やんちゃなビル、お茶目なサリー ME AND MY GIRL

ビルとサリーといえば、僕が愛してやまないミュージカル ME AND MY GIRL

今年もME AND MY GIRLを観ることができました。

しかも、介護の検査の合間をぬって…(苦笑)
 
梅田芸術劇場での宝塚 花組公演!
e0009772_851441.jpg

月組の十八番(おはこ)であるME AND MY GIRLを…
これは各組で毎年公演してくれるのではと密かな期待をしています。

では、満場の皆さん、読者の皆さん、坊ちゃん嬢ちゃん…
今回の公演の感想をご案内することにします。

なお出演者の敬称は省略しておりますのでご了承願います。

ひと言で申し上げれば、やんちゃなビル、お茶目なサリー

主役の真飛 聖のビルは今までにない、新しいビル像!

やんちゃだけれど、どこか憎めないビルという人物をうまく演じておられる。

一方、桜乃彩音のサリー、確かにかわいいのだが、
それにお茶目な、チャキチャキの下町娘の姿がプラスされている。

やんちゃのご落胤とお茶目なチャキチャキ下町娘、それぞれが身も心も
ヘアフォード家という貴族社会の一員にふさわしい姿へと変身していく過程が実に面白い!

貴族にふさわしくなる修行のため、相続の後見人ジョン卿の粋な計らいで
身を隠していたサリーが現れ、ビルと対面するクライマックス。

自分のために身をひいたと思い、サリーを探すために、荷物をまとめて
ヘアフォードのお屋敷を出ようとする、まさに一途な思いは最高潮!

ビル :『この野郎、てめえ、いったい今までどこへ失せてやがったんだ』

サリー:『ビル!』

ビル:『サリー!』

なぜか、不思議なことに、この場面で思わず、ググッと涙がこみ上げてきた。

今まで何回ともなく、ME AND MY GIRLを観続けているが、
ググッと涙がこみ上げてきたことは初めてで、今回のビルとサリーには
改めてどこか新鮮さを感じている。

劇場の制約上、生オーケストラでなかったり、銀橋がなかったり、
大階段がなかったりと宝塚大劇場や東京宝塚劇場と比べて
ハンディキャップはあるが、それでも今回のME AND MY GIRL
素晴らしい出来栄えになっている。

緞帳が下がったあと、カーテンコールにこたえて、
毎回あいさつをされる真飛 聖を初めとする
今回の出演者のサービス精神にも好感を覚える。

月組の十八番(おはこ)を今回花組が公演!

月組のME AND MY GIRLとなると歴代トップが
どうしても気になり、知らず知らずと月組カラーに…

その点、ベルばらみたいに各組競演していただくと
それぞれカラーの違ったME AND MY GIRLが
楽しめるので、今回の取り組みは大歓迎(ニヤリ)

それにしてもなぜME AND MY GIRLに惹かれるのか?
 
やはりビルとサリーのいじらしいほどの一途さ! 
 
どうしても、この一途さには弱い隊長でした(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-07-09 06:58 | OH!タカラヅカ