千鳥屋の丸房露

まるぼうろは16世紀後半(1570年頃)ポルトガルから伝わった南蛮菓子!

佐賀県や長崎県ではご当地の菓子として有名ですが…

今回ご紹介させていただくのは、千鳥饅頭で有名な千鳥屋の丸房露(まるぼうろ)

e0009772_2350265.jpg


こういう日持ちのするお菓子はおやつや間食としてカバンに忍ばせています。

e0009772_2351569.jpg


手術で胃袋を引っ張り上げたり、小さくなった人間にとっては何回かに分けて
食事や間食で栄養補給する必要があります。

e0009772_23515425.jpg


しかもお茶にも紅茶にもコーヒーや果汁飲料にも合う素朴な味わい!

こういうお菓子は私のような人間にとっては必需品として助かります(ペコリ) 
by mitsuketai | 2015-08-28 23:52 | おすすめスイーツ

チョコレートをぎゅっと凝縮させたショコラフランボワーズがmaQザッハ!

神戸老舗チョコレート専門店マキィズの看板商品です。

e0009772_2116810.jpg


この商品、説明はここををクリックしてホームページをご覧下さい!

今回はこちらの説明に優る表現をする自信がありません(笑)

あえてひと言申し上げると、ありとあらゆるチョコレートのおいしさを四角く凝縮したもの。

e0009772_2114043.jpg


e0009772_21152354.jpg


サイトも実によくできていて、画面をスクロールしていくと一度食べてみたい!と
気持ちが高ぶってきたところに買い物カゴにプチっと注文を入れてしまうように、
あたかも魔法にかけられたかのように誘導されてしまいます。

そういう面でも買いたくなる工夫は感心しきり!

パッケージもご存知のようにオシャレで小分けサイズになっています。

中身のおいしさは大前提ですが、おいしさは実際に食べてみないと分かりません。

おいしいものさえできれば売れる!そう信じて疑わない人もいますが(笑)
おいしさを伝えるにはデザイン、パッケージやビジュアルも重要。

食べてみたいと思わせないと、実際においしさを感じてもらうところまでいきません。

そういう意味ではこれからの時代、マキィズの商品戦略は参考になると思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-08-27 21:16 | おすすめスイーツ

当ブログの夏場のアクセス数1位は下記の記事!

葛まんじゅうと水まんじゅうの違いって?

何の権威もお墨付きもない自己流の勝手なる解釈ですが、
アクセス数がダントツに多いことに少々びっくりしています。

ならば、この時期、どこかの水まんじゅうをご紹介しないと…(汗)

今回は大阪府池田市 光楽堂光國 水まんじゅうをご紹介! 

e0009772_2119929.jpg


このお店の夏場のウリは冷やしみたらしなんですが、
ここはあえて水まんじゅうに挑戦!

e0009772_21195362.jpg


定義その①…透明感のある乳白色の部分が大きく、中のあん玉が小さいのが水まんじゅう。

以前の記事で書いた定義その①にハマっています。

あえて補足させていただくと、あん玉が小さい分、すっきりしているけれど、
乳白色の部分が大きくても、一体感とあん玉としての存在感がしっかり!

定義その②…水まんじゅうの生地にはほんのりと甘涼しさを感じるピュアな純水を
       閉じ込めている感じがすること。


この定義その②にも合致しています!

水まんじゅうの名の如く、清流の流れに甘涼しさを閉じ込め、つるりんと湧水のような清々しさを感じます。

見直してみると、この水まんじゅうの定義、結構イケてる!と自画自賛してしまいそう(苦笑)

残暑厳しき折、見た目、イメージ、のどごしでせめて涼を求めたい気分!

小ぶりなのであっという間にいくつでも食べてしまいそう!

小豆も抹茶どちらも甲乙つけがたいくらいの爽やかなおいしさ!

池田や箕面は洋菓子の街といったイメージがありますが、レベルの高い、
歴史のある和菓子の名店も結構あります(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-08-26 21:20 | おすすめスイーツ

おいしいもの見つけ隊のホームページを開設したのが2004年7月。

この時にホームページとメルマガでご案内させていただいたのが
明治屋ストアーオリジナルブランド ヌーボー旬のいちごジャム!

