<   2007年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

昨日は大分県大山町のことをお話ししました。

梅栗植えてハワイへ行こう!この運動のことを
大山町ではNPC運動と呼ばれています。

NPCとはNew Plum & Chestnutsの略。
梅と栗を付加価値の中心に据えようという意味!

すなわち、米麦中心の日本農業の指導に対し、
より生産性の高い農業として梅と栗の栽培を進め、
付加価値の高い果樹農業への転向なのです。
e0009772_232441.jpg

農家所得の拡大で、豊かな生活を送ろうということに他なりません!

梅だけを出荷しても儲けは少ないが、加工品の梅干しにして
直販所で売れば、売上も所得も伸びるのです。

地元の新鮮な野菜を使って、野菜でこんなおいしい料理が
できるんだ!これを農園レストランで体験させる。

農家レストランの人気は、野菜って工夫次第で
こんなにおいしくたべることができるのか!という発見。

野菜の魅力を高めるだけで付加価値が出てくるんです。

そうすれば、野菜や梅を既存の流通で出荷するより
売上も所得も上がり、ヤル気も出てくる。

大規模集約化だけが農業活性化じゃないということは
ここの成功事例を見ているとおのずと証明している。

ココまでは全国各地で考えるが、肝心なところは別にある。

地域全体をブランドとして盛り上げていかないと成功はおぼつかない!

今、大山町は梅干しに続く特産品としてエノキ茸に力を入れている。
たかがエノキ茸というなかれ、品質の良さでは群を抜いているとか!
e0009772_2326534.jpg

これは1軒や2軒のスーパー農家がやってもたかが知れている。
テレビを見ていると、あるスーパー農家が自分の持つ技術を地域の
農家に惜しげもなく提供していた。

なかなかできないことだが、結果的には大山町全体のエノキ茸の
品質レベルが上らないと、そのスーパー農家の売上も限界が
見えてくるのは自明の理なのですが…

そうは言うものの、実際は自分が苦労して得た技術を
おいそれとはなかなか教えることができないところを
大山町の優秀な農家は実践している。これがスゴイ!

だから、大山町のエノキ茸というブランドに育ったかもしれない。

これによく似た話があの明太子!

明太子のリーディングカンパニーのやまやさんは
自分の技術を特許で囲い込まず、福岡の業界全体に
惜しげもなく、教えたとされている。

その結果、明太子は推しも押されぬ博多名物となり、
市場規模が年々大きくなっていった。

1軒や2軒の業者ががんばったとしても、広い世界では
けし粒のようなものかもしれないが、これが集まって面になると、
大きなひとつのブランドになってきます。

小異を捨て大同を取る!大山町の地域ブランドの活性化を
見ていて、そんなことを感じていました。
by mitsuketai | 2007-06-30 21:33 | Trackback | Comments(0)

梅栗植えてハワイへ行こう!

この言葉を初めて聞いたのが、今から17年ほど前、大分県の平松知事が
書かれた岩波新書地方からの発想
e0009772_22134151.jpg

それを久しぶりに聞いたのが昨晩のNHKのテレビ
にっぽんの現場

ご存知、大分県大山町の農業成功のキーワード

大山町農協のホームページを一度ご覧下さい!

耕地面積が少ない山間地が逆転の発想で収益のとれる
梅や栗を植えて、まだ海外旅行が今ほどメジャーじゃない頃に
ハワイに行けるほど豊かになった時の合言葉が
梅栗植えてハワイへ行こう!
e0009772_22151099.jpg

これは当時から一村一品運動のモデルケースとしても
注目されていて、スゴイなあと思っていました。

今や、九州で梅干しと言えば、大山町といわれるくらいに…

昨晩のテレビは売上好調な直売所木の花ガルテン
通して、さらにパワーアップしている姿を見て感動!

農家もてなし料理バイキング -100のご馳走や
直売所木の花ガルテンは今や大分のショッピングセンターにも
出店していて、福岡からも出店要請があるとか…

これが30年前からの発想が原点にあって、着実に
成果を出している点がスゴイ!

なぜココは成功しているのか、昨晩のテレビを見て
ふと気がついたことがあります。

そのお話しは日を改めてお話ししたいと思います。
by mitsuketai | 2007-06-29 19:04 | ヒットの予感 | Trackback | Comments(0)

賞味期限の表示がない?

最近、ミートホープ社の牛肉偽装表示で食の安全・安心が
損なわれています。

こればかりは食品の表示をいくら注意してみていても、
肝心の原材料名の中身が分からないところで偽装されているので
一般の生活者には見抜くことはできません。

そうなると食品表示をきちんと見ていても無駄なのか?

