大往生

ここ3日間、ブログの更新ができませんでした。

26日深夜、4年半介護をしていた父親が他界しました。

82歳まで生き抜いた大往生だったと思います。

ここ1年間家族がずっとお世話になっている先生が
運営されている介護施設でお世話になっておりました。

亡くなる前日に先生から僕の携帯に直々のご連絡。

そろそろ覚悟しておいた方がいいですよ!

亡くなる日も朝、仕事に行く前に見舞い、帰りに
見舞った時も意識はしっかりしていましたが、
その後、容態が悪くなり、急変の報を聞いて
駆けつけた時には、もう既に息はなく…

先生もその間ずっと立ち会っていただきました。

脳梗塞、圧迫骨折、大腸憩室炎などで
入退院の連続の中で最後まで必死に生き抜いたと思います。

先生や看護士さんにはお世話になりました。
介護スタッフの皆さんには自分の家族のように接していただきました。

担当の男性スタッフはまるで自分の父親のように
労わることも、怒ることも、励ますことも…頭が下がる思いです。
e0009772_15382778.jpg

当日の深夜から遺体の搬送、安置、通夜、葬儀の手配…

事前のシュミレーションはしていたものの、やはり大変でした。

葬儀は高槻市役所 斜め向かいの公益社会館 高槻にお願いすることに…
e0009772_15412271.jpg

そんな状況の中で、今回の葬儀は偶然のラッキーが重なっていました。

●1日1組しかできない、公益社会館 高槻の日程があいていたこと。
●祭主をお願いしていた神官の先生の日程が今回だけポッカリ開いていたこと。
●本人が気候のいい日に葬儀をしてほしいと言っていた通り、さわやかな日であったこと。
●前日までで仕事の調整がつき、次の日程までうまく空いていたことなどなど…

家族葬でしたが、公益社会館の対応が素晴らしく、お世話になっている
神官の先生と公益社会館の担当女性スタッフの配慮が素晴らしく
花いっぱいに囲まれた葬儀ができました。

精進落しも花万のご主人の心配りでいい供養ができました。

花万さんの素晴らしい料理の写真を撮り損ねたことは残念ですが…

今回の葬儀にあたっては関係者の皆さんの仕事が実にパーフェクト!

正直申し上げて、僕がパーフェクト宣言するのは1年に1回あるかないか…(苦笑)

大変な4年半でしたが、しっかり見送ることができたこと、多くの関係者の皆さんに感謝しています(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-05-29 15:42 | その他

ひと味もふた味も違う自然の甘味を感じるパンに出くわすことがあります。

その美味しさに共通するのが、なぜか国産小麦と白神こだま酵母
e0009772_23555336.jpg

国産小麦使用のパンといえども、全てがうまいなあとは感じません。

また白神こだま酵母を使っているからと言っても美味しいとは限りません。

詳しい理由は分かりませんが、国産小麦の良さを引き出すには…

そして小麦本来の甘味を引き立たせるには…

やはり、国産小麦と白神こだま酵母のコンビは不可欠なのです。
e0009772_23562843.jpg

これは人間にも言えることで、コンビでないと力を発揮できない方もいらっしゃいます。

その反面、コンビの選択を間違うと、これまた悲劇のはじまり(苦笑)

そうなれば、結果として行き着くところは相性の問題。

全て、世の中の行動はあらゆる局面で最適な相性を持つ、ご縁探しなのかもしれませんね(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-05-25 23:52 | おいしいパン

メタボ族にとっては非常に手厳しい体脂肪計!

そのシェアNO.1の会社がご存知 タニタ

さすが、体脂肪計のメーカーだけあって
その社員食堂も気になるところ!

その社員食堂のメニューが本になりました。

その名も体脂肪計タニタの社員食堂-500Kcalのまんぷく定食
e0009772_21402834.jpg

肉も野菜もしっかり、メインのおかずに副菜、
汁物、ご飯がついて平均500Kcalと理想的

まんぷく感を味わって500Kcalって凄いこと…さすが体脂肪計メーカー(苦笑)

社員食堂というよりは忘れ去られてきている
日本の食卓の食事そのものという感じ。
 
ご飯とおかずをいっしょに口の中に入れて
食べる、いわゆる口中調味の大切さ。
 
ご家庭でも役に立つ、そんなおかずのメニューが満載!

