<   2011年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

阪神地区にコンセルボというパン屋さんのチェーンがあります。

チェーンのパン屋さんのアイテムは画一性があってイマイチかなあ…

それでも、百聞は一見、いや一食にしかず!

食べてみないで判断や評価を下すのはおいしいもの見つけ隊の趣旨に反する(笑)

そのお店でお客がよく買っていく商品には一食の価値あり!

それが今回ご紹介させていただくカスターネージュ、1個@175円也。
e0009772_17455861.jpg

これはもはや菓子パンの領域からスイーツの領域へ…

このカスタードクリームは絶品です。

見るからに卵たっぷりのカスタードクリーム!

しっかりコク味はあるが、見た目から想像できないほどさわやかな味わい。

パイ生地もサクサク、軽やかさがあって、カスタードクリームを盛り立てている!
 
価格面で言うならば、菓子パン<カスターネージュ<スイーツ…

いや、シュークリームに匹敵するくらいのお値打ち。

なるほどお客さんは正直だ!売れている理由は僕の五感も納得している(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-07-31 17:46 | おいしいパン | Trackback | Comments(0)

お客様の定義

あらゆるビジネスにおいてお客様は不可欠です。

ところで、皆さんはお客様の定義についてどのようにお考えですか?

ズバリ!お客様とはトータルとして儲けさせていただける存在であり、対象です。

時には利益ギリギリであったり、赤字覚悟で仕事を請けることがあっても
最終、トータル的に儲けさせていただけることが前提条件なのです。

相手先がいくら儲けても、自分が儲けなければ意味がありません。

自分だけが儲けても、相手が存続できなければこれまた意味がありません!

ということは相手も儲けて、自分も儲けなければビジネスは成立しないことになります。

それぞれの営業活動で利益を得る、すなわち自他共栄の精神こそがビジネスの基本!

厳しい時代ですが、自分が生き残るために、取引先にそのしわ寄せの全てを
押し付けることはビジネスではないのです。

そこには意味づけが必要なのです。
 
利益を得るために相手先に正当な合理化を求めた結果ではないコストダウンを
押し付けることは、その企業の営業活動なり、ビジネス活動が弱体化して
いることに他なりません。

その時は気づいていなくても、時間が経過すればするほど…

そして気づいた時にはもう…

売上や取引の継続は大事ですが、儲けさせてくれない取引先は
もはやお客様とは呼べないのです。

ビジネスを取り組む相手に儲けさせることができないのは、
自らの活動で儲けが出せないことに行き着きます。

儲けさせてくれない相手との縁はできるかぎり早急に断ち切る!

儲けが出ないビジネス活動は廃止も含めて見直す!

そういうことをシビアに考えなければならない時代になってきたように思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-07-30 18:19 | ビジネス | Trackback | Comments(0)

BCG予防接種事故

地元、高槻市で先月6月28日に西部地域保健センターで行われた
BCGの予防接種(生後6か月未満対象)の事故


一度使えば捨てる管針を、他の乳児にも使った可能性がある!という事故の内容。

対象者の数と使った管針の数が合わない…何ともお粗末。

対策として、接種者全員にお詫びと血液検査を実施するとのことらしいが…

お詫びと血液検査、そして検査の結果異常があったらどうするのか?

その前に、被害にあったお子さんと親の精神的苦痛は計り知れない!

お詫びでは済まされないし、金銭的な補償でも済まされるものでもない。

きちんと原因究明が為されるべきであり、対象者の処分も必要だが、
肝心なのは、なぜ起こったのか、どうすれば二度と起こさないようにできるか!

マンパワーの問題なのか?チェックシステムの問題なのか?

よくあるのが、原因究明があやふやで、とにかく誰かを処分するということ。

訓戒と戒告とかそんな一般市民には訳の分からん言葉で済まされること。

罪を憎みて、人を憎まず!

なぜ起こったのか、どうすれば二度と起こさないようにできるか!

そして被害者に対して誠心誠意できるかぎりの対応をとる。

これこそが罪を憎みて、人を憎まずの本質!

形骸化する調査、報告に終わらず、被害にあったお子さんと親の気持ちになって
真相究明、再発防止にあたっていただくことを切に希望したいものである(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-07-29 19:26 | 地元高槻/茨木ネタ | Trackback | Comments(0)

フレーミング効果とは…

フレーミング効果とは…

人がある選択肢を選ぶ場合、絶対的評価においては同一の選択肢であっても、
選択者のフレーミング(心的構成)が異なると、意思決定が異なってくる効果のこと。
 
たとえば、ある大型客船が座礁して、1,000人の乗客が取り残されたとする。 

そこで船長はA案とB案の対策案を皆に示したとする。

表現方法1
A案による場合、300人が救命ボートで脱出ができる。
B案による場合、70%の確率で全員が船とともに沈没して死亡する。

表現方法2
A案による場合、700人が死亡する。
B案による場合、30%の人が救命ボートで脱出ができる。

多くの人は1ではA案を選択し、2では、B案を選択すると言われている。
 
この場合、客観的にはどちらも同じ内容。
 
つまり300人しか助からないということ!
 
