<   2007年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今年も1年、ブログをご愛読いただき、ありがとうございました!

あと2時間ほどで2007年が終わろうとしています。

支離滅裂な内容(笑)にいつもお付き合いいただいたこと、ありがたく思っています。
e0009772_2264374.jpg

ブログやインターネットのおかげで、実に多くの方々とご縁をいただき、
お互いに結びつきができて、新しいご縁につながっていきました。

中には一度もお会いしたことがないにも関わらず、旧知のように
親しくお付き合いさせていただいている方もいらっしゃいます。

また、ネット環境にない方でも、そのお知り合いがネット環境に
いらっしゃると、そこから結びつきが生まれます。

怖い反面もありますが、ネット環境以前を考えると、従来の狭い帰属社会では
考えられない、新たな結びつきから思いもよらない結びつきが生まれ、
新しい創造が生まれるかもしれません。

ネットが普及しているとは言え、まだまだこんなもの!とあんなもの!を
結びつけたら、すごいクリエイティブなモノやアイデアが生まれるのでは…

そんな無限の可能性をここ最近、ヒシヒシと感じています。

2008年はネットも生かしながら、そんなカタライザー=触媒のような役割を
担って、クリエイティブ・カタライザーをモットーにがんばっていきたいと思います。

もちろん、おいしいものや情報もどんどん皆さんに発信していくことも
クリエイティブ・カタライザーの役割だと思っています。
e0009772_2285843.jpg

ちょっとした食のぜいたくを味わうことで、ささやかな幸せを感じていただく!

これが隊長の変わらぬ、食に関するテーマです。

でも、時には話題が脱線しちゃうこともありますが…(笑)

こんなブログですが、どうかお付き合いいただければ幸いです!

皆さんにとって2008年がよい年でありますように…
by mitsuketai | 2007-12-31 22:00 | 教え | Trackback | Comments(10)

沖縄そばの名称!

明日は大晦日、年越しそばを皆さんもお召し上がりになると思います。
e0009772_21482932.jpg

沖縄では、年越しそばは沖縄そばだと思います。

実は、沖縄そばという名称、今では当たり前に使っていますが、
最初から順風満帆とはいかなかったようです!

本土復帰から4年後の1976年、公正取引委員会から
沖縄そばの名称使用に待ったがかかったのです。

景品表示法の生めん類の表示に関する公正競争規約では
そば粉が30%以上使われていないと、「そば」という表示を
使用してはいけないと定められていたのです。

その後、正式に認められるまでの経緯はココをクリックしてご覧下さい!

当時の沖縄生麺協同組合理事長ら関係者は何年にも渡る
公正取引委員会とあきらめずに、粘り腰で折衝されたそうです!

時には担当者に試食させたり、食文化の歴史を説明したり、
最後にはとうとう沖縄料理店まで担当者に足を運んでもらい、
おいしい沖縄そばを食べさせて、ようやく説得した逸話もあるようです。
e0009772_2151380.jpg

公正取引委員会、手ごわいし、交渉は緊張を強いられる行政機関です。

でも、正しいことをきちんと説明すれば、分かってもらえるということです。

一点の曇りもなければ、規定に疑問があれば、交渉如何では
相談にも応じていただいて、道が開けることだってあるのです。

お互い、ハートとハートをぶつけ合って、相互理解することが大切です。

あきらめたり、批判に終始するのではなく、自分の考えを正々堂々と
議論して、あきらめず、粘りつよく理解してもらえるよう努力する。

それにしても、当時の関係者の心意気はすごいなあ!と感心します!

ほんと、粋で元気が出るお話しだと思いませんか?

同時に、かくありたいものだなあ…(ペコリ)
by mitsuketai | 2007-12-30 21:54 | 食の安全&表示 | Trackback | Comments(4)

ドラえもんのポケット!

今、世の中は不景気真っ只中!値上げラッシュ!消費は冷え冷え~

でもよく考えてみるとそんなの関係ねえ!そんなの関係ねえ!おっぱっぴー(笑)

結論は、いいと思ったアイデアを実行する!見込みがないと思ったら他の方法を考える!
とにかく、最小のリスクで試行錯誤しながら、成功への道筋をつける!

ともかく、何かアクションを起こして、トライしないと現状は何も変わりません!

忙しい方はここまでお読みいただければ、十分かもしれません(笑)
e0009772_0261816.jpg

世の中は不景気真っ只中!値上げラッシュ!消費は冷え冷え~

そんな中でも売れているものもあります!

忙しすぎるところもあります!

価格も言い値で取引しておられるところもあります!

こんなこといいな できたらいいな あんなゆめ こんなゆめ いっぱいあるけど~

みんなみんなみんな かなえてくれる ふしぎなポッケで かなえてくれる~

これはご存知、ドラえもんの主題歌ですよね。

今日、年末のあいさつを交わしていて、厳しい現状に対してどう立ち向かうか!
そんなことはを商品開発に絡んでお話しをしていました。

その時の結論を見事に的を得ているのが、ドラえもんのポケットなのです。

あんなものがあればいいな!こんなことができればいいな!を考える。
(※大事なことは、その時点でできる?できない?を考えないこと!)
          ▼
次は、実現するためのアイデアをマラソンのごとく出し続ける!
          ▼
出したアイデアの実現に少しでも関係していそうな人に話す。
          ▼
意見や批判を聴いて、アイデアを練り直す。
          ▼
ともかく小さな試行錯誤を繰り返す。
          ▼
見込みがあれば、最小のリスクで挑む!
e0009772_0285283.jpg

作ってくれそうなメーカーを探す、興味を持って取り組んでくれそうな販売ルートを探す!

