<   2013年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

関西を中心に展開されているスーパーイズミヤのカリスマバイヤーであられた方の本

思い込みを捨てれば10倍売れる

e0009772_2032959.jpg


副題が…カリスマバイヤーが教える「本当のお客様心理」の読み方

新聞広告でタイトル、副題がビビッと来たので書店に行くと、出版社でも一時品切れ!

紀伊国屋書店は高槻店はもちろん、梅田本店でも品切れ(とほほ)

紀伊国屋書店さん、最近お客さんが多いのか、それともお客様心理が読めないのか?

ホント、最近ピントが外れていて、ガッカリすることが…(苦笑)

そこはさすがマルゼン-ジュンク堂グループ、すぐにゲット!

まあ、いつもながらの長い前置きはこれまでとして…それでも紀伊国屋書店さん!もっとしっかりしてね!

ところで皆さん、今や、スーパーのチラシや売り場を見て、魅力を感じますか?

例えば、鮮魚で言えば、いつまで経っても寒ブリ、鍋物用冷凍のカニ、タラ、カワハギ
チリ産のトラウトサーモンやはたまた“まぐろ祭り”にありきたりのお刺身の盛り合わせ。

牛肉なんて昨今売上が下がっているにも関わらず、いつまで経っても“お肉祭り”のオンパレード

百貨店をみても、もう飽き飽きするくらい、何の感動も覚えない、無駄ともいえるバレンタインフェア。

受験生向けにいつまで経ってもキットカットチョコレートの特売。

チラシを見ても、売り場を見ても、ワクワクされる度合いが少なくなっていませんか?

それは専門家といわれるバイヤーや商品部といったスタッフの思い込みにも一因がある。

思い込みと同時にバイヤーが本来業務以外に忙殺されていることもある。

論外なことはと言えば、何の経験もない、ろくに勉強もせず、思いつきでで周りを振り回す
若いお姉ちゃんのバイヤー…実はこれが一番性質(たち)が悪い。

おまけに実際、時間中に堂々と化粧に熱中しているとしたら、ぞっとすることも現実問題(苦笑)

お客様を見ず、作り手を見ず、POSデータのうわべだけで判断してしまうことが全て。

そんなことを考えながら、この本を読んでいると、著者が実践してきた事例や
大手メーカーの若き担当者(後に社長となられた)との時代の流れを冷静に
お客様目線で見つめ、実践してきた事例の数々は今でも、いや今だからこそ
新鮮に映るのは、そこに魂と息吹が吹き込まれているからだと思う。

ズバリ!思い込みといわれる間違った常識を一度見直してみる非常識ならぬ飛常識的発想が必要。

飛常識的発想を生むには常に豊富な知恵や経験のストックを用意し、観察眼を磨いておくことも重要。

個別のケーススタディーはネタバレになるといけないので、本書に譲るが、
いずれも目からうろこが落ちるような気づきと実践が豊富。

確かにPOSデータやIT化で便利にはなりつつも、やはり生身の人間行動を
観察して、そこから読み解く眼力は一朝一夕でできるものではない。

頭デッカチではない、経験知であり、実践知がますます求めらていることを痛感する(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-01-30 20:04 | おススメ本 | Trackback | Comments(0)

いかりスーパーの売れ筋スイーツ 

それが芦屋ジャンボシュークリーム!

e0009772_849773.jpg


2個で380円ですが、とにかく大きい。

e0009772_8495769.jpg


何よりカスタードクリームがびっしり!

e0009772_8501710.jpg


シュー皮もしっとり!

しかもなめらかで優しいけれどコクがあって、
バニラビーンズをたっぷり使った風味は抜群。

色々なお店のシュークリームがありますが、
シュー生地がゴワゴワだったり、カスタードクリームに
なめらかさがなかったり、甘味がきつ過ぎたり…

その点、芦屋ジャンボシュークリームは
野球に例えるならば、走行守三拍子の
バランスがとれていると思います。

しかもこのボリュームで1個:190円なら思わず納得!

京阪神の駅ナカにもいかりスーパーはあるので、
手土産に悩んだら、案外おススメかもしれませんね(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-01-29 22:37 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

毎週月曜日夜8時 NHKで放送される番組が鶴瓶の家族に乾杯

笑福亭鶴瓶師匠がステキな家族を求めて日本中を巡るぶっつけ本番の旅番組!!

