創業百有余年 鹿児島県霧島市にある創作菓子の森三

ここのリーフパイをお土産にいただきました。

e0009772_2228327.jpg


胡麻と抹茶の2種類のリーフパイ! 

胡麻の香ばしさとパイ生地のサクサク感

e0009772_22285587.jpg


e0009772_22292640.jpg


抹茶の香りとパイ生地のサクサク感

e0009772_2230881.jpg


e0009772_22304396.jpg


パイ自体がほのかな甘さと奥深い味わいがありながら、
胡麻や抹茶に決して負けていない力強さを感じてしまいます。

コクのある、濃いめのアッサム紅茶との相性は抜群かもしれませんね(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-02-28 22:30 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

信州はまだまだ雪深い

今日も松本市の国道で新宿から飛騨高山に向かっていた
高速バスが雪崩に巻き込まれてあわや大惨事に


ニュースでは大雪の被害は大きく報道されてはいませんが…

信州の関係先と連絡をとっていると、まだまだ状況は深刻!

軽井沢方面や長野市内でも主要道路は除雪が進み、
多少通行は可能となったものの、脇道は積雪60cmだとか

小諸市では主要道路を午後9時から午前6時まで交通を遮断して
行政が除雪作業を毎日行っているようです。

私が連絡をとっている果樹園関係者の被害は軽微ですが、
地域を少しずらすと農業ハウスや果樹の樹木自体に
大きな被害を受けているところもあります。

農業ハウスの被害も大変ですが、果樹の場合、実がなるまで
長い期間、丹精込めた作業が必要です。

果樹栽培はいわばわが子を育てるようもの!

行政も除雪の経費負担は大変な出費であり、
しかも救急医療などの面でも苦労が続きます。

政府もしっかりバックアップしていただきたいものです。

お疲れが出ないこと、被害が大きくならないことを祈るばかりです(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-02-27 19:18 | 社会問題 | Trackback | Comments(0)

橋下市長の戸籍不正閲覧が問題になっている。

職員による不正な閲覧はあってはならないことである。

民間で個人情報が洩れたら大騒ぎになるのに、役所ではいささかおとなしすぎる!

橋下市長には今後こういう不祥事が起きないよう徹底した関係者の処分をお願いしたい!

なぜ、このようなことを問題提起するのか?

こういった個人情報の不正閲覧は氷山の一角だと思っているからである。

たまたま強い立場の橋下市長の開示請求があったため、問題が露見!

ところが一般市民の場合、ここまでできるだろうか?

いや、憲法の平等の観点から考えれば、我々一般市民からの開示請求も当然できるはず!

皆さん、市役所などの窓口でこんな経験はありませんか?

氏名と生年月日と住所をおっしゃってください!

つまり、行政機関の端末で職員あれば、氏名と生年月日と住所さえ分かれば…

本人確認の証明がなくても、あらゆる情報の閲覧が可能なのです。

かねてから、これは危険だなあ!悪用されないかなあ!

冒頭でも述べたようにこれは氷山の一角で、全ての行政機関で不正な個人情報の閲覧履歴を
調査したら、収集がつかなくなり、行政に対する信頼は灰塵に帰すと思われます。

いくら個人が情報を守ろうとしていてもいわばザルで水を掬うようなもの!

個人情報保護法なんてあっても無きが如し!まさにザル法(苦笑)

何のための個人情報保護法なんでしょうか?

今回、橋下市長は自らの問題のみではなく、市民全体の問題として
戸籍のみならず、その他行政機関が知り得る情報すべてにおいて
職員が興味本位で恣意的に個人情報を閲覧したり、その情報が
外部に漏れ、それでもって不正な報酬を受けていないかどうかを
徹底的に原因究明を行ない、厳正なる処分をしてほしいと思っています。

公僕たる精神を持って日夜職務に精励されている公務員の方々にとっては
色眼鏡で見られ、大いに迷惑されていると思います。

真面目に市民のために職務に精励されている優秀な公務員の皆さんの
名誉のためにもぜひ徹底的に調べ、徹底的に処分をしていただきたいのです。

今まで身内に甘い市役所の体質にメスを入れ、市民目線で改革を訴えてこられた
橋下市長には今回の問題はぜひがんばっていただきたいものです(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-02-26 18:37 | 社会問題 | Trackback | Comments(0)

神戸の東灘にナダシンという大福餅で有名なお店がある!という噂は訊いていました。

何せ、登録商標“ナダシンの餅”として結構名前が轟いています。 

色々と商品があるようですが、やはり大福餅と草餅かな?

e0009772_22423981.jpg


大福餅の原材料は…国産餅米、小豆、砂糖、塩、トレハロース

草餅の原材料は…国産米、小豆、砂糖、よもぎ、塩、トレハロース、酵素

食べた感想はあんこが実に上品な甘さでうまい!

