<   2008年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

企業などで強力なリーダーシップで引っ張ってこられた創業者や
中興の祖と言われる方が退いた途端に業績が落ち込むことがあります。

落ち込むだけならいい方で、つぶれてしまうことだってあります。

一方で創業者からの事業が長く続いている老舗や長寿企業もあります。

繁栄と衰退の分かれ目となるのが、創業者や中興の祖といわれる
リーダーの考え方や問題解決能力の根幹みたいなものを
うまく伝えることができているかどうかにかかっていると思います。

それをうまく言い表しているキーワードがリーダーシップ・パイプライン!

ココをクリックしていただくと、神戸大学の金井先生の詳しい解説があります。
e0009772_0215138.jpg

ひとりのリーダーシップより、、だれもが自分なりにリーダーシップを
発揮できるように、組織の中で育てていくことが大事!
e0009772_0263637.jpg
ではどうすればいいのか?

経験が7割、薫陶(力のあるひととの関係)が2割、研修や読書などの座学が1割!

だから立派な研修所や講師陣を揃えてもうまくいかない場合もあれば、
小規模ながら優れたリーダーの薫陶を受けて業績を上げておられるところも
存在する理由が少し分かったような気がします。

何事も経験するとしないとでは問題認識がまるで違う。

そこで行き詰った時にうける薫陶はリーダーが苦労して習得された成功のエッセンス!

それをどうすれば生かせることができるかのツールとしての研修や読書!

考えてみれば、名捕手 古田を育てた野村監督もリーダーシップ・パイプラインを実践(笑)

ところでよく考えてみて下さい!この考え方 ビジネスだけじゃありませんよね!

そうなんです!家庭教育にも同じことが言えると思います。

子どもに経験をさせるとともに、品格ある人間に育てるためには親の薫陶が大切!
さらにその上に勉強があるのです。

しかしながら、親自体から薫陶ってなあに?という状態のところもしばしば(笑)

最低限、人様に迷惑をかけない、あいさつをきちんとする、感謝の心を持つ!
これくらいは子どもに薫陶してほしいものです。

子どもができないとしたら、それは親に人としての薫陶を授ける資格がないんでしょうね(笑)
by mitsuketai | 2008-08-31 23:58 | 情報発信 | Trackback | Comments(0)

転ばぬ先の…

今日は、朝から母親とともに整体の先生のところにお伺いして
しっかり身体をケアしていただきました。

最近しっかり歩いています!

そのおかげで少しやせたのでは…というお言葉に思わずニッコリ(笑)

合わせていつもこのブログをチェックいただいているので、
内容ともども僕の調子を診ていただいていることにも感謝(ペコリ)

よく骨盤や背骨がゆがみます。それも知らず知らずのうちに。
(根性がゆがんでいるから、身体もゆがむのと違うの?…外野の声)

それをしっかり修正していただいています(ペコリ)
e0009772_205876.jpg

その時にブログのネタも考えながら、こんな話題を…

転ばぬ先の杖ならぬ、転ばぬ先に歩くこと、柔軟体操。

整体の治療を生かすには日々の自己管理が大切!

治療したその時は治っても、日々きちんと柔軟運動をして
しっかり歩いて自分でもケアをしないと効果も半減!

反対にきちんと柔軟体操をして、しっかり歩いていると
身体のキレもよくなる結果、転ぶ確率も少なくなります。

転ぶ!ということは身体に柔軟性がなくなって、つまずく結果として起こること!

しかも、足腰を強くすることは内臓も含め全身の健康に影響します。

実はいつも柔軟体操を教えていただくのですが3日坊主の連続(笑)
整体に行く間際になって、思い出したか(笑)のようにするからダメ! 

しっかり歩くことはほぼ出来てきたので、こんどは毎日少しずつでも
柔軟体操を実行しなければ…はてさてどこまで続くかなあ(笑)
by mitsuketai | 2008-08-30 20:08 | 教え | Trackback | Comments(0)

優しさの波動!

JR高槻駅北口のバスターミナルでバスを待っていた時のことです。

このバスターミナルにいくつもの乗り場があります。

たまたまバス停のベンチで横に座られた初老のご婦人!
駅前の大型スーパーに食料を買い出しに来られ、手に一杯の荷物。

実は長い列を並んで,さあ!バスに乗ろうと思うと、横から割り込んできた
黒服(注釈:たぶん黒い服であって、その筋じゃないと思う)の大きな男性に
邪魔をされ、注意したら怒られ、どうにも腹の虫がおさまらないとのこと!

