薯蕷饅頭

薯蕷饅頭の薯蕷って難しい漢字ですね!

薯蕷と書いて“じょうよ”と読みます。

ということは薯蕷饅頭は一般に上用饅頭と呼ばれる
あの紅白の丸いお饅頭のことです。
e0009772_22495981.jpg

薯蕷というのは山の芋(つくね芋=大和芋)、」自然薯とも言われ、
山の芋でも長いもと違って、粘り気の強い山の芋を意味します。

山の芋をきめの細かくすりおろし、砂糖と上用粉を加えた生地で
あんを包み蒸しあげたものが薯蕷饅頭なのです。

あんこを包んでいる皮がしっとりしているのも山の芋を細かく
すりおろして練りこんでいるからなのです。

あんこと一体感を成す皮の部分もやはり山の芋 薯蕷の力!
e0009772_22511780.jpg

今、介護施設でリハビリをしている父親がしきりに所望するので(笑)
そのために注文した薯蕷饅頭の画像です…実においしそうに食べます!

その薯蕷饅頭を上用饅頭と書くのは、昔々、和菓子が庶民に
とって高嶺の花で貴族といった身分しか食べられなかった時代の名残りとか…

こんなことを申し上げると一定以上の年齢の方にしか
ご理解いただけないかもしれませんが、小学校等で式典の際に
いただく紅白饅頭があったことをご記憶の方も…

あの皮はパサパサで、皮の部分をムキムキしながら
あんこだけをつまんでいたような…

たぶんあの紅白饅頭は山の芋を使っていないかもしれないので、
薯蕷饅頭や上用饅頭と言わず、単なる紅白饅頭の名称になるのかと推測しています。

紅白饅頭と薯蕷饅頭や上用饅頭とは一線を画すのかなあ(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-07-04 21:25 | おすすめスイーツ