デパ地下にも出店されているセルフィユさん  

ある年のホワイトデーのお返しにテリー伊藤が配ったプリンジャム
おなじみの方もおられるあの会社です。 

セルフィユさんのこの時期の季節限定商品のひとつがすだちママレード
 

まずは見た目、細かく刻まられた、まるで針生姜のような濃い緑色のすだちの果皮が
瓶の中に所狭しといわんばかりにぎっしりと入っています。

e0009772_2102254.jpg


甘すぎず、酸っぱすぎず、すだちの爽やかな酸味とほのかに薫る香りが特徴。

e0009772_2111974.jpg


暑くなってくると、どっしりとした甘味はよけいに暑苦しく感じるものですが…

e0009772_211565.jpg


見た目も涼しく、なおかつ食べても爽やか!

物足りなさは個人それぞれで量を調節されることで楽しんでいただけるのでは…

炭酸水で割ってもおいしいかなあ(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-07-14 21:02 | 色いろいろ

手術をして食が細くなっているので、外食するのに困ることは頻繁にあります。

油ものやボリュームあるものは避けたいし、さりとてある程度しっかり食べないと
胃袋が小さくなっている分、血糖値が下がって、いわゆるダンピング現象で
急にめまいというか“ふらつき”があって危険な場合もあります(困)

出来る限り、具材の入ったうどんメニューにいなりすしやおにぎりという 
サイドメニューの組み合わせが助かります。

グルメ杵屋 チェーン店ですが、チェーン店がゆえ、あちこちにあるので
メニューに困ったら立ち寄ることにしています。

冷やしなす天おろしうどんにいなり寿司のセットがもっぱらのお気に入り!

e0009772_21175783.jpg


べたっとした天ぷらは身体に堪えるのですが、ここのなす天は衣薄めでクリアー

e0009772_21183164.jpg


しかも大根おろしと大葉がさっぱりしていて胃の負担も助かります。

だしつゆは温かい方で、いわゆる“冷やあつ”で…

これに“いなり寿司”×2個でご飯類もしっかり摂っておかないとダンピングに…

暑い季節に、このメニューでしっかりエネルギー補給しておかないと…(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-07-07 21:18 | 色いろいろ

喜八洲のみたらし!

昔々、阪急 十三駅の西口に喜八洲の店の前を通ると、みたらしの匂いがぷーんと…

その匂いにつられてよく買ったものでした。

喜八洲の代名詞といえば、みたらし!   

e0009772_1929166.jpg


まあ、それなりに美味しいと思いますが…

e0009772_19282638.jpg


僕の中で、未だにお店が分からないのが、京都の四条か祇園あたりにある幻のみたらし!

知り合いの大学の先生、この先生が京都の宇治にお住まいで、祇園の割烹などに
よく連れて行っていただいたものです。

真冬のかぶら蒸しなんて最高でした。

ある冬、そんな時に、知り合いの常連さんで、高島屋京都店に所属のデザイナーさんが
お持込になられたみたらし団子が一番おいしかった思い出があります。

その先生も若くしてお亡くなりになり、もちろんお店の名前も忘れ、
デザイナーさんの名前は存じ上げず、しかも肝心のみたらし団子の
お店情報も分からずじまいに…

まあ、いいか?心の中で幻のみたらし団子にしておくのも…

それは初恋の女性の数十年後の変わり具合を知らず、
美しい、淡い想いに留めておくような感じで…(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-05 19:26 | 色いろいろ

白梅&紅梅

近くの公園の白梅と紅梅が満開近しとなっています!

e0009772_2322957.jpg


e0009772_2323678.jpg


ようやく暖かくなってきたかなあ!と思ったら、寒の戻りが来たり…

e0009772_2323538.jpg


奈良 東大寺二月堂のお水取りが終わったら…

寒さ暑さもお彼岸まで…もう明日はお彼岸の入り!

春はセンバツから…選抜高校野球も21日に開幕!

白梅、紅梅が咲いたら、次は真打 桜の開花が待ち遠しい!
by mitsuketai | 2014-03-17 23:24 | 色いろいろ

お歳暮のシーズンになってきました!

やはり食べ物をお贈りするのが基本かなあ?

先日も11月22日が夫婦の日ということで、こんな記事がありましたね!

夫のランチ代、ワンコイン以下 弁当派が平均引き下げ

このように最高権力者の奥さんに財政権限を牛耳られているお父さんも結構いらっしゃいますよね!

稼いでくるお父さんがランチ代を減らされ、おこづかいを減らされ、
その分、奥さんがご友人や実家のお母様と有名ホテルに
優雅にランチを楽しんで、ご主人をないがしろにされている
ところも結構あるような今日この頃です。

もちろんその反対である良妻賢母のような奥方もいらっしゃいます。

また逆に亭主関白で奥さんが虐げられている場合なんか
奥さんだけに喜びそうなモノを贈りたい気持ちになります。

まあ、今回は最高権力者の奥さんにないがしろにされている、ご主人にのみ感謝の気持ちを表したい!