どこにでもあるような商品は価格競争にさらされるし、販売先にも苦労する!

売れる商品やオンリーワンのサービスを考えれば、商売はしやすい!

そんなことは分かりきっている!それができないから苦労する!

お話はごもっともかもしれません!だったら、どうするんですか?

ともかく考え、いいと思ったら口に出して反応を確かめる、議論する。

そして見込みがあれば、初めは最小のリスクを考えながらトライする。

そして、試行錯誤しながら、成功の道筋に近づく努力をする!

武雄市の楼門朝市がいい例だと思います!
e0009772_031088.jpg

来年は、コレをヤルっきゃしかない!そうだと思いませんか?

しかもひとりひとりがそれぞれの立場で頭と身体で汗をかく!

もっとも批評だけの人、無関心な人、ハートが熱くない人は論外ですが…(笑)
by mitsuketai | 2007-12-29 23:58 | ヒットの予感 | Trackback | Comments(4)

清く正しく美しく!

清く正しく美しく!これは宝塚歌劇団のモットーであり
阪急グループの創始者 小林一三翁の遺訓としてあまりにも有名
e0009772_22394421.jpg

今日のNHK ニュース9の特集で、城山三郎氏の
粗にして野だが卑ではないという言葉に対して、
伊藤忠商事の丹羽会長が取り上げておられました。

清く正しく美しく…これはやさしい言葉だが、実行は難しい!

そして、今の経営者やリーダーに最も求められるもの!

食品偽装や年金、防衛省利権問題等、今年を象徴する言葉 偽に対して
最も求められるものだと思います。

最近読んだ高杉良の亡国から再生へという本の中にも、
身銭を切って公私の区別を徹底した財界人や私的な訪問には
最寄りまで公共機関を利用し続けた経営者の話がありました。
e0009772_2236137.jpg

一方で孫の幼稚園の送り迎えのハイヤー代まで
会社の経費に落としていた大物財界人も…(困)  

権力を持つと、清く正しく美しくは自分を律していかないとできません。

逆に、清く正しく美しく!をさらりとする経営者は素晴らしいなあと思います。

この世の中、確かにきれいごとだけではやっていけないこともあります。

それだけに、清く正しく美しく、しかも人の世話をまるでご自身のことのように
考え、そっと後押しをされる経営者のお話をお伺いすると、心が清々しくなります。

そういう考えをされる方々が取り上げられる世の中になることが
これからの日本の夜明けにつながるような気がしています。

来年は一歩づつ明るい世の中になってほしいものです。
by mitsuketai | 2007-12-28 22:14 | 教え | Trackback | Comments(2)

こみの株式会社

こみの株式会社ってご存知ですか?

この会社、実は中学生が中心となって設立した会社なのです。

詳しくは食農教育の記事 ココをクリックしてご覧下さい!

株主総会まである本格派で、食育、地域活性化で表彰も受けています。
e0009772_0221285.jpg

この情報、実はこんな流れでつかみました!

必要性があって、糖類についての情報を検索していました。

そこで希少糖というものがあって、興味が湧き、検索を進めていると、
その希少糖研究の発信拠点を香川県の三木町が誘致したことに行き着きました。

その発信拠点ってどんなところだと思いますか?

なんと、廃校になった旧小蓑(こみの)幼・小・中学校だったんです。

三木町の中で過疎が進んでいるのが小蓑(こみの)地区

地域活性化に香川県や香川大学が研究を進めている
希少糖の研究拠点を誘致したのです。

その内容については話すと長くなるので(笑)ココをクリックしてご覧下さい!

廃校になった小学校の改修と無償貸与を三木町が行い、
研究、生産、宿泊施設に転用し、国際学会にも利用するとか…
e0009772_024448.jpg

三木町すごいなあ!と思って検索を続けてヒットしたのが
今回ご紹介しているこみの株式会社の活動

さらに調べていくと、こみの株式会社に刺激を受けた大人たちが
今度は大人版である山南営農組合を設立して地域が元気になっていったとか…

ハコモノを作るより、知恵と創意工夫で遊休施設を活用していくことで
地域活性化ができるのです。

そんな事例を見ていると、大阪の元気の無さが余計に目立ってきます!
ATCやWTCって何だったのでしょうか(困)

↓下の記事もアップしました!
by mitsuketai | 2007-12-27 23:58 | まちおこし | Trackback | Comments(0)

