<   2006年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今回は、またまた武雄市外からもやってくるという
人気のお店『オイランタン』をご紹介します。
e0009772_11444893.jpg

場所はJR佐世保線 高橋駅から長崎道 武雄・北方インターの方へ
少し行ったところです。地図はここをクリック

今日は、ここのおすすめ きのことトマトのキーマカレーをご紹介!

ちなみにキーマカレー(KEEMA CURRY)のキーマ((KEEMA)とは
ひき肉のことです。

一般的にキーマカレーはどちらかといえば、ひき肉が主人公で
野菜の存在感はほとんどありません!

ところが、ここオイランタンのキーマカレーは野菜の存在感がバッチリ!
e0009772_1145575.jpg

ここのキーマカレーの美味しさの秘密はここがポイントだと思います。

野菜の旨味、甘さがひき肉の臭みを消して、逆に旨味を引き出して
いること。

そして、クミン、コリアンダーなど10種類以上のスパイスと
野菜から出る美味しさがこのキーマカレーを特徴あるものに
仕上げていると思います。

そのおかげで、食べた瞬間、辛さは控えめで、その後、口の中に
美味しさと辛さがじわ~んと広がります!

最近、ある流れを感じています!食における野菜のウェイトが
高まっていることです!

そして、野菜の旨味が美味しい料理にとって不可欠なことも…

今回、武雄はもちろん、博多を見ても、野菜を売り物にするレストランが
増えてきています。
e0009772_1149587.jpg

その点、武雄は環境的に恵まれていて、世の流れをリードしている
ように思います。山内町のなな菜しかり、餃子会館しかり、今回の
オイランタンしかりです。
e0009772_1150244.jpg

全国の人が、武雄の食に注目し、モデルにする日がそう遠くない
時期に訪れるかもしれません!

ただ、このブログを書いていると、オイランタンのバナナジュースが
最高に美味しいとの情報が…(残念)

どなたか、バナナジュースを飲んだことのある方は
感想を書き込みいただけると、ありがたいです!

おいしいもの見つけ隊どっとこむ
by mitsuketai | 2006-03-31 10:01 | 武雄感動物語

皆さん こんばんわ!
今回も佐賀県 武雄市にある『かっぱの里』についての
ご案内をさせていただきます。
e0009772_2191064.jpg

昨日は、ここの梅干しがあまりにも美味しすぎたので、
梅干しを取り上げましたが、もうひとつのおススメが
ふるさと味噌漬けです。

今回は人参、なす、生姜の味噌漬けと高菜漬けをいただきましたが、
これまた、格別なる美味しさなのです。
e0009772_1845324.jpg

特に、素材本来の甘さが十分に生かされた人参、
おとなしい味わいの中に、少しピリッとくる生姜には感心しました。

野菜の素材を活かした漬け方で、野菜本来の美味しさを感じます。

また、高菜漬けは新鮮な高菜を漬物にされているなあと感じます。
(※高菜漬けは市内の学校給食で、高菜チャーハンなどに
  採用されているようです。)

ところで、『かっぱの里』というお名前と食材について
皆さん!ピンと何かひらめきを感じられませんか?

その食材とは、なんと『かっぱ巻き』なのです。

以前、ここ、『かっぱの里』では、長崎道そばの川沿いの土手で
イベントが行われ、世界一の長さの『かっぱ巻き』作りに
挑戦され、見事、ギネスブックに記録を載せていただいたとか…
e0009772_18464236.jpg


確か、あのベッカムもかっぱ巻きが好物…

そういえば、武雄市の黒尾地区はきゅうりの一大産地!
e0009772_18583398.jpg

※このきゅうりはイメージで、黒尾のきゅうりではありません!

この企画、地産地消との連携が、実にうまくできているなあと思います。

機会があれば、ベッカムにも武雄の『かっぱ巻き』を召し上がって
いただきたいものです(ペコリ)

ところで、なぜ、武雄市橘町周辺が『かっぱの里』と呼ばれるのでしょうか?
そこが気になる方はココをクリックして下さい。

ご納得いただいたところで、今日の続・武雄感動物語のお話しはココでおしまい!

