<   2010年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

高槻の摂津峡といえば、関西有数の花見の名所。

国道171号線から南平台を抜けて摂津峡の
入り口に向かおうと道なりに進むと、なぜか
正面玄関に入ってしまうのが湯元旅館 かじか荘!

この誘導は集客のために…と噂もあったくらい(苦笑)
e0009772_21504959.jpg

そのかじか荘、実は今年の2月18日に廃業。

つい、最近知って驚いているところ!
 
たぶん、このブログを日々見ておられるメンバー数名と
勉強会と称して、風呂に入って、鍋をつついた記憶があります。
 
個人的には、風呂はよかったと思いますが、料理はあまり感動しなかった記憶が…

宿泊客よりも日帰り温泉客対象を考えれば、風呂と料理は生命線。
 
普通なら、みんな有馬温泉に行っちゃうはず!

有馬に比べれば、高槻駅から近いという地の利を生かして、
徹底的に料理で差別化すべきところを中途半端に
怠っていたことに大きな原因があるように…

ごく一般的な懐石料理や鍋料理じゃ話にならない。

湯布院のように、ここにしかないという料理を日々考え出さないと、
宿泊客どころか日帰り客さえ呼び込むことはできない。

それと後継者不足も大きな原因。

冬籠、夏籠の田辺屋も冬籠の本家である藤家公春のお店といった
歴史があって、由緒正しいとされていた所が高槻で相次いで廃業。

かじか荘も含め、いずれも後継者を育てることができなかったと噂にも聞く。

京大農場も移転、高槻の古きよき時代が音を立てて崩れていくような気持ちも…

伝統を生かしつつ、伝統にあぐらをかくことなく、日々新しい商品、新しいサービス、
新しい営業スタイルにチャレンジし続けないと、ますます淘汰される時代になってきた。

変革には時間もエネルギーも費やす!

それでもやはり、前を向いて、信じる道への歩みを進めるしか処方箋はないように思う(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-04-30 21:51 | 地元高槻/茨木ネタ | Trackback | Comments(2)

最近、体重が5Kg痩せました。

おなか周りもひと周りくらいサイズダウン!

痩せたといっても、これでちょうどいいくらい(笑)

確かにここ1ヶ月ほど肉体的にも精神的にもハードでした。

介護中の父親は食事をまったく受け付けなくなり、
連日ターミナルケアを念頭に入れた打ち合わせの連続。

母親は長年の介護からくる過労でダウン!

連日の病院や介護施設との打ち合わせ、家事に仕事!

確かに時間的な調整はしていただきましたが、現在は
メールも携帯もパソコンもあるおかげで時間の合間を
縫って、仕事の品質は下げていません(笑)

文明の利器のおかげで仕事はキッチリこなしています。

連日、風呂に入って就寝する時間は午前2時、
浴槽に浸かりながら、うたた寝するのが日常でした(苦笑)

介護スタッフの皆さんからもダウンしないように!との温かいご心配まで!

正直、このブログも何度中止しようかと思ったほど…

ジャズシンガーの綾戸智恵さんも介護でダウンされたようですが
こればかりは経験された方でないと分からないと思います。

そうだ!この際、自分も血液を調べておこう…

血糖値もクリアー、脂肪肝が心配になっていましたが
GPT、GOTも21と素晴らしい数字、ただコレステロール値が
若干高め…

ご飯の量を半分にして糖質摂取の制限、揚げ物等油ものの減少、
そして何より効果的なのがマヨネーズの追放。

ポテトサラダの上にさらにマヨネーズたっぷり。

キャベツの千切にもマヨネーズたっぷり。

サラダにもたっぷり、トマトもマヨネーズをかけて…

とにかく、いわゆる世間で言うところのマヨラーでした(過去形)

その禁断のマヨネーズをあえてバッサリ!

おかげさまで今のところ、リバウンドもなく、慣れてきました。

マヨラーでメタボに苦しんでおられる方、ご飯の糖質の摂取を
半分にして、マヨネーズの誘惑を断ち切ってみられてはいかが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-04-29 22:49 | 教え | Trackback | Comments(0)

反対意見があればあるほど、成功する!

逆にオール賛成で反対意見がひとつも出なければ危ない!

そんな格言めいたことを聞いた記憶があります。

人間社会というのは、どちらかといえば保守的。

何事も前例がなければ認めてもらえないことも多い。

新しい、未知の企画やアイデアに対しては
皆がオール賛成なんてまずはありえない。

新しい考えで失敗するより、前例を踏襲して
失敗しても前例に責任を転嫁することができるからである。

しかし、時代の流れはますます加速しており、
前例の踏襲では立ち行かず、未知の内容に
対して判断を下さなければならない。

それでも時代のスピードとは逆に、まだまだ保守的。

もっとも、保守的な考えのフィルターを通して、
危うきに近寄らずという選択肢もあるが…(苦笑)

本当にこの絶妙なバランス感覚が難しい!