そして次のバスを待つべく、僕の横に並んでおられましたので
事情をお伺いした次第…(苦笑)

今日はなぜか不思議なくらい冷静に、こんなことをしゃべっていました。

『世の中、最近ヘンなヤツが多いので、気をつけた方がいいですよ!』

『そのバスにあわてて乗っていたら、つまづいて怪我をしていたかも…』

『何かの災いがあるかもしれないので、神様がそのバスに乗せなかった…』

『黒服のおっさんにきっと災いが…あなたの災難もいっしょにかぶりますよ…』

こんなお話しをしていると、みるみるうちにニッコリとした笑顔に…(ホッと)

聞いてもらって、気持ちがスカッとしてきたとおっしゃっていただきました。

実は、この会話、僕の心の中もスカッと、清々しく!

もちろん、僕の周りでもいいことなんてほんの少し(笑)

それでもこういうことがあって、優しさの波動を発信すると自分にも効果があるんですよね!

ちなみにこのご婦人、横に立っておられた若いお姉ちゃんにすぐ降りるから
あとは座ってね!とひと声、優しい言葉をかけられ、僕にもニッコリと会釈!

何でや!と怒っている、怒鳴っていることの多い僕ですが(笑)
“優しさの波動”っていいなあと思った瞬間です!

ちなみに僕が怒鳴っているのは、当たり前のことをやらない、
イチイチ指示しないといけない、何回も同じことを言わないといけない!等
至極当然なことをしないことを対象としています。誤解のないように(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-08-29 22:07 | Trackback | Comments(0)

伊藤和也さんに勲章を!

政府に今回、アフガニスタンで拉致され、殺害されたNPOスタッフの
伊藤和也さん
に、哀悼と業績に敬意を表する形で叙勲の検討を
お願いしたいと思います。

オリンピックで活躍した選手に贈る国民栄誉賞とは違う、
こういう草の根で活躍する国民に報いることも必要だと思います。

彼の志望動機が紹介されています!

これを読むと、本当に涙が出てきます(涙)

名誉や金銭も求めているのではなく、ただひたすら自分のできることで、
アフガニスタンを緑豊かな、平和な国にしたい!

子どもたちが将来、食料のことで困ることのないように
今、自分のできることでお役に立ちたい!

今どきの若者の中にもこういう素晴らしい人がいらっしゃるのです。

たぶん、ご両親の立派に教育されたのだと思います。

その点、タリバンの司令官やビン・ラディンは人の上に立つ資格はありませんね!

アメリカも悪いのかもしれませんが、自分の兵士たちにきちんと教育が
できていれば拉致しても、解放することができるはず!

アフガニスタンの民衆のために献身的な活動をしてくれる人を殺害するなんて…

タリバンやビン・ラディンはこの件について少なくとも過ちを認めて
しかるべき謝罪をしないと大義名分はないですね!
(あくまでタリバンやビン・ラディンの犯行であればですが…)
by mitsuketai | 2008-08-28 19:58 | 社会問題 | Trackback | Comments(0)

こんなキーワードを並べてみました!

創業480年、京都御所、後陽成天皇、「着綿」 (きせわた) 、「薄氷」(うすらい)
尾形光琳、菓寮、文庫、おもかげ、PARIS、CAFE…

こういったキーワードでとらやをお思いつく方はなかなかの和菓子通!

今回はその虎屋の“変わらない心、あたらしい心”を徹底的に
解剖したのが川島容子さんの虎屋ブランド物語
e0009772_20255375.jpg

とらやといえば和菓子屋さんですが、その真髄はなんといっても羊羹(ようかん)

羊羹(ようかん)のとらや、とらやの羊羹(ようかん)

つまり小豆を中心とした文化というしっかりした変わらない、ぶれない軸を持ちながら
その文化を長く、広く世界までに広げる新しい心を持った永続的和菓子文化提案企業! 

私がとらやの企業ドメインを定義するとしたらこんな感じかなあ…(ペコリ)

パリへの出店TORAYA CAFEの新しい取り組みばかりに
目が行きますが、しっかりと軸の部分は変えないで、新たな取り組みの
枠組みに挑戦することで、更なる深化をさせるところがスゴイところ!

伝統は革新の連続である!とさらっと言ってのける(苦笑)

小豆あんとチョコレートを融合させたあんペーストなんて抜群のセンス!

