ハッピークリスマス!

昨年の手術から1年2ヶ月たった今日、胃カメラの検査と診察でした。

結果は先週のCT検査と血液検査も含め、経過は順調とのことでホッと…(ペコリ)

今年も何回か胃カメラの検査を受けましたが、何せ大きな病院なので
検査する先生はどの先生がされるかは当日になってみないと分かりません。

診察は主治医の先生ですが、昨年の手術の際、主治医の先生と
一緒にチームを組んで、入院中は担当医の先生としてお世話になった
先生に一度、お礼が言いたいなあと思っていたら…

なんとその担当医の先生が胃カメラの検査の担当に…(ニコニコ)

今こうしてブログを書けるのも、執刀していただいた主治医の先生と
入院中ずっとお世話をいただいた担当医の先生の存在が実に大きい。

食道がんの手術はなんと申し上げても大きな手術。

手術はもちろん、術後の管理も気を抜けない大きな手術。

それを乗り越え、1年2ヶ月たった今日の検査も無事クリアー!

本当にありがたいなあ!と感謝、感謝、多謝!

おかげさまで、今日はメリークリスマスならぬハッピークリスマス!

e0009772_2194542.jpg


僕の命を助けていただいた多くの関係者の皆さんに改めて感謝のペコリ!
by mitsuketai | 2012-12-25 21:10 | ラッキー

このブログでも度々ご紹介しているショウタニさん!

実はJR大阪三越伊勢丹に菓響(かのん)というブランドで出店されています。

最初はショウタニさんのブランドとは気がつかなかったのですが、
よくよく拝見すると、ショウタニさんと同じケーキも並んでいることに
ようやく気がつきました。

ここで目に留まったのが、抹茶ケーキ『葉』

e0009772_10191060.jpg


このボリュームで、JR大阪三越伊勢丹という立地でなんと1個:200円

抹茶生地のスポンジにフレッシュな生クリームに小豆がアクセント!

e0009772_10215074.jpg


抹茶は濃すぎると他の素材の邪魔になるし、薄すぎると物足りなさを感じてしまいます。

抹茶は生地に練り込んで焼成すると、風味が飛んでしまいます。

ところがこの抹茶ケーキ『葉』の抹茶の風味はしっかり生きています。

抹茶生地のスポンジが実に素晴らしいのです。

しかも抹茶の色合いもしっかり!

そしてショウタニさんのフレッシュな生クリームにはいつも感心しています。

食道がんの手術で食道と胃の一部を切除している我が身にとっては
クリーム系やバター系には弱いのですが、良質なものにはなぜか
相性がいいのです(苦笑)

その点では、ショウタニさんの生クリームを使った洋菓子はバッチリ!

僕にも優しいということは、みなさんの身体にも優しいと思います。

e0009772_10235543.jpg


味わいも財布にも優しいとは誠にありがたいものです(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-12-22 10:14 | おすすめスイーツ

総選挙もようやく終わり、あわただしい師走も終盤を迎えています。

ふと気がついてみると、今日は12月21日は冬至で終い弘法。

そんなことで終い弘法でにぎわう東寺界隈にある東寺餅をご紹介します。

e0009772_17473325.jpg


東寺餅、以前からずっと気になっていました。

ふわふわとした赤ちゃんのほっぺのような餅であっさりとしたこしあんを包んだ餅。

e0009772_17434015.jpg


世の中にこれほど、ふんわり感の素晴らしい餅に出会ったことはありません。

ふわふわ感のある餅の秘密は求肥に卵白のメレンゲを加えて搗きこんでいることだとか…

和菓子の世界なので、メレンゲとは言わないと思いますが、卵白を泡立てたものを
求肥とミックスさせて、ふわふわ感を出されるのはさすが!と感服してしまいます。

菓子の技術においては洋も和もありません。

追求していけば、相通じるところはあるものだなあ!

