<   2006年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

天下一!KENS FARMのスイカ

ここ2、3日で急に暑くなってきました。
暑くなってくると、スイカが恋しくなってきます。
e0009772_1535693.jpg

スイカをおいしくする三要素はズバリ!甘さとシャリシャリ感と暑さ!

以前、仕事でスイカを使ったジュースを開発することになり、
悪戦苦闘!試作段階ではスイカにクランベリージュースを
混合して、レモン果汁で独特の青臭い瓜臭を消すことに成功して
まずまず!

ところが、本生産になると、青臭い瓜臭がして、失敗した苦い経験が
あります(苦笑)

高温で殺菌するとどうしても瓜臭が加速的に強調されてしまうのです。

この西瓜の瓜臭解消とキーウィーや野菜ジュースの緑色を保持しながら
殺菌するテーマは今も研究課題です。
(実は野菜やキーウィーの緑の色素成分も熱と酸に弱いのです。)

そこで、やはりスイカは生を食べるのが一番!
ということで、今、おススメなのが、熊本県菊池郡の
KENS FARM 吉永農園さんの肥後漫遊というスイカ!
e0009772_154398.jpg

送料は別として、このスイカ2玉でなんと¥2,500ー
(価格は時期によって変動することがありますので、ご了承下さい!)
しかも、このスイカ、私が今まで食べた中で1、2位を
争う旨さ!スーパーではこんなにおいしいスイカを
この価格では、おそらく購入できないのでは…
e0009772_155211.jpg

このスイカは最後の最後まで甘いですし、シャリシャリ感は最高です!

この情報は6月17日にメールマガジンにて読者の方には
配信させていただきましたが、評価が高いので改めてブログでも
配信させていただくことにしました。

おそらく、収穫・発送も終盤ですので、ぜひ食べてみたいと
思われる方は、お急ぎ下さい!
by mitsuketai | 2006-06-30 07:58 | Trackback | Comments(1)

今日は和歌山県紀ノ川市のアギーズ農園 松田さんの
お話しをさせていただきます。

先日、もうシーズン終了ですといって、松田さんが収穫された
紀州うすいえんどうを送っていただきました。
e0009772_1415437.jpg

実がしっかり入っているものは出荷したので、あまり
身が入っていないものですよ…
e0009772_141724.jpg

実際、ご覧のようにしっかりしているのですが、
そうおっしゃっているところに松田さんの真面目さ、お人柄が
しのばれます。

そこで豆ご飯にしていただきましたが、豆自体の味が
しっかりしていて、美味しくいただきました。
e0009772_14184031.jpg

もう、うすいえんどうのシーズンが終わりましたが、
なぜ、松田さんをご紹介させていただいたのか、
ココからが今日のポイントです。

実は、松田さんはメキシコ料理のお店の経営から
まったくの素人で農業を始められた方です。

微酸性電解水を使って、農薬をできる限り使用せず環境に
優しい農業を実践されています。

ここに来るまでの道のりは松田さんのホームページ
ご覧いただければ分かりますが、苦労の連続!
しかも台風の被害などで収穫できないこともしばしば!

それでも実に明るく、前向きで、松田さんからのメールに
隊長が励まされることもしばしば(苦笑)

今は露地栽培のキュウリを出荷されていますし、秋には
種なし柿が楽しみです。
e0009772_14131130.jpg
e0009772_1414223.jpg

ここまで手間をかけているのに、価格を見ると、本当に
これでいいの…と思うくらい商売っ気がありません(苦笑)

だからどうしても応援したくなります。
このところいいご縁をいただいていることに感謝!
これが、隊長の言いたかったことです!
by mitsuketai | 2006-06-29 08:08 | Trackback | Comments(4)

先日、ある方のドイツご出張のお土産として観光客には
なかなか手に入らない、ドイツでもっとも伝統のある
正真正銘のバームクーヘンをいただきました。
e0009772_1857661.jpg

このバームクーヘンの価格がなんと18ユーロ!
日本円に換算すると、約2,600円
e0009772_1857581.jpg

この大きさでこの価格、正直ビックリていますが、
実際食べてみると、その値打ちははっきりと分かります。

ご覧のように素朴ですが、味も奥深い素朴さがあります。
e0009772_190976.jpg

日本のバームクーヘンの場合、原材料の濃さが味の濃さに
正直比例するのですが、このドイツのバームクーヘンの場合は
味の濃さより、奥行きが深まっていく感じがします。

バームクーヘンの象徴である年輪も日本のバームクーヘンの
ように際立って目は詰まってはいませんが、逆に樹齢を重ねた樹木の
自然な年輪を感じます。
e0009772_190567.jpg