また、明日をお楽しみに!

おいしいもの見つけ隊どっとこむ
by mitsuketai | 2006-03-30 18:41 | 武雄感動物語

今回の武雄探索で、究極の梅干しを見つけました!

と言っても、生産されている皆さんにとっては、ごく当たり前なのです。

その梅干しを生産されているのが、武雄市橘町にある生産者グループ
『かっぱの里』です。
e0009772_214989.jpg

では、この梅干しの何がスゴイのかをご紹介します。

まずは、梅のジューシーな美味しさが口いっぱいに広がるのです。
その後、紫蘇の香りと心地よい酸っぱさが来ます。
そして、その味わいが記憶の片隅へとすっと引いていきます。
e0009772_21503262.jpg

梅の皮も口の中に残らないから、これまた不思議です!

これが梅干し本来の味なのです。

私は仕事でも、塩と紫蘇だけで漬けた昔ながらの美味しい
梅干しを探せとの厳命(苦笑)を受け、うちの父親にも
同様に探し出せとのことで、全国の梅干し業者に掛け合った
経験があります(苦笑)

その過程の中でもとうとう見つからなかった梅干し、幻の梅干しが
ここで見つかったのです。

梅も紫蘇も地産地消で、製造方法も素朴な昔ながらの製法です。

ここの梅干しは武雄が誇るべき、日本一の梅干しです!
武雄の皆さん、この梅干しは大いに自慢すべきです!

実は、今の梅干し業界ははちみつや化学調味料で味付けされた
梅干しが闊歩(かっぽ)しています。

これも、時代の流れで若い人を中心にこの味付けで梅干し人気が
出てきたことも、梅干し復活に果たした役割の高さは否定できません。

しかしながら、その影で、昔ながらの紫蘇と塩だけで漬けた梅干しが
売り場から消えて久しく、求めている人も多いのは事実です。
(日本全国にも求めている人は結構いると思います。)

昔ながらの紫蘇と塩だけで漬けた、しかも美味しい梅干しを
お求めの方は、ここのかっぱの里をクリックして
ご連絡してみてはいかがですか!

価格も500g ¥1,000-(送料別途)

美味しい梅干しを探し続けてきた、隊長のおススメです。

明日はかっぱの里の秘密をお届けします!

おいしいもの見つけ隊どっとこむ
by mitsuketai | 2006-03-29 21:46 | 武雄感動物語

今日のタイトルは『なんてたって武雄温泉!』
e0009772_23433792.jpg

キョンキョンも武雄温泉に浸かれば、そう言ったと
思います。
(キョンキョンファンの皆さんごめんなさい(ペコリ)

よく考えてみると、武雄の良さはやはり、武雄温泉
語らずして、何を語るのかということに突き当たります。

武雄温泉の良さをまずはひと言で説明します。
『上等な、うす絹を全身にまとうように優しく包み込んでくれる温泉』

湯船に浸って、目を閉じると、天女が舞い降りてきて、優しく
うす絹の浴衣をかけてくれるような感じがします。

肌に対する湯あたりが実に優しいのです。

温泉にはいかにもこれが温泉だとしっかりとした主張のある温泉も
あれば、武雄温泉のようにおしとやかな温泉もあります。

おしとやかですが、じわっと後から良さの分かる温泉でもあります。
保温力や保湿力にも優れていると思います。
e0009772_2346529.jpg

女性にも喜ばれる温泉の泉質だと思います。

ちなみに、女性の皆さんにとって永遠のテーマは
『美肌、美白、美容とダイエット』だそうです。

この温泉に、美容と健康に良い食材とリラクゼーションの
アイデアをきちんと盛り込めば、武雄温泉はいい意味で
大変身を遂げるような気がします。
e0009772_2347186.jpg