こしあんは赤福のこしあんに似ていると思います。

あっさり系の中に砂糖のコク味を感じるので、ふわふわ餅にぴったり!

大福や草餅など色々な和菓子の餅はありますが、この東寺餅は
一度体験される価値はあると思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-12-21 17:46 | おすすめスイーツ

めっきり朝晩の寒さが身に染みるようになってきました。

寒さが身に染みるようになってくると、おいしくなってくるのが
京都の冬の名物、聖護院かぶらを使った千枚漬け。

結構、百貨店や通販でも千枚漬けが販売されていますが、
正直美味しいなあ!とあまり感じたことはありません。

ならば、京都人はどこの千枚漬けを食べているのだろうか…

そんな素朴な疑問がずっと心の中に引っ掛かっていました。

そんな時、ふとしたきっかけで巡り合ったのがこの千枚漬け!

e0009772_1865114.jpg


聖護院本舗 京つけもの たかしんの千枚漬けです。

ではなにがスゴイのか…

薄くスライスされた聖護院かぶらのフレッシュさを感じるのです。

でもただ薄くスライスしただけの生の聖護院かぶらじゃないのです。

しっかり、うすいベールの味付けがしっかりなされているけれどみずみずしいのです。

e0009772_189171.jpg


昆布のすらっとした細い糸を引くようなネバネバと素朴な漬け込み調味料の
バランスというか塩梅が実に絶妙なのです。

e0009772_1881997.jpg


生じゃないけれど、限りなくフレッシュ感を追求し、聖護院かぶらのうまさを
実に見事に引き出しているのです。

聖護院かぶらってこんなにおいしいのか…

まさに千枚漬けを味わうために聖護院かぶらが存在する。

そんなことを頭と舌と目で思いっきり感じてしまう絶品の千枚漬けです。

これぞ本物の千枚漬けを食べてみたいと思われたら、
たかしんさんの千枚漬けは期待を裏切らないと思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-12-17 18:09 | おいしい逸品

大阪の本町橋、大阪商工会議所のそばにうさぎやさんという、うどんとそばの店があります。

たまたま通りかかったのが11時過ぎ、何となくビビッとアンテナが働きました。

お客さんがひとりもいなかったので、向かい合った席を占領して、
おろしうどんとかやくご飯のセットをさっそく注文!

e0009772_21574511.jpg


ここのうどん、普通のうどんに比べると細いめんです。

e0009772_21581511.jpg


ところがツルツルとのど越しの良さとしっかりしたコシの強さを併せ持ったスゴイ麺。

カウンタ-の奥で職人さんが手打ちされていると思いますが、
おそらくこんな素晴らしい麺なかなかないと思います。


実は、ここのおススメはなんと親子丼であることが後で分かりました。

しまった!親子丼と小うどんのセットを注文すればよかったのに…

最初に何人かお客さんが注文していたら分かったのですが、残念(涙)

あっという間にお客さんが増えてきて、外には客待ちの行列が…

未だに食道がんの手術のあと、あせって食べると、どうしてもつかえてしまいます。

今度は混雑を避けて、名物親子丼にトライしてみたいと思います。

もちろん、うどんは超おススメですが、そばも美味しいと思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-12-14 21:59 | おいしい逸品

土山人のすだちそば

そばの名店、土山人といえばすだちそば、すだちそばといえば土山人!

土山人のそばは食べたことがあるのですが、名物のすだちそばは未だ未経験。

今回、たまたま打合せをしながらお昼を食べる機会があったので、
さっそく名物、冷たいすだちそばを注文!

e0009772_219419.jpg


注文の際に店員さんが、のどごしのいいそばと香りのいいそばとどちらになさいますか?

“香りのそば”と正直注文したかったのですが、食道がんの手術を受けた吾輩にとっては
どうしても“のどごしのいいそば”を選択していまいます(苦笑)

すだちのさっぱりした味わいに、ピュアな味わいのそば!

