カテゴリ:諸国漫遊( 31 )

先週の10日の木曜日 軽井沢へ弾丸日帰りトンボ返り出張!

軽井沢は実に4年ぶり!

台風にぶつかるかと当初はヒヤヒヤでしたが、
そこはさすが晴れ男(笑)

今回も雨には会いませんでした! 

前回4年前の出張から帰阪して具合が悪くなって、
食道ガンが見つかって以来の軽井沢へ

実に感慨深いものがあります。

京都駅の新幹線ホームにはホームドアがあって
開閉する際には乙女の祈りの音楽が流れる。

それから何となく気になったのが、東海道新幹線から見た富士山の上に
黒い笠雲がかかっていたこと。

富士山の笠雲は縁起がいいという意見もあれば地震の前触れという意見もあり微妙?

東京から軽井沢への長野新幹線は北陸新幹線に…

e0009772_20325723.jpg


北陸新幹線の座席は東海道新幹線のぞみの座席に比べ
座っていても疲れない感じかな!

北陸新幹線に乗ると座席の後ろにはJR西日本の冊子!

JR東日本管内にも関わらず、ちゃっかりJR西日本に引き込む宣伝ぶり。

昨年から岡山への日帰り、今年に入って東京日帰り
そして今回の軽井沢へ弾丸日帰りトンボ返り出張!

ボチボチ行動範囲を広げています(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-09-15 20:33 | 諸国漫遊

ええじゃないか。

三重テレビの看板番組のひとつが“ええじゃないか。”

この三重テレビの番組、実はサンテレビでも拝見することができます。

番組のホームページにはこんな説明があります。 

視聴者にオススメの旅のプランを提供する「おかげ旅行社」。
堀口文宏と萩美香のプランナーコンビが、
シーズンや伝統行事、神社仏閣の特別拝観など、
ベストタイミングを考慮した「ええ旅プラン」を求めてリサーチ旅に!

三重県内はもとより、奈良、京都、大阪、兵庫などの近畿エリア、
さらには関東エリアへと出かけます!

もちろん食レポも充実しています。

三重県のおいしいものをお取り寄せしたり、奈良や京都、大阪、兵庫の
おいしい情報をゲットして活用しています。

この間の鶴橋あべの編でも冷麺がおいしい焼肉店、驚きのパフェ専門店、
なぜかオムライス屋の看板がかかっているのにまぐろ丼の店、
そしてあべのハルカスのこの時期限定のおいしいイベント…

おいしいもの情報のネタはこういったところからも仕入れています(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-07-30 23:42 | 諸国漫遊

軽井沢 弾丸往復!

今朝は5時起き、早朝の東海道新幹線、長野新幹線で軽井沢へ…
e0009772_2318513.jpg

ちょっと静養とリフレッシュを兼ねて…

もちろん、そんなこと許される身分じゃございません。

お客様のところに行って、膝を突き合わせてお願いする用向きがあり、
昨晩、夜なべしてプレゼン資料を作って持参。

メールやインターネットは便利になっても、最後はお顔を拝見しなきゃ
まとまる話、進む話も成就しません。

会えば、あっという間に解決…

ここまで来ると、3年前から気になって訪問している生産者さんやらと…

おかげさまで昼飯はこの山菜天ぷらとなめこのそば一杯。
e0009772_23193438.jpg

もう少しゆっくり、軽井沢でお茶でも思っていたら、あさっての予定が
お客様の都合で急遽、明日に変更との連絡が携帯へ…

まあ、こうやってお呼びがかかることをありがたく、感謝しながら
弾丸ツアーのように一路帰阪の途に…
e0009772_23204816.jpg

今度は、ゆっくり軽井沢でも散策してみたいなあ…

それにしても東京から新幹線で軽井沢に降りる人は多かった。

そんなこんなで眠いので、今日はこのあたりで…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-06-07 23:20 | 諸国漫遊

鹿児島経由宮崎行き

新燃(しんもえ)岳の噴火は影響大きいですね!

実は噴火の前に桜島を含む鹿児島の火山が危ない!という
記事をブログに書こうと思っていた矢先でした。
 
桜島周辺のマグマの活動が活発化しているとの情報を新聞でゲットしていましたが…

口蹄疫に鳥インフルエンザに続いて火山爆発なんてあってほしくない!という
気持ちで記事にするのをためらっていました。

噴火の影響で、宮崎空港の離発着ができず、
乗客は宮崎空港-鹿児島空港をバス移動されるとか…


この間の移動、結構時間かかるんですよね!

高速も閉鎖されていて、不足の事態があればなおさら時間が読めない。

今から10年以上も前、鹿児島へ友人の結婚式に参加するため
関西から関空組と伊丹組に分かれて飛行機を利用したことがありました。

6月の梅雨のシーズンで、その時の豪雨では鹿児島空港への着陸は困難な状況。

僕は関空組、機長のアナウンスは…
着陸は試みますが、最悪の場合は宮崎へ着陸しますとのこと…

続いて、東京からの便は行き先を宮崎に変更しましたとのアナウンス!
 
