一時期、スキャンダルがあって停滞していた大相撲が少し盛り返してきた!

高見盛の引退で人気はどうかなあ?と心配していたら、遠藤や枡ノ山や里山と
いった個性的な関取も増えてきた。

ところで気になるのが取り組みで張り手の多いこと!

特にモンゴル出身力士は両横綱も含めて実に張り手が多い!

横綱の張り手は実に見苦しいものである!

はっきり申し上げて、あれは顔を張り倒している!

場合によってはクラッときて、相撲本来の姿から逸脱している。

顔に向かって張り手を繰り返すのはいかがなものか?

首より上の部分に対する張り手はまげを掴むのと同じように反則にすべきではなかろうか?

相撲は相撲道、柔道は柔道、それぞれ道であり、卑怯な方法を使って勝ち負けにこだわるのは禁じ手。

戦前に前田山という関取がいた!白鵬が尊敬する名横綱 双葉山も前田山の張り手戦法には悩まされた。

この前田山、張り手戦法を駆使し、最後は横綱になったものの、素行が問題で引退勧告を受けている。

双葉山は前田山の張り手戦法に苦杯することもあったが、張り手では応戦せず、しっかり受け止めて
組み合って、上手投げで破っている。

相撲は本来がっぷり組み合って技を競い合うべきである。

あの朝青龍を横綱にして、張り手や危険技を使ってでも勝負に勝てばいいという風潮を
許してしまった相撲協会にも大いに責任がある!

これは師匠と呼ばれている方々の人間的な指導、相撲道の指導力不足もあるだろう!

日本人横綱が消えて久しく、日本人優勝者も栃東以降出ていない。

正々堂々と組み合ってこそ相撲と考える日本人力士が
張り手のモンゴル勢に卑怯な手で屈しているのである!

取り組みは文字通り、取り組みであって、殴り合いではないはず…

殴り合いを認めるなら、今後、取り組みを殴り合いに変えてみてはどうか(苦笑)

その点、見ている限りでは、遠藤や枡ノ山や里山といった力士には張り手を見ない。

だから観客による投票で決まる敢闘精神あふれる力士ベスト3に連日名を連ねている!

そういうところを見ると、張り手のない、本来の相撲をお客様は求めているのではなかろうか?

相撲協会もその点をよく考えないと、大相撲の復活はないかもしれない(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-01-24 17:28 | ひと言 言わせてもらおう! | Trackback | Comments(2)

先日、色々と教えを授けていただいている師匠とでもお呼びすべき方と歓談!

開口一番、電車で化粧をしている女性をどう思う!とご質問!

お互いに、論外なこと、議論すべき対象ではないことで意見が一致。

ところがよほどお忙しいのかどうか?電車の隣の席で化粧をされる
うら若き?女性に遭遇することが多くなってきました。

チラチラと見る程度ですが、こうやって化粧は出来上がっていくのか…

まるで、新しいビルの鉄筋丸出しの構造物の外装が綺麗に仕上がっていくような感じかな?

e0009772_19221739.jpg


化粧とは人が見ていないところで、こっそりするもの!

人間を化かすといわれるキツネやタヌキも人前では堂々と化けません(苦笑)

ひょっとしたら、キツネやタヌキに気の毒かもしれません。

化粧と努力や研鑽は人知れずこっそり行うものではありませんかね(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-10-23 19:22 | ひと言 言わせてもらおう! | Trackback | Comments(4)

振り回されていました!

気が付くと、ここ1週間、ブログをお休みしていました。

ここ1週間、いや正確はここ2ヶ月間くらい何かと振り回されていました(苦笑)

いくら指示していても、間際に確認しないとほったらかし!それでも平気!

細かいこと(最低限必要なこと)を徹底させると、最後は嫌がられる(涙)

自分の利益になる時だけ、必死に連絡してくる。

頭も身体も汗をかかない癖に、儲けだけを要求してくる。
…人のふんどしで相撲を取ろうとしている人間の多いこと

でも、実際に自分で努力して考えないと、最後の最後で鍍金(メッキ)が剥げるんですけれど…

あらかじめ警告しているのに、放置しておいて、どうにもならなくなると泣きついてくる!

