<   2009年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

大阪府 箕面市の倉田市長のブログを拝見していたら、こんなタイトルが…

そのタイトルが、スイーツの聖地・箕面

緑と自然に抱かれた閑静な住宅街としてのイメージの認知度が高いのですが
(下の画像は箕面物語のホームページから拝借させていただきました)
e0009772_13104753.gif

倉田市長もご紹介されていたように箕面には魅力あるスイーツの店
キラ星のごとく、がんばっておられることは皆さんもご存知の通り。

もちろん、洋菓子だけでなく、かむろのような和菓子のいい店もある。
e0009772_134853.jpg

僕はかねがねスイーツはその地域の文化のバロメーターだと思っている。

なぜなら、住民の洗練された舌という洗礼(苦笑)を受けて生き残っているからである。

松江のお菓子金沢の和菓子の文化も城下町時代からの培ってきた食文化の蓄積。
e0009772_13533760.jpg

それを市長がリーダーシップを取って、市役所をあげて売り込む意気込みはスゴイ!

武雄市の樋渡市長三条市の国定市長もそれぞれの地域特産品の
トップセールスをされておられる、つまりそんな時代になってきたのである。

長崎の雲仙市では市役所職員からなるスイーツ調査隊がスイーツマップまで作成している。

行政が地域の民間企業の宣伝の手助けをするなんて…

そんな意見があるかもしれないが、そんなことを言っていてはもはや時代遅れ(苦笑)

地域に来ていただいたお客様には、地元でしか買うことができないお土産、
とりわけスイーツの重要性は高いものがある。

地元の産物が有名になることで、来訪する人々が増え、地元企業が
潤うことで自然と税収も増え、地域住民の生活も向上する。

人間は何より評価されると、俄然ヤル気になってくる…これも大事なポイント!

行政が地元業者の製品を積極的にPRするという機運が起こってくると、
それぞれの業者が自分のところの商品を取り上げてもらおうと切磋琢磨する。

それを行政は記者会見をしてパブリシティーに取り上げてPRしたり、
場合によっては事業高度化資金の相談に応じたり、試験機関や
大学との産学協同の橋渡しをしたり…

その行政本来の機能を十分に生かそうとしても、多くの自治体や行政機関と
民間業者との間の敷居がまだまだ高いのが現状である。

その敷居をまたぎやすく、風穴をあけるべく、武雄市の樋渡市長三条市の国定市長
箕面の倉田市長も地元特産物の開発とトップセールスを垂範されていると思う。

この3市長、それぞれ当時の全国最年少市長記録を更新され、ともに連携されている。

今、京阪神の各地は新型インフルエンザの問題で消費が落ち込み、売り上げが激減(困)

こんな時期だから余計に、ボヤボヤしている他の自治体には一考していただきたいものである(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-05-31 13:58 | まちおこし | Trackback | Comments(0)

禁煙拡大 大歓迎!

JRの特急や在来線のホームでの禁煙化が進んでいます。
e0009772_18484966.jpg

この運動は大歓迎ですし、当たり前だと思います。いや遅すぎた感があるかなあ!

吸わない権利もあれば、吸う権利もあるのではないか?

自己決定権として吸う権利はあるはず!

確かにその部分だけをとれば、まことしやかに聞こえます(笑)

それは他人、つまり吸わない人の嫌煙に対する権利を侵害せず、
また伏流煙による健康被害を及ぼさないという範囲において有効だと思いませんか?

これは喫煙に限ったことではなく、あらゆる権利は相手の人権や権利を
損なうような場合は、権利の濫用と言わざるを得ないのです。

たぶん、JRの特急や在来線ホームの喫煙についても最初は
一定のスペースでの喫煙は許されていたと思います。

それが全面禁煙化になったり、千代田区のようにポイ捨て禁止条例制定までに
進展するのは、一部において喫煙者の吸わない人や環境美化の維持に
活動している人々の人権や権利に対する配慮がなく、改善の様子が
見られないからだと思います。

そうなってくると、禁止=○○をしてはいけない!という強い規制にせざるを得ません。

他人の権利を侵害せず、他者に十分配慮してはじめて権利は行使できるはずです。

新型インフルエンザであれほど、咳エチケットが叫ばれているのに、
全然守られていないことを見ると、日本人全体の品格自体も疑われます。

権利には義務を伴う!

義務を十分に果たしておられるのならば、ご自由に、思う存分楽しんでいただいたらと思います(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-05-30 18:48 | 社会問題 | Trackback | Comments(0)

スーパー相談員!

