おもてなしの心!

NHKの朝ドラ どんど晴れの最終週をBSで一気に見ました!

このドラマで出てきたキーワードが“おもてなしの心”

それを具体化したキャッチコピーが“来者如帰(来る者帰るがごとし)”

お客様が我が家に帰ってきたようにくつろいでいただくという意味。

この言葉、ビジネスで考えると、実に奥深いと思うんですね!

“我が家に帰ってくるように…”
これってリピーター客をしっかりつかむことにつながります。

最初にお客様になった時に期待以上の満足を
得ないとリピーター客にはなりません。

これは以前ご紹介した満足の公式につながります。

そして、もっとも大事なことはお客様に喜んでいただく!
この精神が隅々にまで行き渡っているかどうかなのです。

このドラマでも、主人公が幾多の困難にあっても、
“人を信じることの大切さ”で乗り越えています。

仲間を信じる、上下の区別なく信じる、お客様の喜ぶ姿を
思い浮かべながら、ビジネスを行うことだと思います。

ある日、パッとある商品がヒットしたものの、線香花火みたいに
一瞬にして散ってしまい、長続きしないことってよくあります。

売上がちょっと上がってしまうと、お客様の喜ぶ姿より、
一気に売上を上げてしまうことばかりに目を奪われる!

そうすると、商品に魂が入らなくなり、商品価値が
薄れてしまうから、リピーターがつかないからだと思います。

身の丈以上に、売上拡大に走ってしまうと、ひずみが来ます。

継続して、商売が長続きするためには、目に見えるもの以上に、
“おもてなしの心”や“お互い思いやり、信じる心”が大切な要素に
なっていくような気がします。

これはあくまで隊長の動物的カンですが、今年の夏以降、
モノやビジネスの流れが大きく変わってきているように思います。

“札束で頬をたたく”金満主義はたぶん、ここ2、3年で崩壊するでしょう!

すべての値打ちが貨幣価値だけで測定される時代が終焉を迎え、
戦後のドルを機軸通貨とした世界経済もおかしくなるかも…

そうなってきた時には、日本人が代々伝えてきた精神性の高さが
尊ばれるようになってくるはずです。

もっとも、その前に、気高く尊い日本人の品格が物質主義に
負けちゃお話になりませんが…(苦笑)
by mitsuketai | 2007-09-29 21:58 | 教え

久々にお会いすると、まずはこのブログが話題になることが多いです!

久々と言っても2週間くらいの場合もあれば、1年くらいもあり
期間の幅はマチマチです!

配信するのが深夜近くになるので、ご覧になられる時間が
皆さんマチマチのようです!

夜型の方もいらっしゃいますが、毎朝起きたら見ていますよ!
という方もかなりいらっしゃるようです。

自分の思うところを、気の向くままに書いているブログですが、
“あの話はタメになりました”とか“私も同感です”
中には“気分がスカッとしました!”というご感想も…(苦笑)

ブログを配信している人間にとって、“見ていますよ!”という
コメントは一種のほめ言葉のようなものです。

できれば、朝からご覧いただいている方には、
“さあ!今日もがんばるぞ!”とか“知っていて話題が広がってよかった!”

そんなコメントをいただけるよう、精進していきたいと思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2007-09-28 23:30 | その他

かむろのうさぎ!

かむろのうさぎ!いったい何だと思いますか…?

この言葉を音で聴くと、何か風流なうさぎの小噺?それともうさぎを題材にした民話?
もしかしてミッフィーの日本のともだち…(笑)

実は、ご覧の通り、うさぎをデザインした薯蕷(じょうよう)饅頭でした(笑)
e0009772_2356558.jpg

箕面で結構有名な和菓子屋さん“かむろ”の傑作です!

山芋たっぷり、ふ~わり、しっとりした、まるで美肌のような生地

薯蕷(じょうよう)饅頭とくれば、中のあんこは濃い小豆色で、砂糖の甘さが
しっかりした味わいのものが多いのですが、ここのは全く対照的!