まさに何も足さない、何も引かない、そばそのものを味わっている感じです。

もちろん、のどごしは抜群!少々難のあるわが食道もするり!と無事通過しちゃいます。

おともはおいなりさん!

e0009772_2193677.jpg


手間暇かけ、3日間炊き込んだ京都万里小路 中村屋さん直伝の自家製おいなりさん。

これにわさびを少しつけて食べると、これまた最高!

これからも土山人に通うことが多くなる予感を密かに感じています(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-12-13 21:09 | おいしい逸品

凡事徹底

ここ数年、感じていることは大きなことを喧伝する人間は信用するな!ということ。

大きなことや耳障りのいいことばかりを声高におっしゃられる人間を
信用してついていくとエライ目に合います。

はしごをかけてもらって2階に上がった途端、はしごを外されます(苦笑)

思わず、なるほど!なるほど!とうなづいておられる方はいらっしゃいませんか?

約束を守らない人、時間にルーズな人、金銭管理のできない人、支払いの悪い人、
自分の都合だけを押し付けてくる人、利用しようとする時だけ連絡してくる人、
報告ができない人、何回同じことを言われても実行できない人、
自分の非を人のせいや世の中、政治のせいにする人…(苦笑)

こういう人に限って、自分はエライとか、自分は正しいとか、しつけをしているとか…

では、どういう人を信用すればいいのか?

ズバリ、凡事徹底している人!

凡事徹底とは…当たり前のことを当たり前にやってのけること。

誰でもできる、小さなこと=当たり前のことを愚直なまでにキチンとやりきること。

あいさつしかり、整理整頓しかり、報告連絡相談しかり、日々の小さな気遣いしかり…

そんなちっぽけなことはどうでもいい、ここ一番の時はしっかりするから大丈夫!

こんな言葉が口をついて出てくる人間は信用してはなりません。

小さなこと、凡事が徹底できない人間は到底大きなことは成し遂げられません。

これは選挙の候補者にも言えること。

凡事をおろそかにする光景や言動が見られたら…後は想像にお任せしたいと思います(苦笑 )

凡事徹底、これは自分にも言い聞かせたいと思います。

もう師走、来年のスローガンは“凡事徹底”にしようかなあ…(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-12-09 08:11 | 教え

先々月、JR大阪駅に西日本最大駅ナカ施設「エキマルシェ大阪」がオープンしました。

実はオープン初日にこっそりと社会見学を兼ねて観てきました。
 
ざっと見て感じた点はいくつかありますが、そこは企業秘密ということで…(苦笑)

その時、気になったのが神戸居留地美侑のシトロンフロマージュ!

e0009772_19194074.jpg


ココをクリックしていただければ、日経トレンディのネット記事にも説明があります。

皆さん、試食には蟻のように群がるのに誰一人としてお買い上げされていません。

エキマルシェ大阪限定で1個:1,500円なので少し高いと思われたのかも…

しっかり試食で評価させていただいたので、迷わずに買い求めました。

e0009772_19203953.jpg


レモンの爽やかな酸味とあっさりしたコク味のあるチーズとのバランス感覚抜群。

e0009772_1922041.jpg


何よりスゴイと思ったのが、口どけの素晴らしさ!

口に運んだ途端、ふわんと一瞬にして消え去ってしまいます。

さわやかな、初恋の味のような余韻だけが残しながら…

おそらく初日に試食だけをなさった皆さんはオープンの雑踏に酔いしれて迷われたのでは…(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-12-07 19:22 | おすすめスイーツ

人気歌舞伎俳優の中村勘三郎さんが急性呼吸窮迫症候群のため都内の病院で死去!

これからまだまだという57歳とは…残念、無念、あまりにも早すぎる!

