<   2008年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

思い込み症候群という症例がまん延しています!

決まりとして確定していることが担当者の勝手な思い込みによって否定される。
⇒きっちり調べていくと規定があった。

当然届いているはずの書類が届いていないと言い張る。
⇒全て経路を調べていくと届いていたのを忘れていたことが発覚。

支払う必要のない二重請求がなされていて、担当者は二重請求であることを認めない!
⇒記録を丹念に調べていくと、二重請求であることが判明

ある期日を指定して双方履行の確認をしておきながら、
その直前に確認を入れると忘れておられ、おまけに自分の保身から
立場を利用して日程変更や破棄を申し入れてくる。
⇒否定した本人との記録のやりとりが確認できた。

その他同様の事例が多発しています(困)

しかも全てその仕事で代金を頂戴しているプロの行いばかり!

性質(たち)の悪いことに、自分は正しかったという強い思い込み(苦笑)
当の本人は詫びるどころか悪びれる様子もない。

正直者がかえって心を痛めながら、咎(とが)めなければならない異常な状態(困)

皆さんの身の回りでもこんなこと起こっていませんか?
e0009772_18182421.jpg

指摘を受けて非を認め、お詫びするとともに反省として生かす…これは失敗として許される。

指摘を受けても調べもせずに、自分の思い込みを押し付ける…これはいわば犯罪に等しい。

いつも申し上げるように、これは0か1か、○か×かの二者択一化してきている
デジタル化現象の弊害。

なぜ0なのか1なのか、どの点が○でどの点が×かを多角的に考えることが
学校教育でも家庭教育でも職場教育で欠けているのも一因。

その場は自分の思い込みを押し通しても、必ずその思い込みが
自らに不幸として降りかかってくることがあるかもしれません。

少しおかしいなあと感じたら自分が納得するまで調べる、専門家に聞く。
⇒これは思い込み症候群の最大の予防方法。

こちらがおかしいと思ったことを指摘して、思い込みできっぱり否定された場合
…ありとあらゆる角度から質問をぶつけて相手に色々と考えさせる。

⇒相手もおかしいなあと感じて、答えに詰まったら思い込み症候群を脱するかも

百匹目の猿現象じゃありませんが、おそらくこの症状あちこちでまん延していると
思いますので、皆さんに緊急告知させていただきました。

もちろん、一切関係ない、大丈夫とおっしゃられる方には耳障りですが(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-30 20:58 | 情報発信 | Trackback | Comments(2)

“だんだん”始まる!

NHK 朝の連続テレビ小説だんだんが始まりました。

あのふたりっ子マナカナが今度はダブルヒロインに…

ふたりっ子の時には朝BSで7:30分からの15分間を見終わってから
ダッシュしてバス停に駆け込んでいました(笑)

今日も7:45分の15分間を見終わってから猛ダッシュです。

今回の舞台は松江と京都。

まあ、京都と言っても祇園のお座敷にはとんと関係はございませんが(笑)

松江も大好きな街のひとつで、今朝テレビに出てきた堀川の遊覧船も
出雲大社も宍道湖のシジミ汁もついでに仁多米や和菓子の数々。

松江は駅前は何にもありませんが(強いて言えば一畑百貨店くらいかな)、
少し歩くと堀川端は街歩きにはうってつけの場所です。

そういえば、萩も高山も京都も岡山も駅から少しいくとお城が
あったり、史跡があったり、べんがら格子の町並みがあります。

そういう街歩きができるところの共通点はおいしいお菓子屋さんや
酒蔵や喫茶店や文具雑貨などの店が結構あるものです。

ふらっと立ち寄って、食べ歩きしながら、店を覗きながら
ふと気がついてみると結構な歩数を知らず知らずのうちに
歩いていることになるのです。

ここまで書いてくると、あのカステラあの和菓子も腹の虫に
語りかけてきました(苦笑)
e0009772_21522974.jpg

だんだんを見ていて、どこまで腹の虫が我慢してくれるのかなあ(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-29 21:58 | 諸国漫遊 | Trackback | Comments(0)