行動を起こさず、危機感も持たず、最後は政治や世の中のせいにされ逃げてしまう
…自ら努力して行動しなければ、誰も助けてくれないのにね(苦笑)

人に頼む時だけ頼んで、回答を送っても、自分の意に沿わない意見だとお礼のひと言もない。

さんざんタダ働きさせておいて、ありがとうのひと言もない。

お取り寄せで先にお金を払い込んでも督促するまで忘れっぱなし…とほほ

デパ地下で買った賞味期限内のスイーツが実はずさんな衛生管理で腐敗…もう少しで食中毒に(怖)

まあ、色々と振り回されていました(苦笑)

その反面、そういう運のわるい部分はできる限り切り離し、新しい取り組みも…

とにかく動物的カンで相性が合わないと判断したら、付き合わない、取り合わない…

そういう方針を決めると、気持ちも少しスッキリしてきました。

これから集めていたネタをブログに少しずつアップしていきます!

阪神のマートンのヒーローインタビューではありませんが、ボチボチ、おおきにの精神で…(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-07-16 06:58 | ひと言 言わせてもらおう! | Trackback | Comments(0)

先日の金本選手の引退に続き、今日は城島選手の引退…

確かに全盛期を過ぎて、故障で満足なプレーができないので
ご本人にとってはそのまま続けるのも苦痛かもしれないが…

しかも優勝を狙える戦力と言われながらの5位低迷…

コーチの入れ替えやGMの就任など矢継ぎ早の一足早いストーブリーグ!

ところで球団のオーナーや社長がまるで他人事のような言動っておかしいのでは?

オーナーも球団社長も監督も責任をとらず、プレーヤーやコーチに詰め腹を切らせるとは…

敗軍の将、兵を語らず!

ここまでくれば監督はもちろん、オーナーも球団社長も職を辞するべきでしょう!

トップが責任をとらなきゃ、誰が責任を取るのか?

同じ想いのファンもたくさんいらっしゃるのでなかろうか?

あえて言わせてもらえれば、問題のあるところは大半がトップやリーダーに大いに問題あり!

このままオーナーや球団社長が居座り続けるようであれば、阪神は再び暗黒の時代が続くであろう!

金本選手の涙、城島選手の涙の想いに複雑な気持ち、モヤモヤと晴れない気持ちを感じてしまう

それに急なこととは言え、城島選手の引退試合がファームの試合なんておかしいでしょ

やっぱりここは監督はもちろん、オーナーも球団社長も職を辞するべきです!

そうしないと示しがつきません(怒)
by mitsuketai | 2012-09-28 20:49 | ひと言 言わせてもらおう! | Trackback | Comments(0)

受動喫煙はなぜ悪い!

喫煙はこと健康に関しては百害あって一利なし!が僕の首尾一貫した考え方。

さらに悪いのは受動喫煙!これは受動喫煙の環境を作った人間は万死に値する。

己が喫煙して、己の健康を害することは自業自得である。

ところが、喫煙していない周りの人に間接的に煙を吸い込ませて、
その人々の健康を害するとなれば、それは傷害罪や傷害致死にも匹敵する。

タバコを吸う人はフィルターを通して健康に注意して吸っているかもしれないが、
間接的に受動喫煙してしまう方々にとっては、まともに煙を吸い込むことになる!

周囲に気を配ることなく、タバコを吸うことを権利と称して吸う者があらば、
その人間の程度や品格を疑いたくなる。
 
タバコを吸う権利には、タバコを吸う人が吸わない人に受動喫煙させないような義務があるはずだ(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-09-03 06:58 | ひと言 言わせてもらおう! | Trackback | Comments(0)

サービス産業はともかく、商品を売買して売上を上げるビジネスにおいて
意外や意外に大事なのが、モノづくり部門と営業部隊の間に立って
手配業務を行う業務部門であることはいうまでもないが…

モノをタイムリーに供給できなければ営業部隊も活動できない!
 
モノが供給できても営業部隊にその気がなければ在庫の山! 
 
今日言って明日すぐ用意するなんてことは、メーカーで工程というものに
携わった者でなくても、ナンセンス、非効率、コストアップの要因、ひいては
不良品の発生につながることは自ずと理解できることである。

資材、原料の手配から人のやりくりまで…1つのモノには実に多くの工程と人の関わりがある!
 
営業部隊から情報が来ないからほったらかし!
 
日々の動きや年間の実績、営業部隊との会議、ここから何も感じなかったら
もはや、手配業務としての職責を果たしていない。
 
口を酸っぱく周りから注意されているにも関わらず、同じ失敗を繰り返し、
そのツケを周囲に押し付けたり、弱いものイジメをするとしたら
その担当者は職責を果たしていないし、失格である!
 