その差は味にも現れています。このドイツのバームクーヘンは
原材料の持つ個性がひとつにまとまっていて、一体感のある味に
なっています。これが自然な味わいであり、年輪の形にも
現れているのだと思います。

周りについている砂糖もバームクーヘン自体の味がおとなしい分
絶妙なアクセントになっています。

いやはや本場ドイツのバームクーヘンの奥深さを感じるとともに
念願のドイツに行ってみたい気持ちが沸々と沸いて来ました。

お土産をいただいたS常務!ありがとうございました。
by mitsuketai | 2006-06-28 21:20 | Trackback | Comments(7)

今日は大事なお客さんがあり、6月22日にオープンした
高槻市南平台 あくあぴあ横のオーガニックキッチンaqua
ご案内してきました。

矢田シェフ、阿路川マネージャーはじめスタッフの皆さん
お世話になりました。今日のランチは本当に素晴らしかった!

では、皆さんお待ちかね!隊長が食べた本日のメニューを紹介します!

まずは、アスパラガスを使った前菜!
e0009772_20502465.jpg

アスパラガスにペーコンとチーズが巻いてあり、その上に小麦で
作ったはるさめ状の揚げたものを添えてあります。

これはおススメです!本来ならば各々が個性を主張しそうな食材が
ひとつにまとまっていて、アスパラガスのフレッシュ感に
ベーコンとチーズの控えめなアクセントが最高です。
e0009772_2051548.jpg

次はグリーントマトのガスパッチョ!まだ青い段階のトマトを
使用しているにもかかわらず、青臭い感じは一切なく、逆に
トマトの若々しさをしっかり表現しています。
e0009772_20513745.jpg

添えられている、たたみいわしをスープに浸けるとこれまた最高!
e0009772_20522497.jpg

トマトとちんげん菜ソースの手打ちパスタ!
e0009772_20525648.jpg

昔なつかしいトマトの味のソースですが、しっかりしたトマトって
本当はこんな味!と思わずうなずいてしまう美味しさ!

そしてメインはニベ鯛のグリルのラタトゥーユ添え!
これはあっさりしていて、しかも夏野菜たっぷりのラタトゥーユも
ニベ鯛に負けていない美味しさ!
e0009772_20533052.jpg

最後はショコラ、バナナタルト、メロン、マンゴームースの
デザート盛り!これも思わず、うなってしまう味としかいいようがない。
e0009772_2054651.jpg

珈琲、紅茶がサービスで付くとともに、出来たてパンが常時5種類
好きなだけいただける。このパンだけでも十分値打ちがあります。
e0009772_20544629.jpg

これで¥2,680ー(税込)は結構ボリュームがあってお値打ち!

お客様もひっきりなしで来店されていて、あっという間に席が埋まっていきます。

ここで耳寄りな情報をひとつ!
14:30分からのカフェタイムもおススメ
数種類の自家製ケーキの中から選んだケーキとアイスやフルーツの
盛り合わせにコーヒー、紅茶がセットで¥840ー!

素晴らしい景色を眼下に見ながら、優雅にカフェタイム!
ぜひお見逃しなく!

場所はこちらです。地図はここをクリックして下さい!
オーガニックキッチンAqua
高槻市南平台5丁目59-2
tel&fax 072-690-6333
定休日 毎週月曜日(祝日は営業)
高槻市営バス平安女学院大学・関西大学行 南平台小学校前下車すぐ!
by mitsuketai | 2006-06-27 21:15 | おいしい逸品 | Trackback | Comments(6)

昨日のカツサンド!皆さんから多数のアクセスを
いただきました。

珈琲専門店ではあくまで珈琲に注目が集まる中で、
まさか、カツサンドがそんなに美味しいとは…
この内容の意外性が受けたようです(苦笑)

さて、ここ濱田屋さんはスイーツアイテムも充実しています。
e0009772_1144776.jpg

その中で、隊長イチオシの濱田屋謹製窯出しシュークリームを
今回はご紹介させていただきます。
e0009772_1144386.jpg

この窯出しシュークリームは小ぶりですが、中身の密度は
とても濃いのが実際の感想です。

シュー生地自体も味わいがあってしっかりしています。

そしてなんといっても、シュークリームの命は
カスタードクリーム!
e0009772_1145981.jpg

とろりとしていて、実にまったり、濃い味がします。

ところが不思議なことに食べ終わると、す~と喉の奥に
消え去っていきます。

まったり濃いのに、あっさりしている。

そこでピンと来たことが、このシュークリームは珈琲専門店の
オリジナルシュークリームなんだと…

そうなんです!珈琲やその他飲み物の邪魔にならないように、
しかもしっかりと存在感のあるスイーツアイテム!