昨日、参議院で消費者問題特別委員会があり、NHKでテレビ中継が行われていました。
e0009772_22192738.jpg

たまたまその時間、テレビを見ていたのですが、発言されていたある参考人の姿に
眼が釘づけになっていました。

その方は滋賀県野洲市で長年非常勤職員として消費者相談にあたってきて、
正規職員(市民部市民課市民生活相談室主査)となった生水(しょうづ)裕美さん。


ご存知の方もいらっしゃると思いますが、知る人ぞ知る、消費者相談の女神!

途中から見たので、参考人と聞いて、最初は大学の教授か
中央省庁のキャリア官僚と思うくらい、堂々と現場の意見と
今の制度の不備について発言されておられました。

気になったのでインターネットで調べたり、参議院の動画中継をネットで見ました。

※参議院の動画中継は、ココをクリックして、民主党の松井孝治議員の動画をご覧下さい。

いや、久々にしびれました!麻生総理にも堂々と渡り合っておられる。

それもそのはず、多重債務に苦しんでいる人のため、あらゆる垣根や障害を
ものともせず、次々と行動されている実績を見れば、うなづけます。


生水さんを拝見していてスゴイなあと思ったのは、まず仕事というか使命ありき!

自分の使命を果たすために、ありとあらゆる手を尽くす!

『私の担当ではありません!』という言葉はこの人にはまず当てはまらない!

金融庁から自治体向けに説明ビデオを作るけど、予算がないので
ボランティアでの出演依頼まで引き受けるほど、あらゆる方面から
信頼を受け、何ごともエネルギッシュ!

その生き様が今回の参考人として総理や閣僚、並み居る国会議員の先生方や
官僚を目の前にしても、物怖じせず、何が問題で、何が大切かをビシッと!

こんな素晴らしい人、このままにしておくのはもったいない!と
この中継を見て感じた人はたくさんいらっしゃるに違いない(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-05-29 21:56 | 偉大なる人々 | Trackback | Comments(0)

ほんまもんの果物専門店

専門店の強みとは何か?その答えはズバリ目利きだと思います。

品揃えというキーワード、この言葉の持つ意味は色々とあると思います。

あらゆる種類と価格帯の商品をそろえた幅広い品揃えもあれば、
ある特定の商品については全ての商品を揃えているとか…

お客様のニーズとの関係で品揃えは決まると思うので、
ケース・バイ・ケースで定義は変わってくると思います。

では専門店の品揃えを考えると、種類の多さより、
この商品ならコレ!という目利きが選んだモノが
あることだと思います。

フルーツについては、おいしいもの見つけ隊では
直接お取り寄せできる農家や生産者を紹介しております。

ところが、ここだけは外せないという果物専門店があります。

それが宮城県 仙台市にある有名な果物専門店 いたがきさん!

ホームページやメルマガでもフルーツタルトすいかをご紹介しました。
e0009772_17494832.jpg

ここは通常の流通市場とは別に、独自に生産者とのパイプも持っておられます。

仙台では三越百貨店にも店舗があり、市内各所にも店舗があります。

しかも、その素晴らしい目利きで、今のところ品質で期待を裏切ったことはありません。

その上、価格もリーズナブル!

これはきちっと社員教育にも、商品開発にも投資を惜しんでいないからできるのだと思います。

敢えて不便を感じるとしたら、大阪から離れているので若干送料がかかることくらい(笑)

ただ品数だけ多く、果物を並べているだけで、果物専門店と称しているところも結構あります。

価格が高いだけで高級果物専門店を名乗っているところもあります。

それどころか、突然価格がべら棒に高くなる果物専門店もあります(苦笑)

値段がべら棒に高いのであれば、正直、優秀な専門店とはいえません。

お客様が価格の分だけ満足したのであれば、それはそれで正解ですが、
同じ品質のモノを適正な利潤でもって提供でき、ビジネスとして成り立っている
ところと比較して、お互いヒケをとらないようであれば、優秀な専門店だと思います。

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-05-28 21:38 | 野菜のソムリエ | Trackback | Comments(2)

以前から一度入ってみたいなあと思っていたのが、本町のガスビル食堂

ご存知、関西を代表する企業でもある、大阪ガス本社の8階にある食堂です。

僕でも入れるので、一般の方もご利用いただけます。

あるプレゼンに向けて、ラッピング等の材料調達に本町のシモジマまで、
デザインをお願いしているスタッフと行ったので、いい機会だと思って入ってみました。

さすがガスビル食堂!11:30分のオープン前には別室の広い応接室で待ちます。

いや、もうゴージャスのひとことですね!