このメニューと体脂肪計の相乗効果、タニタの戦略はさすが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-05-24 21:45 | おススメ本

昨日、宝くじと事業仕分けについてその思いを書いてみた。
 
そんな時、ふと思い出したのが災害復興基金宝くじという発想。

遡ること、平成4年の夏休み 九州の熊本に旅行をしたことがある。

目的は九州の名水を直に味わうこと、銘菓を作っておられる
和菓子屋さんにお願いして作りたてを味わうこと。

水質検査キットなるものも持って行ったが、あの時の資料はいずこに…(笑)

熊本県の菊池渓谷の高台から遥か向こうに黙々と上がる噴煙が見える。

その噴煙は前年の平成3年に噴火した雲仙 普賢岳の噴煙。

灰が遠く離れたここまで飛んでくる!と森林ガイドに聞いた。

連日、惨状はテレビ等では知っていたが…
 
自分でも何とかできることはないか?

畏れ多いことながら、災害復興基金に使途を限定した宝くじという発想。

簡単に概要をまとめ、ある国会議員にその内容を送った。

結果、連絡の無のつぶて、黙殺でした(苦笑)
 
災害の無いときに、災害復興基金宝くじでしっかり復興基金を留保しておく。
 
そして災害の際に役立つ相互扶助に役立つ、共済みたいな仕組みの発想。
 
少しでも被災者の負担が軽くなればという思い。 
 
まあ、その国会議員さんに送ったのが選択の間違いでしたね。
e0009772_20254614.jpg
 
ご存知のように2年後の平成6年1月17日 阪神淡路大震災の発生。 

その瞬間、僕の発想は間違いなかったと確信!
 
残念な気持ちでした。災害復興基金宝くじの発想が生かされていれば…

訴える相手の選択を間違わなければ…

夢を買う宝くじのロマンとそれが災害復興に直に役立つ社会性の意義。
 
事業仕分けで宝くじが目の敵にされていますが、その宝くじも
存在意義と使途が明確にガラス張りにされていれば問題は無いのでは…

そのための運営費用や広告なら意義もあると思う(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-05-23 20:25 | 社会問題

宝くじと事業仕分け

事業仕分け第2弾の内容が連日報道されている。

今回の事業仕分けの対象は我々国民生活に身近な部分に
直結している。

まずは、率直な感想から…

交通安全協会にしろ、宝くじに関する団体にせよ、
複雑な構造通して、課金システムを巧妙に作り上げている。

宝くじ、夢を追いかけて買っている人間にとっては
都道府県や政令指定都市への上納金は理解できるが、
公益法人みたいなところを経由するのもいかがなものかなあ…(苦笑)

天下り役員の高給与も問題だが、宝くじの分配を取り仕切る
公益法人とうまくつながっているところだけがその恩恵に預かっている。

宝くじの取り扱いはすべてお役人の権限に帰するなんてナンセンス!

率直に申し上げれば、そのシステムに精通しているか否かで
恩恵を受けるかどうかの不公平というか障壁はある。
e0009772_16463228.jpg

そもそも行政の仕組みなんて、一般市民には不案内なことが多く、
ご親切に教えてくれる公務員なんてたぶん消費税(5%)クラス以下

しかも消費税とは反比例に上がる可能性なんてたぶん皆無。

知らないため、いや隠されているために、本来恩恵を受けるべき人でも
知らずに、苦しんでおられる方も多いのでは…

宝くじの収益金で公務員向けの退職後のライフプランDVDなんて、
何の目的があるの…?

共済組合の加入者限定富くじならまだしも…

この例に関わらず、一般市民の感覚から?と思うような使途もかなりあるのでは…

この際、宝くじの使途明細を全て新聞紙上に公開してみたらどうだろうか?

そこで一般市民が?と思う使途を徹底的に調べ上げる。

これを実施したら、かなり人気は上がると思う。
 
一般市民がそんなこといちいち言うな!中身もわからんやろ!

仮にそんな反論が関係者から上がってきたら…

百歩譲っても、宝くじを買った市民は権利があるのではなかろうか。

専門家目線から見ればナンセンスな考えかもしれないが
市民目線から見れば、納得、賛同される方も多いのでは…

そもそも、宝くじは買う人がいなかったら、成立しないシステム。

だとすれば、空クジもしっかり持っていて、その枚数に応じて
発言できる、宝くじ購入者友の会なんてあってもいいのでは…(苦笑)

そこで反対多数の使途があれば、検察審査会みたいなシステムで再度審査。

まあ、議員さんや立案する立法機関や行政機関は不都合があるから
そんなこと無視するに決まっているけれど…

不透明な状態が改善されないようであれば、いっそのこと、
皆で宝くじを買わないように国民運動が起これば面白いかも…(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-05-22 16:46 | 社会問題

悪い予感が的中?