結論は無駄ではなく、食品の偽装を防止するためには
生活者がもっと食品表示に関心を持つことだと思います。

“このごろの生活者はなかなか手ごわいぞ!”

悪質なメーカーの、特に経営者にプレッシャーをかけることなのです。

そして正当な食品を作っているメーカーを応援することなのです!

そんな観点から、食品の表示について知っておきたいことを
このブログでも取り上げていくことにします。

今回は賞味期限の表示が省略できる加工食品について

一般的な加工食品の場合、原則として名称(または品名)、原材料名、
内容量、賞味期限、保存方法、製造業者(または販売者)の
表示が必要になります。

ところが皆さんの身の回りの加工食品で、パッケージに
賞味期限表示のないものってありませんか?

案外、こんなもの賞味期限が記載されていなんだ!と
お気付きになると思います。

砂糖…これは賞味期限が記載されていません。
e0009772_18492515.jpg

食塩、うまみ調味料(商品名で言えば味の素)…

チューインガムやアイスクリーム類、でん粉も…

ココがポイントなんですが、原則はあくまで表示しなければなりませんが、
これらの食品はJAS法によって賞味期限を省略できることになっています。
(JAS法 加工食品品質表示基準 第3条7に規定があります)

あくまで原則があって、正当な理由がある場合は省略できる。
これが食品表示のきまりに対する考え方なのです。

その省略できる理由とは、品質の変化が極めて少ない食品だから!

もっとも賞味期限の省略が許されていても10年前の砂糖なんて
年代モノのワインじゃあるまいし… (苦笑)

ここからは食品は必要なものを妥当な期間で消費するという
常識的な判断が必要なのですが…

この自分で自分の食べる食品の安全を判断する!
実はコレも立派な食育の一環なんです。

身近な食品の表示から学ぶことも始めてみませんか?
by mitsuketai | 2007-06-28 20:28 | 食の安全&表示 | Trackback | Comments(4)

豆腐にママレード!

豆腐にママレード!

とうとう隊長の舌も夏の暑さにやられたのか…(笑)

実際のところは本当に真面目な提案なのです。

もっとも豆腐も選択も重要で、間違えるとぜんぜんおいしくない!

豆腐は佐賀の有田地区では一般的な呉豆腐(ごとうふ)のような
しっかりした、ぷるんぷるんとした豆腐であれば理想です。

ここで呉豆腐(ごとうふ)について少し解説しますね。

『呉豆腐(ごどうふ)』は水に漬けた大豆を石うすでひいて圧力釜で沸騰
させたものを濾して豆乳をつくり、そこにでん粉を入れて、3時間ほど
練りこんで作る豆腐で、プリプリの食感と餅のような柔らかさが特徴です。


早い話、豆乳で作った甘くない、白いプリンみたいなもの!
e0009772_23473750.jpg

この呉豆腐(ごとうふ)は佐賀の東部では笹雪豆腐と呼ばれ、
画像は佐賀市の諸富食品さんの笹雪豆腐です!

スイーツのように甘くない分、大豆のまったりした豆本来の甘味に、
ほんのり酸味の効いたママレードがこれまたしっくり合うのです。
e0009772_23482153.jpg

豆腐本来に欠けているのは酸味のある旨さなのです。

だからスダチをかけるとおいしいし、ゆず豆腐みたいな酸味と
香りが加わると、豆腐本来の味わいもグンとアップします。

豆腐はかつおぶしにネギにしょうが醤油もいいけれど、
少し視点を変えると、口あたりのいいデザートにもなります。

酸味と甘味のママレードが豆腐を変身させてくれますよ(笑)
by mitsuketai | 2007-06-27 23:27 | おいしい逸品 | Trackback | Comments(4)

新幹線ガール

新幹線ガールってご存知ですか?

それがこの本のタイトルなんです。
e0009772_19252038.jpg

皆さんも少なからずお世話になっている
東海道新幹線の車内販売担当のパーサーのこと。

現役パーサーである、著者の徳淵真利子さんが
アルバイトから正社員になり、平均の3倍もの売上を
上げるまでになった経緯や思いが綴られています。
e0009772_19504766.jpg

早朝の新幹線に乗ると何か飲みたくなりませんか?

なぜかホットコーヒーを頼んでいるお客さんが多いですよね!

1杯300円と少々高いように思いますが、案外おいしいです。

インスタントじゃなく、豆から挽いてるって…なるほど!

無性にミニのカップアイスが…これまたおいしいです!