今日は京都を中心に展開しているSECOND HOUSEさんをご紹介します!
e0009772_1943271.jpg

このお店はいつ見てもお客さんがいっぱい!
とりわけ女性には人気があるようですね。

実はSECOND HOUSEさん、京都を一望できるあのフレンチレストラン
SECOND HOUSE Willを運営されています。

そうです!あの同志社大学「寒梅館」最上階のフレンチレストランです。

今回はパスタランチB+クリームブリュレをいただきました。

パスタは生ハムときのこのクリームパスタ!
ランチメニューでこの味であれば申し分ありません。
e0009772_196362.jpg

e0009772_19281333.jpg

そして、お楽しみのクリームブリュレはもう最高!
e0009772_1930797.jpg

このキャラメリゼはたまらないですよね(笑)

ココはケーキも自家製でメニューもしっかり!
しかもこれだけ食べて〆て1,100円は納得。
e0009772_19322163.jpg

ケーキセットも充実しているし、今後の展開楽しみです。
by mitsuketai | 2007-12-26 23:09 | 都会のオアシス | Trackback | Comments(0)

愛読書 もやしもん!

昨年3月にこんな内容を書きました!

そこで、紹介した3冊の中の1冊がもやしもん
e0009772_18472376.jpg

もやしもんがフジテレビの深夜に放送されていました!

平均視聴率がなんと歴代最高に…のだめカンタービレも抜いたとか。

以前も書きましたが、色々な専門用語の細菌が出てきますが、
それぞれがユニークに描かれていて、頭に入りやすくなっています。

食品衛生上はあまり好ましくない、悩まされた細菌ですが(笑)
ここまでユニークに描かれると、愛おしさを感じます。

食品衛生の講習会等の資料や教育現場での食育の教科書も
コミック風にすれば、楽しく学ぶことができて、理解も助かると思うのですが…(笑)
by mitsuketai | 2007-12-25 21:26 | おススメ本 | Trackback | Comments(0)

みつばちの白玉あんみつ

京阪電車 出町柳駅前から西へ入った河原町今出川の交差点を
南に下ったところに、甘味処“みつばち”があります。

ここのあんみつ、とりわけ寒天が素晴らしいという評判を聞きながら、
近くまで行くものの定休日等で、今回ようやくご対面(笑)
e0009772_17535170.jpg

白玉あんみつ(500円)を早速注文しました!

この白玉あんみつ、完成度の高さにはびっくり。
e0009772_17551213.jpg

まずは寒天、プリプリっとしながら口どけがいいのです。

よくサクッとしていて、失望する寒天が多いのですが
ここの寒天は実に完成度が高く、びっくりするくらい。

この寒天だけでも食べる値打ちはあるくらい!

また赤えんどうがこれまたスゴイ!
いわゆるゴリゴリ感がなく、すっと口どけがよく、
豆本来の味わいをしっかり楽しめます。

小豆あんは小豆たっぷりでありながら、あっさり風味、
白玉はつるんとしていて、喉ごしが実によく、
黒蜜はさらりとしながらコクがあって、他の素材を引き立てています。

酸味の利いたあんずもアクセントになっています。
e0009772_17563054.jpg


この白玉あんみつ!組織にも通じるものがあります!

あまり目立ちはしませんが、たぶん寒天がスーパースターだと思います。

ところが、白玉、小豆あん、赤えんとう、黒蜜がそれぞれの
持ち味をしっかり出しながら、自分のポジションの役割を
きちんと担っています。
e0009772_17574295.jpg

だから、寒天もスーパースターとして存在感が出てくるのです!

足し算(中には引き算もありますが…笑)ではなく、
掛け算の強みを改めて認識させていただきました(ペコリ)
by mitsuketai | 2007-12-24 17:58 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

最近、JR大阪駅や新大阪駅のお土産コーナーで
試食しながら販売しているので気になっていたのが、このパイ

正式名称はNANIWA MEISTER OSAKA’S SAND PIE “HITOKUCHI”
そして通称が“ひとくち”
e0009772_15244010.jpg

レシートも無くしたので正確ではありませんが、6個入りで850円くらい!

“ひとくち”と言ってもふたくちくらいのサイズです。

サクサクとした生地に3つの味わいのクリーム!

バニラ風味のPLAIN、ココアクリームのCOCOA、
バナナクリームのMAPLE BANANA!
e0009772_15271161.jpg

やはり、オススメはPLAINかな!
e0009772_15254820.jpg

パイはサクサク感がたまりません!
そのサクサク感に合うのはふわふわバニラクリームだと思います。

湿気から守るためのアルミパックと割れを防止するための
プラトレイの工夫などは洗練されていると思います。

残念なことは、販売者 グランフィーユ 株式会社なにわのホームページがないこと!

ですから、この商品に関する情報はあまり出回っていないので、
皆さんにご案内することにしました。

年末年始の帰省や旅行の際、新大阪駅等で見かけたら
一度、試食してみてはいかがですか?
by mitsuketai | 2007-12-23 15:22 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(6)

一発芸!すごいかも 

先日、小川を見ていて、カメラを向けて、シャッターを押そうとすると
e0009772_1340538.jpg

カモが片方の羽を見事に広げてくれました!

さすが、下鴨神社 糺の森の鴨は違いますね(笑)
by mitsuketai | 2007-12-22 23:58 | ラッキー | Trackback | Comments(0)