<   2015年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

6月30日 夏越祓と水無月

今日は6月30日 1年のちょうど折り返し、神社ではこの半年の罪や穢れを祓い、
残り半年の無病息災を祈願する夏越祓の神事が行われます。

知らず知らずのうちに罪や穢れがあるのが普通の人間で、半年くらいのスパンで
自分を見つめ直すのは必要なことを古来の人は考えておられたのだと思います。

自分を省みても、おそらく罪、穢れは10本の指では数えきれないなあ!と思いつつ…(苦笑)

半年に一度くらいは自分を見つめ直して心の棚卸みたいなことは
情報過多、忙しすぎる現代人にとっては必要かもしれません。

ところで、夏越祓には水無月という和菓子を食べる習慣があります。

e0009772_21135713.jpg


白の外郎生地に小豆を乗せ、三角形の形に包丁で切った和菓子です。

小豆は邪気を祓い、三角形の白い外郎は暑気を祓う氷を表しているとか…

昔々は氷室に貯蔵された氷は庶民には縁遠いもので、
それを白い外郎生地で氷に思いを馳せていたのです。

表現が適切かどうかは分かりませんが、心頭滅却すれば火もまた涼し!

昔の人にはこういった形で暑気を祓う心の余裕があったことを
現代人は改めて見直す必要があるなあ!

水無月をいただきながら考えさせられた今日6月30日でした(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-30 21:13 | 催事記

千鳥饅頭で有名な千鳥屋宗家、期間限定で季節感のある商品を販売されます。

今回ご紹介するのは、笹の葛。

e0009772_21512292.jpg


千鳥屋宗家各店の情報では6月15日~25日となっています。

期間限定で、すでに販売が終わっていることにはタイムリーな情報提供が
間に合わず、申し訳なさを感じながら原稿を書いています(謝)

甘さ控えめのこし餡を道明寺入りの葛餅で包んだ瑞々しさを感じる涼菓です。

4個入りで税別:480円は価格的にもリーズナブル!

原材料も砂糖、小豆、葛、澱粉糖、もち米粉といったもので添加物フリーも評価できます。

道明寺入りの葛餅で一般的な葛まんじゅうと比べて、ボディ感たっぷりな分、
こし餡を甘さ控えめ、薄墨のような味わいにしているバランス感覚が抜群にいい。

e0009772_2152467.jpg


笹の葉で巻いてあるので、道明寺の葛餅にほんのりとした笹の薫りが
涼しさと爽やかさを醸し出しています。

笹の葉は古来より防腐機能の面もあって、笹の葉寿司などにも
使用されていますが、一方で笹の葉の移り香が爽やかさを
もたらすことで、中身のおいしさをぐっと引き立てる側面もあります。

ビジュアル面での季節感も相まって、笹の葉やつま物といった自然素材を
上手に使うのも日本が世界に誇れる食文化。

五感で感じるおいしさ+涼しさをこのお菓子で体感できて満足(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-29 21:52 | おすすめスイーツ

加古川名物 春光堂 鹿児の餅

e0009772_0112949.jpg


よく似たお菓子は各地にあります。

福井の羽二重餅が有名ですが、岡山の吉備団子、高松の紅白の源平餅…

ここはあえて福井の羽二重餅と比較すれが鹿児の餅の方が
ふわふわで、味わいというか甘味があっさり風味かもしれません。 

e0009772_0122082.jpg


何せシンプルすぎるがゆえに味や食感の違いは
原材料と製法の微妙な部分が大きく影響してくると思います。

また、このお菓子、年中安定して作るには、気温や湿度といった気象条件の
微妙な違いを肌で感じ取らないとできないかなあ?

派手さはない素朴なお菓子ですが、案外奥の深い銘菓かもしれません(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-26 22:00 | おすすめスイーツ

ジメジメとした梅雨のうっとしい毎日ですが…

これから初夏に向かってシーズンとなるのが鮎!