ビールのおつまみになぜか竹輪を買ってしまう…(笑)

何かが欲しくなる時に、パーサーのお姉さんと眼が
あっちゃうとつい買ってしまいますよね!それも喜んで!

あの小さな車内販売のワゴンに、TPOに応じた品揃えをして
お客様の欲しいタイミングに、欲しいものを提供する!

売りたいものを押し付けるのではなく、お客様の視点に立って
商品をお客様の視線上にさりげなく提案されるとたまらないですよね!

キオスクにも言えるのですが、狭いスペースで売上を上げようとすると
坪効率を上げるしかなく、そこに創意工夫が生まれます。

その答えはお客様の視点に立った品揃えをビジュアルで表現すること!

お客様に喜んで買っていただくためのヒントを探す!
e0009772_19431930.jpg

ヘタな座学の研修より、徳淵さんのお仕事ぶりを
間近に見学する方が勉強になると思います(苦笑)

この本を読むと、東海道新幹線に乗る楽しみが増えます!
by mitsuketai | 2007-06-26 18:40 | おススメ本 | Trackback | Comments(4)

2005年6月23日に開始したブログ、おかげさまで丸2年が過ぎました。
e0009772_19505680.jpg

いや実は過ぎてしまっていたというのが正解!

どうも節目である6月24日あたりは体調を崩したり、何かと用事があったりで
どうしても気付くのが遅くなっちゃうのですよね!

正直なところ、今朝から発熱と全身のだるさで体調は最悪(笑)

どうもこのブログを始めた時期からの暗示かも…

コレは節目を考えず、できるところまでやれよ!ということでしょうか?

最近の支離滅裂でテーマが揺れ動くこのブログ!

看板の書き換えも必要かなあと思ってしまうこともしばしば。

そろそろこのブログの道路標識もしっかりしなければと
思いつつ、当分このままの状態が続きそうです。
e0009772_1947564.jpg

そんなブログですが、読んで下さる皆さんに少しでも
楽しんでいただけたらいいなあ!と思っています。

これからもよろしくお願いしますね!
by mitsuketai | 2007-06-25 18:25 | その他 | Trackback(1) | Comments(4)

幼稚園と介護施設!

現在、うちの父親がお世話になっている療養介護施設、
もとは幼稚園だったところを改装しているところです。

先日亡くなった祖母の件も含め、ずいぶん老人保健施設や
介護施設を見て廻りましたが、いずれも雰囲気が暗いなあ!と
感じるところが大半でした。

ところがお世話になっている介護施設、さすが、もとは幼稚園だった関係で
中の雰囲気がとても柔らかいのです。

もちろん、そこを運営しておられる先生の優しさと指導があればこそですが…

プライバシーの問題等があって画像をお見せできませんが、真ん中の
吹き抜けになっているお遊戯スペースが機能回復訓練の場であったり、
ランチルームが食堂であったりと、意外にも有効活用ができています。

園児が少なくなって閉園になった幼稚園の環境の良さに先生が着眼され、
がんばって競売で落札され、改造して、雰囲気の明るい療養介護施設に
再生された手腕はスゴイ!と思います。

自治体の人口構成にもライフサイクルがあり、幼児や児童の急増期を
過ぎ、子供たちが独立すると、今度はその親たちが年齢を重ね、急激に
高齢化社会になると思います。
e0009772_1754372.jpg

事実、多くの自治体は過去に借金をして作った学校の施設で
今は使われなくなっているところもかなりあると思います。

この時の借金で財政悪化になっている自治体もあると聞きます。

今までの学校の構造では対応がなかなか難しいのですが、
これから幼稚園や保育所、小規模な学校を設計する際には、
少ない改造で老人介護施設にも対応できるようなデザインを
心がけるべきではないかなあ!と思います。

幼稚園は幼稚園、学校は学校、介護施設は介護施設といった
固定観念は取り払い、少ない改造で多機能に転用できる工夫が
必要だと思います。

財政難を理由に、介護に対する負担も大変な時代になってきますが、
こういう転用方法を考えることで建設にかかるコストを削減し、
その分を本当に必要なところに回せば、かなりの効果が期待できます。
e0009772_1752812.jpg

商品の原価計算にも言えることなのですが、本来必要とされることを
削るのではなく、創意工夫して、無駄をなくすことがコストダウンの真髄です。

品質を落としたり、ごまかすことはコストダウンとはいいません!

でも、血税である税金を、何も考えず、湯水の如く使うような新聞紙上を
にぎわす一部?の不届き者には、こんな考えは通じないのかなあ…(笑)
by mitsuketai | 2007-06-24 17:30 | Trackback | Comments(0)

究極のクリームパン!