餅はしっかりと存在感がありながら、なめらか感、しっとり感がしっかり!

一見何の変哲もないように見えるが、さすが神戸っ子に愛されている理由も分かる。

シンプルな餅に美味しさを感じさせることは難しい。

それを実現させているところに、ナダシンの凄さを感じてしまうのである(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-02-25 22:40 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(2)

先日もご紹介させていただいた、森ノ宮の小豆工房さん!

もちろん、その名の通り、小豆のお菓子がおススメですが…

この抹茶クリーム大福もかなりおススメ! 

e0009772_22124368.jpg


ご覧のように一面抹茶がたっぷり!

e0009772_2212433.jpg


抹茶の香りが半端じゃありません。

中は優しいミルキー感たっぷりの生クリームにあっさり風味の小豆粒あん!

つるりん!とろりん!あっという間にとろけてしまいます。

ちょっと変わった大福がいいなあ!と思ったら超おススメですね(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-02-24 22:13 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

アベノミクスの第一の矢、第二の矢、円安や企業業績など
新聞報道を見る限り、好転していることが報じられています。

賃上げや消費増税前の駆け込み需要とか明るい雰囲気も…

実際、色々なところから聞こえてくるのは、東京は熱気に包まれているということ。

景況感のバロメーターでもあるタクシーの売上や百貨店等における高級品の売上や
外食の売上など、単価の高いものが景況感を押し上げていると聞きます。

一方で、大阪で色々なところから聞こえてくるのは、景気は落ち込んでいるとか…

大阪市内のタクシーの運転手さんは12月の伸び悩み、1月、2月の落ち込みに苦しんでいます。

外食産業は12月の忘年会はさっぱり、1月の新年会需要に至っては影すら見えない。

企業の地域別売上は前年対比増の東京に対して前年割れの大阪。

大阪、関西の皆さんは実際に道のように感じておられるのでしょうか?

たぶん、明るい景況感を実感されておられる方は少ないのでは…

政府首脳はどうしても東京の熱気や業績だけで判断されておられるような気がしますが、
関西も含めて、景況感に地域差があり、しかも景況感の改善を実感されておられないのでは…

そんな時期に、大阪都構想を巡って、政治的空白が生まれようとしています。

東京都に対抗していかないといけないこの時期に、大阪の地盤沈下はますます進むと思います。

結局のところ、見捨てられるのは市民であり、まともに影響を受けるのも市民です。

政府には関西や地方の景況感の実感部分を真剣に考えてほしいし、大阪都構想については
関係者すべてが大所高所の見地から恩讐を乗り越えて、市民生活の価値向上や
景況感の改善に向けて行動してほしいものです(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-02-21 23:05 | 社会問題 | Trackback | Comments(0)

現代の錬金術 元素戦略

最近少しほとぼりが冷めたのか?ニュースに登場しなくなったのがレアメタル(希少金属)問題。

しかも最大の産出国の中国が輸出制限を行い、価格高騰どころか供給ストップに発展。

自動車産業、化学産業、電機・半導体産業、鉄鋼産業など日本の主要産業の
現場ではこのレアメタルがなければ、生産活動は一気にストップしてしまいます。

ハイブリッド車のプリウスにはネオジム磁石が不可欠ですが、希少金属のジスプロシウムが不可欠。

液晶テレビに必要なインジウム、しなやかな鋼板に必要なニオブ、高級レンズやハードディスクの
ガラス基板に必要なセリウム、超硬工具や旋盤に必要なタングステンなどなど…

タングステンは希少元素の中でもさらに希少元素だとか…

小学生の頃からタングステンやモリブデンの名称は知っていました。

ベアリング工場を経営していたうちの祖父は、戦前、このタングステンやモリブデンが
不足することを予見して、中朝国境の鉱山の採掘権を購入し、所有していましたが
敗戦とともに何もかもなくなってしまったのが何とも残念…

戦争に負けてしまったので仕方がありませんが、うちの祖父は汗水垂らして作った資金で
多額の投資をしたのですから、今頃そのまま採掘権を所有していたら大金持ちになっていたのに…(苦笑)

中国をはじめ世界各国が発展してきても、特に中国はアッセンブリ―中心で、
部材や部品は日本から輸入しないと成り立っていきません。

その優秀な日本製品や日本の部品に欠かせないのがレアメタル(希少金属)

もし、これらの希少金属の供給がストップしてしまったら…

そこを解決するのが日本の技術力の底力!

