<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今、被災地では来月早々に失業給付が切れる問題が目前に迫っている。

ギリギリになってようやく延長の措置が取られたようだが、
もっと早くに決定ができなかったのか…と思うと腹立たしい。

家族も住む家も仕事も津波や震災で奪われ、想像以上に
これから生きる意欲や希望が失われている中で、来月から
失業給付がなくなったらどうしよう…と不安な気持ちは当然。

もう1ケ月前でも早く決定していれば、いくらかでも気分は楽なのでは…

先日、衆議院の予算委員会で自民党の小泉進次郎氏が
小宮山厚生労働大臣に代表質問をしていた。

東日本大震災の被災地で失業者ががれき撤去などを行った場合、
無給でも当日分の失業給付が受けられないケースがあることを指摘。
 

小宮山さんは制度上の問題とか、日にちが伸びるだけで
日数は変わらないから、本人に不利益はないとか…
 
少しでも被災者の身になって考えれば、目の前」の生きる希望が欲しい時くらいは理解できるでしょ! 
 
制度上の問題なんて解釈の仕方で被災者にとって有利な方法なんていくらでもあるのでは…
 
被災地で失業した人が休業中の会社で清掃などを無給で手伝ったとき、
「自発的」なら失業給付が出るが、社長の「お願い(業務命令)」があった場合は
当日分の失業給付が受けられなくなる…
 

経営者にとっても従業員にとっても、そんな杓子定規に対応されたら
1日も早い復興を願って頑張っている気持ちに水をさす。 
 
その点、どこのハローワークにも言えることだが、求職者に対する
サービスの意識は低いし、その監督・企画立案部門も知恵がない。
 
ハローワークの職員をいったん解雇して、自分で求人を開拓できた者だけ
再雇用するくらいのことをやらないと意識は変わらないと思うが…
 
それでも被災者の気持ちを汲み取った対応はしてほしいなあ…
 
明日へ生きる希望、そのためには何ができるのか?被災者はそこを求めているのに…
 
小泉進次郎氏、個人的にはそんなに好きではないが、今回のボランティア就労制度の提案
現地の事情を踏まえたなかなかの内容と評価したい(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-09-30 18:58 | 社会問題 | Trackback | Comments(0)

たねやの近江栗大福

たねやの季節限定商品の近江栗大福

栗をまるまる1個くるんだ大福餅。
e0009772_132417.jpg

ここまでの発想はあちこちにある!

いちご大福の“いちご”を“栗”に置き換えてみれば、言ってしまえばそこまでだが…

そこで終わらないのが、たねやのスゴイところ!

普通、餅の部分は柔らかい、求肥のような薄い餅でくるむところ、
この栗大福は、おはぎのようにもち米を半殺しにした素朴感。
e0009772_1331056.jpg

おはぎと餅のちょうど中間の強めの半殺し状態(笑)

注釈…「本殺し」とはお餅。「半殺し」とはぼた餅(おはぎ)のことで、お米のすりつぶしの度合いのこと

餅の部分が少しゴツゴツっとした感があるのに対して、
中身の粒あんはあっさり控えめ、栗の甘露煮も
しっかりその存在感を示している。
e0009772_134950.jpg

たねやさん、なかなかやるなあ…

1個:210円(税込)はそれなりの価値がありますね(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-09-29 19:59 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

イミテーションが本物を駆逐する!
 
最近の食品業界でのヒット商品を見るとそんな気がしてならない!
 
極端な言い方をすれば、天然着色料で本物らしき色をつけた液体に
酸味料や糖類で味を調整し、本物らしい香料で風味をつける…
 
正真正銘、天然の原材料のみをふんだんに使用して製造された食品より、
上記のようなイミテーション食品の方が“ほんまもん”と評価する消費者が
増加してきているのも事実。
 
たった0.1%くらいでもヒアルロン酸やコラーゲン、グルコサミンといった
機能性物質が入っていれば、あたかもたっぷり入っているかのように
想像を膨らませ、そこに美や機能を求める風潮も現在のはやり!
 
