神戸 三宮にお店があるショコラパブリック!

岡本にもお店があるようです。

フィナンシェや焼菓子、生ケーキなど幅広い品揃え!

あれもこれも食べたいと思うのですが、あえて手土産にしたいのが、
今回ご案内する洋風生どら『きたのやき』 

e0009772_0172754.jpg


生どらと言われるゆえんは何と申し上げても、生地がスフレ風のふわふわ感。

指で押すとポンと跳ね返ってくる…そんなふわふわ感あこがれる人も多いかも…(苦笑)

さらにこのお菓子はおいしい要素の合わせ技の産物!

ふわふわスフレ生地×フレッシュ生クリーム×さわやかあんこ×モチモチ求肥。

e0009772_018720.jpg


これでもかと思わせるくらいの連続技のオンパレードみたいなもの!

これが一気に押し寄せてくると、それぞれの素材が喧嘩していまいます。

ところが、この洋風生どらはそれぞれ異なる食感、味わいが順番に
しかも最適な順番で口の中に広がっていきます。

確か、1個:300円ほどだったと記憶していますが、それだけの値打ちはあると思います。

しかも包んでいる包装もオシャレ!やっぱり神戸はオシャレだなあ(ペコリ)

e0009772_018506.jpg

by mitsuketai | 2015-05-30 00:18 | おすすめスイーツ

今回は中津川 松月堂のしぶかわ栗カステラをご紹介!

e0009772_23523058.jpg


中津川といえば、栗を使った和菓子屋さんが結構あります。

以前、仕事で頻繁に中津川を利用していたことがあります。

今は無くなった飯田駅と中津川駅間の高速バスいいなかライナーがあり、
このバスに中央本線の特急やセントラルライナーという列車に
接続され、飯田から高速バスで名古屋に向かうより早く、
渋滞や事故で時間がかかることがなかったので利用していたのです。

いいなかライナーの乗車率は低く、ある時は乗客はひとりだけの
いわば貸切状態のようなもので平成16年には廃止されましたが、
個人的には思い入れの強い路線システムでした。 

ということで、中津川は経由地であまり時間の余裕がない中で、
ある時、たまたま偶然に出くわしたのが、この松月堂のしぶかわ栗カステラ。

このカステラの特徴は黒糖をたっぷり生地に練り込んでいるところ!

e0009772_23531037.jpg


しかも一般的なカステラのふわふわ感と違って、ずっしり、どっしり、しっとり感も特徴!

栗の渋皮煮(甘露煮)も入っているのですが、黒糖のカステラ生地が
最初は優り、最後の最後で栗の味わいが真打登場の如く、存在感を
持ち上げてくるのです。

たぶん、普通の卵黄と白ザラメのカステラでは、栗の味わいとのハーモニーが
中途半端になってしまう可能性もあります。

栗のお菓子も結構ありますが、栗を使った唯一無比の栗カステラ…

それがこの中津川 松月堂のしぶかわ栗カステラだと思います(ペコリ) 
by mitsuketai | 2015-05-28 23:53 | おすすめスイーツ

このブログで何回かご紹介した、茨木の334LUCKY DONUTS

ここのドーナッツはいつ食べてもおいしい! 

定番のプレーンドーナッツはベタベタ油っぽくなく、外はカリカリ、中身はモチモチ!

よく人に紹介しますが、皆さん概ね好評のようです。

つい先日も久々、茨木に用事があったついでに立ち寄ったら、新作が…

それがレモンティードーナッツ!

e0009772_21192566.jpg


生地にレモンティーが練り込んであるのです。

e0009772_21195972.jpg


中身を見ても、紅茶の茶葉を細かくしたものが散見されます。

ということは、実際レモンティーを淹れて、それを生地に練り込んで、
カラッと揚げているということ。

本当に手作り、ハンドメイド感覚がたっぷり!

今、コンビニも参戦してのドーナッツ戦争が熱気を帯びています。

コンビニの100円ドーナッツに対して、ここのドーナッツは140円~

おいしさを採るか、コストパフォーマンスを採るか?

