カテゴリ:食材&フィトケミカル( 4 )

阪急宝塚線 岡町駅前にある自然食カフェ
それがCafe Armonico(アルモニコ)

すぐとなりにある秋山自然食品センターが経営されています。

店内に一歩足を踏み入れると、いかにもオーガニックな雰囲気が漂っている。

ドリンクメニュー、フードメニューはいずれもオーガニック!

当然、店内のお客さまは女性ばかり、女性占有率95%くらいかな…
 
いわば大奥か宝塚状態でしたが、そこは食の探索、勉強と割り切って…(笑)

後で就活中と思われるリクルートスーツびっしりのお兄ちゃんが相席に…
 
彼は食品関係を就活中か、就活に疲れきってオーガニックに癒しを求めていたのか…
そのあたりの詮索はひとまず横において…

今回は日替わりの雑穀プレートランチを所望…
e0009772_1834911.jpg

玄米ごはんに車麩のカツ、和え物に冷奴、きんぴらそして生姜たっぷりの味噌汁

なぜか玄米ごはんがおいしい!こんなに玄米ごはんがおいしいものなのか…

車麩のカツって味気がないなあ!と思っていたが、食べてみるとビックリ!
意外や意外、存在感があるのに、ヘルシー

そして味噌汁にたっぷりのおろししょうががマッチすることは実に大発見! 
e0009772_18345556.jpg
 
このボリュームで大丈夫?いやいやそんなご心配は無用、ちょうどいいくらいでした(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-02-06 18:35 | 食材&フィトケミカル

黒豆騒ぎ!

世の中、黒豆の話題で持ちきりです。
e0009772_1620565.jpg

発端はこのテレビ番組!

日本テレビ 寿命をのばすワザ百科
2010年3月29日(月)19:00~20:54放送
寿命をのばすワザ百科 30日でやせる4大ダイエットSP
 

番組ホームページによると、松竹芸能所属の
安田大サーカスHIROクンの検証結果が
衝撃的に取り上げられたのが原因

安田大サーカス HIRO
体重:153kg⇒132.2kg【-20.8kg】
腹囲:143cm⇒123cm【-20cm】
内臓脂肪:236.17cm²⇒138.44cm²【-97.73cm²】
 

体重もさることながら、内臓脂肪の急激な改善が
どうやら消費者の心にビビッときたらしい。
 
その翌日、最近ご無沙汰気味の方々も含め、
黒豆の入手先やら、黒豆製品の紹介やら、
情報の発信源の問い合わせなどの電話や
メールを結構いただきました。
 
動物的カンと独自のリサーチ力を駆使して
1ヶ月前から“そろそろ黒豆の話題が来そうですよ!”と
折に触れお話しをしていましたが、当時は大半の方は素っ気ない態度(苦笑)

それが話題沸騰になったとたん、過去のことはすっかりお忘れに…
 
リサーチと情報解析は僕のたゆまざる努力の結晶なのでもちろん企業秘密(ニヤリ) 
 
『だから申し上げたでしょ!準備しておいて下さいねって…』
 
『耳が痛いけれど、それとは別に何とかして…』
 
ここであえて予測を申し上げると、ブームは一過性!
 
あと1ヶ月もすれば在庫過多になってしまうはず。
 
なぜなら、今回のポイントは食物繊維が胃に留まって
満腹感を感じ、食欲を抑制して、排便を促すデドックス効果が
ポイントだからです。
 
番組ホームページにも書かれているように、
ダイエットと並行して運動も取り入れた結果なのです。
 
毎日、ひたすら黒豆を食べ続ければいいという問題ではありません。
 
しかも毎日来る日も来る日も、黒豆をふやかして、蒸して…飽きます(笑)
 
テレビ番組の上手なところは、巨漢タレントの痩せる
数値の大きさに黒豆だけを食べれば…とセンセーショナルに
騒ぎ立てただけだと思うからです。
 
まあしいて言えば、大豆サポニンと黒豆のアントシアニンの
健康効果もダイエットの際の栄養補給として訴求していることくらい。
 
正直、黒豆にこだわらずとも、もっと他に食物繊維や栄養価の高い
食材なんて探せばいくらでもあります。
 
何事も水面下で情報を収集しながら、ヒートアップしてきたと
思ったら、長くて2週間で、猫も杓子も飛びついてきたら、
その時は撤退のグッドタイミング!
 
ブームが急降下し、追随業者が総崩れになった時に、
今度は話題をきっかけにリピーターになるお客様向けに
情報発信して、漁夫の利を得る。
 
言うのは簡単だが、タイミングが実に難しい!
 