そんな中、豪雨と轟音の中で鹿児島空港へ…

まるでジェットコースター状態(苦笑)

結局着陸できたのは僕らの乗った1便だけでした。

すぐにでも宝くじを買っておけばよかったかも…(苦笑)

降りてみれば、それまでの豪雨はうそのような静けさ。

伊丹組は宮崎へ行き先変更で、豪雨の影響もあって
会場でようやく合流できたことを思い出しました。
 
鹿児島経由宮崎行き!こんな特別ダイヤは
一刻も早く解消に向かってほしいものです(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-01-29 16:26 | 諸国漫遊

松山 マドンナ辨當!

松山の帰途、かわいいお弁当を見つけました!

それが松山の有限会社鈴木さんのマドンナ辨當、しめて870円也。

おっさんにマドンナ辨當とは、いささか不釣合い?

まあ、そうおっしゃらず、わずかな乗り継ぎ時間で
さっと見つけたのが、この駅弁でした。

ご覧のようにかわいいピンクの不織布に包まれた二段重ねのお弁当です。
e0009772_2220284.jpg


下段は酢飯に錦糸卵を載せたちらし寿司
e0009772_22231269.jpg

上段にはサケの塩焼き、卵焼き、アスパラ巻き、イモ天、カマボコ…
e0009772_22251695.jpg

それにブドウとみかんのデザートが憎いほどおいしい!
 
ボリューム的には物足りないのでは…
 
小食の身にとってはちょうど頃合いでした(苦笑)
 
陽光が差し込む車内から穏やかな瀬戸内海を眺めつつ、
ひと仕事ふた仕事終えたところで、のんびり読書しながらの
マドンナ辨當はなかなか乙なものです。
e0009772_222655.jpg

ところで、こんなお弁当作ってくれるマドンナがどこかにいないのかなあ…(ポツリ)
by mitsuketai | 2010-12-20 22:26 | 諸国漫遊

ようやく大変だった怒涛の四国遠征も終わりました!

高知、愛媛の生産者や生産現場をこれでもか(笑)と訪問と
来年に向けた打ち合わせ、いや新しい取り組みに向けての説得とお願い。

でもおいしいものあり、ここで仕事中断して温泉に入っていきなさいとか…

徳島の阿波池田ではこの冬一番の吹雪に飛ばされそうになったりしたけど、
現場の声をお伺いすることで改めてモノづくりの勉強もできたし、
何よりも新たなご縁づくりができたことは収穫でした。

そんな中で、今回は宇和島で出会ったかどや本店の鯛めしをご紹介。
e0009772_2158821.jpg

何かとお世話になっているこの友人のブログで紹介されていました。

このブログ、実はおいしいもの情報が満載。まさに味の諸国漫遊です。
 
そこで宇和島に行ったら、かどや本店に行ってみようと…

正解でした。刺身は新しいし…
e0009772_2159346.jpg

その中でも名物の鯛めしは最高。

生の鯛の刺身をご飯に乗せて、上から生玉子入りの甘いだし醤油をかけていただく!
e0009772_221512.jpg
 
これがもう病みつきになる美味しさ!
 
鯛の刺身にとろっとしたベールみたいな生玉子入りの甘いだし醤油。
 
つるりとした後、鯛の刺身のしっとり感とご飯のほかほか感が
あっという間に次々と登場してくる絶妙の美味しさ。
 
なぜか焼酎 佐藤の黒をお湯割りで…
e0009772_2224051.jpg

小鍋もつつきながら…
e0009772_2234539.jpg

〆はかどや謹製のアイスモナカ!
e0009772_2243577.jpg
 
皮の生地に珈琲の香ばしさを忍ばせているあたりはさすが。
 
こうして宇和島の夜は更けていくのでありました(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-12-19 21:26 | 諸国漫遊

今朝、JR高槻駅を出発

途中吹雪あり…
e0009772_2228682.jpg

実に乗車時間6時間48分 総移動距離511.3Km
e0009772_22292750.jpg

極めつけはご覧のように途中、ガラガラの1両のローカル線鈍行で
なんと2時間、とにかく寒かった!
e0009772_22285035.jpg

鉄っちゃんと思しきお兄ちゃんと2人きり(笑)

かと思いきや高校生がどっと

とうとう本日の執着、いや終着地点に…
e0009772_2230456.jpg

ヘトヘト、明日も早い…
 
誰だ!年の瀬迫ったこの時期にこんな用事を作るのは…

ということで、お休みなさい(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-12-16 22:30 | 諸国漫遊

どこへ行くにもやはりお土産が気になるのです。

かといって、最近仕事でヘトヘトになったり、介護の関係でゆっくり
あちこちを見て回るという時間的余裕もありません。

先日も名古屋へ仕事で行っていたことをお話ししました。

そこで今日のお題、名古屋でお土産を買うなら…

ズバリ!おススメは名鉄 名古屋駅にある名鉄百貨店のデパ地下!