どちらか一方に偏ることなんてありえないと思います。

それぞれ、共存共栄できるのではないか!またそんな社会の方がいいなあ!(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-05-27 21:20 | 地元高槻/茨木ネタ

ココナッツシュガー

今、ココナッツ関連商品が人気のようです。

ココナッツミルクに、ココナッツオイルに、ココナッツウォーター…

お医者さんが本に書いて、マスコミがワッと飛びついて、どこもかしこも
金儲けを企んで飛びつき、群がる構造体質はいかがなものか?と…

この会社がなぜココナッツオイルなの?と首を傾げたくなるところもあります(苦笑)

そんなココナッツ商品の中にココナッツシュガーがあります。

e0009772_20194534.jpg


このココナッツシュガーを扱っている会社がココウェル!

この会社は今のココナッツブームが起こるずっと以前から
地道にココナッツ商品を広めてきていて、昨今の流行に
群がる、節操のない、成金的な会社とは一線を画しているので
高く評価しています(ニヤリ)

ところでなぜ、ココナッツシュガーを話題にするのか?

ココナッツシュガーは血糖値の上昇が緩やか、ミネラルが豊富というのも利点ですが、
普通の砂糖とは少々性質を異にするからなのです。

e0009772_20203354.jpg


詳しくはここをクリックして、ココウェルのココナッツシュガーの解説をご覧下さい!

分かりやすくいえば、甘藷糖はさとうきびを搾り、煮詰めることで、
グラニュー糖は大根の一種であるビートから採取するのに対して、
ココナッツシュガーはその黄色い花の蜜を集めて作るのです。

イメージ的にはハチミツに近い感じがします。

フィリピンでは集めた花の蜜はPHによって、基準を満たした中性の花蜜だけが
じっくり時間をかけて煮詰められてココナッツシュガーになり、酸性に傾いたものは
1~2日発酵させてトゥバと呼ばれるお酒になるのも不思議で、神秘的!

栄養価などももちろん、このシュガーは一般的な砂糖と違って、
優しさを感じるのは、こういったココナッツシュガーの性質、特徴に
由来しているのかもしれませんね(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-05-26 20:20 | ヒットの予感

高槻松坂屋の地下食品売り場の魚屋さんが魚組

結構、にぎわっていますね!

ヒトサラのサイトにも書き込みがあります。

ここは寿司ネタも魚売り場のものも使うので、新鮮です!

もっぱら最近のお気に入りは海鮮ちらし!

e0009772_21253913.jpg


ちらしずしの寿司飯がぎっしり、錦糸卵の上にマグロやうなぎ
サーモン、イカ、エビにいくらなどが載っています。

パッと見たところ小ぶりサイズですが、寿司飯がギッシリ!

結構お腹がいっぱいになります。

これは結構おススメ!

通常:698円(税抜)、たまに特売で498円(税抜)の場合もあります。

その時はウナギの代わりにうすい穴子であったり、錦糸卵が少なかったりしますが、
それもなかなかイケると思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-05-25 21:24 | 地元高槻/茨木ネタ

このブログではおなじみのケーキハウス ショウタニ!

お手頃で美味しくておススメなのがチョコエクレア!

何せ1個:税込で¥155-はお値打ちそのもの!

まずはエクレア全体にコーティングされているチョコレート。

e0009772_23534762.jpg


そして割って中身を見ると、カスタードクリームではなく、チョコカスタードクリーム!

e0009772_23544167.jpg


サクサクシュー皮の外側がチョココーティング、中身もあっさりチョコカスタードクリーム。

紅茶にも、コーヒーにも、ホットミルクにもあう逸品。

手土産にもおススメですね(ペコリ)

こちらにも情報があります!
by mitsuketai | 2015-05-22 23:57 | おすすめスイーツ

マイナーなお菓子屋さんですが、この栗せんべいが美味しいのです。

それが岐阜県の有限会社 山口製菓の栗せんべい!

一見何の変哲もない、ただのせんべいかもしれません。

栗の形を象っているから栗せんべいに見えるかもしれません。

e0009772_23213643.jpg
 

ただ、それだけではこの栗せんべいの実力は分かりません。

そう、一度食べていただければ、これこそ栗せんべいと思える味わいです。

e0009772_23222293.jpg


その秘密は何だろう?

