<   2009年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

たばこ増税を検討というニュースが出ています。

喫煙者の減少で増収にならない可能性や葉タバコ農家や喫煙者の反発…

この問題も確かに一方ではあると思うのですが、私は基本的にたばこ増税は
有望な選択肢かと思います。

記事にもあるように、先進国の平均価格はだいたい(1箱)600円で、日本はいま半額だ。…

そして、たばこ税を1本あたり1円増税すれば、500億円近くの増収が見込める…

先進国並みの600円とまではいかなくても、少しずつ上げていくことで
推移を見ていくことも妙案ではないかと推論します。

たばこ税を1本あたり1円増税で500億円であれば、5円増税で2,500億円。

たぶん、これくらいのアップであれば、そんなに喫煙人口は減少しないと考えます。

何せ、喫煙を習慣とされている方は、そうそう簡単にたばこをあきらめきれないはず…(苦笑)

鳩山首相もたばこを吸わないので前向きとか…

私もたばこを吸わないので、喫煙者からはお叱りを受けるかもしれません。

ところが吸う人の権利もあれば、吸わない人の権利もあります。
e0009772_12262941.jpg

吸わない人が喫煙者の煙を吸って、健康被害を被る受動喫煙の問題があります。

吸う人は自らの意思決定で煙を吸う・吸わないの決定ができるのに対して、
吸わない人にとっては、それぞれの意思に関係なく、お構いなしに煙を吸ってしまいます。

趣旨の良し悪しは別として、たばこ税には周りの環境に配慮して吸うべきであって、
それでもあえて吸う場合には、環境美化の観点からの徴収の必要性も
考慮されるべきではないでしょうか!

たばこも吸いすぎると、肺がんをはじめ様々な健康リスクの一因となります。

祖父はヘビースモーカーで、応接間のキャビネット全てがショートピースで埋まっていました。

小さい頃、そこからたばこを出して、祖父のところへ持っていくのがいわば日常的でした。

その祖父もやはり、肺がんで亡くなりました。

知らないとはいえ、今思えば、間接的に肺がんの発症を助長してかもしれません。

そんなことから、たばこ税には環境美化と並んでがん撲滅対策に当てることも
考えれば、喫煙者、非喫煙者双方にとっても意味のあるものになると思います。

吸いすぎ抑制、税収の増加…

喫煙を楽しんでいる方々もいずれは高い確率で喫煙による健康リスクを負うことに…

そう考えれば、喫煙者にとってもたばこの増税は長期的観点からも必要性をご理解していただけるのでは…

ただし、たばこの吸いすぎ同様、税金の無駄使いにはなりませんように…(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-10-31 12:20 | 社会問題 | Trackback | Comments(4)

今や、全国区になった堂島ロール!
e0009772_23532278.jpg

堂島川、渡辺橋のほとり、サントリー本社の向かいにある
小さな店から渡辺橋の方にいつも長蛇の行列。

仕事の帰り道、オフィスを出て、肥後橋商店街のお稲荷さんにお参りして、
朝日新聞の横を通り、堂島ロールのモンシュシュを一瞥(いちべつ)しながら、
ある時はジュンク堂、またある時はムジカで誘惑に負け、その後堂島地下街、
そしてようやくJR大阪駅…(笑)

確か4、5年前まではモンシュシュ、ああここにあるんだというくらい…

それがあれよ、あれよという間に…

黄色の目立つパッケージ、それをこのあたりのオフィス街に勤め、
しかもスイーツは別腹と称されるOLさん方の口コミに、必死に
話題に遅れまいとする男性諸氏や部課長さん方まで巻き込み…

当然、場所柄、得意先への手土産や家族サービスへと…

おそらくこんな伝播がなされ、マスコミも飛びつき、ある日爆発的ヒットに…

ただ、それだけじゃここまで来ないと思います。

やはり、ロールケーキの常識を打ち破ったことだと思います。

生クリームの量がハンパじゃない、それをさらっと、ふわふわスポンジで巻いただけ!
e0009772_23564923.jpg

しかも生クリームはボリュームの割りには、コクがあるけれど、さわやかな軽さ!