これは隊長独特の動物的カンですが、結構当たると思います。

身も心も優しく包んで癒してくれる温泉!それこそが武雄温泉
これが私の偽らざる感想です。

おいしいもの見つけ隊どっとこむ
by mitsuketai | 2006-03-28 23:39 | 武雄感動物語

武雄をこよなく愛する皆さん、こんばんわ!
お待ちかねの続・武雄感動物語の始まり、始まり…
(お待ちかねでない方も、どうかお手柔らかに(苦笑)
e0009772_0163888.jpg

第1回目のタイトルは衝撃の雄たけびから始めます(笑)

今回、ご紹介させていただくのは、武雄で高校生活を
送られた方は少なからずお世話になったことのある
『もしもしラーメンホワイト餃子 餃子会館』
(実際に高校時代に食べたことのある地元のとある方に
 取材しましたので、事実にもとづくものです(ペコリ)

このお店はまず店名から不思議!
ある人は餃子会館、またある人はもしもしラーメン
でも、実際はひとつのお店です。

まず、餃子会館は、その名の通り、ここのお店の
ウリが餃子であることから当然といえば、当然!

ここの餃子、タイトルにあるように、全国区の実力です!

まずは、見た目はいなり寿司のようにコロンコロンとした丸型!
ところが、この丸型の餃子が本当にすごいんです!!!
e0009772_022186.jpg

ナツメグなどの36種類の香辛料や白菜、グりンピースや粉チーズなどを
手作りの皮で包んだホワイト餃子と呼ばれるもの!
カリカリの皮をがぶりとひと口かじると、中から野菜の美味さと
肉汁がジュワーと広がります。

また、無臭にんにくを使用されているので、そんなに臭いません!

そしてこの餃子の通の食べ方はソースにゴマをたっぷり入れて、
餃子につけて、最初のひと口を味わうのだそうです。
e0009772_0193857.jpg

これって、栄養満点の食べ方と思わず、うなってしまう!

この餃子食べたさに県外から通ってくる人が多数いらっしゃるとのこと!
しかも、高校生が書いた色紙が店内にいっぱい!

次に、もうひとつのもしもしラーメン!も優しい絶品の味!
とんこつベースですが、これまた数種類の豚骨と
野菜の甘さがうまく引き出されていて、やさしいとんこつラーメンに
なっています。
e0009772_0203397.jpg

また、このラーメンにさっきの餃子がよく合います。

ところで、最後に、なぜもしもしラーメンって言うのか、気になりませんか?

それは、その昔、この店の先代が開店した時、となりに
電話局があり、分かりやすいという意味でもしもしラーメンと
なったようです。

おいしいもの見つけ隊どっとこむ
by mitsuketai | 2006-03-27 21:54 | 武雄感動物語

皆さん、ずいぶんご無沙汰しています!
隊長は22日から、佐賀 武雄、福岡、そして東京と東奔西走の
旅に出ておりました。
e0009772_23134072.jpg

22日からは、畏友 樋渡さんの激励と応援に…
e0009772_2315125.jpg

24日には、翌朝朝一番の飛行機で東京へ移動のため
福岡へ移動!
e0009772_2316192.jpg

そして25日は花のお江戸へ…(苦笑)
e0009772_23172622.jpg

この間、食に関する話題を中心に、今後流行りそうな店舗や
情報を色々と仕込んできました。

武雄の見どころや感動については、前回ご好評いただきました
武雄感動物語につづき、続・武雄感動物語にて紹介してまいります。
あっとおどろく食材もご紹介します。

※武雄で感動したのは、武雄の皆さんの熱き心です。
 畏友 樋渡さんの山内町での事務所決起大会での演説、
 奥さんが語った彼の故郷を想う感動秘話、お母様の
 『かわいい嫁を泣かす訳にはいかない!』という心温まる話
 北方での老人会会長の高齢のご婦人の熱き演説など、市民の皆様との
 出会いと感動は私の一生の宝物として、思い出に残るものとなりました。

 新・武雄市民の皆さん、感動をありがとうございました!!!