だから、勇気のある、あと一歩を踏み出せるかどうかが命運を握る(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-04-28 23:05 | 教え | Trackback | Comments(2)

市民サービスとは何か

まずは今日のひと言!市民サービスと何か?

あまり詳しく書くと、何かとうるさいので
少々オブラートに包みますが…(笑)

昨日、新聞に出ていた社会保障に関する記事の内容を見て、
どのような用件で、どのような手続きが必要かということを
教えていただこうと時間を調整して高槻市役所に赴いた。

窓口の女性に聞いてみたが、他の部署で聞いてほしい。

出た!必殺たらいまわしの術(苦笑)

回答のポイントがずれていたので、そこを質問すると…

奥の机の担当者が窓口の女性に指示しているが、これまたピントずれ!

これじゃ、窓口の女性がかわいそう!

こんな時は分かっている人間が回答すればいいのに、完全に逃げている。

どうみても主体が言っている他の部署じゃないのに…そしてズルイ。

これは市役所に限ったことではなく、多くの行政機関に共通していること。

事業仕分け人も身分を隠して、一度現場を見てみたら、
ムダな人員を削減すべきところが見えてくると思うのだが…

新聞記事では九州のある自治体ではある申請をしたら、
同時に関連する申請も案内してくれると書いてあると…

その時、唖然とした回答が…

小さな市ならできるが、高槻市みたいな大きな市になるとそんなことできない!

びっくり仰天の回答、規模が大きかったら行政サービスも大雑把になるの…

挙句の果てに、別の部署の担当だから、そこの担当者を呼んできます。

私もかなり並んで順番を待っていて、後にも並んでいる。
 
そこで私がその担当の場所に行くから、次の人に対応してほしいとお願いして…

そもそも大手の新聞に載っている記事をその部署の誰もが見ていない事実。

民間なら誰も知らなかったら、そこの所属長は降格モノです。

小さな市ができる市民サービスが、規模の大きな市にはできない!

そんな論理を恥じることなく思っているとしたら、民間ならそこの患部、いや幹部は飛ばされます。

断っておきますが、これはほんの一部の部署の窓口での出来事で、
その後対応していただいた2、3ヶ所の職員の対応はよかったので残念。

市民サービスとは何か、市民の困っていることや要望に対して行政ができることを的確に案内すること!

市民は株主、お客様であって、市民サービスはそれに対する配当みたいなもの!
 
市役所だけでなく、あらゆるところで、銭が取れるプロと呼ぶにふさわしい人には
出会うのは消費税と同じ5%くらいかな。

知らなかったことを素直に認めていただいて、その後の対応を
キッチリとしていただければ問題はないのだが、開き直られたり、
あっけらかんとした態度をとられると怒り心頭。

能力や知識の差じゃなく、真摯に職務を励行する気持ちになっているか?

そして、一部のサボり人間のために、その陰で精励している人にもエライ目にあうのは実に忍び難い(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-04-26 21:53 | 地元高槻/茨木ネタ | Trackback | Comments(0)

政経分離論

日本の衰退はズバリ!東京一極集中にあり。

東京を政治、経済の中心地にしてしまったことが原因だと思います。

かつて、江戸時代、江戸は政治、大坂は経済と政経の役割を
分担していて、お互い切磋琢磨していたのである。

早く言えば、江戸の人間に経済の何が分かる!という
アンチ幕府の自負が関西人にはあった。

株式市場の原型である仕組みを最初に作ったのも堂島米市場であり、
日本各地の物資が集まる経済の中心地であったのである。

“武士は食わねど高楊枝”

身分制度では偉そうにしていた大名家も上方の豪商に
米をお金に換えてもらわないと、生計は成り立たなかったのである。

江戸時代は鎖国であったが、今やグローバルの時代。

江戸時代の国内産物の集積地で経済を発展させた大阪は
よくよく考えてみれば、東京に比べてアジアに近い。

アジアの物資や富を大阪に集積させることが大阪の復権につながるし、
そうすることで地理的にもアメリカに対するアジアの窓口にもなる可能性がある。

思い切って財務省や金融庁、経済産業省を一気に関西に移すくらいのことも必要。

それができないのなら、橋下知事の提唱する、大阪都特区構想に財務省や金融庁、
経済産業省の権限を移すことことも効果的…

なぜ経済は関西や大阪だと感じるのか?