ふれあいながら人懐っこく、合う人会う人を虜にしてしまう話術。

高校生の頃、ヤングタウン月曜日をよく聴いていた。

あれっ?ラジオから声が聞こえてこないと思ったら、放送禁止用語を連発して謹慎。

阿倍野近鉄の歩道橋でジーンズのつなぎにアフロヘアー姿で歩いておられた。

あの頃から今のような姿、想像もできるような、できないような…

いっしょにいると相手を幸せな気分にしてしまう…

声をかける人とすぐに打ち解けて友達になってしまう…

鶴瓶さんの不思議な魅力を心理学の立場から読み解いたのがこの本!

「誰からも好かれる術」を笑福亭鶴瓶に学んだら

e0009772_21141.jpg


そんな羨ましいコミュニケーションの秘訣を鶴瓶さんの著作やインタビュー記事を
素材に心理学者の内藤誼人先生が分析されている本です。

この本を読んで感じることは一朝一夕ではない、鶴瓶さんの歴史そのもの。

自分が傷ついたことやうれしかったこと…

それを相手の立場に立って、どう対応すればいいのか?

長年にわたって蓄積されてきたエッセンスを資料から読み解くところがスゴイ!

人付き合いのコツみたいなものが目からうろこが落ちるように分かる1冊です(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-01-28 21:01 | おススメ本 | Trackback | Comments(0)

334 LUCKY DONUTS

茨木でひっきりなしにお客さんが来る、かわいい店づくりの
小さなドーナッツ屋さんです。

場所は茨木市役所そば、ハローワークのすぐ隣です。

e0009772_2254452.jpg


少し注意しないと通り過ぎてしまうのですが、お客さんが
次から次へと入れ代わり立ち代わり買っていくので
分かります。

雰囲気は以前ご紹介した豊中 岡町の森のおはぎ
何となく似ている部分があります。

60代くらいのおっさんも、ギャルも、中には6種類も
買っていくツワモノの男子高校生も…

実に客層のストライクゾーンが広いのです。

色々種類があるのですが、一番シンプルな豆乳ドーナッツを…

e0009772_2263444.jpg


最初は甘さが物足りないと感じましたが、噛めば噛むほど
じわっと、優しい自然な甘味と味わいが口の中に広がってきます。

まずいドーナッツに共通する、ベトベトした油っぽさもなく、粉っぽいことは全くなく、
もはやドーナッツの領域を超えたドーナッツです。

なかなか茨木まで行く用事はないのですが、何かと理由をつけて
ドーナッツを買いに行きたいと思わせる、おススメのドーナッツ屋さんです(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-01-27 22:08 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

以前、千枚漬けをご紹介した聖護院本舗 京漬物 たかしんさん

千枚漬けもいいのですが、もうひとつのおススメがすぐき漬け。

e0009772_21422220.jpg


酸味と塩加減が実にいい。これだけでもご飯が進みます。

「すぐき」の原料となるすぐき菜はアブラナ科カブラの一種「すぐき菜」のカブの部分を
面取りして皮をむき、大樽に入れ塩をし一昼夜寝かせます。

「すぐき菜」は大きい物で葉の長さが60cm 根が20cm 根の太い部分が15cm程の円錐形をしています。

その後樽に渦巻状に並べ塩を振り本漬をします。

そして「室」(加熱室)に入れて発酵させます。

この様に「すぐき」は、塩漬の後乳酸発酵だけで作られる正真正銘の自然食品

したがって、原料は「すぐき菜」と塩のみ

そしてその発酵を助ける乳酸菌が昨今流行りの植物性乳酸菌 「ラブレ菌」(ス-パ-乳酸菌)

「ラブレ菌」は腸の働きを助けるだけでなく、「インタ-フェロン」を作る能力(産性能)を高めます。

また、ラブレ菌はインフルエンザにも効果があるとも…

ただ熱処理してしまうと死滅してしまうデリケートな乳酸菌でもあるのです。

すぐき漬けはその点、加熱処理がなされていないので、ラブレ菌も生きているのです。

e0009772_2143887.jpg


いにしえの先人は、野菜としてのすぐき菜を塩漬けすることによって
植物性乳酸菌をしっかりと摂取して、寒い冬を乗り切る食材として
有用活用していたのです。

ヨーグルトがなかった時代に、植物性乳酸菌で乳酸菌パワーを…

しかも漬物にすることで、昨今のような生野菜の価格高騰を均す意味もあるのです。

ラブレ菌だとかインターフェロンとか知られていない時代にこの食文化の知恵のすごさ

改めて、日本各地に伝わる食文化を見つめ直すと、素晴らしい発見があるかもしれません(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-01-22 21:43 | おいしい逸品 | Trackback | Comments(0)