ああ、これが珈琲専門店のシュークリームだ!!!

TPOにあった美味しさの追求には、見えない努力があることを
実感させてくれるシュークリームでした。
by mitsuketai | 2006-06-26 20:51 | Trackback | Comments(11)

今日は、隊長の超おススメ!珈琲専門店のカツサンドを
ご紹介します。

その珈琲専門店は自家焙煎珈琲の濱田屋さんです。
e0009772_048458.jpg

場所は大阪市中央区本町1丁目1-3 本町橋西ビル1Fで
大阪産業創造館のすぐ横にあります。
e0009772_0491021.jpg

大阪商工会議所やマイドームおおさかにも近く、
大阪産業創造館も含め、用事がある時にはわざわざ
お昼時を選んで、このお店に伺います。

直火式珈琲機を使っておられ、ここのコーヒーは本当に
マイルドでありながら、上品な香りとコク、キレのある
味わいで、ゆったりとした気分にさせてくれます。

ただ、隊長の胃は非常にデリケート(苦笑)なので、
コーヒーはあまり受け付けないのですが、濱田屋のコーヒーの
味わいを少しでもと思い、カフェオレにしています。
e0009772_0493275.jpg

さて、今回の真打登場!濱田屋謹製のカツサンド!
e0009772_050294.jpg

このカツサンドは肉の厚み、ジューシー感と特製ソースを
たっぷりつけたオニオンスライスがあいまって、美味しいのです。
e0009772_0502644.jpg

そして、このオニオンスライスが味がぎゅっと詰まったカツを
実にさっぱりとした味わいにしています。

また、このカツサンドを含め、全てのアイテムが濱田屋のマイルドな
コーヒーとうまく調和しているところが何とも憎い演出!
e0009772_0504597.jpg

店内もゆったりとした落ち着きのあるレトロ調、デザートやケーキの
サイドメニューも充実!

大阪産業創造館大阪商工会議所マイドームおおさかに御用で
お越しの皆さん!一度、立ち寄ってみられてはいかがですか?
by mitsuketai | 2006-06-25 00:26 | おいしい逸品 | Trackback | Comments(4)

ブログ発刊からおかげさまで1年が経過しました。

今も忘れはしないある光景からこのブログは
始まりました。

ブログの師匠から『ブログってこんなに簡単でしょう!』
『ホームページ作るよりこんなに楽々!』

実はこの言葉!禁断の果実への誘惑でした(笑)
e0009772_2033252.jpg

確かに、操作はホームページ作成より簡単です。
しかしながら、ほぼ毎日続けることの難しさがこんなに
大変とは思いも寄りませんでした。

まず、ネタ作りが結構大変!それと初めのうちは
せっかく書き上げた原稿に写真添付しようとすると
間違ってパーにすることが連続多発(苦笑)

いつも、長めの文章になってしまうことへの反省!
アクセス数の伸び悩み…
いつも、日付が変わる時刻に作成するための寝不足!

『継続は力なり』この言葉の重みを実感します。
e0009772_20334313.jpg

ところが、今年になってからこのブログを通じて想像も
しなかった出会いが日増しに増えてきました。

また、最近、『ブログいつも見てます!』とか
今日は発行をお休みしようと思った瞬間に
『隊長のブログにハマっています!』とか
『もっと詳しく教えていただけませんか!』と
いった励ましのお声やメールを結構いただきます。

こういう状況になってくると、なかなか止められない
状態になってきました(苦笑)

こんなブログですが、楽しみにしていただいてる
読者の皆さんに少しでもお役に立つ内容、
楽しい内容をお伝えできるよう頑張っていきます。

どうか、これからもよろしくお願いします!

↓下の記事もUPしました。 
by mitsuketai | 2006-06-23 20:34 | Trackback | Comments(14)

グリーンゼブラという名前から皆さん何を想像されますか?

緑色のストライプのシマウマ…?