貴船か清滝の川床で焼き鮎なんて食べたいのですが…

鮎は鮎でも今回ご紹介するのはお菓子の鮎。

鼓月のお菓子 かつら川鮎。

e0009772_23333553.jpg


同じようなお菓子はあちこちでありますが、このかつら川鮎は
しっとり皮に中身の求肥がたっぷり!

e0009772_23343286.jpg



気持ちで涼を味わいたいと思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-25 23:34 | おすすめスイーツ

広島の名物といえば、漫才師B&Bでおなじみの『もみじまんじゅう』…少々古い話ですが(笑)

広島の土産としても無難ですし、宮島の桟橋から厳島神社への参道には最低10軒以上は
お店があると思います。

いくつかお店がある中で、いつも指名するのはにしき堂。

そのにしき堂が広島新銘菓と銘打つのが生もみじ

e0009772_23564690.jpg


e0009772_23573316.jpg


従来のもみじまんじゅうのふわふわカステラ生地に対して、生もみじはモチモチとした餅生地!

e0009772_23592727.jpg


こしあんも従来のもみじがしっかり甘めであるのに対して、控えめな甘さ!

e0009772_001033.jpg


生もみじが従来のもみじまんじゅうの売上を抜いているようだが、それぞれファンがいるように思う。

e0009772_005834.jpg


個人的には生もみじもいいが、従来のロングセラーの定番もみじまんじゅうが好きだし、
頑張れ!とエールを贈りたい(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-24 23:45 | おすすめスイーツ

日本一辛い黄金一味…すごいネーミングだとは思いませんか?

e0009772_20342412.jpg


日本一辛い…日本一辛いって、どういう基準で、どんな評価で! 

そんなことを考える前に実際に味わってみたい!という衝動に駆られます。 

さらに黄金一味と続くと、辛くて、おいしいと感じます。

黄金って何だかプレミアム感を感じます。 

それにしても、ネーミングというか、看板だけでその気にさせる商品って凄さを感じます。

唐辛子の大半が輸入に頼っている中、ずっと国産にこだわって栽培からこだわっていることに
その説得力があって、ゆえに看板に偽りなし!

いくらネーミングが良くても、実態が伴ってこそのネーミング!

この日本一辛い黄金一味については詳しくはこちらをどうぞ!

ところで、この唐辛子、江戸時代のある天才が関わっています。

e0009772_20355662.jpg


この天才が今の世に生まれていたなら、天才マーケッターとか
天才プロデューサーと呼ばれていたんでしょうね(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-23 20:36 | ヒットの予感

おかげさまでブログを書き始めて10年に…

最初の記事は2005年6月23日

タイトルは『とうとうブログ始めちゃいました』

e0009772_19465748.jpg


その約1年前にホームページとメルマガを
立ち上げて当時は毎週発行のメルマガと
ホームページの更新で手一杯。

そんな時にブログの師匠から、『ブログって簡単!簡単!』と
ごくごく短い手ほどきのレッスンを受けて開始。

まあ、できるところまでやろうかな?と考えながらのスタートでした (笑)

ホームページはパソコンのバージョンアップでソフトが使えず、
2011年以降更新ストップ、メルマガは気が向いたらたまにゆる~く更新(笑)

ブログも途中スランプがあったり、大手術があったりで途中下車はあったものの
何とか10年続いてきました。

この間、辛抱強くお付き合い下さった読者の皆さんには感謝申し上げます。

おかげさまでこのブログがご縁でのつながりもたくさん生まれたことが最大のヒット!

また明日から1日1日続けていきます。

e0009772_19414452.jpg


ところで、以前書いていた書評や思ったことはどうなりましたか?という
ご意見も少々いただくことがあります。

中にはその方が楽しみとおっしゃっていただくありがたい激励もあります。

その分、あちこち脱線していて、とてもおいしいもの見つけ隊 隊長日記の
タイトルとは場違いかな?とも思っています。

このブログはとりあえず食にまつわること、たまには行動範囲の
宝塚や高槻に関する内容に絞って書くことにしていくことにします。

書評などは機会ができたら、別のブログで始めることができれば…(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-22 19:47 | おいしいものアーカイブス

いや、蒸し暑い毎日です!

