美人は夜作られる!

“美人は夜つくられる”このキャッチコピー、あちこちでよく使われています。

ところで、このキャッチコピーはいつ頃からあったのでしょう?

なんと昭和27年だそうです。

大阪の化粧品メーカー桃谷順天館が当時発売して、画期的なヒット商品となった
洗顔クリーム『明色クリンシンクリーム』のラジオ広告に使われた
キャッチコピーがそもそものはじまり!

当時としては、油成分が入った化粧品をおとす洗顔クリームとして
画期的で、世の多くの女性が銭湯したため、銭湯のお湯に
化粧品の脂分が浮くという弊害もあったとか…

“美人は夜つくられる”のキャッチコピーを使ったラジオ広告は
夜10時の時報とともにラジオから流れるのが、最大の落としどころ。

実は人間の細胞の再生が行われるのが、夜の10時から夜中の2時。

この時間にきっちり睡眠をとって、身体を休めることができているかどうか?

がん細胞も同じで発生しては、消滅するのだが、そのためには細胞の再生が
必要であり、その効果的な時間帯が夜の10時から夜中の2時。

もちろん荒れたお肌の修復にとっても大事なのは夜の10時から夜中の2時。

お肌にとって大敵である化粧品の油分や皮脂をしっかり洗顔して落とし、
夜の10時から夜中の2時の間の修復タイムにしっかり睡眠をとる。

ライフラインに携わっていただいている方々、看護士さん等夜勤業務に
精励していただいてる皆さんにこんな話は申し訳ないことです。

ところが夜な夜な、女子会と称して“飲み食い歩いておられる美人の皆さん”

お肌が気になりだしたら、このキャッチコピーを思い出してみませんか?

“美人は夜作られる!”

折も折、関西地区はこれから節電15%の厳しい夏を迎えます。

深夜放送は中止、午後10時以降のネオンは消灯、午後8時以降の残業禁止、
はたまたサマータイム制の導入も含め、早寝早起き三文の得。

街の中で美人、それも素肌美人が増えだしたら、それは早寝早起きの効果かも…(ニヤリ)

確かに鮭に含まれる赤い成分でお肌への浸透圧の高い高級なゼリータイプの
化粧品も素晴らしいですが、夜の10時から夜中の2時の睡眠、これは
そんなにお金がかかりませんので、これもひとつの考え方(ニヤリ)

皆さんにここまで申し上げている我が身も健康のため、夜の10時から夜中の2時の睡眠を
日々実践しなければなりませんが、ふと気になることを思い出してしまうとついつい夜更かしを
してしまいます(苦笑)

“美人は夜作られる”と並んで“細胞修復、疲労回復、ストレス解消は夜行われる”

この言葉を肝に銘じて実践していかねば…つい我が身を省みる毎日です(ペコリ)

※参考引用:産業技術史資料情報センター 産業技術史資料情報データベース
        桃谷順天館ホームページ   
by mitsuketai | 2012-05-19 15:08 | 教え

一途に、一心に

先日のNHK プロフェッショナル仕事の流儀はあの天野篤先生!

天皇陛下のバイパス手術を担当された先生なのですごく関心がありました。

この番組は感動しました!

どこに感動したのかと申し上げれば、それは天野先生の姿勢。

番組のタイトルにもあるように、一途に、一心に。

どの患者さんにも一途に、一心に取り組まれる姿勢。

決して最後まであきらめない、後悔しないためにあらゆることを想定されるご努力。

そのために月曜日から土曜日まで病院に泊まり込みで、全力投球。 

その原点が番組ホームページにも書かれているお父さんとの関わり合い。

若き頃、第一助手として立った父親の心臓手術。心臓に縫い付けた人工弁の糸が1本緩み、
それがきっかけとなって、父親はかえらぬ人となった。

天野は、「父は、心臓手術でこうしてはいけないということを、自分の命とひきかえに教えてくれた」という。


これが天野先生をして、そこまで自分のモチベーションを高めておられることを初めて知りました

僕も今回、素晴らしい先生に11時間を超える手術で命を拾っていただいたので、
自らを重ね合わせるように、この番組を拝聴していました。

誰にも、どんな仕事にも、それぞれに役割があります。

大事なことは自分の能力の限りを尽くして、あらゆることを想定して、事に臨み、
後悔しないために、全力を尽くすことだと改めて感じています。

善良なる性根と決してあきらめない執念を持ち続けて、日々勉強し続ける!

