<   2011年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ニュージーランド クライストチャーチの地震は実に悲惨!

将来を語学留学に賭けた多くの命が失われたことは痛ましい。

その中で、医療英語を習得するために語学留学された看護師さんの多いこと。

まさに医療もグローバル化の時代。

一方で医療ツーリズムで海外から多くの患者を迎え入れることが考えられている。

またフィリピンなどからEPAで看護研修生を受け入れる時代。
3年以内に日本の看護師試験に合格しないといけないという
高いハードルに語学の壁が立ちはだかる。

いずれも語学と医療コミュニケーションの問題が共通している。
 
わざわざ留学せずとも、国内で医療英語を習得できる仕組みがあれば…

医療英語を学びたいと思う日本の看護師と日本の看護師試験を
取得したいフィリピンやインドネシアの研修生の要望をクロスリンクさせて
大きく発展させる仕組みができないだろうか…

そこに海外からの医療ツーリズムの患者とのコミュニ-ケションも学べる。
 
ニュージーランドのキングスエデュケーションに留学していた看護師さんが
目指していたのは医療技術+グローバルコミュニケーション力。

これらのことをすべてクリアーするためには色々と法や規制の壁があると思う。 
 
そういう時こそ、構造改革特区の制度をうまく活用して、
志の高い医療関係者と教育関係者と行政がリンクアップすればうまくいくかもしれない(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-02-28 19:35 | まちおこし

衝撃的なニュースですね!
 
京大入試の試験中、問題をネット掲示板に投稿
e0009772_1944076.jpg
 
ネット時代を象徴する入試問題漏洩。

とうとうここまでインターネットが悪用されるとは…(悲)
 
それにしても試験会場の監督官は気が付かなかったのは不思議。

入試問題に関わらず資格試験や検定試験でも携帯電話は
電源を切って、かばんの中にしまうように指導されているはず。

しかも監督官が見回っていれば分かるはずなのだが…

いずれにせよ、この日のために1年間猛勉強をしてきた
真面目な受験生を冒涜していることは許しがたい!

その昔、昭和40年代に阪大の入試問題漏洩があった。

当時、大阪刑務所で入試問題が印刷されていて、
模範囚の受刑者が入試問題をバレーボールの中に入れて、
それを運動の時間に誤った振りをして塀の外に放って
打ち合わせしていた共犯者に渡すという手口。

今回の問題もネットで解答を募ったために公になってしまったが、
案外、想像もつかない方法で不正手段が行われているかもしれない。

大相撲の八百長といい、世の中どこまでがシロで、どこまでクロか分からないこともある。

真面目に努力している人間にとってはたまらないが、世の中にはグレーな部分もあると
割り切って、出来る限り、その影響を受けないように努力するしか対応方法はないのか…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-02-27 17:06 | 社会問題

くず玉

くす球ではなく、くず玉です。

くず湯の素を巾着袋に包んであるものです。
e0009772_182605.jpg

ここのところ、少し暖かい日々が続きますが、
来週後半から寒の戻りがあるようです。

そんな時に、このくず玉をさっとお湯で溶いて
食べると、身も心もほっこり!

求肥,小豆に赤や緑の寒天が入っているのもうれしい!
e0009772_1828389.jpg

まだまだ寒さは続きますが、冬来たりなば春は遠からじ…

このくず玉をいただきながら、一日も早い春の到来をお待ちしています(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-02-26 18:28 | おいしい逸品

学者でもない、コンサルタントでもない、在野の一市民が
畏れ多くも、マーケティングを定義することをまずはお許しあれ…(苦笑)

最近、ふとマーケティングって、企業活動って何だろうと…?

日本マーケティング協会が1990年に発表した定義は…

マーケティングとは、企業及び他の組織がグローバルな視野に立ち、
顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造の
ための総合的活動である。


立派だけれど、普通の人には分かりにくいし、表現が硬いのは仕方がないかも…

その他、ドラッカーやコトラーといった高名な学者や学会が様々な定義を提唱している。
 
そんなきちっとした定義はできないけれど、ある日ピンと思いついた、私的定義とは…

マーケティングとは…
喜んで代金を払ってくれるお客様を見つける活動である!
 

今や、右肩上がりの時代が過ぎ、顧客を創造すること以上に
顧客から選ばれる時代に流れは大きく変わってきているように思う。

そんな中で、特に中小企業はどう活動すればいいのか?

1.自社の身の丈にあった規模で差別化できる開発力を持つこと。

2.利益を確保できる価格をつけても買っていただける製品を作ること。

3.利益を確保できる価格をつけても買っていただける客を見つけること。

4.喜んで買っていただける客にアプローチすること。
 
お客様が不平不満を感じながら、買っていただいても、そのビジネスは長続きしない。

そんなことは言っても、日々の経営や営業活動ではままならないことも事実。

それでも喜んで代金を払ってくれるお客様を見つける活動をしなければ未来はない。

マーケティングの4PであるProduct(製品)、Price(価格)、Promotion(販売促進)、Place(販売ルート)

それぞれにおいても、前提としてお客様で喜んで支持してもらえるかどうか!

