ニチレイのアセロラ

サントリー:ニチレイから飲料事業買収 アセロラ展開へ
e0009772_23463084.jpg

またまた食品業界の統合、再編のニュースです。

確かにニチレイの飲料事業はアセロラだけなので、
合理化を図る意味では正しい選択かもしれません。

それでも売上規模が50億円程度あれば、立派だなあと思います。

今でこそ、アセロラといえば、ビタミンCがレモンの○○○個分なんて
皆さんご存知ですが、最初に始めた頃はアセロラっていったい何(笑)

しかも、このアセロラを飲料として商品開発をされた経緯を
知っているだけに、このニュースを聞いた時に複雑な思いが…

実際に開発されたのはニチレイじゃなく、とある飲料メーカー

それ以上は詳しく書けせんが、苦心の末に今のあの赤い
イメージのアセロラドリンクを開発されたのです。

しかも、アセロラに対する認知度は皆無に等しいくらい!

その商品を50億円規模に育て上げ、ニチレイの合理化のために
サントリーに営業権を譲渡し、原料の供給のみに特化する…

苦労も商品ストーリーも金で買われるような時代になって実にさみしい。

サントリーが悪い、ニチレイが悪いと言っているのではなく、
一から立ち上げるより、金さえあれば、それまで育てたところから
買収して大きくなる方が手っ取り早いという発想の横行。

そのうちに統合するものがなくなったらどうするのでしょうか?

やはり、少数精鋭で色々な中小も含めた企業が共存共栄、
切磋琢磨して技術やノウハウを蓄積しなければ、そのうち
ネタは底をつき、新しいモノや価値はなかなか出てこない可能性もあります(ペコリ)

少数精鋭の集まりが共存共栄しながら、お互いの得意を伸ばし、
補完しあう仕組みを早急に作らないと、いずれは外資のエジキに…

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-07-28 23:46