社長のノート 

先日、大阪のビジネス街の小さな書店で目に留まったのがこの本

社長のノート 仕事に大切な「気づきメモ」
e0009772_21481875.jpg

商談の時間30分前に着いてしまったので、ふらっと立ち寄ったのですが
この本屋さんの本の並べ方が素敵で、つい立ち読みし、商談が終わったあと、
やっぱり気になって、この本を買ってしまうハメに…

2000社の赤字会社を黒字にした社長さんが著者。

これは忘れずにメモしなければ、27歳から仕事に大切なことを
ノートに書きとめ、40年間“気づき”をメモされてきたノートの
エッセンスが詰まっています。

あまり、本の内容を書きすぎると、著作権の問題になるので書きませんが(笑)

見開きの2ページ、それぞれのページに気づきのテーマとその解説が書いてあって
実に読みやすい、そしていくつかまとめて章のタイトルがあり、実にコンパクト!

実際、2000社もの赤字会社を黒字にする過程で積み上げられてきた
“気づき”のエッセンスなので、一般的な無味乾燥なビジネス書や
意味不明な難解なマーケティング書、精神論を述べているだけの本とは違います。

延々とご高説を賜るだけの営業会議や報告をもとに何とかせよ!という
具体性に欠ける会議をするくらいなら、各自にこの本を読んでいただいて、
自分の仕事と照らし合わせて、気づくポイントとそれを業績貢献のために
どう活かし、具体的にどのような対策を採るべきかレポートを書いてもらう方が得策かも…

もっとも自戒の念を込めて、即できるようであれば苦労はしませんが…(苦笑)

それでも、この本を読んで、日々少しでも考えを改めて、行動を変えていかないと、
先が見えない不透明な時代に、生き残っていけないかもしれない!

この本を読んで、そんなことを感じた次第です(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-08-13 20:21 | おススメ本