桃太郎トマト

今朝、NHKのビジネス新伝説 ルソンの壷で京都のタキイ種苗が紹介されていました。

ご存知のように、日本における種苗のトップ企業。

番組でも触れていましたが、皆さんが日頃召し上がっておられる
桃太郎トマトはタキイ種苗のヒット商品。
e0009772_1233392.jpg

桃太郎の中にもいくつかの品種があるのですが、今や
全トマトの70%を占めるのがこの桃太郎品種。

実は、タキイ種苗がお客様である農家に新品種のトマトを
使ったジュースを来場者に試飲させる目的で開発の話があり、
滋賀県 湖南市にある広大なタキイ種苗の農場にお邪魔したことがあります。

甲子園球場が17個すっぽり入る広さ!

どこからどこまでが敷地ですか?と質問させていただいたところ
あの山とこの山に囲まれたところが敷地です(笑)

本当に壮大なスケールで大学のキャンパスより大きいくらい(驚)
しかも農家の子弟を教育するための授業料無料の園芸学校まであります。

種苗メーカーの品種改良はある作物に別の作物の花粉を受粉させる
交配活動によって、採種を行い、さらにその種を使って栽培した作物を
交配させ採種を行い…この作業が延々と続くわけです。

桃太郎トマトの特徴は輸送に耐えられるように外の皮はしっかり、
その反面、中身は完熟、しかも食味も改良、品種改良が完了するまでに
なんと16年かかったそうです。

そりゃ遺伝子組み換えの技術を使えば、期間も短縮でき、簡単かもしれません。

ただ、受粉作業の繰り返しという自然の営みに近い品種改良の方が
結果的には強い、永続性のある品種ができるのではと推測しています。
e0009772_12373684.jpg

遺伝子組み換えを推奨する学者先生からはお叱りを受けるかもしれませんが、
自然の営みに近い交配の結果として生まれるものには自然の摂理に
合っているように思えるのです!

遺伝子組み換えは安全と言われても、遺伝子だけを無理やり取り出して
交配したものについては、現在の理論だけでは分からない弊害が
将来、起こるような気がしてならないのです。

この広大な敷地や人間の手による交配の結果としての育種、
これからも大事にしていただきたいものです。
e0009772_12382686.jpg

そうしないと日本の農業もモンサントみたいな巨大アグリビジネスの
遺伝子組み換え種苗に牛耳られるかもしれないですよ(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-28 12:22 | 野菜のソムリエ | Trackback | Comments(0)

勘どころをつかむ。

ヤマ感とか第六感というと一見胡散(うさん)臭いように聞こえます!

何でもかんでも分析数値に頼ろうとする傾向が強くなっています。

きちんと数値でとらえた方が科学的だから…たぶんそんな理由からだと思います。

確かにヤマ感とか“なんとなく”だけでは判断を誤まることもあり、
実際に数値で計測してみると“思ったほどでもなかった”という場合も…

しかしながら、数値さえ分析すれば万能か!と言えば実際は違います。

食品の世界にたとえれば、数値分析と並んで大事なのが官能検査。

●まずは匂いを嗅いだり、色調を見て、その異常に気づく!
●手でさわってみたり、かき混ぜてみたり、箸で崩してみたりして状態を確かめる。
●実際に試飲・試食して舌=ベロメーターで数値に表れない微妙な差を見極める。

コーヒーや紅茶の世界ではテイスターと呼ばれる味の鑑定人が
節制した生活を送りながら、日々数値に表れない微妙な違いを五感でチェック!

