<   2011年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

サービス産業はともかく、商品を売買して売上を上げるビジネスにおいて
意外や意外に大事なのが、モノづくり部門と営業部隊の間に立って
手配業務を行う業務部門であることはいうまでもないが…

モノをタイムリーに供給できなければ営業部隊も活動できない!
 
モノが供給できても営業部隊にその気がなければ在庫の山! 
 
今日言って明日すぐ用意するなんてことは、メーカーで工程というものに
携わった者でなくても、ナンセンス、非効率、コストアップの要因、ひいては
不良品の発生につながることは自ずと理解できることである。

資材、原料の手配から人のやりくりまで…1つのモノには実に多くの工程と人の関わりがある!
 
営業部隊から情報が来ないからほったらかし!
 
日々の動きや年間の実績、営業部隊との会議、ここから何も感じなかったら
もはや、手配業務としての職責を果たしていない。
 
口を酸っぱく周りから注意されているにも関わらず、同じ失敗を繰り返し、
そのツケを周囲に押し付けたり、弱いものイジメをするとしたら
その担当者は職責を果たしていないし、失格である!
 
僕がその立場で同じようなことを幾度となく、繰り返していたら進退伺いを出すし、
まったく同じ失敗を3回する者が下にいれば、引導を渡す(苦笑)
 
よく手配業務の担当者は野球のキャッチャーに例えられる。
 
キャッチャーはあちこちに目配り、気配りしなければならないし、
ピッチャーが打たれると叱られるのはキャッチャー!
 
時には嫌われても、チームの勝利のためには苦言も呈しなければならない。

実際、割の合わない、きちんとして当たり前、少しでも失敗したらお叱りを受ける!

それでも、ありがとう!おかげで助かった!この感謝のひと言に喜びを感じなければならない因果。
 
それでも周りは見ているもので、自分を捨てて、周りのために頑張っていると
何とか助けようとチーム全体が助けてくれる。
 
一生懸命、誠心誠意努力していることが伝われば、営業部隊も信頼して
納期の調整に協力してくれるし、製造部隊も何とか納期を短くしようと
努力できるはずである。
 
いつ入ってくるか、いつまで続くか分からない注文に工程を開けておいて、
即座に応じる都合のいいメーカーなんてとてもないし、長続きする供給体制なんてできない!
 
手配業務に携わる者は、前もって手配を行い、需給が引き締まってきたら
敏感に撤収を図って、製品や資材の在庫を調整するために、神経質になる
くらいの気持ちで取り組む気概をもたないといけない。
 
営業してくれる者にも、製造・供給してくれる者にも気持ちよくできるように…
 
その反対に相手を怒らせるようなら、問題外!

最近、あちこちでいい加減な態度で仕事をしている輩が多く、
真面目に取り組んでいる人間が迷惑しているのでカツ!を入れたい(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-31 20:49 | ひと言 言わせてもらおう! | Trackback | Comments(0)

天徳のあんわらび

最近、水まんじゅうの検索キーワードが多いのです。
e0009772_20391285.jpg

ところで、水まんじゅうはどちらかといえば、餡と葛の部分が
半々みたいな場合が多いですね!

水まんじゅうとは違い、この季節、餡の入ったわらび餅があります。

この場合は、餡を薄皮のようなわらび餅が包んでいる感じです。

今回は天徳のあんわらびをご紹介!
e0009772_20263371.jpg

これは冷やして食べると最高ですね。

餡のコクと薄衣のようなわらび餅ですが、餡玉の大きさに伍して負けない存在感。
e0009772_20293322.jpg

これをパクリ!と食べるのはこの上もない幸せを感じます。

天徳は難波高島屋の正面 戎橋の入り口にかつて店がありました。

昔々、堺に住んでいた頃、父親がよく大きな三笠(どらやき)を買ってきました。

当時は平野屋のドーナッツ喜八洲総本舗のあんころもちと並んで
我が家の3大お土産スイーツ(笑)

小さい頃はあんまり甘いものが好きでなく、今を思えばもったいないこと(苦笑)

母親がひとりで来る日来る日も持て余していたようでした。

今ならパクパク食べ、サクサクとブログにアップするのになあ…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-30 20:29 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(2)

うま味とは何か!

味には5つの味があるといわれています。

甘味、苦味、辛味、酸味そしてうま味! 