ここにはさすが名古屋と思ったり、大阪ではお目にかかることのない、
しかも名古屋の人が普段使いにも、手土産にもお使いの地元密着の
食材やスイーツが手に入るのです。

JR高島屋もあるのですが、ここはどうしても東京や大阪の高島屋の
カラーが強く、地元名古屋の地域密着度は薄れるような気がします。

それはそれでスタイルの問題なので、どちらがどうのこうのという訳じゃありません。

また駅構内のキオスクやお土産ショップもお決まりかなあ…

名鉄百貨店もJRの名古屋駅に近いので、皆さん新幹線で帰る時にも便利。

中部国際空港に行くにも名古屋からなら名鉄に乗るのでこれまた便利。

フルーツショップの弘法屋さんも覚王山に本店があるお店。
e0009772_22275675.jpg

ショーケースの見せ方もうまいし、カットフルーツを買って新幹線で食べるのもよし(笑)
e0009772_22283950.jpg

名鉄のデパ地下で見つけた美味しいスイーツは日を改めてご紹介します(ペコリ)

※店内を撮影するのは差し控えましたので、画像は弘法屋さんのホームページから拝借しました!
by mitsuketai | 2010-01-20 22:21 | 諸国漫遊

“だんだん”始まる!

NHK 朝の連続テレビ小説だんだんが始まりました。

あのふたりっ子マナカナが今度はダブルヒロインに…

ふたりっ子の時には朝BSで7:30分からの15分間を見終わってから
ダッシュしてバス停に駆け込んでいました(笑)

今日も7:45分の15分間を見終わってから猛ダッシュです。

今回の舞台は松江と京都。

まあ、京都と言っても祇園のお座敷にはとんと関係はございませんが(笑)

松江も大好きな街のひとつで、今朝テレビに出てきた堀川の遊覧船も
出雲大社も宍道湖のシジミ汁もついでに仁多米や和菓子の数々。

松江は駅前は何にもありませんが(強いて言えば一畑百貨店くらいかな)、
少し歩くと堀川端は街歩きにはうってつけの場所です。

そういえば、萩も高山も京都も岡山も駅から少しいくとお城が
あったり、史跡があったり、べんがら格子の町並みがあります。

そういう街歩きができるところの共通点はおいしいお菓子屋さんや
酒蔵や喫茶店や文具雑貨などの店が結構あるものです。

ふらっと立ち寄って、食べ歩きしながら、店を覗きながら
ふと気がついてみると結構な歩数を知らず知らずのうちに
歩いていることになるのです。

ここまで書いてくると、あのカステラあの和菓子も腹の虫に
語りかけてきました(苦笑)
e0009772_21522974.jpg

だんだんを見ていて、どこまで腹の虫が我慢してくれるのかなあ(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-29 21:58 | 諸国漫遊

北京の思い出!

20年あまり前に北京へ展示会のため出張したことがあります。

あの天安門事件より前のお話しです。

当時は伊丹空港から北京へのJALの直行便もいったん上海上空まで
飛んでから、北京へ北上するルートで、窓越しに見える揚子江と黄河の
雄大さに圧倒されたものです。

ちょうど7月前半の約2週間で、道端では赤だけでなく黄色のスイカを
切り売りしていた光景は鮮明に残っています。

北京の発展ぶりはスゴイですが、当時はまだまだ道路は自転車が
大半、しかも車の間をすり抜けていくサーカスぶり、高層ビルの足場は
ご存知の通り、竹を組んで作ったものです。

土産物ひとつ買うにも友諠商店か空港の売店くらい…(笑)

そんな中でもやはり食べ物の思い出は鮮明に残っています。

まずは、人民大会堂での日中両政府のレセプションの
立食パーティーで出た肉まんとチョコレートがけのアイスクリームバーにスイカ…

それにしても、あの肉まんはホントおいしかった!

どんな肉まんかと言えば、中の具材の味付けが北京ダックにつける
甘辛い肉味噌、ジャージャー麺につける肉味噌にも似ています。

それとあっさり風味のアイスクリームバーにチョコレートがけしてあるもの!

これがホント旨いんだな(笑)

印刷された紙がアイスクリームバーに巻かれていたのも鮮明な記憶として…

そしてスイカの甘かったこと!赤い果肉のスイカはもちろん黄色のクリームスイカも…

仕事ばかりで、観光と言えば万里の長城と北京動物園のパンダを観に行ったくらい…とほほ

あとは宿泊先の長城飯店と仕事場の北京展覧館の往復(苦笑)

ただ昼休みが2時間あるので、北京展覧館の横にある北京展覧館賓館
あそこの潮州料理はリーズナブルな価格であんなに旨い中国料理はないと思うくらい…

なぜなら、この店に行き着くまで現地で食べた酢豚やスープなんて
甘酸っぱすぎて食べられたものではなかったのです(苦笑)
by mitsuketai | 2008-08-13 22:52 | 諸国漫遊