ふわふわスポンジとあっさり生クリーム、味の表現を考えている間にあれ?
e0009772_23575724.jpg

おいしいけれど、記憶にしっかり残らない、おいしいかなあ…という余韻。

実は、これが堂島ロールに人が行列する理由だと思います。

どんな味って聞かれてもうまく表現できない(苦笑)

だったら一度食べてみようか…

ところが、門前、市をなす行列…

心理的によけいに食べたくなる…(笑)

ここまで誘導されてしまったら、本店で店員に差配している、
あの女性オーナーの思う壺にはまっているのかもしれない(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-10-30 23:58 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

枝豆にビールの関係

ご近所さんから、丹波黒大豆の枝豆をいただきました。

この枝豆も毎年この時期になるといただくのです。
e0009772_2382927.jpg

これまた昨日ご紹介したぶどうと物々交換のやりとり!

うれしい物々交換の輪が広がっています。

枝豆は皆さんご承知の通り、大豆の未熟豆ですよね!

つまるところ、豆と野菜の両方の栄養的特徴を持った緑黄色野菜。

主な特徴を列挙していくと…

●タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、食物繊維、鉄分などが豊富。

●ビタミンB1は糖質をエネルギーに変え、体内で疲労物質に変わるのを防ぎ、
 新陳代謝を促し、疲労から来るスタミナ不足の解消。

●食物繊維は便秘の改善に、鉄分は悪性貧血の予防効果。
 
そして先ほど申し上げたように、枝豆には大豆には含まれていないビタミンA、
ビタミンCを含み、さらに枝豆のタンパク質にメチオニンが含まれています。
 
このメチオニン、実はビタミンB1、ビタミンCと共にアルコールの分解を促し、
肝機能の働きを助けてくれる働きがあります。

飲み過ぎや二日酔いを防止するにはとってもありがたいのです。

枝豆と言えばやはりビール…(笑)

夏場にきりっと冷えたビールに枝豆、これって、実は疲労回復、アルコール分解に
とって、きちんとした裏づけがあるのです。

最近でこそ色々と栄養成分の分析が進み、メカニズムが解明されてきましたが、
我々の先人は経験則から身体にいい食べ合わせ、食べる時期…いわゆる旬といった
知的ノウハウを蓄積し、伝承されてきたのです。

これってスゴイことだと思いませんか?

特定の地域にしか伝承されていない食材や食文化、食習慣の中には
まだまだ有益なもので、我々の知らないことはたくさんあります。

そこから発見することも大いにあると思います。

食文化の伝承って、実はとても大切なことなんですね(ペコリ)
 
おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-10-29 23:06 | 野菜のソムリエ | Trackback | Comments(0)

せんーみつとは…

せんーみつ(千三つ)ヤフー辞書によれば… 

《千品目出しても当たるのは三品目くらいの意》
食品業界で、新商品の開発の難しさをいう言葉。

毎年、多くの新商品が誕生します。

そしてその中の多くが1年もしないうちに消え去っていきます。
e0009772_20282347.jpg

1品、商品を開発するのにはアイデアからスクリーニング、
試作、ラインテストと膨大な時間と費用もかかります。

毎年新しい商品を生み出さないといけないので、
当然スピードも要求されます。

それでも売れ行きが悪いと、廃止となり、
しかも包装資材も含めた関連費用は
あっという間に水の泡になってしまいます。

しかも、食品というのは単価が低いのも難点。

おまけに原材料の高騰で利益率は低下傾向。

食品には賞味期限があって、期間を過ぎると価値はゼロ!