小豆の皮をとって中の豆の部分だけであんこを作っているので
色も薄い小豆色で、甘さも控えめ!
e0009772_23576100.jpg

だから、しっとりした美肌が生きてくると同時に、メタボにとっては
恐ろしい、ついつい何個でも食べちゃう!そんな誘惑にかられるのです(笑)

特にこのブログを見て、つい誘惑に負ける方は注意して下さいね!(笑)

では、なぜ、うさぎの饅頭なの?

お月様にうさぎ…そんな連想が浮かびませんか?

月見団子じゃなく、このうさぎをデザインした、丸い小芋みたいな
この饅頭を“お月様にお供えする”そんなアイデアがあっても
面白いかなあと思います。

わが国の季節行事である節句毎に、食で粋な計らいを楽しむ!

これも立派な食育かもしれません!
by mitsuketai | 2007-09-27 23:58

今日もこれから新たに始まる商品開発で、食品メーカーの
会長さん、社長さんとお話をいただいた社長さんとの間で
色々と熱い論議を交わしてきました。

詳細はご勘弁願いたいのですが、ブランド論にまで
踏み込んだプロデュースを考えて、半年間の戦いが始まります。

そんなお話が増えてきた中で、皆さんに、最初にする質問があります。

『貴社の強みは何ですか?』

実は、今までこの質問に対して明確にスパッとお答えに
なられた方にはほとんどお目にかかっていません(苦笑)

それほど、ご自身のいいところや強みを認識せず、
周りの強さやいいところばかりが気になってしまうのです。

いわゆる“となりの芝生は青い”
e0009772_2341467.jpg

そして、その思いが強すぎるために、せっかくの長所を生かしきれていないのです!

もっとも私もなかなかできていませんので、偉そうには言えませんが…(笑)

それよりも長所というべきものが果たして存在するのかどうか(困)

長所というのはその人にとっては当たり前のように思えるのですが、
他人から見ると実にうらやましい才能だと思います。


ということは、その才能は他人が太刀打ちできないのです!

しかるに、その才能や強みや長所というのが、実はブランドだと思うのです。

その商品なり、企業なり、人なりが持つ長所や魅力がブランドになるのです。

背伸びして、他のブランドのいいところを真似しても、
空洞化した形象であって、ブランドとは言えません!

人にはそれぞれ苦手なこともあれば、天から与えられた才能があるはずです!

天賦の才能を見つけ出して、磨いて、輝きを与える!

『皆さんの強みは何ですか?』という質問をいつもするのは、
最終的に、長所や才能を見つけ出して、磨いて、輝きを与える!

それがブランドになる!ことに気づいていただきたいために行うのです!

実は、この命題をきっちり解くことができれば、業績や能力が急に伸びて、
視界がパッと広がることがあるから不思議なものです!

サクサクとホームページを作りたいと思ったら…ココをクリック!
by mitsuketai | 2007-09-26 23:04 | ビジネス

中国食品の思わぬ影響!

社名が仇? 海産珍味の「中国食品工業」が倒産

先日、こんなニュースがあったのは記憶に新しいところです!

この会社、あの珍味の『うまいか』を開発したことで有名な会社です。

会社のホームページをご覧になられると、真面目ぶりは伝わってきます。

ところが昨今の中国産食品の安全性の問題でとばっちりを
受けての企業倒産は実に気の毒な話です。

取引先や取引銀行も社名の変更を会社側に強く申し入れされていたようですが、
歴史と愛着のある社名の変更に躊躇していたところの倒産だったようです。

中国産食品とは関係ない、風評問題であることを、新聞広告等で
広く周知できなかったのかなあと残念に思います。

先週末から、長野、群馬、栃木、岐阜等の食品関連の方々と
情報交換していますが、ここでも中国産食品の問題が予想以上に
深刻な問題となっています。

この地域には、山菜やきのこ、にんにくやハチミツといった中国産原料を
輸入して、惣菜や佃煮、ビン入りハチミツ等を加工して販売している
中小の零細業者が結構あります。

中国産原料の安全に対する懸念から、総じて売上が半分以下に
落ちて、倒産する会社もちらほら出ています!

コストダウンに走ったツケがここに来て、命とリになりかねません!

