<   2010年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

宝塚大劇場で星組公演 ハプスブルグの宝剣&BOLEROを観劇してきました。

観劇、いや感激でした…

その理由はこのチケット画像が語ってくれます(笑)
e0009772_22492852.jpg

タカラヅカを観劇して以来、初体験の2列目45番、しかも千秋楽3日前の土曜日
 
柚希礼音、夢咲ねねのトップコンビが目の前、等身大で見えるのです。
 
柚希礼音、やはりかっこいい、とにかく足が長い、そりゃファンが夢中になるのは分かる。 
 
女性が演じるかっこいい男役なんて、女性が惚れるのも無理からぬところ。
 
そして、等身大の大きさがひと回りもふた回りオーラで大きく見える。
 
相手役の夢咲ねね、2番手の鳳稀かなめもひときわ大きく見える。
 
エネルギッシュなタカラジェンヌの皆さんの演技とあのパッと明るい、華やかな舞台…
 
タカラジェンヌの皆さんがキラキラ輝いて見える。
 
一瞬、迷宮か竜宮城でも迷い込んだ気持ち、だって舞台に手が届きそうな席は凄い。
 
なぜ、タカラヅカを観るのか…
e0009772_22512293.jpg
 
人それぞれ理由はありますが、あの華やかな舞台を観ているとパワーをいただくような気がします。
 
たいていの場合、ミュージカルプレイなどの劇とレビューなどのショーの2本立て。
 
特にパワーを感じるなあと思うのは大階段を使ったフィナーレ! 

フィナーレを一度体験すると、あの感動は虜(とりこ)になってしまいます。
 
普通のミュージカルのフィナーレと違って、宝塚大劇場や東京宝塚劇場でしか
観劇できない大階段を使ったフィナーレは一大スペクタクル。
 
ああ、ハプスブルグの宝剣&BOLEROの観劇レビューを書くつもりが…(苦笑) 
 
本日は枕が長くなってしまったので、レビューは後日に…zzzzzzz(ペコリ)

※タカラジェンヌの皆さんの敬称は省略させていただきました。
by mitsuketai | 2010-01-30 22:51 | OH!タカラヅカ | Trackback | Comments(0)

迷ったら駅なかオムライス その3

今回は名鉄 名古屋駅のそばにある開明軒のオムライス!

先日、名古屋出張の折、時間がなく、手軽に昼食を
済ませて次の行動に移りたいなあと思っていたところ、
ふと、目に飛び込んできたお店です。

ランチ時は行列ができるくらいだとか

では、さっそく開明軒オムライスのご紹介。
e0009772_047406.jpg

ケチャップライスのパラパラ具合のバランスも洋食店ならではの味わい。

卵はふわっとしていて、可もなく、不可もなく
e0009772_049313.jpg

デミグラスソースはごく普通ですが、何か香ばしさを感じます。

この香ばしさが何か、ノスタルジーを感じます。

そして案外見過ごすのが、キャベツの酢漬け。

キャベツの酢漬けは口の中をさっぱりしてくれるので、ポイントは結構高い。

JR名古屋にも近鉄、名鉄の名古屋駅や名鉄バスセンターにも近いので何かと重宝です(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-01-29 23:51 | 迷ったらオムライス | Trackback | Comments(2)

コンタックの法則!

今回から独断と偏見で考えた、独断の法則シリーズを新たに展開します(笑)

記念すべき第1回目がコンタックの法則!

咳止めの薬として、有名なコンタック、そのキャッチフレーズが効き目は6時間。

最近、色々な場面で、同じことを何回も言わなければならないことって多いですよね!

さっき言ったのに…

昨日言ったはずなのに…

以前注意したのに…

○○さんにきちんと伝えておいてと伝言したのに…

前に受けた説明で確認したことと違うじゃありませんか…

ホント、色々ありますよね!
e0009772_00236.jpg

きちんとできるまでには1回や2回くらい言っても効き目がないのです。

せいぜい覚えていて、効き目があるのが6時間くらい(苦笑)

だからコンタックの法則…

昔の人はよく一度聞いたことはしっかり覚えていることが多かったように思います。

ところが昨今は情報過多の社会、メディアもインターネットもありとあらゆる情報が
正しい、正しくないに関わらず、乱れ飛んでいます。

その影響があるのかどうかは分かりませんが、情報の定着も悪く、
情報を咀嚼して、しっかり吟味して自分のモノにしようという気持ちの余裕が
あわただしさに掻き消されているように思えてなりません。

お坊さんが毎朝、お経を読む修行をされますが、重要なことは何回も反復して
相手にも、自分にも言い聞かせるようにしなければならない。

常時服用はコンタック同様おススメはできませんが、効き目が短いことを頭に入れ、
重要なことは病気が完全に完治するが如く、モノになるまで反復が必要ということですね(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-01-28 23:39 | 独断の法則シリーズ | Trackback | Comments(0)

今回は迷ったら駅なかオムライス その2

JR京都駅ビル 中央コンコース 東ゾーン地下にある
メイフェアのシェフ特製オムライスをご紹介!