安心・安全対策を担保するための検査費用もかかる。

そして、自動車産業や電気産業みたいな大企業中心と違って
多くの零細中小、地場産業が多いのも現実。

受益者負担の観点からメーカーの費用負担はやむなしかもしれないが、
せめて安全・安心につながる検査費用や地域雇用に貢献する
商品開発に関しては免税なり、公的助成が拡充されてもいいのでは…(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-10-28 20:28 | 教え | Trackback | Comments(2)

ぶどう色々!

今年も信州在住の知人の方々から珍しいぶどうを送っていただきました。

まずは、ブログがご縁のゆきさんからいただいた黄玉というぶどう!
e0009772_235570.jpg

色・形・姿からもお分かりのように、さわやかな甘味と酸味、
そして、芳しい香りが抜群。

少々風邪気味であった時にいただいたので、これを
食べるとすっきり、ぐっすり眠ることができました。

そして、もうひとつ別の知人からいただいたのがシナノスマイル!
e0009772_236866.jpg

濃厚な巨峰とは違う味わいでさわやかな甘味と酸味が特徴。

スッキリとした甘味と酸味は口の中に残りません。
味覚を感じる一瞬だけ、その味わいを感じることができます。

また青臭さもなく、甘すぎないのもここのシナノスマイルの大きな特徴。

完熟するまで収穫しない徹底ぶりが、ぶどう本来の持つさわやかな
甘味を生み出しているのかもしれません。

自然発生的に知らず知らずのうちに始まった物々交換制度(笑)

主にポピュラーな農産物でありながら、思わず唸ってしまう逸品をやりとり。

こちらからは、すだちや温州みかんといった柑橘類を中心に、関西や四国の
産物をお送りして召し上がっていただきます。

お互い、ずっと忘れずに続いているので、季節感も感じます。

流通が発達して、各地の産物を手に入るようになりましたが、
同じ果物でも、その地域の方々が目利きして、真心を
込めて送っていただいたモノはひと味もふた味も違います。

お気持ちは美味しさと並んで、ホントうれしいものです!

おいしいもの見つけ隊では、そんなきっかけから皆様にご紹介することもあります(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-10-27 23:07 | 野菜のソムリエ | Trackback | Comments(0)

行く先々で時間があれば、その土地の城を見学します。

特に天守閣に上って、城下を見下ろすと、
その時だけ、城主になった気分にしばし浸ることもあります(笑)

個人的には彦根城と並んでお気に入りなのが熊本城。

その熊本城で、いきなりあなたも熊本城主!
e0009772_22144292.jpg

なんと熊本市には『わくわく都市くまもと』熊本シティブランド公式サイトまである。

そのシティブランドの一環としてもうけられた、一口株主制度が
いきなりあなたも熊本城主!

熊本城復元整備基金として一万円以上の寄付をされた方を
一口株主として、「城主証」をお送りするとともに、お名前を
「芳名板」に記載し天守閣に掲示。

また個人で寄付をされた城主の方に、熊本市が管理する13の
有料施設への入園が無料となる他、協賛店で特典を受けることができる
優待証「城主手形」を発行。

よく神社仏閣などは寄進制度でよく似たものがあります。

今回のいきなりあなたも熊本城主!のポイントを考えてみると…

1.熊本城というシンボルを整備する目的に使用するという明確なコンセプト。

2.「城主証」、「城主手形」、「芳名板」に記載し天守閣に掲示するというステータス。

3.協賛店で特典を受けることができる優待証「城主手形」発行による実理性。

4.寄進者による参加意識とそれぞれが口コミで情報発信する宣伝効果。


その他いろいろと効果はあると思いますが、最終的にはいきなりあなたも熊本城主!から
熊本シティブランドの産物や観光につなげていくことが目的ではないかと思います。

昨日の読売新聞朝刊に一面広告が載っていましたが、町おこしもここまで来たのかなあ…(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-10-26 22:15 | まちおこし | Trackback | Comments(0)

かまくらカスター!