大阪市立桜宮高校の生徒自殺問題で2月20日、21日に迫った入試を
中止すべきか否かの議論がなされている。

橋下市長の新入生を受け入れる態勢が整っていない状況で
受け入れるのは責任を持てない、だから入試を中止すべきである。

この理論それ自体は正しい。

同じことを繰り返す体質が改まない限りにおいて、責任者としては極めて妥当な判断。

もう一方で、桜宮高校の在校生、受験生、保護者の意見を、現行の体制を
受け入れる責任を持てないということで、彼らの意見集約がなされず、
ある意味一方的な首長の判断のみで中止するのも十分な説得力があるとは言い難い。

直近に迫った入試のみに、時間的余裕がないから、中止すべきということでも説得性は低い。

ましてや、スポーツ学科の定員を普通科にする…これは全く説得力がない。

スポーツ学科に問題があって、入試を中止すべきならば、普通科に定員を振り分けず、
ゼロにしないとおかしい。

今の議論は、来月に迫った入試を中止すべきか?実施すべきか?の二者択一の選択肢に限られている。

このままでは、まさにハムレットの心境と同じ。

市長にとっても、関係者にとっても気の毒な判断であることも理解できる。

もし至急に回答が必要ならば、中止、存続の公開討論を行って、住民投票で決すべきではなかろうか?

よく使われる民意というもので決して、その民意の結果は重いとして、
その結果を双方が尊重するしか方法がないのでは…

そこで、無責任かもしれないが、第三の選択肢はなかろうか?

来月に迫った入試を1ヶ月ずらして必ず実施することを約束して作業に着手する。

その間、必死で昼夜兼行で、桜宮高校の関係者、卒業生、在校生、受験生の意見を
徹底的に収集、集約する。

教育委員会にしても、学校関係者にしても市長を説得するなら、昼夜兼行で、
このプランでどうだ!というくらいの気概をもって解決策を提案する必要があるのではなかろうか?

ただ、双方とも時間が来月に迫っているということを、
言い訳に決めてしまう“時間を人質”にしてしまうことはおかしい。

それぞれの意見を踏まえたいくつかの再生プランを提示し、
それを市民に問うことも一つの方法ではなかろうか?

桜宮高校の最大の主体者は在校生であり、ずっと目指してきた受験生に他ならない。

中止、存続について彼ら主体者が蚊帳の外に置かれて、事態が決せられることだけは避けてほしいと思う。
by mitsuketai | 2013-01-20 22:22 | 社会問題 | Trackback | Comments(0)

高校生58人 下山途中はぐれる 奈良・金剛山

耐寒登山をしていた大阪府立布施工科高校900人のうち、生徒58人と
教員2人が下山途中はぐれて奈良県警が捜索隊やヘリの出動騒ぎに…

無事見つかって事なきを得たようだが…

金剛山は大阪府と奈良県の県境にある山で、大阪府の小中高校生に
とっては毎年耐寒登山でお世話になっているところ。

知人の中には毎朝、出社前に登ってくる強者もいらっしゃるくらい身近な山

中3の受験前にも学校の耐寒登山で登った時には、巨漢の親友が
丸太の橋をボキッと真っ二つに割れた後を何とか渡った思い出も…

普通、耐寒登山では先頭と最後尾にベテランの先生や知り尽くした先生を配置し、
挟む形で全員の安全を図れば問題ないはず。

これはサプライチェーンマネジメントによく例えられる方法。

しかも僕らの時代には、事前に登山靴やアイゼンの説明も含め、耐寒登山に関する
注意事項の説明もあったので、問題は起こらなかった。

昨今、身近な登山でよもや遭難という事例が多く発生している。

油断していることはないかもしれないが、侮るとエライ目にあうこともある。

小さなことも、大きなことも何事もちょっとした気の緩みがとんでもないことにつながることもある。

常在戦場、治にいて乱を忘れず!
by mitsuketai | 2013-01-18 21:04 | 教え | Trackback | Comments(0)

筆記具メーカーパイロットが発売している商品にこすると消えるとっても便利な蛍光ペンがある。

その名もフリクションライト

e0009772_20441917.jpg


いったん引いてしまったマーカーの筆跡もこすると摩擦熱で消去できる優れモノ。

たまたまビジネス街の文具店で見つけた。

新製品と思いきや、以前から発売されているらしい。

早い話、僕が知らなかっただけ!