博多では美味しいラーメンや食に関する情報、話題のスポットを
随時、ご紹介してまいります。
e0009772_23233440.jpg

東京では、ちょうど花のお江戸にふさわしく桜が開花していました。
e0009772_23264481.jpg

今後のネットに関する動向の勉強会に参加して、その際、時間を
作って観てきた情報をご紹介していきます。
e0009772_2325078.jpg

明日からの『おいしいもの見つけ隊 隊長日記』乞うご期待!!!
by mitsuketai | 2006-03-26 23:11 | 諸国漫遊

お彼岸のシーズンになると、和菓子屋さんではおはぎやぼた餅が
販売されます。
e0009772_0211379.jpg

でも、どちらかというと、おはぎの名前の方がメジャーなような気がします。

そこで、おはぎとぼた餅はどう違うの?

正解はどうやら、春のお彼岸はその頃に咲くぼたんの花に
ちなんで『ぼた餅』、秋のお彼岸はちょうど萩の花が咲く時期で、
それにちなんで『おはぎ』というようです。

詳しい解説はこちらに譲るとして…

今回、神棚には彩りを考え、小豆、きな粉におはぎとは
関係のない草餅をお供えしました。
e0009772_0174395.jpg

なお、明日からしばらく東奔西走の旅に出ますので
その間、お休みさせていただきます。

できれば、日曜の夜にお目にかかりたいと存じ上げます。
by mitsuketai | 2006-03-22 00:21 | その他

この時期になると、あちこちから春を告げる便りとして、
あちこちからいかなごのくぎ煮をいただきます。
e0009772_21354972.gif

※画像は明石市のホームページより引用させていただきました。

そもそもいかなごって何?

正式名はスズキ目イカナゴ科
e0009772_21412684.jpg

日本各地の内湾の海底が砂地の水域に生息し、昼間は
中層の浮遊性甲殻類を食し、夜間は底層で休息する。
塩分の濃度や水温の違う二つの海水が交わる潮目で群れを作って
集まり、えさを活発にあさるそうです。

潮の目に塊(かたまり)になって泳ぐことから漢字で『玉筋魚』
別名、春を告げる魚という意味で『春告魚』、関東では『小女子(こおなご)』と
呼ばれています。

そのいかなごが関西でのもっともポピュラーな食べ方が
しょうゆ、砂糖、生姜を使って佃煮風にする『くぎ煮』です。
その形が『錆びた釘』に似ていることから名づけられています。

毎年、春のこの時期になるとくぎ煮をいただきます。

まずは、会社の後輩(実家が明石の漁師さん)の奥さん
お手製のくぎ煮!
e0009772_21392950.jpg

これは、程よい、生姜のピリ辛としょうゆの甘辛さのバランスが
うまく整っています。

次に、うちの母親の叔母からいただく、くぎ煮
(おいしいもの見つけ隊の創設からお世話になり、名誉顧問に
 なっていただいています。)
e0009772_21395546.jpg

このくぎ煮はいかなごの味そのものを生かすべく、あっさり、やわらかく
味付けされたくぎ煮です。散りばめたゴマの風味がアクセントになっています。

いずれもありがたいのが、添加物を一切使用しない手作りであること。
味付けがコテコテでなく、あっさり風味であることです。

これをあったかご飯にのせて食べると味は格別です!

このいかなごのくぎ煮をいただくと、春の香りを感じます。
(関西では、奈良 東大寺のお水取り、選抜高校野球が春の到来を
 告げるといわれていますが、食の面から言えば、いかなごのくぎ煮も
 春の到来を告げます。)

しかしながら、ふと感じることが…
各家庭でいかなごのくぎ煮の味わいが微妙に違うこと!
そして、同じご家庭でもいただく毎に微妙に味わいが違うこと!

いただく毎に、微妙に違う美味しさを楽しめるのもこの時期ならではの
楽しみのひとつです。
by mitsuketai | 2006-03-20 20:20 | おいしい逸品

今日は、日本国中の大半の人々がワールドベースボールクラシック(WBC)の
準決勝、日韓戦に釘付けになったと思います。
e0009772_20104899.jpg

(毎日新聞のニュースより画像拝借しました。)

何せ、2回も同一相手に僅差で負けていて、地獄に仏を見たような
状態で、リベンジのチャンスをいただいたので、なおさらです。

このあいだの敗戦で、世界の王さんさえあきらめかけた中での
チャンス到来!誰がこのような展開を予想できたでしょうか?