やはり、国内産商品や他の海外に原料調達のルートを確保して
リスクの分散を図っておかないと、大変なことになります。

中国産食品の問題は中国だけの問題ではなく、日本の
食品加工産業にも思わぬ影響をもたらします。

海外依存の食品輸入がストップすることだって可能性はあります。

少しでも、国内での食料原料の調達比率を上げておかおないと
これからもっと大変なことが起きるような気がしてなりません!
by mitsuketai | 2007-09-24 23:16 | 食の安全&表示

昨日ランチをいただいたエントラータ アルチェントロ!

ここはホント、オススメです!

今回のランチメニューはこちらをどうぞ。
e0009772_21154369.jpg

e0009772_21165237.jpg

そして画像はこちらです。

有機野菜のスムージー(かぼちゃとトマト)は
デザート感覚で口当たりがよく、しかもかぼちゃとトマトの
味わいはしっかりしています。

活けダコとキュウリのシブレットも秋鮭と温泉玉子のココットも
野菜は一見脇役のように見えても、存在感はしっかり!
e0009772_2118077.jpg

e0009772_21185286.jpg

手打ちパスタのおいしさもソコソコ忘れてしまうぐらい
うなったのが茶美豚のバラ肉とゴボウのあっさり煮込み!
e0009772_21195096.jpg

これはあまりにもおいしそうだったので、思わず食べてしまった後、
あわてて残りを体裁を整え?撮影!
e0009772_21205435.jpg

茶美豚は口の中ですうっと溶けるし、ゴボウもあっさりとしていながら、
茶美豚のうまみをぎゅっと吸い込んだ味で、ゴボウ特有の臭みは
まったく感じません!大根の味の染みこみ具合も納得!

紹介していただいて、一緒にランチをいただいた真下さんと
“おそらく圧力鍋をうまく使っているのかなあ”とマイスターとしての分析!

ココは野菜の持ち味を引き出す術を知っています。

それとお店のスタッフの方とお話をしていて
ディナーコースの秘密を教えていただきました。

コースの3品の分量は、腹6分から7分目程度で、足りない人は
パスタやアラカルトメニューを追加してもらう仕組みだそうです。

そこには、もっともおいしく感じる腹6分から7分目の腹具合で
オススメの味を味わってもらう…さすがと感心しきり!

この手法は、なかなか参考になるアイデアですね!

サクサクとホームページを作りたいと思ったら…ココをクリック!
by mitsuketai | 2007-09-23 20:44 | 野菜のソムリエ

マイスター認証式!

今日はベジタブル&フルーツマイスターの授与式!

マイスターになると、福井理事長から直接授与していただけます。

そして、理事長のお話をお伺いしていると、ヒシヒシと
その使命の重要性を感じてきます。

マイスターとしての自分たちの言動はジュニアの時と違って
協会の一員としての責任も生じてきます。

厳しさを感じると同時に、理事長のお話を伺ったり、
直接お話しさせていただくと、“さあ、やるぞ!”という
気持ちがみなぎってくる、理事長のカリスマ性に心酔!

マイスターを目指す、ジュニアの方々との交流会や
お世話になったスタッフの皆さんとの会話も楽しく充実した1日でした。

理事長、スタッフの皆さん、出席者の皆さんありがとうございました!

ランチは今回、いっしょにマイスターになられた真下さんと
本町のエントラータ アルチェントロで野菜たっぷりの食事!
(ランチの内容は後日アップします)
e0009772_0333341.jpg

今日の画像は真下さんに撮っていただいたので、いつもと違ってきれい(苦笑)

その後、来週から取り掛かる新しい取り組みについて
ある社長さんと太閤園で打ち合わせ!

10月末にはある試みもスタートしますし、今日打ち合わせした内容に
ついては準備を始めて、順調にいけば来年の2月くらいに形になると思います。

いずれも、真面目にがんばっておられるメーカーや生産者の方々と
お互いに気持ちよく、ハッピーになれる仕組みづくりにようやく本腰が
入りかけてきたような感じがします。

あとは、どこまでできるか?あせらず、じっくり取り組んで行きたいと思っています。

そういう意味もあり、充実した1日になりました!
by mitsuketai | 2007-09-22 23:58 | 野菜のソムリエ

リンク集の使い方!

