<   2005年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今回は、富田でおいしいそば屋さんを見つけました!
(高槻には他にもおいしいそば屋さんが結構あります!) 

そのお店の名は、ズバリ!蕎麦切り ほの香
このお店、国産そば粉100%で、しかも10割そばを出している
とのことで、気になっていました!
e0009772_221419.jpg


おそらくつなぎなしに、100%そば粉だけの10割そばなんて、
コシはなく、プツプツ切れるものと思っていました。
e0009772_22191046.jpg


ところが、この心配はあっさりと杞憂に終わっちゃいました(苦笑)

今回、国産蕎麦粉100% 10割のせいろそばを注文!
e0009772_22201272.jpg


実に、コシがあって、シコシコ歯ごたえがあります。

また、そばに自然の甘い香りがあって、まずは塩をつけて食べ、
そば本来の味わいを、わさびと白髪ネギの薬味を乗せて、
そばの風味を、そして、つゆにつけてのど越しの味わいと
色々な食べ方でそばを楽しめます。

また、つゆもあっさりとしながら、コクの深い味。
e0009772_22205993.jpg


そして、極め付けがそば湯、案外、そばの茹で汁が多いのですが、
ここのそば湯はわざわざ、専用に作っているもの!
e0009772_22212144.jpg


濃厚でまったりしていて、そばを食べ終わったあとのつゆに入れると
これまた格別な味わい!
e0009772_22222089.jpg

富田にこんなに美味い本格派のそば屋さんがあったなんて
実に、驚きの発見です!
by mitsuketai | 2005-11-30 22:22 | おいしい逸品 | Trackback | Comments(6)

今回は、NATURAL&ORGANIC CUISINE
SOLVIVAをご紹介します。
e0009772_20191535.jpg

梅田芸術劇場前にこのお店はあります。

残念ながら、食事については、時間がなく、
食べていませんので、ご勘弁を…

実は、ここの仕組みが面白いので、
紹介させていただくことにしました。

このお店、見た途端、ビビッと動物的直感が…

まず、店舗の前で、オーガニックの野菜を
木箱に入れて、販売しているところに注目!
e0009772_2019525.jpg

e0009772_2020208.jpg

e0009772_20222790.jpg

レストランで実際に使っている食材を
店の前でさりげなく販売する、この手法は
案外応用できそうです。

こんなコンクリートジャングルの店でも
店頭部分は粋な演出がされています。
e0009772_20205993.jpg

e0009772_20213476.jpg

e0009772_20215853.jpg

食材の栄養素を説明したメニュー提案も…

どんな企業が経営しているのかなあと
早速、検索してみると、驚きの事実が…

経営母体は建築設計事務所の
株式会社ノモス(世の中には真面目な建築設計事務所があります(苦笑)

そして、ニュージーランドでワインを、滋賀県には農場
直営され、店舗も京阪神一円に

農場は直営もしくは提携は別に考えるとして
今後のオーガニックレストランのモデルになりそうな
予感がします。

理想は、お店の前にも、オーガニックの農園があり
そこの食材を目の前で調理してくれることですが…
e0009772_20242446.jpg

今度は、実食して、レポートしたいと思います。

by mitsuketai | 2005-11-29 20:25 | おいしい逸品 | Trackback(1) | Comments(0)

JR高槻駅前の花時計

皆さんはJR高槻駅から松坂屋に向かっていくと
花時計があるのをご存知ですか?
e0009772_19253613.jpg

いつも、通っているところですが
先日26日の朝、ボランティアの皆さんが
せっせと植え込みをされておられる現場に
遭遇しました。
e0009772_1925592.jpg

この花時計、設置は平成15年4月1日
花時計設置の活動は、プロジェクトZ 花時計物語
詳しく述べられています。

今回、募金活動もされておられましたので、小銭を
入れましたが、その後で、立て看板にてスポンサーを
募集されておられるのを知りました。
e0009772_19262479.jpg

花苗スポンサーは1回 20万円となっています。
どれくらいの頻度で対応されているかは分かりませんが
結構かかるようです!
e0009772_19264798.jpg

いつ見ても、きれいに整備されているところを拝見すると
スポンサーやボランティアの方々のご苦労に脱帽です!