最近はOSのバージョンアップに対応するホームページビルダーの
更新を止めている為、ホームページも開店休業中、生きた化石みたいに
なっていて申し訳ありません。

ちなみに当時の情報はこちらをご覧下さい。 

ここ5、6年久しくこのいちごジャムとは疎遠になっていましたが、
久々に買い求めてみました。

e0009772_2112810.jpg


感想をワンフレーズにすると…想い出の中の初恋の女性が一番!

あの頃のヌーボーイチゴジャムは一体どこへ…

600g:1,365円(税込)が570g:1,512円

価格は若干上がっているのは仕方がありません。

g数的には若干の違いですが、瓶の形状のイメージから見れば
ずいぶん小さくなった感じは否めません。

e0009772_21125610.jpg


以前はイチゴの粒がつぶれず、形があり、しかもほどよい甘みとイチゴの風味… 

昔のこの感激、ときめきはどこへいったのやら…(苦笑)

大きないちごの粒がゴロゴロしていた粒感は感じられないし、
甘味も酸味も薄く、ペクチンの固まり具合がきつく、ジャムというより、
ゼリーみたいな感覚の方が正直な感想。

e0009772_2114256.jpg


同情する訳ではございませんが、難しい面もあると思います。

原材料や資材の高騰や光熱費の上昇などがあり、
その面をストレートに反映すると価格はもっとアップすると思います。

600gのまま、以前の原材料の配合では2,000円くらいは当たり前!

いちごジャム1瓶:2,000円になると売れ行きはどうなるのか?

価格を取るか?それとも価格は上がっても品質を維持するのか?

価格は2,000円くらいになっても以前のおいしいものを食べたいのか?

これはメーカーにとっては苦渋の決断だと思います。

どちらが正解か分かりません。売上は単なる結果論であって、
お客さんの評価は単なる数字の尺度で測ることはできません。

人はそれぞれ好き勝手なご意見を述べられることが多いと思います。

そこをあえてお許しいただけるのであれば、個人的には1瓶:2,000円くらいになっても
2004年頃の私がホームページでご紹介した、ヌーボー 旬のいちごジャムを
食べたいし、買い求めたいと思います。
by mitsuketai | 2015-08-25 21:15 | おいしいものアーカイブス

佐賀県の唐津に銘菓 大原松露饅頭があります。

e0009772_18395169.jpg


あっさりした味のこしあんを薄く丸い、カステラ生地に包んで焼き上げている饅頭です。

e0009772_18403817.jpg


e0009772_1842071.jpg


社会人になって3年目、仕事で全国の支店・営業所とやりとりする部署にいた関係で
各地の担当者と仲良くなることがありました。

ある夏、福岡の女性事務員が京都に遊びに来られるということに…

実はその女性と同僚は恋仲でしたが、同僚は京都案内に疎いということで
なぜか駆り出されることに…(笑)

特に女性の希望は、京都大学の本館時計台を一目拝みたいとのこと…

e0009772_18383386.jpg


たまたま僕の叔父ふたりが当時、京都大学の助手(いまでいう助教)と院生でしたから
幾度となく遊びに研究室にも出入りしたりしていた関係で、守衛さんとも知り合い!

事情を話しして近くから眺めてもらいました。

後で分かったことですが、小さい時に生き別れになった
実のお父さんが京都大学の先生ということ!

家族には内緒で、京都へ、しかも一度京都大学へ行ってみたかったようです。

後日、自宅あてにご丁寧なお手紙とともに、贈っていただいたのが大原松露饅頭。

今から30年以上前のある夏の想い出ですが、夏が来ると思い出します(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-08-24 18:42 | おすすめスイーツ

果物の見極めは難しいと思います。

このブログではこれまで、できる限りマイナス情報の発信は避けていました!

しかしながら、マイナス情報もこれまた私と同じ憂き目に遭わないための
情報としては読者の皆さんにも少しはお役に立てるのかもしれません。

今回、これまでハズレがなく信用していた、通販サイトでものすごくそそられる内容だったので
山梨 大藤の浅間白桃を取り寄せました。

e0009772_1750656.jpg


うたい文句はこんなものでした! 

