ぶ仕組みがあればなあ!と思っています。

ホント、武雄って不思議な魅力を持っているところです

体験していただければ、ご納得いただけると思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-03 21:25 | 武雄感動物語

今夜の“人生の楽園”

毎週土曜日 18:00からテレビ朝日系列で、人生の楽園という番組が放送されています。

番組の趣旨については、こちらに譲るとして、今回は少年時代の夢を追って
60歳から一念発起されて、佐賀県武雄市に移住され、大工の道に入られた方の
奮闘ぶりが紹介されます。
e0009772_148210.jpg

そこで建物を造る工程を専門家と一緒に体験しながら家造りの基本を学べる、
武雄の家創り塾が紹介されます。

そこの代表をされておられるのが、山田信行さん!

ブログ 田舎暮らしのデザインルームで情報発信をされています。

定住促進のためにNPOを立ち上げ、活動しておられ、高い見識をお持ちです。

武雄へお伺いした際にお会いして以来、色々と情報交換をさせてもらっています。

今日の放送では山田さんの活動や武雄で定着してきた楼門朝市など
“武雄のよかとこ”が放送されますので、ご覧いただければと思っています。

今、武雄ではおそらく日本初と思われる街全体が会場となった
写真展 TAIZO+TAKEO展が開催されています。

私は介護等でなかなか行けないのが残念ですが、
機会がある方にはぜひ足を運んでいただきたいなあと思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2007-11-03 13:46 | 武雄感動物語

ブログの輪ってありがたいなあと思います。

先日このブログでご紹介させていただいた、武雄のアイスクーヘン!
e0009772_23382782.jpg

武雄のブロガーの皆さんが応援の記事を配信して下さっています。

それぞれの内容は下記のブログタイトルをクリックしてご覧下さい!

武雄市長物語かいぼーのつぶやき武雄温泉のあるタクシー会社日誌
北方町のいきいき商店街

こんどの日曜日 8月12日の楼門朝市でも販売されます!

本当にありがたいことです。感謝しています。

ところでこのブログを書いておられる方々に共通していることがあります。

皆さんは武雄市のいいところを内外に発信する武雄よかとこブログ
ライターさんなのです。しかも全員ボランティア!
e0009772_23392428.jpg

全員で10数名いらっしゃるのですが、毎日皆さんが分担され、
誰からも強制されることなく(笑)市民の目線で情報発信されています。

資金を掛けなくても、市民レベルで知恵とアイデアを出せば情報発信できる!
ホント、インターネットというIT技術の恩恵ですね!

皆さんも機会があれば武雄よかとこブログをご覧下さい!

もっとも、おいしいもの見つけ隊 隊長日記もお忘れなく…(笑)
by mitsuketai | 2007-08-09 23:40 | 武雄感動物語