少しでもタイミングがずれると、大きな失敗になってしまいます(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-04-04 16:22 | 食材&フィトケミカル

恐るべき緑茶パワー

最近、有能なドクターは身近な食材で栄養を摂取するよう勧めておられます。

やたら薬を出す医者、サプリメントを推奨する医者…これは名医を見分けるリトマス試験紙?

とは言うものの、西洋医学や薬もイザという時には必要であることを否定するまでもなく、
あくまで頼り過ぎないという点でのバランス感覚が大事。

何かと注目されている免疫力もつまるところ天の恵み、自然の恵みである食材を
食事という活動を通して、必要な栄養素や酵素、補酵素をバランスよく吸収すること。

そんな意味で昨日に続いて、食材&フィトケミカルというカテゴリーを展開していきます。

今日のテーマは恐るべき緑茶パワー!

かつて栄西禅師が中国から持ち帰ったお茶はどちらかといえば
喫茶よりは薬用の意味が強かったらしい。

それもそのはず、お茶には有効成分がたっぷり!
e0009772_016392.jpg

お茶の渋み成分カテキン…血中コレステロールや中性脂肪の低下、
                 抗酸化作用によりがんやシミ、シワの予防
                 インフルエンザ予防、血圧および血糖の上昇の抑制。

お茶の苦味成分カフェイン…疲労感や眠気の除去、利尿作用。

お茶の旨み成分テアニン…リラックス効果、血圧を低下

サポニン…血圧の低下、インフルエンザ予防作用

クロロフィル…脱臭作用

精油…抗菌、リラックス作用

GABA…血圧の低下

ここまで見てくると、まさにお茶は天の恵みがもたらした天然の総合サプリメント!
e0009772_0172744.jpg

また、この時期、うがいも緑茶うがいは案外おススメかも 

市販のヨードが入ったうがい薬は使用頻度が高くなると甲状腺にも影響。

そんなことを考えていると、緑茶の恐るべきパワーに感服(ペコリ)

参考・引用文献:株式会社経済界 入谷栄一著 病気が消える習慣 
by mitsuketai | 2010-02-10 23:55 | 食材&フィトケミカル

しょうがで花粉症対策

今年もまた、いやな花粉症の季節になってきました(困)

昨年に比べると花粉の飛散量は少ないとは言っても、
その飛散はやはり悲惨に違いない(笑)

紫蘇がいいとか、甜茶(てんちゃ)がいいとか…

ちょっと待ってほしい!身近な食材でもある、しょうがにも花粉の症状を緩和する効果があるらしい。
e0009772_22185824.gif

詳しくはこちらをクリックして、食品医学研究所のレポートを見ていただければ…

多量の花粉に呼応して多量に産生された免疫グロブリンE(IgE)が
マスト細胞(肥満細胞ともいう)に結合すると、マスト細胞内に
ホスホリパーゼA2という酵素が産生され、これが細胞膜や
核膜のリン脂質に作用するとアラキドン酸が遊離されるのです。

このアラドキン酸を原料として、リボキシゲナーゼが生成され、
鼻づまりの原因物質であるロイコトリエンが、もう一方で
炎症やむくみの原因物質であるシクロオキシゲナーゼが
細胞外に排出され、それぞれの症状が引き起こされる。

さらにアラドキン酸はマスト細胞内にあるヒスタミンという
物質を活性化させ、くしゃみ、鼻水、かゆみを引き起こすのである。

まあ、難しい説明になったのだが、上のメカニズムを前提に
下記に述べるポイントを抑えてもらいたい!

しょうがに含まれる主成分であるショウガオールにはアラドキン酸が
ヒスタミンを活性化させる作用をブロックし、さらにリボキシゲナーゼや
シクロオキシゲナーゼの生成を阻害する効果がある。


これがしょうがに花粉症の症状を緩和させる効果があるといわれるゆえんなのである。

しかもこのショウガオールという成分、熱に強く、しかも生しょうがに含まれる
ジンゲロールという成分は加熱することによってショウガオールに変性するのである。

だから、しょうがを料理に使ったり、あったかいしょうが紅茶を楽しんでもらいたいのである。

もちろん、しょうがを使ったジャムも製造過程において加熱しているのでOK。

今まで色々な方法で花粉症対策をしたが効き目がなかった皆さん!

今年は“しょうがパワー”で花粉症を乗り切ってみてはいかがですか(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-02-09 22:14 | 食材&フィトケミカル