昔々、この時期に朝一番の飛行機で羽田に飛んで、朝10時の集会に臨んで、
お昼過ぎの特急あずさで、車内でサンドイッチをかぶりながら新宿から甲府へ…

甲府でいわゆる政界のドンと呼ばれた金丸さんが作ったといわれる
笛吹川の通称金丸橋を通って工場見学と打合せをして、また甲府から
身延線で富士市経由で静岡へ出て、夜の9時過ぎに新幹線で帰阪という
強行スケジュールを経験したことがあります。

当時もバテバテでしたが、手術を経験した今ではそんなことしたら命取りかもしれません(苦笑)

その頃から甲府名物、甲府銘菓といえば、桔梗信玄餅が有名で、
今回ご紹介する、澤田屋さんのくろ玉は存じ上げませんでした。

e0009772_21475736.jpg


このお菓子、実は昭和4年からある由緒ある歴史のお菓子です。

残念ながら、今回、とある方からいただくまでは存じ上げず…

その昔々は強行日程で、蒸し暑く、バテバテだったので、こんなに
おいしい銘菓に気づかなかったのかもしれません

改めて、甲府銘菓のくろ玉をご紹介!

e0009772_21483831.jpg


えんどう豆を練りつぶし、うぐいす色のあん玉にしたものを羊羹でつつんだもの。

e0009772_21491275.jpg


黒い褐色の弾丸みたいな外観と中身のうぐいすあんのコントラスト

色彩的にもびっくり感がありますが、味わい的にも構えて食べると
ほっこり感を感じさせてくれるギャップ感が面白い。

たとえはよくないかもしれないが、人間でも顔は強面(こわもて)でも
心優しいという方もいらっしゃるのと同じかなあ(苦笑)

まあ、それはさておき、冷やして食べると、これまたおいしいのです(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-19 21:49 | おすすめスイーツ

古川製菓の丁稚羊羹

お互いに物々交換をしているご近所さんがある!

いつもながら自分が知らない、おいしいものをいただく。

ずいぶん前、春先になるが、いただいたのがこの丁稚羊羹。  

e0009772_2133177.jpg


こちらのブログにも紹介記事があります。 

この丁稚羊羹、どうやら冬季限定だとか…

水ようかんのようでありながら、食べてみると底力は凄い。

柔らかさの中に実にきめ細かさがある。

食感はペロペロでありながら、水っぽさを感じないのがポイント。

e0009772_21333874.jpg


小豆の風味もしっかりしているので、こしあん作りがしっかりしているのかも…

水っぽくなると、ただの水ようかんの出来損ないになってしまう。

普通の羊羹では重たいと思われる方でも、これならあっさりペロッといただける。

あっさり、みずみずしい食感、きめ細やかな味わい。

パッケージはシンプルで一瞬、豆腐かこんにゃくかと思ってしまうかもしれないが、
実際食べてみるとおいしいからお客さんの絶大な支持を受けているのかも…

ただ、この丁稚羊羹、冬季限定というのが惜しい。

保存性の問題があるのかもしれないが、食欲の落ちる暑い季節に
このみずみずしい食感、口あたりの良さに加えて、小豆のエネルギーパワーと
栄養素を補給できるので素晴らしいと思うのだが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-18 21:34 | おすすめスイーツ

サンマルクのチョコクロ!実に息が長い商品です。 

e0009772_21572722.jpg


うまく説明できませんが、ドトールでもなく、スタバでもないのがサンマルクカフェの立ち位置。 

利便性のドトールでもなく、サードプレイスの提供というスタバでもなく、
最近のサードウェイブのこだわり焙煎のカフェでもない。

確かにカフェというからにはコーヒーも重要な要素でもあるが、サンマルクの立ち位置は
コーヒーとその他メニューとの比率が違うと個人的には思っています。

サイドメニューというより、それぞれが主役に立ってもおかしくない、その代表がチョコクロ!

e0009772_21585113.jpg


サクサクのクロワッサン生地でチョコを包んでいるもの。

生地に練り込むのではなく、ビターの板チョコをクロワッサン生地に挟むというのは
それまでありそうでなかった発想。

お持ち帰りのボックスはあるし、どこまでベーカリーでどこまでスイーツなのか?

境界線がなく、オーバーラップしながら、しかもこのチョコクロだけ独立した地位の産物。

カフェのお伴でもあり、単独でチョコクロを頬ばることもあり、
僕の場合はどちらかと言えば後者。

サンマルクの代名詞と申し上げてもいいくらい。差し入れにもいいですね(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-17 21:58 | おいしいパン