まずはこのパッケージの写真からご覧下さい!
e0009772_21453167.jpg

ここまで書かれると、どうしても気になっちゃいますよね(笑)
e0009772_2147165.jpg

究極のクリームパン!これは長岡京と高槻、茨木にあるメサベルテ
販売している人気商品です。
e0009772_21481753.jpg

話は変わりますが、ここの角食パン!おいしくなっています。
しかも一斤なんと178円ですよ!

デパ地下の倍以上する食パンよりリーズナブルでおいしいかも…

その話はさておき、どうせ見かけ倒しで、このクリームパンも
キャッチフレーズだけかなあ…と思っていました!
e0009772_2149169.jpg

おもわず、うま~い!

何せクリームがたっぷり入っていますから、
慎重に食べないとくずれてしまいます。

よくここまで型崩れしていないだけでも素晴らしい!

それが中のクリームを食べてみると、これまた、うま~い!
e0009772_21504344.jpg

パッケージの説明にうなづくほどで、優しい、自然の味わいです。

これで120円はお値打ちです!

お近くにお店のある方は一度お試しあれ!
by mitsuketai | 2007-06-22 22:05 | おいしいパン | Trackback | Comments(10)

今日、高槻では“うろこ雲”を見ました!
e0009772_19455644.jpg

正式名称は巻積雲(けんせきうん)、小さな固まりが
たくさん集まったように見える雲で空の高いところにできる雲。

秋口によく見ることができる雲ですよね!
e0009772_19472318.jpg

確か、今は6月下旬で、今年は入梅も遅かったのに、
この時期にもう、うろこ雲が現われるなんて…何かヘンです!

夏の空と秋の高い空が交互に見られ、梅雨前線も
太平洋高気圧に押され、一気に押し上げられ、このまま一気に梅雨明け?

そうなると大変です!まずは渇水、いや干ばつ!
そして季節が早くなると、イネの出穂時期に日照不足が…

時期尚早ですが、コメ不作も想定しなければ…イヤな予感がします!

国会の日程がズレたり、金銭感覚のズレている公僕
安全・安心がズレている食品の偽装など…

人間の身体でも背骨がゆがんだり、ズレたりすると、
身体のあちこちがおかしくなります。
e0009772_1953109.jpg

世の中も同じで、あちこちでズレが起こると、そのうち
取り返しのつかないことになってしまいます。

おかしいな!と思ったら、キチンと診断して、治療を
してくれる人を探し求めるしか方法がありません!

放っておくと、大変なことになりますよ!(よく耳にするフレーズですね!)
by mitsuketai | 2007-06-21 19:58 | 社会問題 | Trackback | Comments(2)

隊長が大学時代の今は亡き恩師に教わった人生訓で
印象に残っている言葉が“拙速を尊ぶ”
e0009772_2237256.jpg

何か頼まれた時に、どう対応するか?

理想は完璧なアイデアをすぐさま実行すること!

よほど才能のある人間でないと、まず対応は無理…(苦笑)

では、どうするか?

完璧なアイデアが出るまで時間かけて待つか
それとも、まずはできるところから始めるか!

その答えが“拙速を尊ぶ”

別の言い方をすれば“走りながら考える!”
e0009772_22383045.jpg

隊長自身、この言葉には随分抵抗があった時代もありました。
中途半端な考えは逆に迷惑がかかるのでは…

ところがある時期を境にして考えが変わりました。

前へ進まないと先の方は見えない!

富士山も3合目で見る景色と5合目で見る景色は違うし、
5合目まで行くと頂上も見えてくる。

そして“拙速を尊ぶ”の最も重要な意味合いは
ともかくすばやく返事をする、ほったらかしにしない!ということ。

世の中の仕事の流れは、人ひとりでは済まないことが多い。

納期や期限が迫っていると、どこかでいいかげんな対応があると、
その周りの人が大変な苦労を強いられることになる。

ボールをずっと持つより、受け取ったボールをすばやく回す!
e0009772_22394470.jpg

ただ単に回すのではなく、一生懸命考えて、努力して回す!

そして、できるところから実行する。

“これが拙速を尊ぶ!”の本当の意味なんだなあ!と
ようやく最近になって分かってきたような気がします。

本当に稚拙なアイデアばかりですが(笑)、人から頼まれたことは
精一杯考え、精一杯回すことだけは心がけています。

ほったらかしにするよりはずっとマシですからね…(苦笑)
by mitsuketai | 2007-06-20 22:34 | 教え | Trackback | Comments(2)