実は、これトマトなんです。
グリーンのストライプ模様のあるトマトです。
e0009772_19373693.jpg

トマトって=赤色のイメージがあるんですが、グリーンゼブラは
完熟になると黄色にはなるようですが、ご覧のように緑色の
時には独特の苦味があり、これが酒のつまみに合います。
e0009772_1938075.jpg

最近では、黒い色のブラックトマトもあるようです。
このトマトも熟す前は緑ですが、熟すと皮も中身も黒くなり、
その分、酸味や甘みが少なくなり、マイルドな味わいになります。

この画像は自宅菜園の桃太郎の写真です。
e0009772_1939089.jpg

このように、どのトマトも最初は緑色をしていて、
熟するにつれて、赤や黄色、黒色などに変化します。

その変化にしたがって、グリーンゼブラのように苦味を
楽しむもの、黒トマトのようにマイルドな味を楽しむと
同時に、色合いを楽しんでいます。

また赤いトマトも味がぎゅっと凝縮されたミディトマト、
食べやすいフレッシュ感のある桃太郎品種、節水栽培で
水分調整することで甘みを強くしたフルーツトマトなどがあります。
e0009772_19412524.jpg

日本は真っ赤な調理用トマト中心の欧米に比べて、
生食用のトマトの種類が豊富です。

これからトマトの美味しい季節、皆さんもいろんなトマトの
食べ比べを楽しんでみませんか!
by mitsuketai | 2006-06-23 18:22 | Trackback | Comments(4)

チーズ値上げの真相は…

昨年来、チーズの値段が上がっています。

一見、値段が上がっていないように見えても
サイズを小さくして、消費者の値上げに対する
衝撃を和らげています(笑)

皆さんもご存知のように、日本人のチーズ消費の
大半はプロセスチーズ!
e0009772_0315835.jpg

プロセスチーズはナチュラルチーズを加熱して溶かし、
加工したものです。
加熱によって乳酸菌や酵素の働きを止め、高い保存性と、
味の均質化を図っています。
e0009772_0305424.jpg

このプロセスチーズの原料であるナチュラルチーズの
大半を日本はオーストラリア、ニュージーランド、オランダ、
デンマークなどから輸入しています。

ところが、経済発展が凄まじく、食の欧米化が進んでいる
中国のチーズ消費量がここ2~3年毎年40%前後増えています。

その分、需給バランスが崩れ、原料となるフレッシュチーズの
供給量が減り、原料価格が高騰しています。

ブルーベリーなどもそうなんですが、日本は基準が厳しい割りに
儲からないということで、北米航路の船も日本を素通りして
中国に入港し、帰りに日本に立ち寄るルートに変わってきています。

このままでは、日本のチーズの価格は一体どうなるんでしょうね!
by mitsuketai | 2006-06-21 23:29 | ビジネス | Trackback | Comments(11)

今朝から、東京 帝国劇場に念願のミュージカル
『ミー&マイガール』を観に行って来ました!
e0009772_0204233.jpg

私の最も好きなミュージカルのひとつで、ロンドン、
ブロードウェイでも好評を博したミュージカルコメディーです。
e0009772_022513.jpg

これほど珠玉のミュージカルナンバーが多くあるものは
なかなかありません。

ストーリーなどの紹介は東宝のホームページに譲ります!
そうしないと、このミュージカルについて3日3晩夜通しで
語ってしまいますので…(笑)

今日もこのミュージカルを見て、忘れかけていた大切なものを
改めて、認識しました。主人公のビルとサリーは理想のカップルです!

主人公のカップルを期待の若手、井上芳雄、笹本玲奈のご両人が
初々しく、一生懸命、脇を村井国夫、涼風真世、純名りさの主役級が
固めていて、若いふたりをうまく盛り立てています。

席が前から6列目の舞台袖の部分でしたので、客席も総立ちに
なったランベスウォークでは、あの純名りささんが眼の前!!
もう隊長はメロメロ状態でした…(苦笑)

このミュージカルをさらにすごい!ものにしているのが指揮者の
塩田明弘さん!この人は本当に天才です。
e0009772_0225657.jpg

開演前のロビーにオーケストラメンバーや出演者を引き連れ、
オーケストラやミュージカルの見所をレクチャー!
e0009772_0231958.jpg

そして、開演すると魂のこもった指揮!タクト!
本当の意味で、このミュージカルの指揮者だと…

塩田さんのミュージカルメドレーを聴くだけで十分値打ちがあります。

こんな楽しいミュージカル、帝劇だけでなく、梅田芸術劇場や博多座で
ぜひ公演してほしいと思うと同時に、塩田さんの特別課外授業を
小中学生や大人にもして欲しい!音楽やミュージカルの素養に
触れるその感激で、聴く人、見る人の五臓六腑に染み渡るものが
できるはずです。

そして、その経験は必ず、情操に役立つと思います。

昨今の悲惨な事件の背景には、何かに感動するという情操教育が
欠如しているように思います。

それにしても、今日は感激!感激!!感激!!!

ミー&マイガールブログも秀逸ですのでご覧下さい!
by mitsuketai | 2006-06-20 23:58 | アート | Trackback | Comments(2)