そして少しでも差異があれば、徹底して原因を突き止めていく。

昔のお医者さんは聴診器1本で異常を発見し、経験に裏打ちされた
勘どころからさらに必要な精密検査を行って、原因を突き止め、処置を行う。

ところが最近は聴診器より各種の検査機器による数値を重用する。
まずはありとあらゆる検査をして、その上でも判断できないことも多いと聞く。

まあ、聴診器がホコリをかぶっているお医者さんなんて聞いたことはありませんが…(苦笑)

異常なことだらけの世の中で、自分の身を守ろうとすると、退化してしまった
この勘どころを鍛えて、救いを求めることが大事だと思います。

何より、五感を鍛えて、自分の尺度で選択できる眼力を持つことが大切!

食品の味の面でも、はっきりした味や派手な味はいわば添加物という
もので飾られた味で、そのものの味の本質が分からないこともあります。

人間でも派手なアドバルーンをあげたり、安物のそば屋のエビ天みたいに
自分のみせかけを大きく見せているところは勘どころで見破らないと…

まあ、派手なものや耳に聞こえのいい言葉はまずは検証してみることでしょうね…

そういった意味においても“勘どころ”って大事だなあと思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-27 15:38 | 教え | Trackback | Comments(2)

嵐の真っ只中!

今日も移動最中に乗車した電車が止まるのでは?と思うくらい(笑)

雷は落ちる、バケツいやプールをひっくり返したようなゲリラ的豪雨。

しかしながら、目的地に着くころには小降りになるだろうなあ…

ひとつは僕自身が徹底した晴れ男。晴れ男ビジネスなんてやろうかなあ(苦笑)

もうひとつは、嵐の真っ只中に居るということはそこから少し移動するか
それとも時間が経つと嵐の度合いも緩くなってくるはず!と予測。

山あれば谷あり、谷あれば山ありですよね!

調子の悪い時にはかえって前向きに、調子のいい時はふんどしを締める。

大多数が賛成するようになったら物事も終わり、賛成が少ないから成功の確率も高い。

人の行く裏道に花山あり…

人間ってこういうことが分かっていながら、真っ只中に居ると前後が見えなくなります。

嵐の真っ只中に居るなあと思ったら、嵐が過ぎ去るのをじっと待って、
ここがチャンスと見たら、帆をあげて風を読む!

まさに、待てば海路の日和あり、

風を読むにはひたすら勉強、それも生きた勉強かなあと…(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-26 23:58 | ラッキー | Trackback | Comments(0)

最近、JR大阪駅構内にあるパン屋さん、クックハウスをよく利用します。
e0009772_2235187.gif

店員さんの応対もいいし、もちろんパンも美味しい!

その中でも1、2位の売上を争うのがとろ~りクリームパン。
e0009772_2294353.jpg

最近、話題のグルメリポーター風に表現すると
天然酵母パンとシュークリームの相合傘や~!

天然酵母のパンらしくもっちりしている生地に
シュークリームっぽいカスタードクリームの相性が最高です。

このカスタードクリーム、色を見ていただいても
添加物や着色料など使っていない本格派。
e0009772_22103534.jpg

大阪市内にもいくつか店舗があります。

このとろ~りクリームパン、皆さんも機会があれば
お試しになられてはいかがでしょうか(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-25 21:58 | おいしいパン | Trackback | Comments(0)

ソーライスと宝塚

ソーライスって言葉をご存知ですか?

ソースライスの略称で、ライスにウスターソースをかけて食べるだけのメニュー

昭和恐慌真っ只中の昭和5年頃、大阪梅田の阪急百貨店 大食堂で
当時5銭のライスだけを注文して、卓上に置いてあるウスターソースを
かけて食べるお客が学生を中心に連日押し寄せたことでも有名。
e0009772_22375940.jpg

その際に、阪急グループの創始者 小林一三翁のとった行動とは…

ライスだけのお客様を歓迎します!という貼り紙を出し、さらにライスに
福神漬まで付けるサービスを行ったのです!

街なかにはライスだけの注文お断りの貼り紙が横行する中で…

大半の従業員が反対する中でなぜ?