また地元小学生の皆さんもボランティアで植え替えをお手伝い
されておられるようです。

以前心無い人がこの花時計を荒らしたことがあったようですが、
実際に、植え替えをされておられる現場を見ると、
そんなことはできないはずだと思います。

今後、自分にできる範囲で、この花時計を温かく見守って
いきたいと思います。

by mitsuketai | 2005-11-28 19:27 | まちおこし | Trackback | Comments(1)

この時期、いちごって珍しいと思います。
e0009772_21363156.jpg

また、もうすぐ、クリスマスケーキの季節が
近づくと、いちごの価格が暴騰します(苦笑)

そういった、矢先、びわ姫園のいちごを
いただきました。
e0009772_21365693.jpg

このいちご、本当に美味しいのです!

5月の最盛期のモノより味が濃いのです。
e0009772_21372515.jpg

しかも、昔ながらのしっかりした、
いちご本来の味わいなのです。

中身も色が濃く、おいしいのです。

この時期、滋賀県にこんな美味しいいちごが
あったなんて、新たなる発見です!

by mitsuketai | 2005-11-27 21:37 | おいしい逸品 | Trackback | Comments(1)

今日は、地元高槻市 富田地区へ…
富田にある『カフェ・コモンズ』さんへ
石釜で焼いたパンを求めに行ってきました。
e0009772_21231358.jpg

この『カフェ・コモンズ』を運営しているのは
NPO法人『日本スローワーク協会』

このスローワーク協会は利潤追求だけでない
新しい働き方を提案している団体で、この
カフェもその事業の一環!
e0009772_21242636.jpg

先ほども書いたように、ここのパンやピザは
石釜で焼いておられます。
e0009772_21252394.jpg

この石釜は、カフェ・コモンズのメンバーらが
れんがを積んで作られたそうですが、
なかなかのもの!

今回は、この石釜で焼いた、フランスパンと
ライ麦パンをいただく!

このパン双方とも自然の甘味を感じます。
白い方のフランスパンはあっさりとした甘味が、
茶色い方のライ麦パンはコクのあるしっかりした
甘味があります。
e0009772_21272968.jpg

しかも、元来フランスパンやライ麦パンは
外側が固いのが難点なのですが、ここのパンは
実にソフトで食べやすく、年配の方にもおススメです。

e0009772_21282061.jpg

実は、この疑問を店長の宮地さんにお伺いすると
この釜では、パンやピザを蒸気で包む形で焼いておられるとのこと。

直火ではなく、間接的に熱伝導させる形で焼いているので
優しい焼き方をされていることに気がつきました。

ジャムを加工する場合もそうなんですが、直火ではなく、
釜の周りを蒸気で温めることで、満遍なく、やさしく
炊き上げていることを思い出しました。

この石釜、実は火加減の調整が難しいのですが、
その分、うまく克服すれば、いい味わいを出します。

そして、この石釜の燃料がなんと、高槻市北部の
府森林組合が製造している木質ペレットと呼ばれるもの!
e0009772_21301655.jpg

木質ペレット燃料は、おが屑や鉋屑などの製材廃材や
林地残材、古紙といった木質系の副産物、廃棄物を粉砕、
圧縮し、成型した固形燃料のことです。

ペレット専用のストーブは地元、高槻市の都市産業部が
普及に取り組み、市内北部の高槻森林観光センターの風呂の
燃料に使用されています。
e0009772_21304685.jpg

こうした地元の取り組みがおいしい石釜のパンと
関係があったなんて、今日も新たな発見をした1日でした。
e0009772_21315450.jpg

by mitsuketai | 2005-11-26 21:11 | 食育&地産地消 | Trackback | Comments(5)

昨日、平安女学院大学 生活環境学部
武智先生よりお手紙を頂戴しました。
e0009772_235298.jpg

先日11月12日の平女祭の『高槻郷土料理御膳』
プロジェクトチームの皆さんの写真とお手紙が
入っていました。
e0009772_2352470.jpg

この歳になると、なかなか女子大生の皆さんから
お手紙をいただくことは滅多にないので、
うれしいことしきり(笑)

学生の皆さんから今回の協力に対する御礼と
今後ともご協力を仰ぐことがあるかもしれませんが、
どうかよろしくお願いしますとのこと。
e0009772_236159.jpg