このメイフェアさん!駅の改札前にあるのですが
運営はウェスティン都ホテル 京都です。

シェフ特製オムライスのネーミングとおり、
注文を聞いてからシェフが作ってくれて、
そのシェフがなんと座席まで持ってきてくれるのです。
 
駅なかの、しかもカジュアルなカフェで、白い高い帽子を
かぶったシェフがわざわざ作りたてをサービスしてくれるのです。
e0009772_23503414.jpg
 
たまごのふわふわ、とろとろにマッチングしたライスのふっくら感!
 
そして、ソースはコクが漂う、本格派デミグラスソース!
 
レトルトやケチャップありありのソースじゃなく本格派です。
 
便利な駅なかにあって、この品質!

デザートも充実しているし、JR京都駅の改札前なので
新幹線や在来線の発車時刻ギリギリまで安心!
 
以前、新橋で食べた小川軒のオムライスを思わず思い出しました。
 
ちなみにこの品質でサラダ、ドリンクがついて980円は★★★かな(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-01-27 23:51 | 迷ったらオムライス | Trackback | Comments(0)

外出した時、ランチで何を食べようかと迷ったら…

そんな時は決まってオムライスにすることが多い(笑)

もちろんうどんやラーメンという時もありますが…

ということで、迷ったら駅なかオムライスシリーズ!

JR芦屋駅構内にあるエスタシオン カフェのオムカツカレー。
e0009772_21565647.jpg

ふわふわ、とろとろのオムライスにコク味があって、さらさらの
カレールー、そしてがっつりカツが載っています。

これで確か850円くらいだった記憶があります。

少々ヘビーかなあと思いましたが、実際はさらりと…(笑)

駅なかにあって、さっとランチを済ませたい時にはありがたいですね(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-01-26 21:57 | 迷ったらオムライス | Trackback | Comments(0)

仕事で三田に行ってきました。

三田は久しぶりだったのですが、以前と比べて活気があるような気がします。

さて、今回は三田市駅前のホテルメルクス1Fにあるレストラン 収穫祭!
e0009772_033715.jpg

ここのランチは結構お勧めです。

自家製の焼きたてパンが食べ放題、サラダとスープが食べ放題、
+300円で自家製デザートが食べ放題…
e0009772_044162.jpg

e0009772_053726.jpg

ランチのメインディッシュも野菜がたっぷり使われているし、
サラダで野菜もばっちり摂取することができます。
e0009772_083510.jpg

これで980円はお値打ちの価格だと思います。
e0009772_073536.jpg

最近、齢をとったせいでしょうか(笑)、肉や魚より野菜の方が
身体にとってありがたいかなあと思うようになってきました。
e0009772_063664.jpg

家でも野菜中心にしてきているので、外で食事をする際にも
生野菜などがたっぷりあればありがたいと思います。

野菜は少々食べ過ぎても消化は早いし、食物繊維たっぷり!

ところでレストラン収穫祭、三田だけかと思いきや
関西のあちこちにお店があるようです。

ご興味があれば、皆さんもお近くの収穫祭のお店をのぞいてみてはいかがでしょうか(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-01-25 23:56 | 野菜のソムリエ | Trackback | Comments(0)

長寿のための5ヶ条

先週、いつも教えを下さる先生のところに
遅まきながら新年のごあいさつに行ってきました。

色々と教えや秘策を賜ってきたのですが、
その中で今回ご紹介したいと思ったのが
長寿のための5ヶ条。

その1:怒るな、

その2:愚痴を言ふな、

その3:過去を忘れよ、

その4:将来に望みを置け、

その5:人の為に善を為せ、

非常に耳の痛いことですが、今の自分にとってジーンと響きます(笑)
e0009772_20132752.jpg

うまくいかない時に、どうしても怒りっぽくなってしまいます。

そんな時は、どうしても愚痴をこぼしたくなります。

うまくいかなかった過去や腹の立つ過去を振り返ってしまいます。

過去を上手に反省して、その反省をうまく好転させればいいのですが、
人間という“いきもの”はどうしても過去のうまくいかなかった部分に悔恨の情を
残してしまうのが常ではないでしょうか。

もう少しがんばれば、将来に望みをかけ努力すれば成功に
たどりつくところを途中であきらめてしまう。

そうなってくると、自分だけがうまくいけばいいという自己中心的な
考え方に思考も行動も支配されてしまうようになります。

教えていただいた長寿のための5ヶ条は、ただの長生きの方法にはあらず!

