最後の一分

サッカーでロスタイム終了のホイッスルと同時に起死回生の決勝ゴール!

バスケットで終了のブザーと同時に逆転のロング・スリーポイントシュート!

最後の最後に勝負を決める一手って、痺(しび)れますよね…(苦笑)

いずれも、間際の一分、文字通り最後の一分を目いっぱい使って
成功に導いています。

あせって30秒くらいにワンプレーをして、失敗したら…残りの30秒での成功は絶望的。
e0009772_018220.jpg

そのためには、いつも最後の一分、ワンプレーで何ができるか
いつも頭に入れながら、シュミレーションしておくことが必要。

あわせて、もうひとつ大事なのが、平時は悲観論者に、非常時は楽観論者に…という考え方。

平時に悲観論、つまり最悪起こるようなことが発生した場合には、どんな方法があるのか?
好調な時はどうしてもイケイケ・ドンドン(笑)

平時には悲観論的に最悪を想定したシナリオから最良を想定したシナリオまで
それぞれの所要時間も考えておくことが大事…備えあれば、憂いなし!

非常時には、特にリーダーやトップ、経営幹部が大丈夫だ、安心しろ!と
ある意味開き直って、ここまでヤルことはやったから、あとは運を天にゆだねるという
楽観論的な考えでいかないと周囲までもが狼狽して、適正な判断もできなくなる。

最後の一分、短いようで長い一瞬のタイム!

どうしても、一発起死回生のタイムリーな手が打てるのは、ひとえに
平時は悲観論者に、非常時は楽観論者に…という考え方次第である(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-07-23 23:58 | 教え