かまくらカスター、ニュージャーマンさんで人気を誇る、鎌倉の絶品純生洋菓子。
e0009772_2214466.jpg

このお菓子、全国でありそうで、滅多にお目にかかることができないくらい…

ふわふわに焼き上げたスポンジの中に、まったりとコクのある美味い
カスタードクリームが最良の出逢いをしたお菓子です。

とにかく、スポンジのふわふわ感とあっさりしているけれど、深い味わい!
このスポンジ生地だけでも食べる価値あり!
e0009772_2234442.jpg

このあっさりした甘味はおそらく、ハチミツを絶妙の割合で配合されていることかなあ…
         
そして、カスタードクリームがまた、このスポンジにあうように、
スポンジの生地の味を生かす絶妙な味わいです。

スポンジと一体化して、まったりしたクリームと生地が口の中で
同時に溶けるように、設計されているところが他に追随を許さないところです。
e0009772_225966.jpg

そもそも、この商品の誕生秘話は1983年(昭和58年)創業15周年の時に…

15年間応援してくださった皆様に、恩返しとして“本物の味を低価格でご提供したい!”

この思いが、当時人気のあったシュークリームと人気商品である
ショートケーキの美味しさを一緒にできないかという発想に結びつき、
生まれたのが、このお菓子だそうです。

しかも、季節に合わせて、生地に配合するハチミツの割合を変える、
また、季節に応じて、中のクリ‐ムも季節限定で発売し、さまざまな
バリエーションで味わいを楽しめる工夫が随所になされています。

原材料高騰の中で、1個:126円(税込み)はその精神を今も引き継いでおられます。

ズバリ、この商品の美味さは、それは、手間ひまをかけること!
そして愛情と情熱!…

一時期、タカラジェンヌの間でも評判だったと宝塚OGの方に
お伺いした記憶があります(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-10-25 22:05 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

昨日、エコのために、瓶の復権を!というタイトルで記事をアップしたところ、
さっそく、武雄市民物語さんがご賛同の記事をアップ。

ありがたいと思うと同時に、さっそく行動へと…おそるべし早業!

三夜待などで、お酒を飲む時は「缶ビールでなく、
まちの酒屋さんで瓶ビールを買う」という取り組みもいいかも!


武雄人倶楽部も今後検討!

そのあとの言葉がこれまた素晴らしい!

なんでもそうですが、小さな動きが大きな動きへとつながることも。
まずは、小さくとも自ら動くことかと。

そうなんですね!まずは小さく動くことって大事ですよね!

今や、武雄にはこの機運があちこちで満ちている。

長崎広島オリンピックを応援する、武雄オリンピック隊はその好例。

これまた武雄のブロガーが中心となって自発的に結集して、
自分たちのできることから立ち上げ、行動に…

はたまた、牟田副議長のブログを拝見していると…

なんとオバマ大統領に応援のメッセージをお願いするメールを送られたとか…

何事も成功は試行錯誤 トライアル&エラーの積み重ね。
e0009772_14133848.jpg

しかも小さく動くことから始めることでリスクも軽減できるし、
その小さな失敗から学んだことを積み重ねることがノウハウの蓄積につながる。

野球に例えると、世の中、外野席からヤジを飛ばすだけ、
自らは何もしないでネット裏から批判だけのにわか解説ばかりで
“そんなことしても仕方がない!”というネガティブなことばかりが目立つ。

何事もやってみないと分からない、行動してみないと結果は分からない、
宝くじも買ってみないと当たらない、告白してみないと想いを寄せているだけでは…(笑)

今、武雄が元気たるゆえんはやっぱりこのひと言!