そして前半の息詰まる投手戦からスタメンを外れていた福留選手の
先制2ラン、そしてその後、裏方に徹していた宮本選手のタイムリー
ずっとチームを引っ張って来たイチローのタイムリー
e0009772_20111622.jpg

(YAHOOニュースの画像を拝借しました。)

王さんの選手起用の采配もスゴイが、自分を信じてあきらめず
成果を出した選手もこれまたスゴイ!

『運も実力のうち』という言葉もありますが、この運を引き込むのは
やはり、どれだけ自分を信じて、あきらめない気持ちが高かったのか
その度合いの大きさによると思います。

最終的には何事も自分の能力の範囲しかできないのは事実です。
ところが、自分の能力を100%出しきれないことが多いのも現実です。

日々精進努力して準備し、自分の能力を100%本番で出しきること!
それが、相手の気力や実力の具合を上回ることになると思います。

先日の名古屋国際女子マラソンの弘山選手しかり!
いったんかなりのリードを許しながら、自分を信じて最後まで
あきらめなかった結果、最後は優勝というご褒美!
e0009772_20205541.jpg

(YAHOOニュースの画像を拝借しました。)

今の教育に欠けているのは、こういう自分を信じて、あきらめない粘り!
そのために日々勤勉に努力することの大切さを教えていないことだと
思います。

こういう生きた教訓、時にはそうした人々を講演に招くとともに
勤勉、努力の大切さを教える教材を作り、授業をすることも大切では
ないかと思います。

この中には、必ず思いやり、感謝の心も出てくると思うので、
旧来の道徳教育に代わる、現在版の人間教育につながる思うのですが…

おいしいもの見つけ隊どっとこむ
by mitsuketai | 2006-03-19 20:06 | その他

パティスリーTOOTH TOOTH!は神戸 三宮にあるスィーツのお店です!

今回、久しぶりに神戸の街を歩いて発見したのが、このお店です。

ここのところ、神戸のスィーツといえば、生田神社前のフーケ
中山手通り北野界隈が私にとって定番でした。

今回は短い時間の中で、動物的カンで、何の手がかりもなしに
美味しいパン屋を探そうという目標でスタートしましたが、
その目標は果たせず、次回に持ち越しです(苦笑)

しかしながら、ブレークの予感のするスィーツショップを発見!
e0009772_20311469.jpg

それが今回ご紹介させていただく、PATISSERIE TOOTH TOOTH!
1階がショップで、2階がカフェになっています。

ただ、今回、隊長のほしい包装紙で包んでくれる商品が売り切れの
ため、味の評価は次回に持ち越しですが、隊長の動物的カンから
して、素材の持ち味を生かしたケーキ、焼き菓子と推測します。
e0009772_2034181.jpg

この実食レポートは近いうちに行いたいと思います。

ところで、最近、レストランを中心に、メニューを黒板で書く
ことが巷で多く見受けれます。
e0009772_20342073.jpg

何だか、この黒板に書くと、それぞれの店のこだわりや
伝えたいことが分かりやすく見えるような気がするから不思議です。

逆に、商店街の活性化でもこの手法を使えないかと思います。
レストランやケーキショップに限らず、魚屋さんや蒲鉾屋さん
靴屋さんやブティックでも各店の日替わりイチオシ情報を
書けばいいと思います。

黒板に書くと、何が書いてあるのかなあと読んでみたくなるから
これまた不思議です。

また、お店の方でも、黒板に書く内容を色々考え、工夫もします。
e0009772_20344349.jpg

学校でも先生が黒板に板書して、授業をします。

すごくアナログ的かもしれませんが、黒板による情報発信法
案外、色々なところで活用できるかもしれませんね!

おいしいもの見つけ隊どっとこむ
by mitsuketai | 2006-03-18 20:29 | ヒットの予感