僕がその立場で同じようなことを幾度となく、繰り返していたら進退伺いを出すし、
まったく同じ失敗を3回する者が下にいれば、引導を渡す(苦笑)
 
よく手配業務の担当者は野球のキャッチャーに例えられる。
 
キャッチャーはあちこちに目配り、気配りしなければならないし、
ピッチャーが打たれると叱られるのはキャッチャー!
 
時には嫌われても、チームの勝利のためには苦言も呈しなければならない。

実際、割の合わない、きちんとして当たり前、少しでも失敗したらお叱りを受ける!

それでも、ありがとう!おかげで助かった!この感謝のひと言に喜びを感じなければならない因果。
 
それでも周りは見ているもので、自分を捨てて、周りのために頑張っていると
何とか助けようとチーム全体が助けてくれる。
 
一生懸命、誠心誠意努力していることが伝われば、営業部隊も信頼して
納期の調整に協力してくれるし、製造部隊も何とか納期を短くしようと
努力できるはずである。
 
いつ入ってくるか、いつまで続くか分からない注文に工程を開けておいて、
即座に応じる都合のいいメーカーなんてとてもないし、長続きする供給体制なんてできない!
 
手配業務に携わる者は、前もって手配を行い、需給が引き締まってきたら
敏感に撤収を図って、製品や資材の在庫を調整するために、神経質になる
くらいの気持ちで取り組む気概をもたないといけない。
 
営業してくれる者にも、製造・供給してくれる者にも気持ちよくできるように…
 
その反対に相手を怒らせるようなら、問題外!

最近、あちこちでいい加減な態度で仕事をしている輩が多く、
真面目に取り組んでいる人間が迷惑しているのでカツ!を入れたい(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-31 20:49 | ひと言 言わせてもらおう! | Trackback | Comments(0)

今や、ホームページを持たない会社は数えるほど…

言い換えれば、どこの会社もホームページは持っています。

そこには大体、“お問い合わせ”ができる仕組みになっています。

ところが、この“お問い合わせ”の仕組みが
“開店休業中”というのも結構多いのも現実。
 
問い合わせをしても何の返事もなし!

何のためにホームページを開設しているのか?

もっとも情報を流しているだけ!と言われればそれまでの話ですが…(苦笑)

少なくとも“お問い合わせ”の仕組みをホームページに設置しているならば、
いただいたお問い合わせに対して、何らかの返信メールをお送りしないと
まさに相手には失礼なことです。

答えることができない“お問い合わせ”にはその旨の返信をすればいいのです。

できないことについては、残念ながら相手の希望に沿えないことを
丁寧に返信すればいいのです。

できることを精一杯、誠心誠意、自分たちのできることをお応えすればいいのです。

何のためにホームページを開設しているのか? 
 
色々お考えはあると思いますが、自分たちを知ってもらうこと、
その上でお互いがコミュニケーションできる機会を持つことではないでしょうか?
 
“お問い合わせ”というせっかくのチャンスを生かさないのは実にもったいないことです(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-11 21:46 | ひと言 言わせてもらおう! | Trackback | Comments(0)

ある夜の惨劇でした。

昨晩、庭に面した窓にドスンという衝撃音が…

ふと視線を庭に落とすと、イタチと鳩が格闘状態、いや、鳩がイタチに襲われていて絶命。

実は、この鳩、庭にある文旦の樹木に営巣していた鳩でした。

その惨劇、窓越しですが、目の当たりにすると気分のいいものではありません(涙)

文旦の樹木に鳩の番い(つがい)が小枝をせっせとくわえて巣づくりを始めたのが1ヶ月ほど前。

最初は巣ができあがった頃に撤去しようと思っていました。

しかしながら、雨の日も雪の日も代わる代わるじっと耐えながら
抱卵する姿を見ると、このまま雛(ひな)の巣立ちを見守ろうと…

ようやく雛(ひな)が孵化し、親鳩が雛(ひな)に給餌する姿に微笑ましさを感じていました。

人間世界では子育てを放棄したり、虐待したり、ゴミ袋に
詰め込んで窒息させたりと悲惨なことが起こる中で、
鳩に親の姿というものを改めて教えられるような思いでした。

鳩の習性からすると、襲われたのはおそらくメスの親鳩。

朝になって巣を遠くから眺めてみると、2羽いたはずの雛(ひな)の姿も見当たりません。

おそらく親鳩は雛(ひな)を守ろうと身を挺してイタチと格闘したと思います。

その後、イタチは雛(ひな)も奪っていったのでしょう。

つがいのもう一羽、おそらくオスと思われる鳩が夜明けにやってきました。

姿が見えなくなったメス鳩が気になったのでしょうか?