まずは、小さくとも自ら動くことかと。

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-10-24 14:08 | 武雄感動物語 | Trackback | Comments(4)

世の中、最近ゴミの問題でペットボトルや紙の容器への流れがある。

その論点はゴミの分別収集や容器の軽量化による物流における
二酸化炭素排出の削減。

確かにその点のメリットはあることにはある。

ところが清涼飲料水がペットボトルや紙パックになってから
何だかポイ捨てが多くなってきたように感じている。

もちろん缶飲料における空き缶のポイ捨ても同じだが…

幹線道路の緑地帯には必ずといっていいほどポイ捨てがある。
e0009772_22525160.jpg

ペットボトルや紙容器、空き缶のデポジット制度もなかなか普及しない。

その点、瓶入りの清涼飲料水はかつてデポジット制度があった。

飲み終わって瓶を返却に行ったら10円とか返却してくれたものだ。

昨今、スーパーやコンビニではそんな仕組みがないのも残念なものである。

ところで、清涼飲料水は瓶の方が保存性の観点から断然おいしい。

しかも飲みきりサイズのものも多い。

未だに飲食店ではビールは瓶ビール、コカコーラも瓶、
そしてサントリーのウーロン茶も飲みきりサイズの瓶ウーロン茶。

ペットボトルよりも瓶入りの方が美味しいことをプロは分かっている。

便利さを望むか、味を求めるのか…

そして使い捨てを続けるのか、リターナルでエコを進めるのか…

環境先進国のドイツは瓶ビールや瓶飲料が主流。

今一度、古きよき時代に帰って、リターナル瓶の仕組みに考えなおしてみては…(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-10-23 21:04 | 社会問題 | Trackback | Comments(4)

今まで食べてきた食パンの中でうまいと思ったひとつが
京都にあるベーカリー白川の食パン。

親子2代、それぞれの夫婦4人で切り盛りしている町のこじんまりとしたパン屋さん。

京都大学の北、百万遍から銀閣道の方向へ行ったところ
e0009772_22101665.jpg

ある時点までは、当日予約しておけばお取り置きもでき、
京都を歩き回った後、買って帰ることができたのです。

それはある出来事が起きるまでは…

その出来事とは、どっちの料理ショーの特選素材!

当日の放送のお題はカツサンド対決。

カツサンドの特選素材になんとベーカリー白川の食パンが…

そのおかげで今は月初めに翌月分の注文をしなければ
手に入れることができないことに…(涙)

土地柄、京大の先生や外人教師たちの常連さんも多く、
その人たちもおそらく難渋しておられることだと思います。

たぶん、テレビのおかげで認知度も上がり、お客様も増えていることで
店としてはそれなりの効果があったと思います。

店でも企業でも認知度アップと業績浮揚にとって
マスコミに取り上げていただくことはありがたいと思います。

無名の企業や商品の認知度がアップし、業績が上がることで
一段、いや2、3段ステージが上がるきっかけにもなります。

ところが薬と同じで副作用もあります。

そのひとつは、いわゆるジェットコースター現象。

急上昇したかと思うと、急降下することがあります。

急上昇がいつまでも続くと過信して、在庫過多や
過剰な設備投資で首が回らなくなることもあります。

2つ目は常連さんが離れてしまうこと。

商売で大切なことは“いちげんさんより”リピーター、いわゆる常連さん。

企業のゴーイングコンサーン、目的は業績を上げ続け、永続することです。

永続のためにはリピーターである固定客をいかに囲い込むことができるか…

今回のミシュランでも京都の瓢亭のご主人が三ツ星でもあえて掲載拒否
申し出ていたのは、常連さんを大事にする気持ちからだと思います。

個人的には、店の意思を無視してまでも強硬に掲載した
ミシュラン担当者には、日本人の粋の真髄が分かっていないのではと感じています。

業績を上げるためにはマスコミにとりあげてもらう戦略も効果的、
そこに常連さんも離れないような工夫、配慮も必要…

病気に対する薬の処方や治療と同じで、副作用を極力抑えながら、
時には思い切って効果的に使うといった微妙なバランス感覚が必要ですが、
実際にはこれほど難しいことがないのも現実です(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-10-22 22:10 | おいしいパン | Trackback | Comments(0)