ネクタイやシャツなど贈りたいが、ただ相手の好みやサイズがわからない時に…

かつてあったワイシャツ券やネクタイ券を扱っている百貨店はほとんど絶滅。

そんな時におススメなのが贈りたい品がイラストになったタカシマヤカード

e0009772_22315998.gif


もちろん、そのカードで他の商品を購入することも可能ですが…

もちろん女性の方に贈りたい場合にはアクセサリーや化粧品のイラストカードもありますのでご心配なく!

e0009772_22334350.gif


いや、今日のブログはちょっと刺激が強すぎたかなあ…(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-11-26 22:34 | 色いろいろ

ゆでる?うでる?

ゆでるか?うでるか?…それが問題だ!

なんと大げさな、ハムレットじゃあるまいし…(笑)

ゆでる=茹でる…熱湯で煮る、湯がくことです。

関西人としてはゆでる=茹でるの意味で使います。

ところが茨城県や山梨県、愛知県などでは
“ゆでる”が“うでる”に…

したがって、うどんをゆでる⇒うどんをうでるに… 

e0009772_2048129.jpg


ゆでたまご⇒うでたまごに…

最初に、うでたまごって聞いた時には一瞬、耳を疑いました!

うでたまごって一体どんなたまごなのか?

実物を見れば、ああ“ゆでたまご”のことか!と納得。

“うでる”っておかしいだろうとは思ったのですが、
よくよく考えてみると“うでる”にも一理あるのです。

ものすごい暑いときに“うだるような暑さ”という使い方をしませんか?

その“うだるような”の“うだる”はまさに先ほど述べた、うだる=茹だるなのです。

茹でる=ゆでるを使う地域でも、“ゆでるような暑さ”とは言わず、“うだるような暑さ”を使います。

“ゆでる”と“うでる”…食や調理にまつわる身近な言葉ですが、言葉ひとつ取ってみても、
地域によって微妙な違いがあり、使うシチュエーションによっては興味深いものがあります(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-08-05 20:48 | 色いろいろ

先日、こんなニュースが流れていた。

<うどんの庄かな泉>廃止決定、破産手続きへ 高松地裁

以下記事の一部を抜粋させていただくと…

東京商工リサーチ高松支社によると、1953年創業の讃岐うどんチェーン店「うどんの庄かな泉(いずみ)」(高松市)が13日、高松地裁から5月に開始決定を受けた民事再生手続きについて、廃止決定を受けた。

高松市内などに3店舗あった店は12日で営業を終了しており、今後、破産手続きに移行するとみられる。


セルフうどん店の台頭など低価格志向の高まりで、せっかくの讃岐うどんブームの流れにも乗れなかったみたい。

高松へ行く時には必ずといっていいくらい立ち寄っていたし、大丸梅田のかな泉もよく利用していた。

このブログにもかな泉を愛する読者のコメントも結構あった。

確かにセルフの方が手軽だし、ついつい利用するのに対して、価格面を考えると
これぞ、かな泉のうどんというメリットがなかなか見当たらないのも時代の流れ…

自分の行動を見ても、最近、かな泉よりついついセルフの方を利用することが多い。

うどん自体、かな泉のうどんはおいしいのだが、セルフのうどんも進歩している。

セルフのうどんの進化についていけず、何もかも中途半端に陥ったことにその原因があるのかも…

常に時代の流れを意識しながら、できる範囲でどう差別化できるか?

中途半端からの脱却、どうやらこれからの時代のキーポイントになるような感じがする

それでも、あのかな泉のうどん、もう食べられなくなると思うと実に寂しい!

e0009772_1855079.jpg

自分も含め、客というのは無くなったらさびしいとは我ながら実に勝手なものだ!(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-11-15 18:55 | 色いろいろ

先日、日頃お世話になっている方とお話しをする機会がありました。

その方も以前、大きな手術をされた経験があり、手術の話題に…

手術に臨むにあたって、入院の準備や仕事の割り振り、家族の付添いなど
色々なことを一つずつ、しかも短時間の間に片づけていかなければなりません。

そして何より無事手術が終わることをひたすら祈ることです。

主治医の先生から説明いただいた資料を最近読み直す機会があったのですが、
今頃になって、こんな説明をしていただいていたなんて…と初めて気づくことも!