ところが、経済学の世界では、人間は最も合理的な行動を選択することで、
間違った行動を起こさないことを前提に考えることを出発点にしていることが
多いから、合理的な理論では説明できないことがまさに多い。
 
もちろん、その時の感情に流されて、判断を誤るのも人間。
 
同じ内容でも、自分のフレーミング(心的構成)=固定観念に
縛られて、判断を誤ることもある。 
 
また、このフレーミング効果を巧妙に仕掛けられて誤った方向に導かれることもある。
 
このブログでもよく警鐘を鳴らす、1か0か、○か×かのデジタル的思考、デジタル的判断!
 
1か0か、○か×かを言葉に踊らされて、背景に潜む本質を十分検証、
理解をせずに、盲目的に判断することは避けたいものだ!
 
勉強とは何のためにあるかと問われれば、回答はここに尽きるような気がする(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-07-28 23:58 | ウラを読み解く? | Trackback | Comments(0)

スーパーせっかち!

客観的に自分の性格を見つめると“スーパーせっかち”のひと言に尽きます。

おまけに早口だし、時には頭の中では電話で話していることより
先のことを考えていることも…

僕と付き合いのある方々はああ なるほど!とご納得(苦笑)

では、どういうことに“スーパーせっかち”なのか?

先が見えないことにものすごくせっかち!

相手に依頼したことに対する回答が遅いこと!

さらに、ほったらかし!にされること!

手取り足取り指示、説明していることに間違った行動を示されること!

できないなら、はっきりできない理由を言ってくれたほうがマシ!

先方から会いに来て、依頼してきたのに、その後なしのつぶて!

そんな人も結構多いですね!

ということは、報告・連絡・相談にルーズなことに対して“せっかち”になるのです。

そんな僕の気性をご理解いただいている方々からは、
逆に僕が督促しなかったら“どうかしたの?”と
ご心配や安否確認のメール、お電話をいただくこともあります(笑)

こればかりは性格なので、なかなか変えられませんが、
自分にとってはごくごく当たり前で、あまりにものんびりムードや
いい加減で大丈夫!とお考えの人が多くいらっしゃることに問題ありと思っているのですが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-07-27 22:02 | ウラを読み解く? | Trackback | Comments(0)

東日本大震災で供給力に不安のある関東から関西へと…

そういう理由で生産拠点を関西に移した企業もあるかと思います。

その関西が今度は電力不安に…

ここに来て、関西電力が各企業に昨年の契約電力を下回る
契約をして、それを実現したら、料金を割り引く案内を各企業に…

契約をしておかないと、下回った場合は割引はありません!
下回らなかったら、割引はないのは当然です!

多くの生産企業の方々に聞いても、関西電力の相談窓口に
問い合わせると、こんな紋切り型の回答が上から目線で…

今回の電力不足に対する申し訳の言葉は一切ないとか!

ここらあたりの受け答えに今回の電力問題が凝縮されているような気がしますね(苦笑)

ところで、熱源を加工に利用する製造現場のみならず、
多くの製造現場は屋根が高く、屋根に当たる直射日光で
屋内の空気が熱せられ、高温状態になり、作業環境は最悪に…

●屋根にドライミストやスプリンクラーを設置する。
●屋根に断熱材を貼る。

これ以外にも色々な創意工夫は現場を歩けば分かる(ニヤリ)

様々な方法で屋根を冷やすことで室内の空調に使う電力の節電や
製造現場の環境を緩和することはできないだろうか!
 
そこに思い切って、費用援助をする。しかも速攻でやらないといけない!

しかも、従来のような工事が終わってから費用を還付するのでは意味がない。

見積りと申請書類を提出し、工事完了報告を受けたら施工業者に直接支払う仕組み。

これで公共事業のなくなった地方の建設業者の雇用確保にもつながる。

しかもこういったカネの使い方こそが生きたカネの使い方じゃありませんか!
 
これくらいのこと、もっと現場を歩いて、もっと現場の意見を聞けば、
もっと現場が喜び、もっとモチベーションも高まり、もっと経済も動くのになあ…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-07-26 21:30 | ウラを読み解く? | Trackback | Comments(0)

スチームクリーム…

どうせ隊長が紹介するくらいだから、美味しいものに違いない!

ははあ!残念、それは思い込みですね(ニヤリ)

これは最近、あちこちの百貨店やショッピングモールの
インショップで展開されている全身保湿クリームのこと。

まず目を引くのがこのデザインの豊富さ!
e0009772_20471825.jpg

※デザイン画像はスチームクリームのホームページから拝借しております。

コンセプトメッセージが“クリームはひとつ、デザインは無限大”

刺繍作家 吉川まこさんの忘れかけていた乙女心をくすぐるデザインだとか…

そういえば、乙女心をお忘れになっている昔のお嬢さん方が群がっていたような…(苦笑)

この戦略それ自体もスゴイが、それ以上に製品の品質に関わるコンセプトがこれまたスゴイ!