一見、高価そうに思えるイミテーションも案外コストは安く、
その分を大量の宣伝広告費を使って、業績を上げている
メーカーや会社が現在の勝ち組となっている。
 
一方で、天然の原料で、真面目一筋、本物は本物らしく
作っている製品はなかなか評価されず、場合によれば
安価なイミテーション食品と同じ土俵で価格競争に巻き込まれ、
苦戦しているところも多いと耳にする。
 
厳しき経済情勢の中で、生き残るためには、うまくイミテーション技術を
使って、業績を上げ、利益を確保していくことは、企業の持続性
ゴーイング・コンサーンとしては当たり前かもしれない。
 
その一方で、いわゆる“ほんまもん”も絶滅していく可能性も高くなる。
 
いやはや、はてさて、これからの時代はどうなっていくのだろうか…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-09-28 19:58 | 食育&地産地消 | Trackback | Comments(0)

サーカスのゾウ!

ゾウは大きな動物で、鼻で軽々と大木を持ち上げたり、
怒ると凶暴になってあちこちをなぎ倒したり、踏まれたら
一瞬にして即死してしまうほどの力持ちです。

そういえば、僕が小学生の頃、ゾウさんが踏んでもつぶれない筆箱ってありました(笑)

ところで、そんな力持ちのゾウですが、サーカスなどでよく見かけるゾウは
小さな杭につながれていて、じっとおとなしくしています。

あれだけの怪力パワーを持ちながら、不思議だとは思いませんか?

それは小さい頃にある種のしつけというか、刷り込みをされているからなのです。

まだ小さな子どものうちに、杭につないで、いくら自分の力で
杭を引き抜こうとしても引き抜けないことを体感させるのです。

その体感したことがトラウマになって、大きくなっても杭につながれると
“自分の力では引き抜けないもの”と思い込んでしまうのです。

親でも、学校の先生でも、職場の上司やトップでも
人を押さえつけて、自分の意のまま、命令を聞かせようと
させる例があります。

しつけとは“してはいけないこと”には厳しく、“していいこと”については
本人の自主性や素質を時には優しく見守り、時には手を差し伸べて
伸ばしていくことです。

それを押さえつけ=しつけ、教育と勘違いされては困るのです。

そこには愛情が欠けているのです!

そういう愛情のない、都合のいい押さえつけを受けてきた者は
何ごとにも萎縮してしまい、その結果として自分の都合のいいように
言い訳を考え、チャレンジする精神を失ってしまうのです。

皆さんの身の回りでもこういう事例を見たことはありませんか?

チャレンジする気持ちがない、やる気のない人間を見たら、
背景にはサーカスのゾウみたいな現象があるかもしれません(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-09-27 19:43 | ウラを読み解く? | Trackback | Comments(0)

おいしいもの見つけ隊ではチョコりんとで有名な岡部製菓さん

チョコりんとをメルマガでご紹介させていただいたご縁で
いいお付き合いをさせていただいています。


とにかく研究熱心、新商品の開発力、スピード感には脱帽!

培ってきたかりんとう製造技術の伝統と蓄積を大事にしながら、
常に一歩前へと休むことなく歩んでおられます。

その岡部製菓さんの注目イチオシ商品がグラハムごぼうかりん!
e0009772_17391775.jpg

説明は画像をご覧いただればお分かりだと思いますが、
健康素材の小麦全粒粉(グラハム)とごぼうを生地に
練りこみ、こめ油で揚げ、金胡麻、醤油、唐辛子を
含む糖蜜をかけてかりんとうに仕上げています。
e0009772_1740012.jpg

実際、かりんとうと言えば、甘いイメージがあるのですが、
グラハムごぼうかりんはどちらかといえば、健康スナックみたいな感じ。

あくまで推測ですが、甘いイメージを払拭するために
“グラハムごぼうかりんとう”ではなく、“グラハムごぼうかりん”に…

そのまま食べても美味しいのですが、それ以上に
ビールや焼酎のつまみにもピッタリ!
by mitsuketai | 2011-09-26 19:40 | おいしい逸品 | Trackback | Comments(0)

講談社から新刊本の案内がメールマガジンで届く!