喜んで協力させていただくことはもちろんですが、
何より彼女たちの心のこもった手紙の内容に
つい、涙腺が弱くなってしまいます(苦笑)

こんな表現は適切かどうか分かりませんが
いまどき、こんなに素直で、まじめな女子大生は
なかなかいないことに改めて気づかされます。

先生のご指導もあり、またそういった真面目で
素直な学生さんが集まる環境なのだと思います。
e0009772_2365637.jpg

今回皆さんといっしょに企画を実現できたこと、
そして、皆さんの笑顔あふれる写真、これは
私の宝物として、大事にさせていただきます。

by mitsuketai | 2005-11-25 23:11 | 食育&地産地消 | Trackback | Comments(2)

先週、高松へ行った際に、久しぶりに、栗林公園へ…
e0009772_21333951.jpg

おそらく10年ぶりに中に入りました(苦笑)
e0009772_2134257.jpg

ここは、最近の話題作、『春の雪』のロケ地になった
ことでも有名です。
e0009772_21342250.jpg

行定監督が好きなのか、香川県のフイルムコミッション
素晴らしいのか、あの『世界の中心で愛をさけぶ』
続き、香川がまたもロケ地になりました。

ここ、栗林公園は藩主 松平家の下屋敷だった庭園が
今、県営公園として、一般に開放されています。
e0009772_2135669.jpg

紫雲山を借景とした回遊式日本庭園です。
e0009772_21353448.jpg

私は兼六園は一目を置きますが、偕楽園
後楽園よりは、栗林公園の方が気に入っています。

掬月亭(きくげつてい)や日暮亭(ひぐらしてい)といった
趣のある、建物も景色の中に溶け込んでいます。
e0009772_2136529.jpg

もちろん、『春の雪』で竹内結子が立っていた太鼓橋も
色々な角度から写してきました。
e0009772_2136594.jpg

e0009772_21372540.jpg

e0009772_213825.jpg

紅葉もこれから、市内中心部から少し行ったところに
これほど広大な公園があるのは何ともうらやましい限り!
e0009772_21384090.jpg

また、江戸時代、ここは高松藩の下屋敷でしたが、
お茶の栽培やあの鬼才、エレキテルの平賀源内
サトウキビの栽培研究もしていました。
e0009772_21424838.jpg

このサトウキビが後に、和三盆糖へと発展していきます。
e0009772_21391024.jpg

庭園があり、池があり、茶畑もあり、趣のある茶室もあり
なかなかよくできた庭園です。

by mitsuketai | 2005-11-24 21:39 | 諸国漫遊 | Trackback | Comments(3)

昨晩は、帰宅が午前様になりましたので、
ブログをお休みさせていただきました(ペコリ)
e0009772_17264274.jpg

昨日は会社を出たあと、住友病院へ入院している
祖母の見舞いへ

そのあと、祖母の面倒をみている叔父と
久々に会食!

実に色々、この前、墓参りにいった祖父の話など
懐かしい話の数々に花が咲きました!

いったんリーガロイヤルホテルに入ったが、
メリッサで食パンを買っただけで、
結局リッツカールトンへ…

接待させていただくつもりが、最終的には
ご馳走になり、食パン一斤をお土産に
お渡ししただけ…(苦笑)

本当にありがとうございました!

本来は、香桃(シャンタオ)に案内する
つもりが、禁煙席が満席で、お隣の
花筐(はながたみ)へ…

コースと辛口の高知の地酒 酔鯨を注文!

画像にはありませんが、清酒グラスは実に
豊富な中からお好みを選択!

箸も家庭で使う長さのものと少し長めの
利休箸を選択!

随所に行き届いた気配りを感じる!

早速コースの料理を画像で紹介
まずは、先付けの帆立豆腐!
これは今まで食べたことのない豆腐で
おススメ!
e0009772_1651591.jpg

次にかにの身を薄作りにかつらむきした大根で巻いた砧巻
e0009772_1653152.jpg

これは辛口の清酒に合います!

次に椀物は、蓮根餅と合鴨ロースの葛打ち!
合鴨ロースのしっかりした味わいと蓮根餅の
何とも表現しがたい美味さは是非一度ご賞味いただきたい味
e0009772_16565343.jpg

そして、刺身とかぶら蒸し!
e0009772_1658323.jpg

e0009772_16581890.jpg

そしてメインディッシュ(和食でもそう表現するのかは?)は
牛フィレ肉のパイ包み焼き!
e0009772_173928.jpg

これはあっさりしていて、実に美味い!
ほんのり、わさび風味のクリーミーなソースをかけて
食べる工夫も斬新!