そこで原材料を見て、パッとひらめきました!

原材料の中に生あんと栗ペーストを使っているのです。

生あんと栗ペーストが入っていることで、せんべいでありながら、生の栗菓子のように、
栗の風味を感じる仕組みになっているのです。

このちょっとした、真面目な物作りや工夫が美味しさを醸し出しているように思います。

e0009772_2323567.jpg


残念ながら、山口製菓さんホームページはないようです。

念のため、袋にある住所所在地を下記に記載しておきます。

岐阜県岐阜市市ノ坪町4丁目18番地の1
有限会社 山口製菓
TEL:058-245-3209

なお、あくまで袋の情報を転載しているだけなので、お問合せ等は各自で
責任を持って、節度あるご対応をお願い申し上げます(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-05-21 23:23 | おいしい逸品

Bois de Boulogneの小さなトーストブレッド 最近気に入っています!

5枚、6枚いずれも税込:200円

ちなみにBois de Boulogneとはフランス語で『ブローニュの森』という意味だそうです。

製造者は株式会社リバーフィールド 

ミニサイズですが、トーストにして食べると、外はカリカリ、中身はモチモチ!

e0009772_21382794.jpg


生地もしっかり詰まって、サイズは小さいけれど、中身は凝縮されている感じです。

e0009772_2139793.jpg


しかもオーブントースターに何枚も入るので、トーストしてバターを塗ったり、ジャムを塗ったり…

e0009772_2139509.jpg


この小さなトーストにそれぞれトッピングを楽しめます。

ありそうでなかなかなかったこのサイズのトーストブレッド!

クラッカーのサイズでもない、食パンの定型サイズでも、小型サイズでもない!

この手頃なサイズのトーストブレッドを考えたのも素晴らしい!

このサイズならちょうど凝縮されるトーストブレッドの設計思想も素晴らしいと思う(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-05-20 21:40 | おいしいパン

肥後グリーンメロン!

世の中にはメロンの品種が色々とあります。

昔々、高校生の頃、昭和50年代ですが、高価なマスクメロン以外は
プリンスメロンくらいしかなかったような記憶があります。

当時は、農学部へ行って、メロンの品種改良をやりたいなあ!という夢も
学校の生物の授業が面白くなくて挫折しましたのが、今になって残念至極(笑)

それにしても今や、メロンの品種も多くなりました。

肥後グリーンメロン!

e0009772_20132720.jpg


まだまだ知る人ぞ知る!これからのイチオシの有望株!

肥後グリーンメロン!その名の通り、熊本県の栽培品種。

青肉系のメロンで果肉は緻密で糖度が高く、ジューシー!

e0009772_20173168.jpg


甘いと言われるマスクメロンの糖度が14度に対して
肥後グリーンメロンの中には糖度が16度になるものも…

外観はネットのはりは少々粗めで、マスクメロンに比べるとイマイチかな?と
思ってしまいますが、なかなかどうしてマスクメロンにもひけをとらない位の甘さがあります。

もし肥後グリーンメロンを見かけたら、一度お試しになる価値ありですね(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-05-19 20:17 | 野菜のソムリエ

お菓子な時間

阪神タイガースの試合完全中継でおなじみのサンテレビ!

野球中継以外でも独自性のある番組作りでも頑張っています。

そのひとつが4月から放送が始まった『お菓子な時間』

スイーツ男子でもある、神戸出身のシンガーソングライター
石田裕之さんが消費者の目線で毎回1軒ずつお店を訪問して紹介するスタイル。

いわゆるプロのレポーターとは違って、一般消費者の
立場に立ってレポートされているところに新鮮味があります。

この番組、関西スイーツがバックアップしています。

関西スイーツがイチオシする注目若手スイーツブランドの
パティシエさんを紹介しているのがポイント。

ただ、単においしいとかではなく、パティシエさんのお菓子への想いや
パティシエさんを目指した理由など、なぜそのお菓子ができたのか?
なぜおいしいのか?をインタビューでうまく引き出しています。

しかも、これから伸びるであろうという新進のパティシエを応援している点も魅力。

毎週30分の番組ですが、これからもずっと続いてほしいと思っています(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-05-18 21:44 | おすすめスイーツ