つい重要な部分だと思って、マーカーを引いてしまって、後になってそれほどでもなかった。

マーカーを引きすぎて、どれが重要か?グチャグチャになって訳わからん(苦笑)

そんな時に救いの手を差し伸べてくれる感じかなあ!

1冊の参考書を何回も読み直して、最終的に大事な部分をマーカーする。

呑み込みの悪い人間にとってはその方法が一番かもしれない!

そんなことを可能にしてくれるフリクションライトの発想って素晴らしい。

間違ったかな?と思ったらリセットして真っ新なところからやり直せる…

フリクションライトみたいな小道具があれば、人生ももっと違ったものになるんでしょうね!

思わずお店のご主人にしゃべったら、お互い苦笑い(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-01-16 20:45 | ヒットの予感 | Trackback | Comments(0)

小正月 小豆粥 祭日

元日を中心とした正月を大正月と言うのに対して、1月15日を小正月(こしょうがつ)と呼ぶらしい。

どんど焼きをしたり、成人式があったり、それに小豆粥を食べる風習もある。

今朝は小豆粥を食べた!

e0009772_22371096.jpg


以前は成人の日が1月15日に固定されていたので、どんど焼きも成人式も小豆粥も
祝日と祭事がリンクしていたのが、いつの間にかグチャグチャになってしまって
風習そのものが廃れていくような気もしている。

3連休にすることによって経済活性化の意味合いもあるらしいとか…

でもその経済効果という怪物に実感を感じている国民って果たしてどれくらいいるのだろうか?

敬老の日ももともとは9月15日で祭日だった。

ちょうどその日は岸和田のだんじり祭りをはじめとして泉州地域のいくつかのお祭りにリンクしていた。

体育の日も東京オリンピック開会式の日の10月10日を記念するのであれば固定したっていいのでは…

何が何でも3連休にする必要性って一体どこにあるのだろうか?

ああ、そうそう、今日は小正月で小豆粥を話題にするところ、思わず脱線してしまった。

最後に言いたかったのは、伝統の祭事を大事にしよう!祭日を勝手に3連休にしてまで
伝統の祭事を無視することってどうなの?と言いたかっただけなのである(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-01-15 22:39 | 食育&地産地消 | Trackback | Comments(2)

今回はひと粒ひと粒を上品な和紙でやさしく包んだ気品あふれる
最上級の紀州 南高梅梅干しをご紹介します。
 

和歌山県日高郡みなべ町 マルヤマ食品(株)の紀州南高梅 貴珠 

むっちゃ高い梅干しですが絶品の味わい!

実は正直申し上げると、隊長にも苦手な食べ物って結構あります。

 
梅干しに納豆、らっきょう、キムチ…そういえば昔はお粥も苦手でした(苦笑)

とはいうものの、職業柄、全て味の評価はできますし、逆に商品の良し悪しも敏感に分かります。

その苦手な梅干しですが、このいただいた梅干しはなぜか気に入っています。

e0009772_213443.jpg


いやそれ以上に、塩味のシンプルな白がゆと食べると、これがもう病みつきになるくらい…(笑)

不思議なことに食道がんの手術の前後からお粥も好きになり、そのお供に
この梅干しの相性は実にバッチリなのです。

梅のさっぱりした酸味、はちみつのあっさりとした甘味、そして塩加減の
バランスが抜群に素晴らしい、梅干しの芸術品といった表現がピッタリ!

e0009772_21344046.jpg


食べ始めは酸味はあまり感じられませんが、食べ終わったあと、うまみとともに酸味が…

基本はたぶん、良質の南高梅の選別と丹念な塩漬けにあると見ています。

梅干しはどうも苦手だなあ!と思われる方にはぜひおススメしたい逸品です。

おそらく、梅干しに抱く意識が一変すると思いますよ(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-01-14 21:36 | お取り寄せ | Trackback | Comments(0)