希少元素を鉄、アルミニウム、亜鉛などの一般的元素で代替したり、
徹底的に使用量を減らそうとする国家プロジェクトが元素戦略。


いわば現代の錬金術がこの元素戦略。

この元素戦略について分かりやすく解説している本が『元素戦略』

e0009772_21551916.jpg


文系の人間でも分かりすく、中高生にも読んでもらって、
進路の参考にしてもらったらいいと思います。

便利なスマホも科学技術の蓄積の賜物ですから…

いくらアップルだの、スティーブ・ジョブスだのと言っても、
日本の優秀な科学技術の結晶たる部品がなければお話しになりません。

2004年の箱根会議からこのプロジェクトがスタートしています。

オリンピックでも日本人の快挙が連日報道されていますが、元素戦略をはじめ
日本の科学技術の進歩は世界をリードしていくと思います。

いずれの分野にも言えることですが、研究者の身分の不安定さや研究資金の不足がネック。

アベノミクスの成長戦略もこういうところにしっかりと目を向けてほしいものですね(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-02-20 21:55 | おススメ本 | Trackback | Comments(0)

白鷺堂本舗 よもぎ桜餅

今回ご紹介させていただくのが、姫路 白鷺堂本舗のよもぎ桜餅 

e0009772_1945996.jpg


よもぎ桜餅って、よもぎ餅なのか?桜餅なのか?(苦笑)

ご覧いただければ一目瞭然!

桜餅=桜色の固定概念を外してしまえばいいのです。

桜餅の道明寺の部分が桜色ではなく、よもぎ色なのです。

e0009772_1953731.jpg


すなわち、道明寺餅によもぎが練り込んであるのです。

ところが、これが意外にも美味しいのです!

よもぎの香りがする桜餅なんて実にオシャレ!

よもぎの道明寺なんて邪道と思われるかもしれませんが、
食べてみれば決しておかしいとは思えないことが分かる。

本当に不思議な桜餅ですが、なかなかの商品だと思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-02-19 19:05 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(0)

松岡軒の羽二重餅

福井の名物といえば、昔から羽二重餅と相場が決まっています。

何と申し上げても、松岡軒の羽二重餅ですね! 

e0009772_23423470.jpg


絹織物の羽二重のハダざわりそのままに、きめがこまかくやわらかで、
絹のもつツヤと、白地といっても少しカゲリのある特有な白さ、
手にとればヒラヒラとしなう薄さをお菓子として表現したのが
この羽二重餅です。

餅粉を蒸し、砂糖・水飴を加えて端正に練り上げる昔ながらの製法。

たったこれだけ!されどこれだけ!

e0009772_23431625.jpg


それでもって、この繊細な、きめ細やかな、くちどけのいい羽二重餅ができるなんて不思議!

派手さはないものの、すばらしいお菓子だと思っています(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-02-18 23:43 | おすすめスイーツ | Trackback | Comments(2)

今年の雪はハンパじゃありません。

夏頃からお付き合いのあるあちこちの農家さんから
『今年はカメムシが異常発生しているから冬は大雪になる可能性が大!』という
情報が入っていました。

農家や漁師に昔から伝わるこういった現象からの予測って命中率が高いのです。

こういった伝承記録の解析って迷信と侮らず、真剣に考えてもいいのでは…

気象庁の予想よりずっと正確さが高いから不思議、いや生活がかかっているから当たり前かな(苦笑)

長野県各所の知り合いから続々と情報が入ってきますが、今年の雪はハンパじゃありません。

長野市内は今日になってようやく国道の除雪は終わったものの、その他の道は通行止め

軽井沢もまるで陸の孤島状態

佐久平は例年20cm止まりの積雪が80cm以上

どうも仕事にならないどころか、ライフラインの寸断や食糧不足も…

ニュースも大雪での混乱状態のことばかり…

記録的積雪 山梨・甲府市で混乱続く

大雪でコンビニや外食店に打撃 商品や食材届かず、店員も出勤できず

幹線交通網の早期復旧を=政府調査団に支援要請―山梨知事

その割に、政府の動きは鈍いと思います。

国民の生命の安全・安心なんて日頃おっしゃっておられますが、雪害も生存を脅かす重大事態。

今回の雪害を見て思い出すのが何年か前の鳥取県 米子の豪雪で国道が大渋滞した問題。

こうした雪害を通して問題点を洗い出して、ライフラインが遮断された場合のケーススタディは必要。

それにしても、今日の国会で何も問題提起されなかったことは摩訶不思議なり(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-02-17 20:37 | 社会問題 | Trackback | Comments(0)