伝統にしがみついていてもダメだし、かといって今までの伝統で培ってきたものを
無視して、全く新しいものに向かうのも衰退や失敗へとつながってしまう。

創業以来480年もの間、時代の流れをうまく乗り切ってきたとらや!

パッと咲いて散る夜空の花火より、派手さはないがコツコツとぶれない力強さ!

企業の寿命が短くなってきた今こそ、とらやに学ぶこと多し(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-08-26 20:38 | おススメ本 | Trackback | Comments(0)

メルマガ近況!

以前、このブログでもお話ししたように、おいしいものお取り寄せ情報は
原則として、メルマガにてご紹介することにしています。

以前は週刊だったのですが、いったん休刊したあとの再開からは
隔週にさせていただいています。

実は週刊の頃は1ヶ月先まで原稿を作り貯めしておりました。

ところが最近は配信予定の前日日付ギリギリに出稿、配信手配!

その日遅くなる場合は、帰りの電車やバスの中で文を考えています。

ということで、いくつか用意しているネタの中からギリギリになって
これだ!と心情を発露したモノを一気に書くことにしています。

ですからもうあっと1週間くらいしかお取り寄せできない!という
アイテムや商品も出てきます。

自分勝手にコレは旬だと割り切っています(笑)

今回取り上げたのはこの写真のモノ!
e0009772_23542980.jpg

この時期に、ココまでうまいのがあったのか!感動をお伝えしています。

たぶん今週末まで時期的に商品があるかどうか?

気になる方はメルマガのバックナンバーをどうぞ⇒コチラをクリック!
by mitsuketai | 2008-08-25 23:55 | お取り寄せ | Trackback | Comments(0)

3割、5%主義! 

お世話になった上司Mさんからよく言われたのが、“仕事は3割バッター!”

当時トップからの“あれもこれも”と雨あられのような指示に(笑)
悩んで、つぶれそうになっていた時によく助けていただきました。

そんな時、急に外出することもしばしば!

しかも何の理由もなく、ただ!ただ!ヒートアップしていた僕の頭を
冷やすためだけの理由で、しかもお茶を飲みに行くために…(涙)

何もかも100%聞いてできる訳がない!
3割できれば十分、野球でもなかなか3割は打てないのに…!

これはホント、ありがたい格言ですね。

とりあえずは聞いても、そのうち3割に絞ることは大事!
何せ限られた能力で処理するのですから…

好球必打!優れたバッターは優れた選球眼を持つ。

3割のヒットのうちでも会心の当たりは全体の5%くらい!

ということは優れた選球眼(目利き)で全体の3割に
フォーカスして、さらに全体の5%の成功を目指す!

これが理想じゃないかなあと思います。

5%も成功できればスゴイこと!大半は1%、2%の成功もおぼつかないのが現状かな?

完全&完璧主義は大変で、かえって中途半端な結果に終わることに…
ましてや情報過多の現代にとってはなおさら!

これは指示する人間も聞く人間にとっても情報の選別は重要課題。

ズバリ!選択と集中ですよね!

案外、この世の中無駄なことが多いかもしれません(苦笑)

ITの進展による高度情報化社会、生き抜くためには“目利きの力”
“やり過ごす能力” “思い切って捨て去る勇気”が大事かも…(ペコリ)
e0009772_10343169.jpg

もっとも、そのために尻拭いに追われることのないようにしなければなりませんが…(笑)
by mitsuketai | 2008-08-24 09:54 | ビジネス | Trackback | Comments(2)

こんな面白い文章を見つけました!

日本では、あらゆる最新の技術不必要と思われる知恵を駆使して製作された、
24時間使用可能で熱中症予防に対応できる水・スポーツドリンク・茶飲料(RTD-tea)が
購入できる、循環型社会の原点であった江戸時代の人が見たら夢のような
スティール製の箱
(○○○)が全国にくまなく設置されています。


(○○○)の部分はあえてこういう形にしてみましたが、皆さんこの部分にどんな言葉を入れますか?

答えは自販機です。

この文章は関西いや内外の紅茶ファンなら知らない人はいない
堂島 ムジカの主人 堀江さんがお客様に配るA4 1枚の文章の一節!
e0009772_1830865.jpg

この文章が冒頭の部分から述べられること自体、堀江さんらしい愉快な表現!