長く寿(ことほ)ぐ人生を過ごすための方法なり。

怒っている暇があれば、愚痴を言っている暇があれば、
過去を嘆いている暇があれば、凡人は無駄な時間を費やす。

才人は将来に目を向け、人の為に善になることを為すべく活動する。

これは究極のポジティブな考え方につながります。

そうすると人も幸運の女神も放ってはおかなくなると思います。

ポジティブな考えは少なくとも停滞や閉塞を打破する可能性を高めてくれます。

この教えが心技体に染み込むようになれば、大したものですが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-01-24 20:16 | 教え | Trackback | Comments(2)

名古屋駅前 名鉄百貨店本店で買える名古屋お土産スイーツ第3弾!

今回は尾頭橋 不朽園の最中

箱に最中づくり一筋とあるのがスゴイ!
e0009772_23391363.jpg

以前、出張で名古屋から新幹線に乗って
帰阪する時にもよく買っていました。

いつ買っても美味しいし、価格もお手ごろ。

この最中の最大の特徴は種(皮)と餡(あん)の絶妙なるバランス!
e0009772_23403851.jpg

“最中種は餡を引き立て、餡は最中種との相性をととのえる”と
謳(うた)っておられるだけのことはある!

何と言っても種(皮)が香ばしい!食べる前に思わず芳(かぐわ)しい香ばしさ
e0009772_23413465.jpg

以前は香ばしい種(皮)の最中はよく見かけたのですが、
最近では皆無、しかも種(皮)と餡(あん)が別々で
餡(あん)をチューブに入れて、手作り最中と銘打つのは禁じ手(苦笑)

最初から種(皮)と餡(あん)が最初から一体化していて、
それでありながら、種(皮)の香ばしさ、餡(あん)のしっとり感とコク味…
e0009772_23424374.jpg

このバランスがきちんと取れていないのは最中ということなかれ!

そこはさすが不朽園、最中づくり一筋と箱に明記してあるだけの値打ちはある!

美味しい最中を食べてみたいとおっしゃられる方にはぜひおススメ(ペコリ) 
by mitsuketai | 2010-01-23 23:42 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

覚王山 吉芋の花火!

今夜は名古屋のおススメお土産の第二弾!

ところで、吉芋の花火って

口の中に入れると破裂でもするの…(苦笑)

では、お待ちかねの吉芋の花火をご覧にいれましょう。
e0009772_23554723.jpg

そうなんです!芋けんぴなんです。

正式名称は生芋剣先「花火」

職人の手切りした生芋を使い、特製の蜜をからめたもの

しかもこの繊細さ、まるで花火のようなところから名づけられたネーミング!

普通の芋けんぴと違って、薄く細い分、糖蜜が万遍なくかかっています。
e0009772_23564928.jpg

しかも食べだすと、なかなか止められない(笑)

この生芋剣先「花火」、名古屋のお土産として人気急上昇中だそうです!

このお店、名古屋の覚王山に本店があるのですが、もちろん名古屋駅前の
名鉄百貨店本店
にも売り場があります。

何せ、人気商品ですから、すぐ売り切れてしまうのが難点。

名古屋に着いて時間があったら、店の人に代金を払ってお取りおき!

帰途の新幹線に乗る前に受け取る!

これが吉芋の花火を確実にゲットする秘策です(ペコリ) 
by mitsuketai | 2010-01-22 23:36 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

プチ・クレモロール

昨日、予告させていただいた、名古屋のおススメお土産スイーツ第一弾!

それがプチ・クレモロール!
e0009772_23524970.jpg

ご覧の通り、ひと口サイズの珍しいロールケーキです。
e0009772_23503243.jpg

一瞬、ロールケーキのフィギィアと思うくらい(笑)

今回はシンプルなクレモロールとショコラを買って帰ったのですが、
バリエーションは実に豊富なのです。

中にはとうもろこしやトマト、山芋、ごぼう、ほうれんそうといった季節限定野菜ロールまで…

※バリエーションについてはココをクリックしてご覧下さい!

ただ、このクレモロールはバリエーションだけが自慢じゃない。

まずは生地がふっくら、しっとり、あっという間に消えてしまう、さわやかな味わい。

卵の卵黄と生クリームが醸し出す、小手先じゃない、ホンモノのふんわり感。

クリームも生クリームたっぷりなのに、いわゆる乳臭さは微塵も感じない。
e0009772_23514378.jpg

全体的な感想はあっさり風味なので、いくらでも口に運んでしまう(笑)

色々なバリエーションを箱に散りばめると、まるでロールケーキの宝石箱。

クレモロールを販売しているラトリアの親会社はコーヒーフレッシュの
スジャータでおなじみのめいらくグループで、そこの新業態!

お店は栄地区の丸栄百貨店名古屋駅前の名鉄百貨店本店中部国際空港のセントレアのみ!

しかも消費期限はお買い上げ当日のみ!

やはり、おいしいもの、美しいものは儚(はかな)い!命短し、恋せよクレモロールなのである(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-01-21 22:17 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)