ぼちぼち 復活します!

昨年10月15日よりブログを休刊していました。

実はその2日後、11時間に及ぶ食道ガンの手術を受けていました!

8月頃、食事のあと、しゃっくりがひどいので、内視鏡検査を
受けたら、食道と胃の接合部分にガンが見つかったのです。

それまで定期的に健康診断は受けていたのですが、
食道ガンはなかなか発見が難しいと言われています。

ここ2年間のひと言では言い表せることのできない
苦難の連続によるストレスが原因だと思われます。

何せ、タバコは吸わない、酒はほとんど飲まない、お姉ちゃん遊びはしない!(笑)

手術前に麻酔科の先生と話をしたら、そういう真面目な人間も食道ガンになるんやなあ…(ポツリ)

一般的なガイドラインとして、食道ガンの手術の場合、お腹を
タテにバッサリ、胸は肋骨を1本折って、ヨコにバッサリ…(苦笑)

地元の大きな病院でもなかなか手術の症例は少ないし…(困)

色々と検査を進める一方で、胸腔鏡を使った最新の手術をしていただける
神の手を持ったスーパードクターの先生にお願いして手術は無事成功!

この手術は並外れた熟練の技術をお持ちになられている先生しかできません!

ガンは切除、リンパ節への転移もなく、先週受けた半年後の
検査でも異常はありませんでした(ホッ!) 

胸腔鏡を使った手術は傷口も比較的小さく、手術の2日後には
ICUで歩行器を使って何とか歩いていました。

1ヶ月の入院期間中、主治医の先生もほぼ毎日、一緒に手術を
していただいた担当医の先生は毎日朝、昼、晩と回診していただき、
看護スタッフの皆さんには献身的な看護をしていただきました。

ただ、食道ガンは手術すると、何せ食べることが苦痛で、
何度も吐きながら食べるの繰り返し…いやはやこれには参った!

食べることが唯一の楽しみ、味覚=仕事に直結する人間にとっては本当にショックでした。

体重は20Kg近く痩せましたが、会う人は皆、スリムになってよかったね!とか、
その体型を維持しなきゃ!とか、誰ひとり痩せたという大変さを気遣ってくれません(苦笑)

最近になって、ようやく食べることにも慣れ、味覚の鋭さと動物的勘は戻り、
口の悪さは元通りいやそれ以上かも(笑)、普通に颯爽と歩くこともでき、
メールと携帯とパソコンがあるので仕事の対応も年明けからボチボチ動いています。
e0009772_1819213.jpg

突然の宣告からここまで復活してくる過程で医療関係者の皆さんはもちろん
実に多くの方々のご支援をいただいたことに感謝しています。

連日、見舞いと世話に遠距離を通ってくれた家族と叔父。

僕の勉強仲間で超能力を持つ女性は娘さんと連日お見舞いに…

彼女が遠隔操作で送ってくれるエネルギーパワーは実にスゴイ(驚)
脳梗塞で倒れたおじいさんがたった4ヶ月で自分で運転してドライブするようになるくらいですから…

僕の入院前後に、仕事のプロジェクトを分担して支えてくれた友人、知人。

お見舞いや励ましのメールや貴重なアドバイスをいただいた皆さん。

ご加護を下さった神様、仏様、ご先祖様!

一時の悪夢を考えると、命を拾っていただいたような気持ちです。

これからはあまりカリカリせず、ゆったりと、ガンが再発しないように
うまく身体とつきあっていかなくてはなりません!

まあ、記事の内容は以前と相も変わらず、支離滅裂、思ったこと、
感じたこと、おいしかったこと、出会ったこと、勉強になったなあと感じたこと、
そして、時には怒りに吼える(これがガンには一番悪いらしいが…笑)を
ボチボチ、気の向いた時にアップしていきたいと思っています(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-04-26 20:58 | その他