その中でも、うま味は日本で発見された味です。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)によると
主にアミノ酸であるグルタミン酸や、核酸構成物質のヌクレオチドである
イノシン酸、グアニル酸、キサンチル酸など、その他の有機酸である
コハク酸やその塩類などによって生じる味の名前とのこと。

最初にだし昆布に含まれるグルタミン酸がうま味物質であること
を突き止めたのが当時の東京帝国大学の池田 菊苗教授

その後、鰹節から抽出したイノシン酸やシイタケ中のグアニル酸が
うま味物質であることを突き止めたのも日本人研究者です。

そして今や国際的にも"umami" として認識されています。

今や原発問題で日本の食は敬遠されています。

ところが我々日本人にはこのうま味を感じ、活用する能力があると思います。

もっとも、添加物やグルタミン酸ソーダで味の感覚が麻痺している方もいらっしゃると思いますが…

このうま味を大事にする、従来の日本の食文化を大事にすることを
忘れなければ、いつか日本食が世界に復活する日が来ると思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-29 23:48 | 食育&地産地消 | Trackback | Comments(2)

民主党の代表選挙⇒総理を決めること!これ自体おかしいこと。

だって、小沢さんの顔色を伺うか、逆らうか…民主党の方々は国民の方を向いていない。

そもそもそこがおかしい!民主党の学級委員選挙なの?

前原さんが人気がある=それだけで総理に選んでいいの?

最も大切なことは国民を守ってくれるリーダーの資格があるかどうか?

そのあたりを見極め、国民の利益を考えるのが国会議員の資質じゃありませんか?

いい加減な考えで代表を選ぶ民主党の国会議員はみんなで今度の選挙に落とす!

いくら小沢さんのご機嫌をとっても、国会議員は選挙に落ちたらタダの人!

民主党のいい加減な迷走ぶりに対して、自民党は逆にここで総選挙を待たずに
マニフェスト、いや正々堂々と政策を披露して公約を出してほしい。

民主党に任せておいたらダメ、自民党ならこんなことができる!

しかも民主党の薄っぺらいマニフェストじゃなく、骨太の政策公約を…

それくらいのことできなければ、自民党の復権はありえない!

解散を待っていたらダメ、積極的に国民に訴えるチャンス到来!

それを出してくれたら、我々国民ひとりひとりが民主党にNO!をつぶやく!

それができなければ自民党にもNO!をつぶやく!

つぶやく人が増えていったら、それだけでも大きくなれば、うねりとなって
いいかげんなたらいまわし政権に引導を渡すきっかけになるかもしれない(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-28 10:45 | ウラを読み解く? | Trackback | Comments(0)

ふらのメロン

メロンは果肉の色に応じて、赤肉系、青肉系、白肉系に分かれる。

赤肉系として有名なのが夕張メロン!
e0009772_19481364.jpg

それにヒケを取らないのが、ふらのメロン。

マスクメロンなどの青肉系のあっさりとした甘さと比較すると
どちらかといえば、まったりした甘さかな…

そしてこの果肉の赤い色は人参同じくベータカロテン!

美味しく、しかもベータカロテン、太陽の恵みたっぷりですね(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-27 19:48 | 野菜のソムリエ | Trackback | Comments(0)

たまり醤油

懐石料理の刺身などに“つけ醤油”としてたまり醤油が出てきます。

あの、まったりした醤油が刺身に絡まって味を引き立てます。

あっさりとした白身魚の刺身より脂ののったブリやマグロのトロとの
相性がこれまた抜群にいい!

ところでたまり醤油って…

実はたまりとは、味噌醸造の副産物なのです。

味噌の上にたまった液体を醤油として使用したのが始まり。

そもそも醤油ではなく、味噌を作る工程で生まれるところがミソ(笑)

自然に出来上がるたまり(溜)は、時間と手間がかかる為、大量には出来ません。

甘ったるいたまりに出くわすことはありますが、それは元来の製法ではなく、
醤油で香り付け、カラメルで色付け、天草エキス等で甘み付け、
粘りは水飴、味はアミノ酸で仕上げ、量は塩水で延ばしている場合があります。

似非なる“たまり醤油”ではいい肴の刺身を台無しにしてしまいますが、
正直なところ、脂ののった刺身につけて比べるとたまり醤油の真価は一目瞭然!

いやホントは一舌瞭然がふさわしいかもしれませんね(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-26 21:36 | 食育&地産地消 | Trackback | Comments(2)

姫路の銘菓 玉椿!