最後はやっぱり、性根と執念と勉強ですね。

立派な先生に出会えることは患者にとって本当にありがたいことです(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-05-16 20:50 | 偉大なる人々

電車やバスに乗っていると、よく足を組んでいる人を見かけます。

狭い場所で、周りのお客様の邪魔になるのに、大して長くない足を折り曲げるかのように…(困)

おそらく、ご本人はカッコよさを表現しているつもりなのでしょう!

ところで、定期的に整体の先生に骨盤のゆがみを治してもらっています。

僕の場合、決まって左側にゆがみが生じます(苦笑)

施術前に仰向けに寝て、両方の足の長さを比べると、毎回その差が歴然(驚)

この話を聞いて、ひょっとして笑っておられる方はいらっしゃいませんか?

そんなあなたも実は毎日知らず知らずのうちに骨盤がずれている可能性は大。

ほとんどの人は日々の身体の動かし方や寝相のクセで骨盤にズレが生じているはずです。

“ゆがみ”が身体全体のバランスを崩し、それが万病のもとにつながります。

まっすぐに座ったり、まっすぐ寝ていたりすれば、骨盤のゆがみが生じる可能性は
少ないのですが、寝返りを打ったり、変な座り方をしているとズレる可能性は大。

先日も施術の前に変な座り方をしていたので、それがズレの原因という話から、
座っている時に“足を組む”のも骨盤にゆがみが生じるということに…

狭い車内で、周囲の迷惑を顧みず、カッコつけて“足を組む”行為。

知らず知らずのうちに、自ら自分の骨盤にゆがみを生じることに…

気がついてみると、先日も、病院の検査待ちのソファでつい足を組んでいました。

こりゃ!いかん!ふと我にかえって、まっすぐ座り直す毎日です。

皆さんも一度、自分の姿勢を見直すきっかけにしてみませんか(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-05-15 10:00 | 教え

文字通り、食事がなかなか喉を通らない日々がありました。

そんな時に有難かったのが、りんごと山芋とこの鰹でんぷに温かいご飯!

ご飯の前にりんごを食べ、山芋を食べて消化をよくしながら、ご飯にこの鰹でんぷ!

添加物は使っていないし、鰹の旨味が凝縮されています。
e0009772_19561632.jpg

これは本当に掛け値なしのおススメです。

以下は4月30日にメルマガ再開第一弾として配信した内容です。

よろしかったらご覧下さい(ペコリ)

ご飯がうまい、土佐の逸品!

高知県土佐市宇佐町宇佐3161‐29
土佐えいもん広場
(企業組合 宇佐もん工房)
鰹でんぷ 
50g ¥315-(税込・送料別)

高知、土佐といえば、なんと申し上げても鰹、カツオ!

太平洋でとれた鰹を原料に職人がこだわり抜いて作り上げた
本枯節をまるごと削り、本醸造醤油と砂糖のみを加え、
じっくり炊き込んで作ったしっとり仕上げのふりかけです。

上の文章はホームページからそのまま転載しました。

説明としてはこれ以上のものはないと思います。

この鰹でんぷ、あったかいご飯の上にふりかけると、
実においしく、ご飯が進むのです。

ここ数年、ご飯の友、いわゆるメシ友がブームです。

数々あるいずれのメシ友にも勝るとも劣らないのが
この鰹でんぷだと思います。

何せ鰹の本枯節以外の調味料は醤油、砂糖、日本酒、昆布出汁のみ。

じっくり手造り、添加物でごまかしていない、本物の鰹でんぷです。

価格もリーズナブル!これであったかいご飯を食べる幸せを感じる逸品です!

