<   2008年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

とうとう、佐賀県武雄市 樋渡市長の本が発売になりました!

『力強い』地方づくりのための、あえて力弱い『戦略論』
e0009772_1851568.jpg

風の噂によると、東京や九州では品切れ書店が続出だとか…

ポイントを一言すれば、成功の裏には失敗も味方にしてしまう、等身大のしたたかさ(笑)

普通、成功を中心とした戦略論には、失敗についての記述が少なく、
あたかも最初から成功へのレールが敷かれているかの内容が一般的!

実は成功体験の部分ばかり書かれていると、あまり参考にならない。

その通り実行してうまくいかないと、へこたれて、自分には無理!とあきらめてしまう(困)

それより大事なことは、アイデアを出すこと、良いと思ったことは実行してみる!
その上で、うまくいきそうだと思ったら一気呵成に進め、駄目だと思ったら
潔く撤退する、そして失敗は引きずらず、一晩寝てすっかり忘れ去ってしまう…(笑)


しかも、市長が生身の人間の体験として、等身大で説明されている点が分かりやすい!

ああだ!こうだ!と考えているだけでは、成功はおぼつかない。
傍観者や評論家ばかりで、実行が伴わないのは困る!
e0009772_18535354.jpg

世間を見回しても、“何をしたらいいのか?”誰も予測できないために、
混沌とした膠着状態が続いていて、疲れきっているのではなかろうか。

今や注目されている武雄市も、最初から成功ばかりでなく
その裏には多くの失敗もあり、力弱さを痛感せざるを得なかったことも…

そんな時の処方箋が、あえて力弱い『戦略論』

最初から成功を確約されている、力強い戦略なんてありません!

ともかく試行錯誤とコミュニケーションの中から一筋の光明を見出す“しぶとさ”

小さな失敗をしてもすぐやり直せばいい!気持ちを引きずる反省はしない!
一見、力弱い『戦略論』に見えるが、気持ちがすうっと軽くなるという視点では
この発想こそが最強の戦略かもしれませんね。
by mitsuketai | 2008-01-31 20:00 | おススメ本

ここのところ、ハードな日々が続いていたのでブログをお休みしました!

企画アイデア考案と並んで、最近あちこちを走り回っています。

月曜日も吹雪の中、顧問先といっしょに、姫路市、たつの市、
新宮町から岡山の県境までの強行軍で雪まみれ(笑)

そんな中で、姫路の素晴らしい企業の幹部の方に
スゴイ!スーパーがあるよ!と教えていただいたのが
今回、ご紹介するヤマダストアー!
e0009772_23523659.jpg

津々浦々各地のスーパーを見ていますが、ビビッと衝撃を受けました。

何がスゴイのか!ひと言で言えば売り場に華がある!商品が生き生きしている!

一度、ココをクリックしてホームページをご覧下さい!

チラシも一工夫もふた工夫も
e0009772_23535722.jpg

こだわり品から日常のコモディティー品まで品揃えのバランスのよさ!

そして従業員のはつらつぶり、元気のよさが活気を醸し出している!

そのモットーが「忘己利他」(もうこりた)&「和顔愛語」(わげんあいご)

安けりゃ売上が上がるわけじゃないことがこの店をご覧になれば分かります。

機会があれば、実際にご覧いただくことをオススメしたくなる元気印スーパーです。
by mitsuketai | 2008-01-29 23:55 | 教え

クリキチロール!

クリキチロール!マロンでも入ったロールケーキかなあ…)

最初、名前を聞いた時には、正直そう思っていました(笑)

クリキチはCREAM KITCHENの略称なのです!

すなわちお店の名前がCREAM KITCHEN
e0009772_23591144.jpg

そこのロールケーキだからクリキチロールなのです。

このロールケーキ、見た目はふんわり!ビジュアル的な存在感バッチリ!
e0009772_01756.jpg

ところが口の中に入れると、すうっと溶けてなくなってしまいます。

生クリームの微妙な甘さ加減が絶妙!濃くもなく、薄くもなく… 

エッセンスや添加物のいやな味わいがしない本物の味わい
e0009772_023168.jpg

すうっと溶けていく様はデクレッシェンド♪おいしさの思いはクレッシェンド♪

最近はロールケーキ流行りですが、このクリキチロールもオススメです(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-01-28 00:02 | おすすめスイーツ

明日は大阪府知事選挙!

今回の知事選の候補者にとっては当選するも地獄、落選するも地獄(苦笑)

少し言いすぎかもしれませんが、
今回の大阪府知事選挙!に関する率直な感想です!
e0009772_20485927.jpg

それぞれ能力はおありだと思うのですが、あまりにもひどい
大阪府の財政の下ではできることが限られています。

どこを優先するか、その反対はどこかを切り捨てなければならない!

少子高齢化の中で、子育ても介護も待ったなし!その他問題山積!

弱者の痛みを分かり、時には中央に掛け合って資金をもらってきてでも
必要な対策をバランスよく打ち出せる能力!