「桃の品種で最も美味しいのは浅間白桃」 農家や青果市場関係者はそう口を揃えます。

『浅間白桃』は桃の中でも最も暑い時期に出荷される品種で、食べることが出来るのは
1年のうち2週間と限られた期間のみ。

毎年、産地ではこの桃を求めて行列が出来るほどの人気品種です。

しかし現在、浅間白桃は市場から消えつつあります。

元々この品種の栽培方法は、非常に難しく、育てるためには高い技術力はもちろん、
厳しい管理をしなければならず多くの手間暇がかかります。


こんな文言を見て、これまでハズレがなかったので安心してしまいます。

e0009772_17505270.jpg


しかもメルマガでこんな追い打ちの文面が来ると、信じざるを得ない気持ちに…

山梨の生産者の誰に聞いても、《この桃が一番》というから凄いです。

 『浅間白桃(あさまはくとう)』という桃なのですが、
 栽培が難しく、産地から消えようとしています。

 今年、山梨の生産者に会いに行ったとき、
 去年まであった浅間白桃が根元から切られていました。

 切った本人はそれでも、「浅間白桃が一番美味い」と言うのです。

 私は青果物の仕事を始めて1年目で、この桃が一番美味しいと
 思ったのですが、誰もがそう感じる程に凄い品種です…
 今を逃すと来年まで出会えません。


\今を逃すと来年まで会えない/★最上の桃『大藤の浅間白桃』

箱には秀品の押印があり、担当者も試食し、糖度センサーで糖度を計り、
一定水準を満たした桃を選果した上出荷されているとのことでした。

生鮮品の為、個体差もあり、食味については、個人差もあるため…

こんな言い訳めいたことが回答の前面に…

フルーツの見極めは難しいのは百も承知です。

ただ、色々なものを食べ比べてきた結果、これはどうも誤差の範囲では済まないと…

あくまで自己責任で判断し、購入したのは私の責任です。

返金も代替品も要りません。

もちろん、たまには判断を誤ったり、天候の加減で試食した時と
実際出荷した時では味が変わっている場合もあります。

果物の場合、糖度センサーは糖度の尺度を測るものであって、
旨さを決める糖度と酸度のバランスまで見極めることはできません。

e0009772_17515382.jpg


ただ、今後も取り寄せて大丈夫かどうかの確認というか、意気込みを
確認したかったのですが、どうも回答は紋切り型なのです。

ちょっとしたことで思わぬ本音が出たりするものです!

あれもこれも聴いていては利益も業績も上がらず、業績にも影響します。

看板や信用をどういうバランスで守っていくかは実に悩ましいところ。

買う側の論理、売る側の論理、どこに比重を置くか…

他山の石として留意しなければなりませんが、この点に対する明晰な答えは見つかりません。

でもメルマガの文書では青果物を担当して1年云々!

1年生社員如きに自信満々に語らせる通販会社も通販会社ですが、
こちらもよく文章を読んで、経験の浅い1年生の説明を鵜呑みにしたこともミスかな(苦笑)

だからこそ、売る側も知ったかのような返答するのではなく、もっと謙虚に
反省の弁を伝えてくれれば、納得もしたし、気持ちもよかったのに…(残念)
by mitsuketai | 2015-08-21 17:45 | 野菜のソムリエ

サザエ食品 本わらび餅

デパ地下にもある、おはぎで有名なサザエ食品!

暑い夏におはぎはどうも重たいなあ…

そこはさすが!サザエ食品、しっかり本わらび餅(笑)

e0009772_23515978.jpg


おはぎメーカー、わらび餅もなかなかのもの!

けっこうプルプルしていて実に甘さ控えめな上品な味わい。

そして決め細かく、香ばしいきな粉がさらにわらび餅の味わいを引き立たせるすごワザ!

e0009772_2353241.jpg


冬場に売れるモノ、夏場に売れるモノ、しかもきな粉など扱っている素材や技を
うまく活用しながらバランスを取ることは重要ですね(ペコリ) 
by mitsuketai | 2015-08-20 23:53 | おすすめスイーツ

うなぎの旬はいつ?