姫路の銘菓で有名なのが、伊勢屋本店の玉椿!
e0009772_20175554.jpg

見ただけで玉のような色鮮やかな椿をイメージします。

しかもこの玉椿のスゴイところはしっとりとした黄身餡を
薄紅色の求肥で包んでいること。
e0009772_20184756.jpg

薄紅色の求肥から透けて見える黄身餡が
椿のめしべを何となく表現している。

黄身餡も原料の幻の白小豆の薄黄色を生かしている。

それが薄紅色の求肥を通して、玉のような椿の立体感を醸しだしている。

11代将軍・徳川家斉の娘と姫路城主酒井忠学との婚礼を祝って 
作られたのが、この玉椿の由来だとか…
 
その時代から続いていることが何とも素晴らしいこと!
 
まさに継続は力なり!なかなかできることではありません(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-25 20:19 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(6)

京都から朝早い新幹線で東上する際に手土産に困ることがある!

最有力候補は満月さんの「阿闍梨餅」だが、午前9時にならないと
JR京都の新幹線お土産売り場には並ばないとか…(困)
e0009772_21141482.jpg

満月さんの「阿闍梨餅」はおいしいもの見つけ隊でも早くから
取り上げている、今や京都土産の定番中の定番に…


以前は早朝でも大丈夫だったような記憶があるのだが…(苦笑)

そこで、期間限定ではあるものの、重宝するのが
グランマーブルのデニッシュ食パン 京都三色
e0009772_2115208.jpg

「祇園辻利」のお抹茶と爽やかな甘酸っぱい苺の生地と
プレーンを織り交ぜた色鮮やかなデニッシュ

箱のデザインはスタイリッシュでヨーロピアン
e0009772_2116943.jpg

一見ヨーロピアンっぽいデニッシュも抹茶といちごの色使いで
一瞬、京のみやびを感じさせるあたり、ポイントも高い。
e0009772_2117850.jpg

JR京都駅 新幹線ホーム1階の土産物売り場では
8月末までの期間限定らしいのでこの機会、京都に
お越しの方はぜひトライされてみてはいかがですか(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-24 21:18 | おいしいパン | Trackback | Comments(4)

神様のカルテ3

もうまもなく8月27日 映画 神様のカルテが公開されます。

このブログではいち早く、神様のカルテを取り上げていたので、感慨ひとしお!

神様のカルテ、神様のカルテ2も発売と同時に一気読みの状態。

今の医療、高齢化社会や医療スタッフの過酷労働などを取り上げながら、
ヒューマニティーな部分がそれをカバーしてくれるのが何と言っても素晴らしい。

ところで神様のカルテ3って…

実際にはあるのですが、本屋ではなかなか見つからず…

実は神様のカルテ3は、小学館の小説誌『STORY BOX』24号(2011年8月5日発売)
第1話・前編が掲載されています。

たまたま偶然、本屋さんで見つけたのですが、前作、前々作に違わず、またも引き込まれます!

ますますパワーアップされる神様のカルテ、新刊も映画も目が離せません(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-23 19:28 | おススメ本 | Trackback | Comments(0)

桑田監督待望論!

桑田 真澄、 佐山 和夫の対談 野球道(ちくま新書)を読んだ!
e0009772_10161246.jpg

この本を読んで、直感!巨人軍の時期監督は桑田真澄しかいない!

阪神ファンの僕が巨人軍の監督をあれこれ言うのはおこがましいが、
彼の野球に対する考え方を拝見して野球界全体の発展を考えると彼しかいないと…

野球に対する真摯な考えは、指導者になって、選手に説明しても
おそらく理解できて、それがプレーにつながると思うからである。

メジャーにあこがれる風潮もあり、野球の本場アメリカのメジャーリーグは
素晴らしいと思うが、もはやメジャーリーグは野球の本質を忘れている。

薬物依存やきたない、ずるいプレーの横行、未だにはびこる人種差別に
興行優先のコマーシャリズム…

たぶん、近い将来、メジャーリーグは衰退するだろうし、学生野球以来の
野球道を発展させてきた、日本の野球は決して今のメジャーリ-グの野球に
追随すべきではない。

そして今の日本のプロ野球もきちんと体系的に野球を考えている指導者も少ない。

ノムさん(野村克也監督)も人間道をしっかり説かれるように、
野球の底流にはしっかりとした人間学があり、そこがプレーに通じないといけない。

いくら監督が優秀でも、ボンクラの口だけ出してカネを出さないオーナーを
何とかしなければいけないが、監督や指導者がしっかりすることも重要。

野球人としての人間道も合わせた野球道を指導できる人材に
これからの日本の野球界を支えてもらいたいと思っている(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-20 10:16 | おススメ本 | Trackback | Comments(0)