既成勢力に屈せず市民の生活を向上させるための改革を貫ける意志の強さ!

地域活性化のために産業や企業を誘致するブルドーザー的迫力!

そんなスーパーマンみたいな候補者がいてくれたら迷うことはありませんが…(苦笑)

今晩ひと晩考えて、明日投票に行きます。

何と言っても、市民として政治に参加できる最大のイベントは
投票で清き一票(最近めっきり聞かなくなりましたが)を投じることですね!

府民の皆さん!あなたの一票が“しあわせ”を決める切り札になるかも(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-01-26 20:55 | 社会問題

面白いことを考える!

世の中にはポジティブ思考とネガティブ思考とがあります。

皆さんはどちらの思考をお持ちですか?

一見、ポジティブ思考に見える隊長ですが、実はネガティブ思考の塊…(笑)

小学生の頃は少し忘れ物をしただけでクヨクヨする始末(困)
e0009772_08523.jpg

未だにネガティブ思考が抜け切れませんが、最近ある方から
ポジティブ思考、いや面白いことを考えるススメ!を教えていただきました。

ネガティブなことを考えると、ネガティブなことを引き寄せ、
そのことがネガティブな自分をさらに肯定してしまうことに…

反対にポジティブなこと、面白いことを考えると心がウキウキ、
そして快感を味わうと、さらに快感をもたらす現象を引き寄せる!

そこで、ここのところ、面白いことを考えるようにしています!

そして考えた面白いことを回りの人に話すことにしています。

もっとも話す人は選ぶようにしていますが…(苦笑)

ツイテル人、人の世話を損得勘定なくできる人、
他人の喜びを自分のことのように喜ぶことができる人…

つまり、こういう方々は自分の生き方に自信を持っておられる!

そういう方々と建設的な議論を行うようにしています。

これを実践していくと、少しずつですが、面白いことが
実現できるように、人とのご縁が出てきます。

今、自ら実践を始めていますが、少しずつ面白い方向に向かっているような感じが…
e0009772_045567.jpg

この気持ちが確信に満ちてきた時には、考えていた面白いこと!
しかも関係した人々がハッピーで笑えることが形となって実現しそうな気がします(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-01-25 23:59 | ラッキー

ハイテク&ハイタッチ!

ハイタッチ=プロ野球のベンチ前でナインが両手を上げ、お互いの手のひらを叩く行為!

そういう意味もありますが、ここではハイテクとの対比で
ハイタッチについてお話しを進めたいと思っています。

その場合のハイタッチとはハイ(高い)タッチ(接触)で
人間の感性を視点にした、人間性豊かな接触を意味します。

e0009772_2131139.jpg

先日、とある銀行へ行くと、合理化で窓口の人数が減らされ、
機械化やコールセンターとやりとりする仕組みに変貌していました。

中にはその変貌ぶりが顕著な銀行もあります。

JRの名古屋駅なども従来のみどりの窓口が自動券売機になって
説明役の女性社員が立っておられたり、空港のチェックインは
ほとんど機械にとって代わっています。

ハイテクで便利になるのはいいですが、細かいところまでの気配りや
心をこめて、気持ちを大切にするというハイタッチの部分は現状ではなかなか!

最初から比べるとハイテクは改良されたとはいえ、不慣れな年寄りにとっては
使い勝手がわからず、戸惑うことも多々あると思います。

ハイテクは融通が利かなければ、KYの塊になる場合も…(笑)
e0009772_2114654.jpg

そんな時に頼りになるのは、ハイテクと利用者との仲立ちをする
サポート役のスタッフであったり、相手の表情が手に取るように分かる
画像情報や音声応答のシステムであったり…

合理化や便利性の名の下に、ハイタッチの部分をおろそかにすると
せっかくのハイテクも効果は半減します。


いわゆるハイタッチの部分が薄れていくと、コミュニケーション能力が
欠如したり、はたまたKY(空気が読めない)が蔓延するのかもしれません!

そういう意味ではハイテクの発展には、ハイタッチの部分の研究が必要だと思いませんか?

ところで隊長の表現力不足は一体どこに起因しているのだろうか…(苦笑)

やっぱり修行不足か!こりゃ!今さら、どうにもならないことだが…(困)
by mitsuketai | 2008-01-24 21:08 | サイエンス

有川浩 阪急電車!

有川浩さんという作家をご存知ですか?

2007年本屋大賞にノミネートされた図書館戦争が有名ですが、
クジラの彼に代表される自衛隊モノや特撮モノもあれば、
ベタベタラブコメも書く多彩な女流作家!

リアルな描写ぶりをなんとなく、受け入れてしまうから不思議!

その最新作が阪急電車!
e0009772_2185214.jpg

内容は8駅から成る、片道たった15分間の阪急電鉄今津線で、
駅ごとに乗り降りする乗客の物語が散りばめられています。

宝塚から西宮北口間8駅分の往路編と反対の復路編!