4月22日に天災は忘れられたる頃来る。というタイトルで
ブログを書いていました。

その一節にこんなことを…

あくまで動物的カンですが、新型インフルエンザも含め、
ゴールデンウィーク近辺で天災みたいなことが起こる予感が…
 

昨年もちょうど今頃、神戸まつりの時に新型インフルエンザ騒動が神戸で発生。

今年は奇しくも同じ時期に口蹄疫で日本がひっくり返るくらいの大変な、いわば天災。

たぶん、ゴールデンウィークの頃には口蹄疫も初歩の段階だったかもしれません。

それにしても被害を受けておられる皆さんには何と申し上げていいのやら、
言葉が見つかりません。本当に残念、無念で仕方がありません。
e0009772_212435.jpg
 

以前にも述べたかもしれませんが、春の行楽シーズンから
ゴールデンウィークにかけて海外との往来が増えます。

来年から、3月くらいからウイルス感染防止の啓蒙をすべきだと思います。

地理的に見ても、九州は特にアジアからのツアー客が多い地域。

ただ、観光は経済的には魅力である反面、海外で発生しているウイルスが
持ち込まれる危険も併せ持っているのも事実。

今頃になって、薬剤を吸着マットに染み込ませて、靴底の消毒をしているが、
これは平静からでも取るべき対策かと思います。

鳥インフルエンザも新型インフルエンザの教訓も少しも生かされていません。

新型インフルエンザ騒動の時に騒がれたマスク着用や手洗い、うがいの徹底、
街角の人間行動を観察するに、おそらくほとんど忘れ去られています。

手洗いやうがい、靴底の消毒、これはいつ、いかなる時も警戒レベルを下げるべきではない。

家畜の建物や養鶏場はどうしても家畜の密度が高くなるので、
いったん感染しると、あっという間に蔓延するのも自明の理。

だとすれば、入り口の部分でウイルス混入対策をしっかりするべき。

そして、その対策や海外からの入国窓口に感染防止(せめて靴底の消毒くらいは…)
に対して公的補助をすることは前向きな税金の使い方につながると思います。

事業仕分けでカットすることばかり考えるのではなく、積極的に税金を
投入することで、大きな損害を未然に防止し、結果的に無駄な税金の
投入を抑制するくらいの発想も望みたいものです。

その決断ができる人こそ、傑物としてあがめられると思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-05-20 20:34 | ウラを読み解く?

『罪を憎みて人を憎まず』ならぬ『ミスを憎みて人を憎まず』

昨日ご紹介した星野リゾートの教科書に書いてあって感動したので
ここにご紹介したいと思います。

星野リゾートにはお客様対応のミスの情報を共有し、
対策を練るためにミス撲滅委員会が設けられている。

そのキャッチフレーズが冒頭の『ミスを憎みて人を憎まず』

ミスを起こした人の責任を問うことより、同じミスを起こさないことの方が重要。

そして3つのリールがあるとか…

1.ミスを報告する人は『実際にミスを起こした人』、
  『他の人が起こしたミスについて知っている人』のいずれでもよい。


2.ミスをした人を絶対にしからない。

3.ミスを報告してくれたことについてしっかり褒める。
e0009772_016491.jpg

世の中をみても、政治の世界でもミスをとがめることに全力を挙げていることが多い。
 
ミスをとがめることより、そこから学んで次に生かすことの方が大事では…

誰しもミスはしたくない、ましてや自分が起こしたミスを自ら申告することって勇気のいること。

ましてやとがめられると気持ちが萎縮してしまうこともある。

今回の口蹄疫の件も、ミスをした人をまるで魔女狩りの対象にしているような雰囲気。

世の中、ミスを完全に撲滅することはできないが、限りなくゼロに近づけることや
損害を最小限に食い止めることは可能なはず。
 
非常時には原因を早期発見し、発生した事案に一致団結しなければならない。

だからこそ、迅速にミスの情報を収集分析するためには、的確に、スピーディーに
報告・連絡・相談、いわゆる『ほうれんそう』をしやすくできる環境と仕組みづくりが必要なのだが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-05-18 23:58 | 教え

星野リゾートの教科書

先日、本屋でビビっときたのが、この本、星野リゾートの教科書。
e0009772_23311215.jpg

今や、観光業界の再生請負人として注目が集まっている
星野リゾートの星野佳路社長がビジネスの教科書を
読み込み、実践にいかしてきたかを解き明かす書。

終始一貫しているのが次の3ヶ条

1.書店に1冊しかないような古典的な本ほど役に立つ。

2.1行づつ理解し、分からない部分を残さず、何度でも読む。

3.理論をつまみ食いしないで、100%教科書通りにやってみる。

この3ヶ条、言葉にすれば簡単ですが、完全にやり抜いている人はなかなかいない。

まあ、隊長が実践できていることと言えば、足繁く本屋に行っているくらいかな(笑)
 
それぞれの実践例とビジネス書のエッセンスがうまくリンクされていて面白い。
 
ビジネス書を読んだくらいでは成功しない!
 