経済の中心地が東京に移って以来、新しい業態や仕組みといったものは
欧米からの移入や請け売りであって、創造的なものはない。

その点、以前は色々な製品やビジネスモデルの発信は関西からであった。

第3セクター(1871年 京都)、ガス会社(1874年 神戸)
サウナ(1883年 京都)、私鉄(1884年 阪堺鉄道開業)
市街電車(1895年 京都)、スイミングスクール(1889年 大阪)
食堂車(1899年 京都~三田尻)、映画会社(1907年 京都)
タワー(1912年 大阪通天閣)、食パンの工場生産(1918年 大阪)
分譲住宅(1925年 大阪)、即席カレー(1926年 大阪)
レビュー(1927年 宝塚)、地下街(1942年 大阪梅田)
ワンマンバス(1951年 大阪)、屋上ビアガーデン(1954年 大阪)
即席らーめん(1958年 大阪)、回転寿司(1958年 大阪)
カップ入り清酒(1964年 神戸)、自動改札口(1967年 阪急千里線)
カラオケ(1972年 神戸)
 
これ以外にもターミナルデパートやキャバレーなど関西発祥の製品や
ビジネスモデルは枚挙に暇がないくらいである反面、東京発祥の
ビジネスモデルなんて比較に値しないくらいである。
 
ノーベル賞受賞者も東大に比べ京大系が圧倒的。

その京大も東大から教授を連れてきたり、文部科学省の顔色を伺うようだと
独特のユニークな発想や研究が廃れていく。
 
江戸、東京はあくまで政治の世界であって、元来地方からの
人の寄せ集め集積地であるから、財産的価値を生み出す
経済的観念には少々欠けると思うのはひいきの引き倒しかな(苦笑)

東京には政治だけを任せておくくらいの開国以来の発想転換をしないと…
 
アジアの経済的発展をうまく取り入れていかないとこれからの日本は成り立たない。
 
液晶のシャープやパナソニック、淡水化技術の日東電工や東洋紡績も本社は関西。
 
アジアや中東が羨望する技術を持っている中小企業も関西に多い。
 
そこに金融や経済の機能も東京から持ってくるくらいの思い切った
政経分離論を実行すれば、関西空港の重要性も増してくる。
 
ついでに、食の都として、海外から日本の食を求めてくる需要と
海外の食材を一手に集積できるグローバル版天下の台所構想も
実行に移していただけると観光立国戦略にも役立つはず。
 
東京ばかりに目を向けず、経済は関西に任せる。
 
羽田空港の国際化より関空の活性化の方がよほど効果的ではなかろうか(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-04-25 14:30 | ビジネス | Trackback | Comments(0)

この時期になると、毎年楽しみにしているのが越智さんの清見タンゴール!

清見(きよみ)タンゴールは温州みかん(宮川早生)と
外国産のトロビタオレンジを交配させて作られた柑橘類の一種
e0009772_20182029.jpg

昨年あたりからスーパーでも見かけるようになりましたが、
越智さんの清見タンゴールと出会ってからかれこれ4年に…

全国の柑橘農家の皆さんには申し訳ありませんが、
正直、私が今まで食べた清見タンゴールの中で
越智農園の清見タンゴールが最高だと思います。

断面を見ていただいたらお分かりのように
まるで天然のオレンジゼリー!
e0009772_20184157.jpg

サクッとナイフが入ります!

最高においしい清見タンゴールですが、
ブログで紹介しようかどうか迷っていました。

なぜって…

皆さんがこのおいしさを知ってしまわれたら、
あっという間に品切れになってしまう貴重品。

食べてみたいと思われたら、即ご注文をおススメします(ペコリ)

越智農園のホームページはココをクリックして下さい。
by mitsuketai | 2010-04-24 20:10 | 野菜のソムリエ | Trackback | Comments(0)

最近、おススメスイーツの話題がない!

そんなお言葉にお答えします(笑)

大阪府交野市にある、ラ・キャリエール・プイプイ。

ココのおススメは何と申し上げてもシュークリーム
e0009772_22153868.jpg

シュークリームの命であるカスタードクリームが絶品なのです。
e0009772_2217850.jpg

嫌味もなく、ほどほどにコクがあって、この風味、ありそうでなさそう!

しかもリーズナブルな価格で1個:105円

常々、隊長がパティシエさんを評価する3アイテムが
シュークリーム、プリン、ロールケーキ。

これがいわば三種の神器!

この3アイテムがおいしいお店はどの商品もおいしい。

皆さんもこの法則でお店選びをされてみてはいかがですか(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-04-23 22:17 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

忘れられたる頃来る

天災は忘れられたる頃来る。

物理学者で随筆家である寺田寅彦の名言。

ゴールデンウィークも近づいていますが、
昨年のゴールデンウィークと言えば…

そう、新型インフルエンザ騒動です。

たぶん、新型インフルエンザなんて多くの方の
脳裏から消え去っていると思います。

何だかんだと言っても、大したことなかったのでは…

その気の緩みこそが最も危険!