この路線、お気に入りでたまに利用することがあります。

沿線には関西学院神戸女学院、神戸方面から宝塚音楽学校の生徒も
乗車するので、関西私鉄路線では一番活気があって元気かも…

本を読んでいて、こういう乗客の物語はあるだろうなあと…
事実、甲東園駅の女子高生えっちゃんのお話は実話だったとのウワサも

実際 著者の有川浩さんはこの沿線に住んでおられ、よく利用されるとか!

ほんと書いてある内容はリアルな描写ですが、なんとなくほほえましい部分も

この本を読みながら、宝塚から西宮北口間に乗車してみると
リアルな融合が楽しめるかもしれません(ペコリ)
e0009772_2136184.jpg

そうなると、阪急今津線ツアーなんてできるかなあ…

はたまたテレビドラマ化になるかも…

がんばれ!阪急電鉄広報部~(笑)
by mitsuketai | 2008-01-23 21:48 | おススメ本

今、日本は食べ物であふれています!

賞味期限切れで廃棄する“もったいない”ことが横行しています。

カロリーベースで40%しかない自給率なのに、飽食の世界です。

自動車を輸出して、その対価で食糧を買う、食品の原材料を買う!

お金があれば、何でも買える…本当なのでしょうか?

終戦直後の食糧難の時代には、お金があっても食べ物に事欠いたはず!

着物や貴金属を米や野菜に換えたはずです。

中国やインド、ロシアが経済成長を続けると、食糧の争奪戦になります。

今、食品原料の値上げがものすごい勢いで迫ってきていますが、
そのうち、値上げでは済まず、原材料が入ってこない恐れだってあります。
e0009772_23373762.jpg

肉食が増えれば、バイオエタノールの需要が増えれば、穀物不足は
さらに深刻な状況になってきます。

だからこそ、米、魚、野菜と醗酵食品を中心とした日本食が大事なのです。

それが日本の自給自足にとっても、日本人の体質にも合致しています。

しかも地域でとれた食材でまかなう地産地消にすると、輸入や輸送コストが
下がり、地球環境にとっても最適なのです。

自給率の向上、地産地消の強化は地域を元気にするだけでなく、
自分達の生存にとって必要不可欠なのです。

本当に抜本的な対策を考えておかないと、食品原材料の輸入が
ストップしてしまうと、アフリカの飢餓ももはや対岸の火事ではなくなってしまいます(困)
by mitsuketai | 2008-01-22 23:38 | 食育&地産地消

あの鳴門金時がさらにパワーアップ!

おいしいもの見つけ隊では、おなじみの出村農園
完熟ミネラル栽培の鳴門金時!

出村さんの鳴門金時、モノが違う、しっとりしていて甘い!

甘さがダントツ!申し訳ありませんがスーパーなんかで買う
鳴門金時と味が違いすぎる!スーパーで売っているのはほんまもんかなあ…と(笑)

その出村さんから、味、特にお勧めがあります。

こんなメールをいただき、特選の鳴門金時を送っていただいたところ、
これがいつもの鳴門金時よりさらに、格段に甘いのです!
e0009772_2165944.jpg

おいしい芋はふかしてみると、味の違いが分かります。
e0009772_2185148.jpg

そして極めつけは天ぷら!今から楽しみです!

おいしい素材はシンプルに調理するだけで十分!

ベジタブル&フルーツマイスターの私が思わず唸ってしまいました!
by mitsuketai | 2008-01-21 21:10 | 野菜のソムリエ

本を読み終わったとたん、すうっと気持ちが軽くなりました!

その本こそがローカル線ガールズ
e0009772_1258308.jpg

ローカル線ガールズとは、奇跡の復活を遂げた、福井県のローカル鉄道
えちぜん鉄道車内アテンダントの物語

著者の嶋田郁美さんは12人のアテンダントを束ねるリーダー!

えちぜん鉄道の復活劇は大事故を起こし、廃線の危機にあった鉄道を
地元が第3セクターとして引き受け、集客増に結びつけた稀有な例です。

この本に関するキーワードをあげてみると…

欠点を長所へ、沿線地域のコンシェルジュ、ころころバッグの中身
アンタは要らないから始まった、気配り・目配り、全国的にファンを持つおもてなしの心
楽しき業務連絡ノート、笑顔のチカラ、仕事は自分で作るもの、
かけがえのない四季の風景…


ひとつの地域ブランドまでに仕立て上げ、地域活性化にまで持っていった奇跡の復活劇。

ここまでで、本をお読みいただく気持ちになれば、隊長の書評?もかなりのもの(笑)

ホームページを見ても、実にシンプルですが、元気が伝わってくる!

できないことを嘆く前に、できることから元気を出し、活性化していく!

身近なところにお宝の山を見つけ、活用していく!

これは元気な地域や企業に共通して言えることではなかろうか!
by mitsuketai | 2008-01-20 13:05 | まちおこし