それと年配の偉いさん方が食事されるところで、少々ビビッてはいましたが…(苦笑)

まるで華麗なる一族に出てくるような、古きよき昭和のモダニズムを感じます。

ここの売りはやはり、デミグラスソース!

簡単に食事を済まそうと思って、ハヤシライスかオムライスか?と迷いましたが、
結局はオムライスを注文。

デミグラスソースは、上品なコクを感じる味わいです。
e0009772_021447.jpg

雰囲気も味の面もグッド!ただオムライスで1,785円、やはりお値段はそれなりに…

今、取り組んでいるプロジェクトに向けてのプレゼン成功と
その成果が出たら、改めてプチ贅沢のメニューを注文したいと思っています(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-05-27 23:58 | おいしい逸品 | Trackback | Comments(0)

グローカルって言葉、最近よく耳にしませんか?

「グローバル」(=GLOBAL・地球的という意味)と
「ローカル」(=LOCAL・地方的、地域的という意味)を
掛け合わせた造語だそうです。

ひと言で言えば、「グローバルに考え、ローカルに行動しよう!」

これでは、抽象的かなあと思っています。

もっと端的に考えて、都市部への一極集中打破、とりわけ東京集中打破!
と考えた方が分かりやすいかのなあと…

何でもかんでも東京に進出すればいい!という考えを捨て去るようなことだと思います。

霞ヶ関に権限が集中し、何でもかんでも東京へ集中するから
人も、ビジネスも、資金も集中してしまう。

昔は江戸時代の名残りから、政治は東京、経済は大阪だったのが
すっかり大阪の影が薄くなって、本社を東京へ移転する例があとを絶たない。

おまけに関西の経営者も大阪に元気がない!とまるで他人事のように
おっしゃって大阪から脱出していこうとされておられる(苦笑)
e0009772_0452039.jpg

何か大阪にしかない、全世界が垂涎の的になるようなモノや仕組みで、
『欲しかったら、教えて欲しかったら、大阪に来たらどうだ!』という
男気のある人が雨後のタケノコのように出てきたら、面白いのになあ…

これと同じように、世界にココにしかないという技術やアイデアを持つ企業が
日本各地に点在して、自然豊かな風景と快適な住環境で研究者を招聘したり、
雇用環境を整えるということが、これから必要になってくると思う。

そもそも、東京だって、生粋の江戸っ子なんて全人口の何分の一かで、
いわば、各地から色々な才能を持った人を集めているにすぎない!

聞くところによると、東京の銀座には白いバラというキャバレーがあって
壁には、大きな日本地図が描かれており、各都道府県別に在籍している
ホステスの名が刻まれているとか…

これが各地から人を集めている、東京の縮図をうまく表しているのかも…

東京が優れていて、大阪も含め、他の地域が決して劣っているのではない。

ということは各地域から優秀な人間が生まれてこないと、
そもそも東京にもその成長に限界が出てきてもおかしくないはず。

そのことに一番気づいているのは、東京大学ではなかろうか?

地方公立高校からの入学者が増えたり地方で入試説明会をしたり…

日本各地の多様な地方文化の地域で育った、優秀な人材を集めないと、
単一的な発想と存在になって機能が低下するのだろう。

逆に、これを逆手に取って、地方大学でも世界的な企業の研究部門を
引っ張ってきて、そこでしか学べない研究学術体制にしてしまえば面白い。

各地の優秀な人材は地元で進学し、多様な人材を育む。

そして『欲しかったら、教えて欲しかったら、こっちに来たらどうだ!』

究極は世界の人々が東京を素通りして、目的の地方に行ってしまうなんて、愉快痛快(笑)

そんなことが各地で起きていったら、真の意味でグローカルという言葉が定着するのでは…(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-05-26 23:58 | まちおこし | Trackback | Comments(0)

辞書引き学習法!

辞書引き学習法ってご存知ですか?

要するに国語辞典を1冊手元において、分からない言葉が出てきたら
辞書を引いて、そこに付箋(ふせん)を貼って、メモするだけの学習法。

辞書引き学習法について詳しい情報はここをクリック!

この学習法の生みの親は立命館小学校の校長先生 深谷圭助さん!