新型インフルエンザに意思があるとすれば、
この警戒感の緩みはもっけの幸い。
 
最近あまりニュースにはなっていませんが
学級閉鎖のところもあるのです。

大洲の小学校で新型インフル /愛媛

インフル季節性を今季初確認 高根清里小で19人感染 山梨

一方ではインフルエンザ終息宣言を出している自治体もあるが、
昨今の異常気象、寒暖の差の大きさ、4月からの環境に
慣れだしてそろそろ疲れが出てくる時期に差し掛かっています。
 
あくまで動物的カンですが、新型インフルエンザも含め、
ゴールデンウィーク近辺で天災みたいなことが起こる予感が…

アイスランドの火山爆発、中国青海省の地震…
予知できないことが起こっています。

日本でも浅間山や三原山や富士山だって分かりません。

上海万博で繁栄を謳歌している中国でも今後何が起こるか分かりません。

ところが新型インフルエンザは個人の心がけ次第で、
感染拡大防止ができる災害です。

心がけ次第で防げることには気を配るべきです。

そんな戒めも含めて、天災は忘れられたる頃来る(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-04-22 20:20 | インフルエンザ | Trackback | Comments(0)

マニフェストという呪縛

最近の国政を見ていて感じるのが何のための政党か?

国会議員の先生方は離党や新党結成や権力闘争に明け暮れている。

政権を取った民主党はしがみつくことばかり考えている。

その民主党もマニフェストという呪縛にとらわれ過ぎている。

とかく世の中は生き物である。

我々は過去・現在・未来という時空の中に生きている。

時には昨日正しいと判断したことが、今日は誤った判断になるかもしれない。

マニフェストにとらわれ過ぎていると、気がついた時には間違った方向に
ねじれが大きくなっているかもしれない。

マニフェストで約束したことでも、状況判断によってはきっちり
説明責任を果たして、方向転換することもありではなかろうか?

おかしいと思えてきたマニフェストを金科玉条のごとく
いつまでも固執することを国民は望んではいない。

そもそも前回の選挙で民主党が政権を奪取できたのは
民主党のマニフェストではなく、自民党に対する不信感と
今までの政治を何とか変えてほしいということではなかったのか?

自民党というブランドでも、民主党というブランドでもない!

国民が求めているのは今の暮らし向きの改善と将来の不安解消である。
 
こんな時こそ、挙国一致ではなかろうか?

政党云々じゃなく、国民の利益と国益のために
政策でまとまるべきではなかろうか?

このままの状態が続くようであれば、政党なんて存在意義はない(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-04-21 22:11 | ひと言 言わせてもらおう! | Trackback | Comments(2)

定置網式戦略のススメ

結論から申し上げると、ビジネスにおいて流行を追いかけるだけではいけない!

確かに、時流に乗ることは戦略として間違いではないと思います。

流行りだしたら、その流れに沿って、利益をとる。

短期間でかつ、リスクの少ない方法としては選択肢のひとつ。

ただ、過熱感に振り舞わされて追いかけてばかりしていると
時には火傷(やけど)を追うこともあります。

具体的なことを申し上げると、売れると思って仕入れた在庫が
売り上げが急降下し、不良在庫になったり、相場ではまだ上がると
思った株を高値で掴んでしまい、一気に急落して為す術なし(苦笑)

そんな時に偉いなあと思うのが、定置網漁でしっかり稼いでいる漁師さん!

どこでもかしこでも網を仕掛ければいいというのでは坊主の連続。これじゃ困る。

やはり、魚がしっかり回遊してくるスポットに定置網を仕掛けて獲物を待つ。
 
しょうがブームで業績のいい永谷園はブームの1年前からしっかり準備。
 
情報を収集して、分析して、しっかりとした見通しを作る。

その見通しにしたがって、用意周到に準備しておく。

そして、いざ出陣という時に臨戦態勢に臨めるように定置網を仕掛けておく。

不況、不況といわれる昨今ですが、歴史は繰り返すように、少しずつ
形を変えながら、テーマは循環してくるように思います。

登り鮎は掴み損ねても、好機を待って落ち鮎を仕留めるべく待ちかえる術もある!
 
そこに定置網式戦略は有効かなあ…しみじみ考えています。

それをあっちのお姉さん、こっちのお姉さんの尻を追いかけているとどっちつかず(苦笑)

もっとも、人に言われたことをオウムのごとく振りかざしたり、、速やかに伝達すべき情報を
ほったらかしにしているようなことでは、定置網を仕掛ける云々以前のお話ですが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-04-20 21:40 | ビジネス | Trackback | Comments(0)