毎回、目に付く本は書店で見てから買うのだが、
今回はタイトルと案内を見て、即決買い(苦笑)

瀧本哲史著 武器としての決断思考
e0009772_2056524.png

京都大学で毎回、立ち見が出るほど満席になると
有名な“意思決定の授業”を一冊に凝縮したもの。

世間一般の人で感じている人は少ないように思うが、
時代の流れは、決まった答えがないカオス(混沌)の時代。

今までのように、決まったレールを歩めば、それで
大体の人生設計ができた時代はまさに今は昔。

これからは自分で答えを見つけ、自分で意思決定を
していく、ゲリラ戦を行く抜かなければならない時代。

しかも、現時点では正しいと思っていた解答が
一夜明ければあっという間に間違っているようなことも…

何が正しい解答か?誰もが予測できない時代。

本格的なディベートを通じて、メリット、デメリットを
的確に理解し、賛成、反対の立場を整理して、
俯瞰をしながら、その時点で最善解を見つけ出し、
行動を起こしていかないと、もはや生き残れない時代。

まさに自分の運命や人生は選択の結果である。

人任せ、専門家任せにしていたら、判断を誤る時代に…

いまや、勉強していない専門家に全てを委ねることほど危険な行為はない。

人生のあらゆる局面で、自分で最善解を見つけ、行動する!

勉強も自己研鑽もなく、邪魔臭いだけでは済まされなくなってきている。

瀧本センセイのおっしゃられることは素晴らしい!

教養課程の授業でありながら、受講生の4割が天下の京大医学部生ということもさすが!

エリートコース中のエリートほど、危機感を感じているのがスゴイ!

自分で答えを出す思考法のヒントやエッセンスが詰まっているのがおススメの理由。 

まあ、危機感のない、意識の低い、何事も他人任せの方々にとっては、無用かもしれないが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-09-25 06:58 | おススメ本 | Trackback | Comments(0)

大阪市天王寺区にある和菓子の老舗 本松葉屋さんの銘菓 千家老松 
e0009772_1730325.jpg

お店のホームページの商品紹介によると…

上質の小麦粉、上砂糖、玉子の黄身だけで、
油も一切使わず、創業以来80年変わらぬ技法で
焼き上げた和風クッキーでございます。

無添加の素朴でヘルシーな美味しさをぜひお楽しみください。

 
バターも油も使っていない素朴な味わいでまさにジャパニーズクッキー!
e0009772_17305125.jpg

上品な味わいがじんわりと来ます。

そこが上質の小麦粉、上砂糖、玉子の黄身だけの
シンプルな味わいが三重奏になって口の中に広がります。

そして、この形、何かに似ていませんか?
e0009772_17314146.jpg

そうお店の本松葉屋さんの屋号にちなんで“松葉の形”

油やバター使っていない分、焼き上げているので
少々硬めですが、その分、じんわりと素朴な味わいを
楽しむことができます(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-09-24 07:23 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

市民ボランティア団体「水戸黄門愛好会」が
テレビドラマ「水戸黄門」(TBS系)の放映存続を
求める全国署名活動を始めた。

 
水戸黄門愛好会のホームページはこちらをクリック!

視聴率低下やマンネリ化という理由で、長寿番組の放送が中止されようとしている。

そこでTBSやスポンサーのパナソニックに対して、存続を求めるのが署名の趣旨!
 
結論として、水戸黄門の存続には大賛成!

何もかも視聴率という数字だけで中止するのはおかしい。
視聴率の反対に継続率というのもあっていいのでは…

パナソニックさんも長年恩恵を被った水戸黄門を袖にするのもいかがなものか?

海外の商標の問題でナショナルブランドに統一できない理由も分かるが、
ナショナル、松下の名前を消し去るのは創業者 松下幸之助氏の
ご遺志に反することではなかろうか…

変化や革新を常に考えることは必要である。

一方で長年の伝統を伝えていくのも重要である。

スポンサーが松下電器からパナソニックに、ナショナル劇場からパナソニック劇場に変わっても、
月曜の8時=水戸黄門の流れだけは存続していくだけでも価値があると思う。

継続していくことで、さすがパナソニックさんと評価も上がるはず。

もちろん番組スタッフにも、残すところは残し、本質を壊さない革新を行う努力も必要。
 
勧善懲悪とは程遠い世の中にあって、せめて月曜日の8時45分には、印籠をかざして、
葵の紋所で、ご老公が悪を懲らしめるというのは一種の文化である。

何もかも変えてしまう!という考え一辺倒もいかがなものか?