あとはご飯ものと水物でしめくくり!
e0009772_1744526.jpg

e0009772_175631.jpg

e0009772_1751890.jpg

e0009772_1753344.jpg


ここで、ふと感じたことがあります!

最後の〆のご飯ものの米や漬け物、水物の果物、
ほうじ茶などが料理と比べて、いつも残念だなあと思います。

おいしいもの見つけ隊推薦の素材なら、この点もっと
グレードアップの提案と差別化が図れるような気がします。

ご希望の方はホームページからお問合せいただければ
ご協力させていただきます!

by mitsuketai | 2005-11-23 16:58 | おいしい逸品 | Trackback | Comments(5)

昨日は香川に行っていたことはブログに書きました。
e0009772_21349100.jpg

屋島の見えるところに所要で行ったあと
腹ごしらえに…

お昼は、活魚問屋 海寶大渚亭のどちらかで…
e0009772_2124616.jpg


今回は、大渚亭にしました。
e0009772_2144135.jpg

この大渚亭は活いかが有名だとは聞いていましたが
いつもは別メニューをいただいていました。

というのも、山陰や佐賀の呼子、博多以外で
活いか料理なんて想像もつきませんでした。

ところが、結構この店繁盛していて、生簀のいかを
みんなが注文しているではありませんか!

そこで、今回のお昼はためしに、ここの『いか丼膳』に…
e0009772_2151065.jpg

白いごはんの上にいかを敷き詰め、たまごを乗せ、
その上に特製のあっさりしたタレを1周半かけて
食べます。
e0009772_2152549.jpg

これが絶品なのです!いかが甘いのです!
正直、びっくりしました!

そして、お店の人に聞いて、これまたびっくり!
ここの生簀のいか、なんと、あの佐賀の呼子のいか!
生きたまま、呼子のいかを運んでくるのです。

呼子のいかを一度食べてみたいという思いが
まさか、屋島で実現するなんて…
e0009772_216038.jpg

でも、今度はいつか、呼子のいかを実際に
食べてみて、美味さを実感してみたいなあ…(苦笑)

by mitsuketai | 2005-11-21 21:06 | おいしい逸品 | Trackback | Comments(3)

思い立って、旅立ちへ!

タイトルは少々物騒ですが…(笑)
実は、昨晩急に思い立って、祖父の墓参りに
行って、先ほど帰ってきました。

今日は快晴で、明石大橋、大鳴門橋を渡り、
東かがわ市へ…
e0009772_21215072.jpg

汚れていた墓をきれいな布で拭き、
お墓の周りの草をごく簡単に引いてきました。
それと私の行く末のご相談に…(苦笑)
e0009772_21221753.jpg

その後、引田の駅から三本松へ移動!
e0009772_2122418.jpg

これも恒例のぶどう餅を購入!
e0009772_22495984.jpg

お腹がすいてきたので、ここ巴堂
栗あん入りくず饅頭を購入!
e0009772_21231590.jpg

e0009772_21234423.jpg

栗風味たっぷりの白あんを山芋入りの
くずあんで囲んでいて、お味はGOOD!

列車を待つ間に腹ごしらえをした後、
一路、屋島へ…

屋島で、うちの母親が小さい時にお世話になった
親戚のおばあさんをお祭りしているお墓へ…

ここからは、眺望がよく、真正面に屋島が見えます。
e0009772_21241442.jpg

ここの風景、結構気に入っていますが、夜になると
あたりが真っ暗で、少々気味悪いのが難点!
したがって、最近はお昼に行きます。
e0009772_21243667.jpg

実際、高松の空襲でお亡くなりになっているので、
私は聞く範囲でしか分かりませんが、何故か
私もよく相談事、お願いことを聞いてもらいにいきます。
行くだけで、ほっとするスポットです。

ただ、この屋島、観光客の激減で、ケーブルが
運転休止になっていました。まことに残念!

今日はここまで…

このあとのネタは後日書きます。

by mitsuketai | 2005-11-20 21:25 | 諸国漫遊 | Trackback | Comments(4)