時代の流れは速いからビジネス書なんて役にたたないのでは…
 
それはきちんと読み込みもせず、100%教科書通りにやっていないことも
大いに影響していると思います。
 
結果を急ぐあまり、いいとこだけのつまみ食いや信念を持って、結果を待つことができていないことも…
 
やはりビビっと僕に訴えかけてきた波動はホンモノのような気がします(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-05-17 23:32 | おススメ本

先日、ヤフーニュースでこんな記事が出てました。
 
UCC 東大合格者への調査で開発したコーヒー発売へ 
e0009772_10313758.jpg

記事によると…

文芸春秋のヒット作「東大合格生のノートはかならず美しい」などの著者・太田あやさんが、
取材でコーヒーを飲む東大合格者が多いことに気づいたのが開発のきっかけ。

UCCで調べたところ、東大合格者は集中力を高めるためコーヒーを飲む割合が一般の中高生より高く、
脳の活性化に役立つ糖分をチョコレートなどで意識的に摂取していることがわかったという。

新商品は、集中力が高まるよう深炒(い)りレギュラーコーヒーを通常の2倍使い、脳の活性化のためブドウ糖を配合。

 
確かにコーヒーにはリラックス効果があり、深炒(い)りすればするほどその効果も高いという情報もあります。
 
また脳はかなりのエネルギーを消化するのですが、そのエネルギー源はブドウ糖だけ!
 
脳は、安静にしていても1日120g、1時間に5gものブドウ糖を消費します。

その反面、少量しかブドウ糖を蓄積することができないので、常にエネルギーを補給しなければなりません。
 
ということは、一度に大量に摂取するのではなく、こまめにブドウ糖を摂取することが効果的。

それが一杯のコーヒーということに具現化されているところがミソですね。

ビジネスマンが会議などで疲れたあと、オフィスでコーヒーを飲んでひと息つくシーン。
 
あれも無意識のうちに身体や脳が欲している、合理的な機能かもしれません。
 
でもどちらかといえば紅茶党の隊長。
 
そうか!頭が良くないのはそのせいかも…(苦笑)

食べ物のせいにしてはいけませんね(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-05-16 10:25 | サイエンス

口蹄疫問題への処方箋

宮崎県での家畜の口蹄疫問題は日々深刻さを増している。

疑いのある例を含めて被害は80余りの農場で発生し、
処分が必要な牛や豚は8万頭を超える勢いだとか…

最初の疑い例が4月9日に農家から県に報告が入り、
県の確認が10日以上かかる間に感染が蔓延したとも
報道されている。

口蹄疫の封じ込めに全力を…日本経済新聞5月15日
 
今回の問題にあたって、まず疑問なのがなぜ宮崎県だけで発生しているのか?

昨年の新型インフルエンザで神戸だけがクローズアップされたことは記憶に新しい。

その話は別の機会に譲るとして、口蹄疫や今後予想される鳥インフルエンザに
対して、いくつかの提言を素人ながらさせていただきたい。
 
まずは小さな発生段階で押さえる施策を制度化すること。
 
小さなな疑い例を報告した農家や事業者には、処分や風評による被害を
迅速に適正に補償する制度を創設していただきたい。
 
何事も発生の初期段階であれば原因追求も容易いかもしれないが、
雪だるま式に大きくなっていくと原因が掴みにくいと同時に
被害金額も甚大なものになってしまう。 
 
目先の小さな金額の補償で被害を最小限に食い止めることは
発生の初期段階ではどうしても見過ごされてしまう可能性が高い。
 
思い切って疑わしきは処分して、補償してしまうことを制度化してしまう。
 
そうすれば担当者も判断の迷うことなく、すばやい行動が取れる。

問題が小さな段階であればあるほど原因も追究しやすいはず!

新型インフルエンザ問題も結局のところ、原因はうやむや…のど元過ぎれば何とやら(苦笑)

2番目は安心安全対策への助成金創設と安心ビジネス創造による雇用創出
 
また、口蹄疫や鳥インフルエンザも含め、中小の食品事業者で
経営的体力の少ないところには、被害リスク低減のレバレッジ効果を
勘案して、思い切って助成金を出すべきではなかろうか。
 
安心・安全に関連する事業によって雇用を創出し、対策を講じない場合に
被害が甚大化することによる経済的損失(いわば事後投入による税金の無駄遣い)を
前向きな安全対策と事業&雇用創出に充当する政策を農水省あたりが
積極的に行ってほしいと感じている。
 
食の安全・安心や品質では世界をリードしている日本が更なる進化を遂げ、
その仕組みと関連産業を構築すれば、やがてBRICSなどの新興国へも
ビジネスとして働きかけることもできると思うのだが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-05-15 15:50 | 食の安全&表示