やってきて、あちこち探し回っている姿を見ると哀れです。

今回の震災や津波、この鳩の一件も含め、真面目に一生懸命
生きている光景が一瞬にして奪われていきます。

ああ無情、何なんでしょうか?

もし世の中に仕組みがあるとすれば、真面目な生き方をしている
あらゆる生きとし生けるものが報われる方向に変えてもらいたいものです(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-04-02 09:32 | ひと言 言わせてもらおう! | Trackback | Comments(0)

“共有”という言葉の乱用が最近やたら目立ちます。
 
今もNHKのニュースウォッチ9を見ていても、
菅総理が“公明党と問題意識を共有しており…”
 
たぶん、公明党は問題意識を共有しておられないと思います(苦笑)
 
実は最近、多くの場面で“共有”という魔物の言葉で苦しめられています。

問題点を指摘すると、共有という言葉を使って逃げてきます。

これって、一種の流行かなあ…と感じるくらい頻繁に遭遇します。
 
共有している情報や課題はどこにも存在しないのですが(笑)
一緒に苦しみを共有していることを装い、共有しているから
自分たちにはまったく非がないのだ!という論理構成で…
 
課題を共有しているだの!相互信頼という美辞麗句を
丁寧に並べてくる相手には注意した方がいい!
これは最近の知見から導き出されたエッセンスです。
 
共有とか相互信頼とかやたら乱用する方々は
実際、なんらの実績も行動も知見も持ち合わせておられません!
 
皆さんもこの法則をあてはめてみると、なるほど!と納得されることが
あると思いますし、これからも遭遇する可能性が高いと思います。

共有とは具体的な事柄に具体的な行動や結果が伴って
はじめて共有しているという共通認識が芽生えるのです。 
 
相互信頼とは、お互い相手を思いやることから生まれるのです。 
 
自分だけがずるく、得をしようということが見え見えでは…(困)

自分も犠牲を払い、相手にも犠牲を求めることで、
共通の目標を達成できてはじめて相互信頼が芽生えるのです。

実に、言葉に魂が入っていないのです。

日本には言霊と(ことだま)いう素晴らしい考えがあります。
 
言葉が乱れてきて、言霊(ことだま)が言だましに変節しています。

政治家の答弁も言葉の乱用ばかりで、実績が伴っていません。
 
もっと言葉に重みがないと、罵詈雑言の世界になってしまうと
思うのですが、皆さんのお考えはいかがですか(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-01-28 22:07 | ひと言 言わせてもらおう! | Trackback | Comments(0)

徳育論

昔から教育の三大要素として知育、体育と並んで徳育がある。

人に思いやりをもって接するには、どのような気持ちをもてばいいのか?
  
これが徳育の目指す目標ではなかろうか…  
 
思いやりの持ち方、接し方は実に人それぞれ、色々ある。
 
根本はそういうことを常に考え、どう行動するかを意識することにある。
 
思いやりの心を持てない友達がいたら、どうして思いやる気持ちが
出せなかったのかを、いっしょに考えてあげるのも思いやり。

思いやりを行動に表すことが出来ない友達がいたら、
その出来なかった気持ちを汲み取ってあげるのも思いやり。
 
徳育を教科として、教科書まで作ってしまう動きがあるらしい…
 
食育にも言えることだが、何でもかんでも教科にしてしまうことには了としない。
 
事実、あれだけ声高に叫ばれ、華々しくデビューした食育の現実はどうだろうか?
 
現場で、これといったモノが見えているだろうか…
 
徳育も食育も日常の生活や授業の中で、思いやりや食の大切さに
思いを馳せる心を芽生えさせるきっかけ作りが根本ではなかろうか…
 
押し付けや無味感想な知識をいくら植えつけても仕方がない。
 
人間が行動を起こしたり、変革しようとするには動機付けが必要である。
 
こんなこと、教育心理学が必須となっている教育現場なら言わずもがなでは…
 
きっかけができたら、次々興味がわき、そこに応えていくのが教育ではなかろうか…
 
それでも教科として画一化を目指そうとされるなら、どう見ても現場を理解していないのでは(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-12-09 21:10 | ひと言 言わせてもらおう! | Trackback | Comments(0)