高知県土佐市宇佐町宇佐3161‐29
土佐えいもん広場
(企業組合 宇佐もん工房)
TEL:088-856-1146 (受付時間10時~18時)
FAX:088-856-1466
メールアドレス:info@e-monhiroba.com
ホームページ:http://www.e-monhiroba.com/

by mitsuketai | 2012-05-09 19:57 | おいしい逸品

ユーストで配信されていた新武雄図書館の記者会見を見て、びっくり!

樋渡市長のプレゼン!すご過ぎる!

新武雄図書館のパースを見て、一瞬大英博物館みたいな図書館と思ったくらい…少々ほめ過ぎ(笑)

詳しくはここをクリックしてユーストをご覧下さい。

何がスゴイか?武雄市×CCC、自治体と企画会社の夢のようなコラボの発想。

蔵書20万冊、開放感ある快適空間、新刊雑誌や斬新な文房具販売、カフェダイニング、
音楽や映像のDVDの充実、IT端末を使った検索、365日午前9時から午後9時までオープン、
おまけに図書館利用でたまるポイントカード…

しかも年間運営経費を1割削減して、機能を充実!

高槻在住時代、よくご一緒させていただいた樋渡さんのTSUTAYA大好き、タワーレコード大好き、
買った本を読みながらお茶をしていたブックファーストでのカフェの光景がよみがえってきました。

ともすれば無味乾燥な図書館に樋渡さんのライフスタイル提案のありとあらゆる要素を
余すことなく盛り込んで、しかも有機的に統合されている点はなかなかのもの。

僕も本屋好き、回遊魚のように時間があると本屋めぐりしていないと落ち着かない人間にとって
ここまで充実している書店はないし、それが図書館として、じっくり本を楽しめる空間を創り出している
今回の構想には心ワクワク、まさに血湧き肉躍るような感じ…

ジュンク堂や紀伊国屋書店もいいけれど、京都の恵文社ヴィレッジヴァンガード
スタンダードブックストアといったライフスタイルの提案がある方に魅力を感じるようになってきている。

ただ大切なのは単に本を集めているのではなく、そこに意味がないと魅力がないのも事実だが、
その点を理解できて、しかも実行できる人や組織体なんてなかなか見つからない。

それを図書館に結実させようという試みまで思いつくなんて…

プレゼンでもおっしゃっておられましたが、地域が元気にならないと日本は元気にならない!

図書館を情報拠点の中核におくことで、市民のライフスタイルの充実につなげるのは大いに賛成!

個人的には大都市よりこじんまりとした地方都市の方が成功する確率は高いと思っている。

なぜなら娯楽産業が林立している大都市部での文化度はみかけに比べて劣化がひどい。

何より、豊かな自然や風土に囲まれて、じっくり、深く物事を考えようとする環境にない!

これからの時代、解答のない問題にますます直面するようになってくる。

そんな時に大事なのが、自分の考えや思想を高めるインプット、とりわけ読書は大切!

乳幼児にとっては感情や情操教育、児童、学生にとっては自分の目指すべき将来の指針、
社会人や親の世代にとっては生き抜く生活力や判断力、現役からリタイアされた方々に
取っては豊かなセカンドライフと知恵の伝承による社会貢献…

必要に応じてインプット、情報交換、思索を行える多機能的なマイ書斎の実現。

僕の想像ではここから次代を担う人材が出てくるような気がするし、地域の人々が
生き生きとライフスタイルを実現する知の拠点になるようなワクワク感を感じるのである(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-05-05 07:48 | 武雄感動物語

食道ガンの手術を受けたのが昨年の10月17日

予定時間8時間のところ、実際は11時間の大手術!

家族は予定時間が伸びているので、最悪も覚悟したそうです。

時間がかかった理由は何だったと思いますか?