続く文章では、茶を商い、消費する者にとって、今大切なのは原点に立って、
製茶されたものを、茶葉を直接湯を沸かして消費
することに尽きます。


便利さゆえに、マスメディアが大量発信する幻想的なイメージに翻弄され、
必要以上に消費されるペットボトル入りの茶飲料その結果として発生する
空のペットボトルの山
とそのリユースに投じられる無駄なエネルギーを嘆いておられます。

そんな中で魔法瓶や1回使った空のペットボトルに自宅で淹れたお茶や紅茶を
詰めてくる人が増えてきたことや魔法瓶メーカーがサポーターになって
魔法瓶や容器を持参すれば本物のお茶を、安価で補給してもらえる給茶スポット

町のお茶屋さんが全国的に展開されたことに賢い消費者の気づきの芽生えを論じておられます。

ホントそうなんですよ!お茶は淹れるものであって、入れるものではありません!

便利さだけでペットボトルのお茶ばかりに頼らず、お茶を淹れる伝統文化を
大切にしなければならないと思いませんか?

お茶の葉っぱを一切購入しない!お茶を淹れたことがない…これは嘆かわしいこと!

急須やティーポットでお茶を淹れる、この当たり前のことを伝えていかなければ…
e0009772_18304568.jpg

そして沸かした湯で茶葉から淹れたお茶を水筒に入れて持ち歩く水筒の文化!

水筒が魔法瓶になっても本質的には変わらず、使い捨てではない循環型!

自販機からペットボトルのお茶を買っても人間味というかヒューマンタッチが無い(苦笑)

ペットボトルの原材料である石油がなくなったら、缶の原材料である鉄やアルミがなくなったら
夢のようなスティール製の箱も見るも無残な残骸になってしまう(苦笑)

水筒や魔法瓶を持ち歩く、安価で特産のお茶や身体に優しい飲み物を補給してくれる仕組み!
これを比較的こじんまりとした地域で徹底的な実験してみてはいかがですか?

今のところはポツポツとある程度ですから、こういうのが街全体にあると
ウォーキングや観光は楽しくなるかもしれません!

それを全国いや世界レベルに広めれば、スゴイことになると思いますよ(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-08-23 18:30 | ウラを読み解く? | Trackback | Comments(0)

日本男子4×100Mリレー、やりましたね!銅メダルおめでとう!

ところでオリンピック、どうしてもメダルに注目が集まりますが、
参加するだけでも立派だと思います。

何せ日本で選ばれて、参加予選で勝たないと、参加標準記録をクリアーしないと
オリンピックには出場できないわけですから…

メジャーな競技はさておき、マイナーな競技は遠征費用も
自分で稼がないと何もできない中でがんばって出場される。

4年間全てを犠牲にして、ひとつの目標に向かって日々鍛錬の毎日!

これは誰にでもできることじゃありませんよね!

ストイックな生活を続けながら、たった数名しか参加の栄誉に浴さない!

今回の日本男子4×100Mリレー、特に朝原選手は何回も悔しい思いをしながら
ストイックな競技生活を、ひたすら自分の可能性を信じての栄誉。

このひたすら自分の可能性を信じる、そしてその結果、オリンピックに参加する。

だからクーベルタン男爵のおっしゃる“参加することに意義がある!”に意味がある!

オリンピックとは“参加することに意義がある!”これに尽きると思います。

メダルを取れた選手も、思った結果にたどりつかなかった選手にも“ありがとう”と
申し上げたいし、お疲れ様と申し上げたい!
by mitsuketai | 2008-08-22 23:58 | 教え | Trackback | Comments(4)

今日は北京オリンピックの野球準決勝残念でした!

昨日のソフトボール!2回アメリカに負けて、3度目の正直で金メダル!

その勢いで期待していたのですが…

ちょうど2時くらいから仕事先で打合せ!

打合せ入る前は2対1で日本リード!

そして1時間の打合せの後、テレビで観戦しようと思ったらもう中継は終わっていました…

結果を聞くと、まさかの6対2での逆転負け(泣)

まあ色々とあるのがオリンピック!

それでも巨人でサボっておきながらホームランを打つか(怒)

阪神ファンでも巨人の給料泥棒には腹が立ちます!

先日のブログで星野ジャパンの金メダルを予想していたので
その点については謝罪をしたいと思います!

予想を間違えまして、ごめんなさい(ペコリ)

明日の3位決定戦は気を取り直して星野ジャパンの野球を存分に
見せていただきたいと思います。
by mitsuketai | 2008-08-22 22:30 | ウラを読み解く? | Trackback(1) | Comments(0)