その理由とは『確かに彼らは今は貧乏だ。しかしやがて結婚して子どもを産む。
そのときここで楽しく食事をしたことを思い出し、家族を連れてまた来てくれるだろう!』

実際、その時ソーライスを食べていた学生の中から多くの財界の重鎮が輩出され、
偉くなってからもあえて、当時のソーライスを注文し、中には御礼の意味もこめて
わざと高い代金をそっと置いていた方もおられたとか(ペコリ)

宝塚歌劇が来年の公演からさらに料金を上げるという!
e0009772_22395459.jpg

知人のうら若き女性が最近、初めて宝塚をご覧になられた。

座席は2階のB席で3,500円だが、十分楽しかったとのこと。
大劇場はいい匂いの空気が流れ、舞台が終わったあと晴れやかな気持ちに…

よかった、よかったと賛辞のあと、3,500円の席でも十分楽しめた、また観にいきたい!

これが、ファン獲得、リピーターとしてのお客様につながると思うんですが…

実は、今の大劇場が出来る前の大劇場の料金はそんなに高くなかったのです。
少なくともSS席なんて高い席はなかったし、A席、B席といった安い席の割合も
多かったと思います。

小林一三翁の演劇観は、演劇が一部の特権階級の娯楽ではなく、
良いものを広く大衆に、安い料金で見せるために宝塚大劇場の
座席数を増やし、大衆に歌劇の楽しみを広めていったはず!

今の高い料金を払って観劇されておられる奥様方も若い頃は
安い料金の座席で何回も楽しんでこられたからこそ、今もファンで
いらっしゃると思うのです。

宅地分譲しかり、百貨店しかり、宝塚しかり、いくら時代の流れとはいえ、
目先のお客様だけでなく、未来のお客様を大事にしないと必ずしっぺ返しが
来るように思います。

最近、仕事の関係でよく花の道にある、小林一三翁の銅像の前を通りますが、
はてさてどのようにお考えだろうか?可能であればお伺いしたいと思っています(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-24 22:48 | OH!タカラヅカ | Trackback | Comments(2)

今回のメラミン混入ミルク問題、ホント腹立たしいですね!

特に粉ミルクへの混入なんてもってのほか。

腎臓結石の痛みって経験者には分かるけれど相当なもの。

それをあの小さな乳幼児に負わせるなんてヒドイ!

ミルクに水増しするだけでも道義的に問題があるのに、
その分を偽装するために工業用のメラミンを使うとは言語道断。

メラミンはホルムアルデヒドと反応させれば、食器などで
よく聞くメラミン樹脂の原料になってしまうのです。

こんなことを書いていると、ふと思い出したのが自分自身のこと!

以前書いた北京出張まで腎臓結石と無縁だったのに、
帰国してから1ケ月たった頃にはじめて発症したのです。


最近は毎年1回 夏場にチェックしていますが以前は
まるでオリンピックのように4年に1回くらい…

食事はホテル、展覧会会場内の外国人対象のレストラン、
そして人民大会堂のレセプション…

昭和62年の夏でしたが、あの当時からメラミンで水増しされていたのかなあ…

ミルクを水増ししてその分、メラミンを添加してごまかす背景には
たんぱく質の量を窒素の量に換算して測定することに問題がありそう。

メラミンは窒素と水素と炭素の化合物で、窒素が多いため
その分でごまかしが効きやすいとか…

化学の知識もここまで悪用されると、誰か化学の専門家が
この偽装に加担しているのではと思います。

偽装した者、偽装に加担した者を草の根分けても探し出し、
来る日来る日も3食+おやつの時に特製メラミンミルクを
飲み続けさせ、苦しみを罰として体験させてみてはどうだろうか(ペコリ)

↓下の記事、昨日作成したものをアップを忘れていたのに気づきました、ご覧下さい!
by mitsuketai | 2008-09-23 20:38 | 食の安全&表示 | Trackback | Comments(0)