ずっと伝えていく、存続させるという考えもあってもいいはず!

文化として、日本人のよりどころである、水戸黄門という番組を残すことも
企業のメセナとして考え直していただくことはできないだろうか…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-09-23 06:58 | 偉大なる人々 | Trackback | Comments(0)

電車が止まる理由

ここ2、3年、JRを中心に朝の時間帯、電車が遅れたり、止まったり…

その主な理由を覚えている限り拾い上げてみると…

①人身事故…これは以前より減っているとはいえ、未だよくある理由。
         なぜか朝8時頃、夕方18時頃に集中しているような…

         おそらく自殺だと思うのですが、社会問題として
         人の命という経済的損失を防ぐ方策を考えてもらいたい!

②お客様の救護…電車で気分の悪いお客様を救護していたための遅れ

         これはなぜか大阪方面行き、滋賀県から京都までの間が多い。
         長距離通勤にストレスが重なって、無理をされている人が多いのかも         
         
③踏み切り遮断棒が折れている…安全確認のために運転見合わせ

         JR山崎駅付近、摂津富田-茨木間、学研都市線に多いような…
         あやうく京都から東京へ行く新幹線に乗り遅れそうに…(苦笑)

④線路の橋脚に車両が激突…結構多い!大型車両や重機運搬車両の
                  運転従事者の注意怠慢!昔はそんなになかった!

⑤信号トラブル、車両で走行中に異常な音を認めたため…整備はどうなっているの?

⑥線路内に人が立ち入ったため…いわゆる“鉄ちゃン”の中にも人の迷惑を省みない者もいる。

⑦踏切内の立ち往生…遮断機が下りているにも関わらず、無謀な横断が原因

⑧動物との衝突…湖西線でイノシシ、鹿の連続衝突があった時には参った(苦笑)

⑨車内においてお客様の迷惑行為が発生したため…いわゆる痴漢行為!

まだまだ原因はあるが、毎日何らかの事情でダイヤの遅れや運転見合わせが発生している。

朝のNHKニュースで関西のJR、私鉄各線はほぼ正常に動いていますとの放送。

この“ほぼ”って実に便利な言葉(笑)“ほぼ”ってどの程度の範囲を指し示すのだろうか?

はてさて、JRをはじめ鉄道各社は統計をとって対策に生かしているのだろうか?
 
自殺による人身事故の多い時間帯、区間に自殺防止の対策を考えるとか?

踏み切り遮断棒の破損が多発する箇所に監視カメラを設置するとか?

大型車両がぶつかりそうな橋脚に防止のバーを設置するとか?

もはやそこまで考えないといけない社会になってきているのかも…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-09-22 19:28 | 社会問題 | Trackback | Comments(0)

今回、ご紹介させていただくのはいづみや本舗さんのミルク饅頭 蕪楽(ぶらく)

サイズは小ぶりなんですが、ミルクの風味がぎゅっと凝縮されています。
e0009772_2140245.jpg

お菓子の説明をホームページから引用すると…

丹念に練り上げ、しっとりした白餡を、上質のバターを使った
ミルク風味の皮で包み込み、ほんのり甘い、やさしい口溶けの
饅頭に仕上げました。 

 
皮にはバターを使っていてミルク風味なのですが、
中の白餡にもその風味が凝縮されているような感じ… 
e0009772_21404872.jpg
 
そして何よりスゴイのが、口どけの良さ!
 
ミルク風味の皮、白餡が何の境目もなく、
一体となって、口の中に溶けていくのです。 
e0009772_2141349.jpg
 
普通、饅頭はどうしても口どけ感にイマイチな
商品もあるのですが、この蕪楽は秀逸! 
 
このブログをご覧の方々にはご旅行やご出張で
大阪や神戸にお見えになることもおありだと思います。 
 
実はこの蕪楽(ぶらく)を販売しているいづみや本舗さんの
店舗がJR新大阪駅や新神戸駅にもあります。


このミルク饅頭 蕪楽(ぶらく)はあの博多土産の定番、博多とおりもんに匹敵!いやそれ以上かも!
 
定番の関西土産もいいのですが、隠れた関西土産にこの蕪楽(ぶらく)をおススメします(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-09-21 19:37 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)