やはり、それどころではない精神状態、冷静な精神状態じゃなかったんだと…

まあ、色々としておかなければならないことだらけですが、笑い話として
これだけはやっておきたかったことに対しては経験者ならではの共通したことが…

①手術をするとげっそり痩せるので、少々くらい太り気味でもしっかり食べておくこと。

②高くてもとびきりおいしくて食べたい料理があれば舌鼓を打つこと。

その方は今度 手術することがあったら、緊急の場合を除いて、主治医の先生と
クエ鍋をつついてから臨むことにされておられるとか…

このご意見、お互いに経験者として、お腹を抱えて笑いながら納得。

なぜか今になって、あの時、上等のお寿司と高級牛肉のすき焼きを食べておかなかったのかという心残り(苦笑)

ちなみにがんサポートというサイトで有名人のがん闘病記があって、民主党の仙石代議士が
築地のがんセンターで胃がん手術をされる際、大先輩の外科医の先生が手術前に病室から
連れ出して、築地で思う存分寿司を食べた話が掲載されていました。


当然、読んでいたのですが、そこまで考える余裕はありませんでした。

普通、当事者ともなれば、そんなところまで気を配る余裕がないのも無理からぬところです。

今や食が細くなっているので、食欲は湧いてもなかなかがっつりとは食べれません。

もちろん、手術直後なんてそんなこと夢のまた夢です。

それはさておき、お互いそういう話題を笑い話にできるということはありがたいこと!

あれも食べておけばよかった、これも食べておけばよかった。

こういうことに考えが及ぶこと自体、感謝、感謝

手術後の食べられない状態、手術に向けて体力をつけておく実益に、
おいしいものを食べたい!という欲望とを兼ね備えることも…

万が一、大きな手術を控えていて、手術前のきびしい食事制限がない場合は
食べたい欲望を抑えずガッツリ食べること、これって案外役に立つこととご理解いただければ幸いです(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-11-09 22:05 | 色いろいろ

七夕の食べ物って…

土用の丑の日にはうなぎ、年越しにはそば、節分には巻寿司…

最近では年明けうどんなるものを外食産業はメニュー提案しているとか…

いやはや節気と食べ物の関係も元来は風情があったはずだが、
昨今、見え透いた商売根性に走る輩が跋扈(ばっこ)しているのは
いささか興ざめを感じるところである。

さて明日は七夕、どうやら天候は怪しい模様。

年に一度の逢瀬、何とかしてあげてほしいところ。

ふと七夕の食べ物ってどんなものがあるのかなあ…?

調べてみると、七夕には“そうめん”だとか。

縁結びの神様で有名な京都の地主神社のホームページに説明が!

平安時代の書物に「七夕にそうめんを食べると大病にかからない」とも書かれており、
古くから宮中では七夕にそうめんが食べられていました。
のちにこの風習は庶民にも広がり、今日にいたります。
暑い夏でもそうめんは食べやすいので、食欲不振や夏バテを防ぐ役割もあります。


どうやら商魂たくましい、にわか仕立てとは一線を画しているように感じる。

でもひょっとして“恋そうめん”や“七夕そうめん”なんて命名して図太く、ちゃっかり商売されているかも…(苦笑)

まあ!何はともあれ、七夕の明日は“そうめん”を食べようと思う(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-07-06 19:10 | 色いろいろ

天然スポットエアコン

関西も大飯原発1号機の緊急停止で電力需給が逼迫に…

この時期、暑さ対策でエアコンの使用は避けて通れない。

節電ありて、熱中症で滅びるなんてことでは話しにならない。

そこで電力を使わずして、快適な室温で過ごすことはできないのか?

冷蔵庫もない昔からの知恵で、スイカを井戸水で冷やすということがある。

井戸水で冷やしたスイカはことさら冷たくて美味しい。

これは地下水、いや地下の温度が年中一定に保たれていることにある。

地下の温度は年中安定していて、夏は涼しく冬は暖かい。

この地中熱を冷暖房に使用すれば電力の消費は半分に抑えられるとか…

その発想による仕組みが天然スポットエアコン

くわしい仕組みはこちらをクリックしてご覧下さい!

暖房以上に冷房での節電効果が大きく、排熱を外気に捨てないため
ヒートアイランド現象の緩和にも貢献できる。
 
火山地帯を約2000m掘って高温の蒸気や熱水で発電する「地熱」利用と異なり、
比較的浅い地下にある空気や水の熱を空調や給湯、融雪などに使うのが
「地中熱利用」である。熱源杭を打ち込む工事は早ければ1日で終わる。
 
脱原発=太陽光発電というこれまた二者択一の理論。
 
脱原発も大いに賛成だが、その具体的なビジョンが見えてこない。
 
今すぐに脱原発ができるものでもない。
 
ありとあらゆる方法の最適ミックスを考えながら、脱原発を段階的に進める。
 
その中には先人がうまく使ってきた自然エネルギーの知恵にも傾聴すべきでは…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-07-19 20:03 | 色いろいろ