著書 7歳から「辞書」を引いて頭をきたえるがベストセラーになり、
辞書の売り上げが減少するなか、小学校低学年向けの国語辞典の
売り上げは急増しているというニュースもあるくらい!

e0009772_0265295.jpg

確か、昔我々が小中学生の頃、国語の予習で意味調べっていうのをやっていたはず。

それが今やこんな形で、しかも手間をかけずにシステマチックな方法に…(笑)

言葉を覚える7歳くらいにはうってつけの方法だし、この頃から分からないことが
あれば、調べるという態度を身につけさせるのはいいことだと思う。

人生いつまでも勉強、分からないことがあれば即座に調べる。

この態度って小さいときに身につけておくと、意外に役立つと思う。

その点、パソコンとインターネットの普及で便利になった。

ちなみに僕は色んな講義を聞くときでもキーワードをノートして
矢印や記号を駆使することにしている。

あとはキーワードをパソコンで調べ、コピーペーストして、キーワードで
できた骸骨(スケルトン)に貼り付ける作業をメモパッドで行い、パソコンにデータ保存。

新聞やテレビでおいしいもの情報や仕事に役立つ情報は同じようにメモパッドで
記録して、パソコンにデータ保存。

おいしいもの探しにはこのデータの積み重ね作業が何よりも大切。

時にデータの整理が苦手で、データが重過ぎてパソコンのご機嫌が悪いこともある(笑)

そうか!自分に仕事が重なって洪水のように押し寄せてくると
パソコンの気持ちも痛いほど分かるが、それものど元すぎれば…(困)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-05-25 23:58 | 情報発信 | Trackback | Comments(0)

神戸や京都といった観光地は新型インフルエンザで大きな打撃を受けています。

そんな中で、有馬温泉のこんな活動が話題になっています。
e0009772_2158453.jpg

有馬温泉 厄除け 元気アップ クリーンアップ 大作戦 愛称「アップアップ作戦」

24日(日)~26日(火)の3日間、温泉街全体で大掃除をされるイベントを実施。

有馬温泉全体で今月だけも2億円売り上げ減少だとか…
e0009772_2203540.jpg

大阪、神戸の奥座敷として、料金も格式も高く、常連さんの多い有馬温泉でも大打撃とは…

それにしても、この温泉街全体で厄除け 元気アップ クリーンアップとは考えたもので、
有馬温泉協会の取り組みはすごいなあと感心しています。

イメージ戦略としては抜群の効果!

これがNHKの全国ニュースで放映されると、新型インフルエンザが終息したら
有馬温泉に行ってみたいなあ!と全国の人に思わせたら、効果は抜群なはず。

これだけの宣伝効果!2億円じゃ収まらないと思います。

しかも災難と言って、じっとしているだけでは何も始まらない!

その時間を使って日頃できないことをやるという、それも徹底的に…まさに逆転の発想!

都市機能回復宣言に合わせて、即行動する迅速性は素晴らしい!

逆境の時に何ができるか、その時にしかできないことを徹底し、実行して、時を待つ発想。

この考えと実行力、逆境の時にこそ実力の差がでるんですね!

このあとの有馬温泉のV字回復は早いかもしれません。

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-05-24 21:58 | まちおこし | Trackback | Comments(2)

なぜか関西では観ることができなかったフジテレビのこのドキュメンタリー番組

”ザ・ノン・フィクション” ばあちゃんと市長の「青春」~佐賀県 武雄市の1年~”
e0009772_1237533.jpg

ご覧になられた方の評価が高いので気になっていたところ、
ようやく、ようやく録画したDVDを入手し、視聴することができました。

県外から見ていると、どうしてもGABBAがばいばあちゃんロケ
レモングラスいのしし課等の話題ばかりが目立って伝わってくるのですが、
リアルな部分をなかなか理解することができません。

それが映像を通して、ドキュメンタリ-番組という形で伝わると、
静止画的な文字情報と違って、日々刻々と動いている姿が
伝わってきます。

GABBAのがばいばあちゃん ひとりひとりにストーリーがあって、
時には想像もつかない突然の障害があったり、時には励ましあい、
支えあいといったことが繰り返されて、1日1日違う、ばあちゃんたちの
姿がリアルに描かれている。

後半部分では、一転して、樋渡市長の市民病院民間委譲の是非を問う、
リコール問題へとストーリーが急展開する。

最初は市民を守る重責の市長の顔から最後のご夫婦そろっての
涙の演説部分では、ひとりの人間としての樋渡啓祐の顔になっておられる。

人として何が大切か?自分には何ができるのか?