先月の話でまことに恐縮ですが…

今年も7月の土用の丑の日は猫も杓子も、マスコミも鰻一色でした!

もちろんご多聞にもれず、私もその手に乗っちゃいましたが…(笑)

地元、高槻の芥川商店街の魚政さんは鰻を焼く煙に長蛇の行列でした。

ところで素朴な疑問ですが、鰻の一番おいしい時期って夏なんでしょうか?

どうやら鰻のおいしい時期、いわゆる旬は冬だそうです。

こちらの記事によると… 

鰻は寒い時期を乗り越えようと脂をたくさん蓄えるため、
冬にさばくと手がつやつやになるほど脂がのっていて、
身もやわらかくおいしいというのがその理由だそうです。

まあ、これは天然の鰻に言えることで、大半を占める養殖鰻は
夏の土用の丑の日に合わせて調整されているとも聞きますが…

ところで、土用の丑に鰻を食べる習慣は諸説あるものの、
江戸時代の鬼才 平賀源内が夏場に消費の落ちる鰻屋の
親父に懇願されて知恵を絞ったという話が有力。

ところで、平賀源内の行ったこととは…

鰻屋の店頭に『本日、土用の丑の日』という貼り紙をしただけ!

ポイントは鰻が土用の丑の日にいい!なんてひと言も言っていないこと!

土用には精のつくものを食べたら身体にいい!

丑の日には“う”のつくものを食べたらいい!

こういう2つの言い伝えを『本日、土用の丑の日』という
キャッチコピーから連想させただけなのです。

ワンフレーズ!でその気にさせる…

これはもっともあこがれる才能ですね(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-08-19 20:41 | 催事記

大阪市の中央区 本町橋 大阪産業創造館の向いにゼー六があります。

一応喫茶店なのですが、やはりゼー六と言えばアイスモナカ!

一般にスーパーで売っているメーカー品のアイスモナカとは別物!

何が異なるのか? 

メーカー品のアイスモナカの中身のアイスは濃厚なアイスクリーム

モナカの皮もどちらかといえば、ソフトクリームのコーンを薄くしたようなもの。

その点、ゼー六の中身のアイスはあっさりした、シャリ感のあるアイスクリン。

モナカの皮も和菓子の最中に近いタイプ。

これこそ、和風アイスクリンを食べやすく工夫されたものなのです。

最近は分かりませんが、以前、本町橋のお店は保冷剤がなく、
どうしてもお願いすると、新聞紙を何重にもぐるぐる巻きにして
もらったことがあります。

ところが最近ゼー六さんに姉妹店があることが分かりました。

ゼー六さんの歴史や商品の情報はココをクリックして
道修町ゼー六さんのホームページをご覧下さい。


画像のアイスモナカも道修町ゼー六さんのもの。

e0009772_2155592.jpg


e0009772_21554378.jpg


こちらではお取り寄せもできます。

e0009772_21562129.jpg


e0009772_21572614.jpg


近くに立ち寄ったら食べるもよし、お持ち帰りもよし、お取り寄せもよし(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-08-18 21:59 | おすすめスイーツ

神戸洋藝菓子 ボックサンのふんわりショコラ!

チョコスフレ生地にチョコクリームをサンドして、
しかもチョコクリームには生チョコが忍ばせてあります。

e0009772_07649.jpg


神戸洋藝菓子 ボックサンのフェイスブックにも説明があります。

ココをクリックしてご覧下さい! 

チョコスフレ生地、チョコクリーム、生チョコの一体感が素晴らしい!

しかも口どけの良さもこれまた抜群!

ふんわり、ほんわかとしたチョコの味わい。

スフレもクリームもふんわり!

ネーミングは『ふんわりショコラ』

その名の通り、ネーミングとビジュアルで、一目瞭然で伝わってくる!

ボックサンのふんわりショコラ!

中身もネーミングも優れものです(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-08-17 23:58 | おすすめスイーツ