それがネーミングに表現されている、スチームクリーム。

従来、化粧クリームを作る工程では原料を乳液状にする乳化という作業があります。

普通、ワックスや合成化合物の乳化剤を使いますが、このスチームクリームは
それらを使わず、高温のスチームを利用して原料をブレンド。

その分、クリームが肌に浸透しやすいとか…くわしい説明はココをクリック!
 
さらに原料がアーモンドオイルやカカオバター、カラスムギ穀粒エキスにオレンジ花水や
ラベンダー、ビターオレンジ、カモミール、ローズオイルといった天然の産物。
 

アーモンドオイルやカカオバターなど食品原料の化粧品の応用、また食品との融合も昨今のトレンド。

隊長の動物的カン、行動経済学でいうところのヒューリスティックでは、ヒットの予感がビビッ(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-07-25 20:48 | ヒットの予感 | Trackback | Comments(2)

オシャレな宝塚花のみち商店会にある宝塚つるや本舗さん。
e0009772_18241446.gif

※画像は宝塚花のみち商店会さんのサイトから拝借しています。

よく前を通りかかるので、気になっていました!

この季節、特に水まんじゅうが…

なぜか“水まんじゅう”の検索キーワードも増えてきているので…

さっそく購入することに…
e0009772_18252359.jpg

あっさりとした甘さのこしあんにみずみずしさととろり感たっぷりのくず!

ここのお店のあんこはうまい、あっさりしているのにコクがある。

冷蔵庫で冷やしてたべると、のど越しつるりん。

のどをひんやりと通るあのさわやか感でほてった身体に一時の清涼感。

価格も1個120円とお手ごろ。

もうひとつの目にも鮮やかな緑の柚子まんじゅうもおススメです(ペコリ)
e0009772_18262294.jpg

e0009772_18303486.jpg

〒665-0845 
兵庫県宝塚市栄町1-6-2
花のみちセルカ2番館1F
宝塚つるや本舗
TEL:0797-86-2804 FAX:0797-86-2804
by mitsuketai | 2011-07-24 18:28 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(4)

減農薬 有機栽培って何のために…

もちろん安全・安心という側面が強いのは言うまでもなく…

ところが別の大きな目的は、美味しい作物づくりにあるらしい。

そんなことを、先日、ご紹介した山吉果樹園さんの
さくらんぼの紹介記事を見てふと思ったのである。
e0009772_017063.jpg

その紹介記事はこちらをクリック!

確かに完全無農薬にすると、病気にかかってしまい
葉っぱがなくなり、実が結実しないこともある。

化学肥料は即効性はあるかもしれないが、
結果的には土地が痩せてしまう。

収量=収益である農業では、無農薬や有機肥料より
農薬や化学肥料を使ってでも収量を増やすことが
正しいのかもしれない。

遠い将来よりも目先の結果、これまた理解できる面もある。

ところが美味しさを目指すならば、多くの試練を勝ち残ってきた方に
軍配が上がるのは、エリート人間より雑草型の人間の方が
味わいがあり、危機に強いのと同じである。

誰もが簡単に、しかも短期間に成果が上がる方を選ぶのはごく自然。
 
それでも、ほんとうの美味しさ、素晴らしさを求めるにはイバラの道。

はてさて、どちらが正しいのだろうか?
by mitsuketai | 2011-07-23 00:17 | 野菜のソムリエ | Trackback | Comments(0)

いや、毎日とにかく暑い、食欲も落ちてくる(苦笑)

こんな時にあったかいご飯に山椒ちりめん最高。

ここのところお気に入りは京都 とり市老舗の山椒ちりめん!
e0009772_21554779.jpg

関西以外の地域の方々には少々頼りない薄味なんですが、
食べ進むにつれて、じわりじわりと味わいに深みが出てきます。

しかも最後に少しピリッとくる辛さと食欲をそそる実山椒の存在感はまさにエスプリ!

この粋なエスプリ感のある味わいがご飯にピッタリ!
e0009772_21565490.jpg

これも国内産無漂白の極上品のちりめんじゃこに、五月下旬から六月初めに穫れる
若摘みの希少な実山椒という素材でなければこの味わいは出ないのかも…
 
そして素材を生かすも殺すも職人の技にかかっている。
 
もっぱら最近、京都から新幹線に乗る場合の手土産にしている(ペコリ)

山椒ちりめん 60g
840円(消費税込み、送料別途)

株式会社とり市
京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町523
TEL:075-231-1508/FAX:075-256-0273
ホームページはココをクリック!
by mitsuketai | 2011-07-21 21:57 | おいしい逸品 | Trackback | Comments(2)