胃や胸の部分の脂肪除去に時間を要したのが大きな理由!

主治医の先生に“お腹の脂肪がご迷惑をおかけしました!”と
申し上げたら、“胸にもびっしり脂肪があって大変だったよ”

あれれ、そんなに脂肪があったのか!と改めて認識(笑)

超スリムになって、3ケ月も会ってない人に気づいてもらえないのもうなづける(苦笑)

いつもながら、前置きが長くなりましたが、食事にはなかなか苦労しました。

スイーツには目がなかったのですが、手術後はバターや生クリーム、カステラも
全く受け付けず、食べては吐いてもどし、とうとう想像するだけでもオエッ!

年が明けて、ようやく2月の初めに克服するきっかけを作ってくれたのが
ショウタニさんのいちごショートケーキ!
e0009772_22393435.jpg
最初は恐る恐る!ところが不思議なことにペロリと平らげることができたのです。

たったショートケーキを食べることですが、こんなに大きな喜びはありません。

ひょっとして一生、ショートケーキが食べられないかも…と真剣に悩んでいましたから!

ショウタニさんは最近、地元の大丸松阪屋 高槻店のデパ地下にも出店されています。

実はショウタニさんとの出会いはさかのぼること2005年!

たまたま通りかかった武庫之荘のお店の前で、アンテナがビビッ!

しかもその時、お店にいらっしゃったうら若き女性パティシエは
まるでフランス人形みたいな別嬪(べっぴん)さん!

お菓子ももちろんですが、あのパティシエの美しさ、オーラの記憶は今も鮮明。

その後何回か通いましたが、お目にかかることは2度となく、あれは夢か幻か…(苦笑)

おいしいもの見つけ隊のホームページを立ち上げようというきっかけにもなったし、
メルマガやホームページにも紹介記事をアップしています。

今、読み返してみると、実に真面目に記事を書いていた初々しさがあります(苦笑)

ショウタニさんのいちごショートのおかげで2月の誕生日にはめでたく、バースデーケーキも!

もちろん、ホールのバースデーケーキもショウタニさんです(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-05-04 22:42 | おすすめスイーツ

しつけとは…

しつけとは…皆さんはこの言葉を聞いてどんなことを思われますか?

私はこんなふうに思っています。

“おはよう、こんにちわ”とあいさつがきちんとできる、感謝の気持ちを持って“ありがとう”と言える、
素直な心で“ごめんなさい”の言葉を発せられる、列を乱さず、きちんと並ぶ、
人の喜びを自分のことのように分かち合える心の持ち方。

どれひとつとっても、簡単なことのように見えて、実は完全にできている人って少ない!

むろん、僕も完璧に自信があるわけでもない。

近所に小学生の三姉妹がいらっしゃいます。

おじいさん、おばあさん、おとうさん、おかあさんに三姉妹の小学生のご家族。

このお嬢ちゃんたちが実にしっかりと“しつけ”がされていらっしゃいます。

おかあさんはスリムで美人で働き者で一歩引いて控えめな方だが、“しつけ”はビシッ!

あいさつひとつにしてもできるまで、何回も言い続けるのが極意だとか…

いや、実に1本、ビシッと芯が通っています!実に素晴らしい!感服の極み!

一方で大学の先生や叙勲を受けた方々でも、そのご子息やご息女の“しつけ”に
疑問符をつけたくなる事例も多々見受けられます。

はたまた一見仕事ができると巷でいわれる人間でもどうかなあ?と思うことも…。

将来を考えてみて、子どもにとって何が大事か?

“しつけ”は早い段階から身につけておかないと、取り返しがつかない。

昨今、様々な想像を接する事件や行動が目につくけれど、根っこの部分はやはり“しつけ”。

そして人間が大成するかどうかの最後の人間性の部分もやはり“しつけ”に…

子どもの“しつけ”を疎かにするということは、国を滅ぼすことにつながりかねないような気がします(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-05-02 20:29 | 教え