そのための製品であり、価格であり、販売促進であり、販売ルートが決まってくるはず。

自らの経営資源、スタッフで対応できることも自ずと決まってくる。

まずはそこからスタートして、利益を確保しながらパワーアップしていくしかない。

Twitterだ!Facebookだ!だと騒いでいても、自らの手の届くところに、喜んで買っていただける客はどこにいるのか、
どんな製品やサービスを提供していけるのか、どんな方法で知ってもらえるのか…

まず、そこがしっかりしないとTwitterやFacebookも意味がない!

目標が明確になれば、脱兎のごとくTwitterやFacebookを活用すれば大きな力になる。

ひと昔前は規模の大きい企業しかできなかった販売促進もTwitterやFacebookなど
インターネットのおかげで中小企業でも意外なところからお客様にアプローチできる道が拓けてきている。

マーケティングの定義=喜んで代金を払ってくれるお客様を見つける活動である!

この理念を柱に、マーケティングの4Pを肉付けしていく! 
 
この進め方なら、規模の大小に関係なく、堅苦しさも感じず、取り組めるような気もするのだが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-02-25 21:05 | ビジネス

噂の生どら…島根県奥出雲にある松葉屋さんの商品

小倉、抹茶、珈琲、胡麻、チョコ、ラムレーズンがあるんですが…

今回は特別ラインアップ、季節の生どら モンブランといちご!
e0009772_20583329.jpg
 
これはもはや和のどらやきと洋のモンブラン、苺生クリームの融合。
e0009772_2114287.jpg

いわば一粒、いや一個で二度美味しい。
 
どらやきって粒あんだけじゃない!

以前申し上げたどらやきの法則を超越している。

その成功の要因はどらやきの皮の部分をふわふわ感より
しっとり感を重視した薄めの決め細かくしている。
 
これが生クリームやフルーツ、モンブランと心をひとつに

まさにONE FOR ALL、ALL FOR ONE!
 
いちごに至っては苺のフレッシュ感、生クリームのコク、どらやきの香ばしさ!
e0009772_20593476.jpg

これは一度味わってみる価値ありですね(ペコリ)

松葉屋 横田本店
〒699-1822
島根県仁多郡奥出雲町下横田128-25
TEL.0854-52-2131 FAX.0854-52-2157
ホームページアドレスはココをクリック!
by mitsuketai | 2011-02-24 21:01

高槻名物、色々考えてみたら…

そうだ!あった!洋食いろはのコロッケ!

写真手前がビーフコロッケ:80円
e0009772_19554517.jpg

向こう側が和牛コロッケ:150円

正直申し上げて、ビーフコロッケ:80円の方が美味しい(苦笑)

コロッケのじゃがいもがホクホクで甘い!
e0009772_1956303.jpg

これで80円はお値打ち。

こりゃ!高槻名物に認定してみてもいいのでは…

ということで勝手に高槻名物に認定させていただきます(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-02-23 19:58 | 地元高槻/茨木ネタ

大局観

棋士 羽生善治さんの最新著書が“大局観”
e0009772_21143042.jpg

内容は、年齢を重ねるごとに強くなる“大局観”の極意を
余すことなく、公開されているもの。

年齢と経験を重ねる中で、直観力、決断力、集中力を
極める方法を分かりやすく、将棋以外の色々な事例を
交えながら、解説されています。

さすが、羽生さん、すごい読書量に人の対話を通して
すさまじい努力、しかも表に出ない部分での研鑽はスゴイ!
 
棋士って将棋のことしか頭にないのかなあ!と思っていたらさにあらず。
 
ありとあらゆる努力の結果、終わりの局面をイメージすることができる
能力、いや境地が大局観であると…

改めて、NHKの対局を見ていると、大局感をイメージされて
駒を進めているのが何となく、じわっと伝わってくる気がする。
 
将棋の世界でも相手の手の内を読む、我々庶民の日常でも
相手の手の内を読んで、行動を考えようとする。
 
相手が少し違った手の内をひけらかすことで戸惑いを感じる。 
 
凡人はそこであれこれ考えすぎて、ミスを犯してしまう。
 
ところが終局のイメージがしっかりしていれば、今の位置も分かり、
方向性が分かって、大きな間違いは犯さずに済む可能性は高い。

話は脱線するが、政治家の先生方の大局観って何だろう?