色々な身にまとっておられたものが全て剥ぎ取られ、素の樋渡さんが出てくる(苦笑)
※ちなみに心の中がスッキリという意味で、実際に裸では登場されません。念のため)

奥さんの祐子さんの『(中略)樋渡啓祐にはそんな器はありません!』

この強烈なひと言、偽らざるこのご夫婦の態度、これを市民は見ている。

最初の選挙の時には、若木町の演説会、北方町の決起集会、
山内町の突然の決起大会に参加させてもらった。

特に山内町の決起大会で、今回のご夫婦の演説と同じような
体験を肌で感じたことのある僕にとってはあの時と同じ感動を
このDVDで改めて感じた。

樋渡さんご自身のすごいところは皆さんもご承知の通りであるが、
肝心なところでは奥さんの祐子さんの肝が据わった後押しが
支えていることもこれまた、疑いようのない事実なのである(笑)

市長を目指された時、選挙の前年の年末におふたりが雪の舞う
武雄温泉駅に立たれ、決意を新たにされたとお伺いしたことがある。

DVDを拝見して、おふたりともあの時とちっとも変わっておられないなあ…

あのおふたりの演説の姿を見て、武雄の未来はきっと明るいなあと思う!

なぜなら、武雄市の姿におふたりも一市民として感化されてしまっているからである。

それにしてもここまで、エッセンスを凝縮させ、1時間足らずのドキュメンタリー番組に
仕上げる文化工房フジテレビのスゴ腕には感服しきり(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-05-23 12:47 | まちおこし | Trackback | Comments(2)

インフルエンザ対策

新型インフルエンザ問題も右往左往させられた感があります。

弱毒性もあってタミフルやリレンザといった抗ウイルス薬も効くとのことで
どうやら事なきを得ているようですが…

大げさな対応という意見も一部にはありますが、これが万が一
強毒性のH5N1型の鳥インフルエンザだったら大変です。

その意味でも、今回周知徹底できなかったことを見直すべきです!

今回、きちんと指示にしたがって行動できた人の割合なんて少ないと思います。

マスクや抗インフルエンザ薬の備蓄、高齢者等にマスクが行き渡らなかったことなど…

ああ!よかっただけで終わらせたら、問題です。

ところで、インフルエンザをはじめ、ウイルスは宿主がなければ存在しません。

ということはウイルスは自分が存在するためには人間などの細胞を宿主として
入り込むと同時に重症化させず、感染しても発病させずにウイルスが増殖できる
環境にあることが理想のようです。

感染しないことは確かに、高齢者や慢性病の患者にとっては重要です。

ただ、最悪を考えれば感染しても発病せず!の状態に持っていければいいのかもしれません。

そのために考えられることは免疫力のアップ。

睡眠とたんぱく質やミネラルのバランスがとれた食生活をすること。

疲労をためず、身体を冷やさないこと。

手洗いの励行により、付着したウイルスを流れ取ること…

手を洗わず、顔や眼を手で直接触らないこと、これは鉄則ですね。

なぜならウイルスは眼や鼻の粘膜から侵入してくるからなのです。

それもさることながら、ビタミンCの補給もしっかり摂っていただきたいもの。

ビタミンCには粘膜を保護する働きがあるのです。

レモンやオレンジといった柑橘類やじゃがいも、かぼちゃには加熱に強いビタミンCがたっぷり!
e0009772_2215020.jpg

十分な睡眠と栄養を摂り、疲れをためず、しっかりビタミンCを補給する。

人間本来の免疫力で感染しても発症を防ぐことも考えのひとつとして重要かもしれません。。

だから、一見、健康に見える人でも免疫力が高い人は感染していても発症しない場合があるのです。

これが、いわゆる“すりぬけ”といわれることだと思います。

だから十分なマスクを準備して、発症している、していないに関わらず、
マスクと手洗いを徹底させるという、公衆衛生の観念をきっちり国民に
周知徹底させることが重要なのです。

今回の新型インフルエンザ!これでよかったと済ませてはいけない。

来るべき強毒性の鳥インフルエンザによるパンデミック防止の観点から
十分な検証をしておかないといけないはずである。

経済的な被害を受けた方々には誠に気の毒ですが、今回の事態を
予行演習と受け止めて、その犠牲を無駄にせず、ここから様々な被害を
最小限にとどめる工夫を考えることに生かすべきではなかろうか(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-05-22 22:15 | インフルエンザ | Trackback | Comments(0)