あまりにも早すぎる死去に残念、無念としか表現できません。

12時間に及ぶ食道ガンの手術を乗り越えられたのでお元気に舞台に
復帰されると確信していました。

食道ガンの手術は胸腔鏡を使った手術で治療技術が進歩しているものの
大きな手術であることには変わりありません。

僕も11時間の手術を受けたのでその苦しみ痛いほどに分かるつもりです。

この大きな手術は経験してみないと説明できない部分

食道のまわりには気管や肺、心臓、リンパ節が集中しています。

手術の前には簡単な呼吸器具を使った呼吸訓練もあり、
術後に備えて痰を出す訓練をキッチリしないと肺炎から
肺疾患、呼吸疾患になったり、気管に障害が起こり
声が出なくなる可能性もあります。

不整脈や摂食障害等乗り越えなければならないことがたくさんあります。

僕も術後、うまく痰を出すことができず、痰の吸引装置を設置してもらって
必死に取り除いていました。

食道ガンの術後の肺疾患は本当に怖いのです。

不整脈にも苦しみました、摂食障害にも苦しみました。

それだけに食道ガンで手術を受けた方には克服していただきたいと思うのです。

いや、克服するのが当然だと思うので、勘三郎さんの復帰も疑いがありませんでした。

事実、僕も闘病中、あの桑田佳祐さんが手術で食道がんを克服され、
年末のライブに復帰されたことに勇気をいただいていました。

同じ手術で半年後に復帰された寿司屋のご主人の話やフルマラソンに
出場された患者さんの闘病記に救われました。

もちろん、主治医の先生、担当医の先生はじめお世話になったすべての先生方、
看護スタッフの皆さんに家族や友人に感謝しなければなりません。

なかにし礼さんは心臓に負担のある手術に代わって重量子線で克服されています。

食道ガンにかかっても皆頑張って、無事復帰して頑張っていることが一番。

これが患者にとってどれほどの励みになることでしょう。

勘三郎さんにも元気に復帰していただきたかった。

人にやさしく、気配りされる勘三郎さんには舞台でもっと活躍していただきたかった!

この言葉以外に気持ちを表現できる言葉は見当たりません(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-12-05 22:16 | 偉大なる人々

今日はは久々に苦言を呈したいと思います(苦笑)

今は昔、後醍醐天皇の建武の新政の頃、二条の落書というのがありました。

此頃都ニハヤル物…で始まるあの落書です。

こちらのサイトの中に原文と訳文があります、ご興味のある方はここをクリック…

昔、中学生の頃、三無主義というのはいけないと
口酸っぱくなるなるほど叩き込まれた記憶があります。

三無主義とは、無気力、無関心、無責任

此頃都ニハヤル物…を此頃巷ニハヤル物…と置き換えてみると、
その最たるものはやはり、この三無主義、すなわち無気力、無関心、無責任に
尽きると思います。

しかも、それを世の中や政治やグローバル経済のせいにして
無気力、無関心、無責任の三無主義が老若男女を問わず
その精神構造を蝕んでいるような気がします。

そしてその行き着くところは見通しの甘さ、無責任につながってきます。

仕事でもネット注文でも見通しの甘さ、そしてほったらかし、途中経過の欠如が目立っています。

キチンと何事もなく、事が進むようであれば何も問題はありません。

忘れていたから何とかして!すっかり忘れていたからどうしようもありません!

さらに“人間誰でも失敗はあるでしょ!”

1回や2回ならまだしも、それも新人ならば許される可愛さもあるのですが…

それ以外になると、さすがに二の句も出ません(苦笑)

読者の中には、そんな馬鹿な?と思っておられる方も一度じっくりと周囲を見回して下さい。

そんな時に、何も言わなくても、かゆいところまで気配りされる対応を受けると…

さすが!と感動してしまいますよね!

これができる方や組織は見通しを常に見極め、途中経過の報告も検証もキッチリ!

あらゆることに通じる基本であり、難しい理論より基本がキチンとできているかどうか?

スマホでいくら情報検索していても、これができなきゃ!話になりません。

だからこそサービスでも、商品開発でも、これがこれからの差別化のキーポイントになってくると思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-12-02 20:30 | 教え