しっかり大局観が見えていて、分かりやすく国民に示すことができる
政治家って一体何%いるのだろうか…

さあ、話は元に戻るが、いくら考え抜いても結論の出ないことだってありうる。

そんな時は直感で決めなければならない。

直感とは…(中略)…自分自身が今までに積み上げてきた蓄積の中から
経験則によって選択しているのではないか…

だから研鑽を積んだ者でなければ直感は働かないはずだ。

きちんと論理立てをして説明できるのが直感で、なんだか分からないがこの方が良いと
考えるのが閃き(ひらめき)なのだそうだ。
 

けだし至言だなあ!と実感。
 
閃き(ひらめき)の域を脱しない、僕の動物的カン(笑)

これを閃き(ひらめき)から直感に引き上げるために、相当研鑽を積まなければならない(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-02-22 21:15 | おススメ本

おいしいもの見つけ隊でおなじみ!松山市中島の越智農園さん。

瀬戸内の陽光をたっぷり浴びたイヨカンの季節到来!
e0009772_19182936.jpg

越智さんの飾らない人柄、いつも変わらずおいしいイヨカン。
e0009772_19184533.jpg

あっという間になくなるので、お早めに…(ペコリ)

越智農園のホームページはココをクリック!
by mitsuketai | 2011-02-21 19:19 | ネット直販のススメ

付き合っている彼女の親友を好きになってしまったら…

皆さんならどんな風に考えますか?

こんな三角関係のご相談を受けた方や実際に経験された方も
少なからずいらっしゃるかもしれませんが…(苦笑)

これは“東大生の論理”という本に紹介されていて、
実際に東大の教養課程における記号論理学の
講義でなされている内容の一節。
e0009772_18281993.jpg

状況は次の通り…

ある男子学生Xが性格的にも優しく可愛い同級生Jと
付き合って2年になる。お似合いのカップルで交際も順調と
周囲からも認められている。

そのJには親友Kがいる。Kはクールで美人タイプ。

X、J、Kは3人で行動することもあり、Kは気を効かせて、
XとJを2人きりにすることも多く、最初はXもうれしかったが
そのうちにKのことが気になりだして、Jには申し訳ないと思いつつ、
とうとうKを好きになってしまった。


さあ、あなたがXとしたらどういう行動をとるかという命題。

僕にしてみれば、何ともうらやましい命題なのだが…(笑)

さすが東大生、状況を整理して図式化する者もいれば、
与えられた条件を全て満たす方法を考える者もいたり…

こんな考え方もあるのか…色々と考え方の幅が広がる意味ではタメになる。
 
一般的にXはJをとるか、Kをとるかの二者択一しかないと考えがちだが…

ところが、X、J、Kのそれぞれ2者間の人間関係の組み合わせは8通りできる。

3人ともがお友達関係になることもあれば、3人とも関係がギクシャクして
バラバラになることもあれば、XがJとKに見限られることもある。
 
選挙に例えれば、モタモタしていたら、民主党も自民党も国民に
見限られることだって、選択肢の中にはありうる(ニヤリ)
 
この本の中には実際にアメリカであった投資コンサルタントの詐欺のロジックや
霊感商法のロジックを見破る方法、理性と神秘の問題など、分かりやすく
書かれていて、非常に面白く読めて、考え方や視野も広くなる。

今の世の中、0か1か、○か×かの二者択一、デジタル思考化しているが、
もっと冷静に、幅広く、情報を取捨選択して行動する必要がある。

決して観念的なスローガンにだまされてはいけない。

まあ、いつもながら脱線してしまいましたが…(苦笑)

こんな面白い講義、東大生だけの特権にしておくのはもったいない!
 
東大という名前の敷居を気にせず、ご一読することをおススメしたい(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-02-20 18:28 | おススメ本

長野県諏訪市にある老舗佃煮屋のえびす屋さん!

創業は安政5年、西暦では1858年

ある方からいただいたのがこの店の看板商品でもある、わかさぎ空揚 
e0009772_2020299.jpg
 
諏訪湖で採れたわかさぎを上質の油で
からっと揚げたのが、このわかさぎ空揚!
 
しお味・自然塩・甘辛味の3 種類あるようですが、
隊長がいただいたのは自然塩をふりかけたもの。
 
この空揚はほんと優れモノです。
 
いつまでもからっと揚げたてのカリカリ感が生きている。 
e0009772_201737100.jpg
 
しかもわかさぎの味もしっかり生かしている。
 
わかさぎや油も上質なのは分かるが、油で揚げているにもかかわらず、
油が酸化してベタベタ、いやな味がしないことは素晴らしい!
 
から揚げではなく、空揚とネーミングしているのも、何だか
快晴の秋空のように、すっきりと揚がっているイメージにピッタリかな…
 
たぶん、製法に秘伝があると思うし、その陰には涙ぐましい努力もあるはず!
 
ビール好きではありませんが、キリッと冷えた生ビールにこのわかさぎの空揚…
 
この組み合わせってベストチョイスではないでしょうか

価格は630円 残念ながら地方発送はないとか…(ペコリ) 
 
えびす屋
長野県諏訪市湖岸通3-4-14
TEL:0266-52-0720
営業時間:9:00~18:30
定休日:水曜日
by mitsuketai | 2011-02-19 20:17 | おいしい逸品