昨日もコメント欄で、ほうれんそうや小松菜と硝酸の関係に
ついてご質問がありました。

どうやって回答しようかなあ?どこかのホームページに情報が
載っていたような記憶がするのだが…(最近、少々忘れやすくなっています!) 

そこで、ハッと気がついたことが…
おいしいもの見つけ隊のホームページお役立ちリンク集があったことを!

最初にサイトを開設した時に、コンテンツがあまりにもなかったので(笑)
今まで、食関係で調べ物の際にお世話になったサイトを
集めてリンク集を作っていたのです。

今改めて見直してみると、政府機関や公的機関、
各種の食品工業会等の団体等、結構色々な情報があります。

ビスケットの話やチョコレートの話、野菜・果物と栄養の関係など
中には最新の論文なんかも見ることができます。

昔は図書館でイチイチ調べていた情報がネットを通して
瞬時に見れる便利な世の中になりました。
e0009772_22483980.jpg

あとはこれをどこまで活用できるか?これが最大の問題ですね!

※なお、リンク集の一部にリンク切れの箇所がありますので、ご了承下さい!

サクサクとホームページを作りたいと思ったら…ココをクリック!
by mitsuketai | 2007-09-21 22:40 | 食の安全&表示

原点回帰!

ここ2日間ほどブログをお休みさせていただいています!

当分の間、続いたかなあと思うと、パタパタとお休みしたり…
たぶん、10月いっぱいくらいまでこんなパターンだと思います。

毎日ご覧いただいている読者の皆さんにはご迷惑をおかけします。
お許しいただければ幸いです。

さて、今日のタイトルは“原点回帰”です。

そもそもホームページを作って情報発信した意図は
生産者と生活者との情報を含めた橋渡しをすることでした。

お互いのことをもっと分かり合えば、おいしさの背景にある問題も
喜びも共有できて、食をもっと楽しむことができるのに…

それと、価格ばかりに縛られている生産者がその一部でも
生活者と直接コミュニケーションをとることで元気とやる気を
出してもらえれば…そんなことも動機の中にありました。

食育についても、大げさなものではなく、食に興味を
持った大人も子供もいっしょになって、食や農の現場で
食を楽しむことを思い描いていました。

その実現のために始めたインターネットですが、いつしか方向性が
見えなくなって来ているような気がします。

もともと大したことはありませんが、最初の頃にくらべると
キレというか、ほとばしるものが段々小さくなっているような…

お月様も見ていると日々変わるのに、ずっと満月の月ばかりを
期待していても意味はありませんから…(笑)

サイトやブログ、メルマガも含め、棚卸しをする時期に
来ているのかなあ…と思っています。

そんなこともあって、もがき苦しみながら、軌道修正をしています。

原点回帰して、すっきり整理できれば、いや整理しなければならない!

できるだけ今までやってきたものを生かしながら、整理する!
コレが理想ですが、はてさてどんな結末になるのやら…(笑)
by mitsuketai | 2007-09-18 23:50 | 教え

古代餅!

今回、ご紹介させていただくのが、地元 高槻市 銘菓の里 井づつさんの古代餅!
e0009772_21524362.jpg

古代米の赤米で作った餅で、中の餡は“ずんだ”!

“ずんだ”とはあのビールのおつまみで有名な枝豆で作った餡です。

古代の香りがする(苦笑)の餅に甘さ控えめで、
枝豆本来の甘さが生きた餅です。

赤米の赤とずんだの緑、この見た目のコントラストと
味わいのコントラストを五感で楽しめるのです!
e0009772_2153536.jpg

ところが、この古代餅 弱点があるのです!

それは日持ちがしないこと!もちろん保存料などを使っていないのも理由のひとつ!

賞味期間は2日ですが、その日に食べるのと、翌日に食べるのとでは
まるで月とすっぽんの差(笑)

誤解のないように申し上げると、2日目に食べても十分美味しいのですが、
やはり作ったその日のものを食べると、餅のしっとり感と“ずんだ”の風味の
一体感が絶妙に違うのです!

美しいもの、美味しいものは、はかないのです!

はかないがゆえに美しく、美味しいのです!
by mitsuketai | 2007-09-15 21:58 | おすすめスイーツ