オランダパンケーキ協会

大阪市北区のオランダ家庭料理の店『アウデ・カース』さんからこんなハガキをいただきました!
e0009772_21273259.jpg

10ユーロのパンケーキ(パンネンクーケン)を注文するとオランダで
家のない人々やボランティア活動をする人々の教育のために
1ユーロ寄付される仕組みです。

このボランティア活動に寄付するキャンペーンの主催は日本オランダパンケーキ協会

なんとその会長が『アウデ・カース』オーナーの富岡 喜久夫さん。

以前、一度ランチでお伺いして、色々とお話しして以来、
律儀にご案内をいただけることに感謝しています。

オランダのパンケーキというのは皆さんのご想像していらっしゃる
ホットケーキタイプのパンケーキとは少し違います。

正式にはパンネンクーケン、ココをクリックしてご覧下さい!

こういう活動って素晴らしいなあ!と思います。

自分たちも美味しく食べて、その一部がボランティア活動の資金に寄付される仕組み

そういえば、昔の実業家は事業に成功を修めたら、何がしかの寄付をされるのが
ステータスみないなものがありました。

バンカーとしての銀行家もこれだ!と見込んだ事業や実業家には
物心両面で援助してきたのは近代史を見れば理解できます。

晴れた日には傘を貸して、雨の日は傘をかっさらっていく
…そんな風に揶揄された銀行もありますが、金貸しと変わりなく、
もはやバンカーではなく金融屋、その割に莫大な損失を出すから
これまたこっけいなのかもしれません。

利益をひとりじめにしたり、世間の手前やビジネス上の優位性のために
目立つ寄付行為をする事業家はあまり感心できません。

寄付というのは自分を成功に導いてくれた社会に対する御礼だと思います。

ただ、成功はしていなくても足なが育英会等のきちんとした募金に
わずかの小銭でも協力させていただくことも素晴らしいと思います。
(今の隊長にはそれぐらいしかできませんが…苦笑)

わずかな、できる金額から少しでも寄付するっていいことだなあ!と…(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-22 23:17 | 情報発信 | Trackback | Comments(0)

Yuzo SAEKI

大阪が生んだ天才洋画家 佐伯祐三の展覧会 佐伯祐三展
天王寺公園内の大阪市立美術館で開催されています。
e0009772_18405442.jpg

わずか30年の生涯の中で、これほど多くの絵画を
残していることには驚嘆以外の言葉は見当たりません。

佐伯祐三の代表作といえば、カフェレストランや郵便配達夫が
有名ですが、いずれも最後の3ケ月くらいに描かれた作品なんですね!
e0009772_18463694.jpg

(※画像は大阪市立美術館のサイトから拝借しております)

初期の作品や1回目の渡仏の頃や帰国した時の作風は
色使いも暗く、人物が描かれていなかったり、描かれていても
無表情なものが多い気がします。

それが1927年の再渡仏から翌年亡くなるまでのパリ時代の
作品はパッと明るくなる作品や絵画のひとつひとつの描写に
嬉々としたイキイキ感を感じるのは私だけでしょうか?

人それぞれ感じるものがあるのも美術展のいいところ!

ところで天王寺公園、学生時代は友人とよく行ったところでしたが
最近は前は通るものの随分ご無沙汰でした!
e0009772_18434997.jpg

以前はホームレスの人がカラオケをしたり、住んでいたりしていたのを
行政代執行で強制撤去されるニュースが全国に流れていました。

今は、入場料が必要となり、その分すっかりきれいになりました。
e0009772_1842582.jpg

大阪市立美術館は昔からありますが、改めてみると立派な建造物です。
e0009772_1842454.jpg

中ノ島に近代美術館を作る構想も進んでいますが、はてさて必要かなあと…(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-21 18:48 | アート | Trackback | Comments(6)