姫路 白鷺陣屋(はくろじんや) 五拾萬石

先日、武雄のかいぼー先生のブログを拝見していたら
姫路駅とお土産の話題を記事にされていました。

さすが、かいぼー先生、姫路のお土産にしっかりと『書写千年杉』を購入されていらっしゃる。

この『書写千年杉』は特殊なバウムクーヘンでバウムクーヘンマニアでは
知らない方はいないくらい。

姫路にお越しになられた旨に対する感想と姫路の土産菓子について書きますね!と
コメントを入れたところ、たいちょうさんのブログでの姫路の和菓子の紹介で、
二度美味しい思いをしたいと思います♪ あ、伊勢屋本店の玉椿も買って帰りましたよ。


伊勢屋本店の玉椿も姫路銘菓で、押さえるべきところはさすがしっかりと…

ここまで完璧だと、コメント書いた手前、どうしようか…(汗)

ところが、あとひとつ残っていました、それが白鷺陣屋さんの五拾萬石。

JR姫路駅の構内、伊勢屋本店さんの向かいにも店があります。

まずは包み紙が個性的、それが商品自体も個性的な最中(もなか)
e0009772_21572815.jpg

e0009772_2221748.jpg

①海苔(のり)の豊かな香りが広がるもなかの皮に、もち粉でできた求肥(ぎゅうひ)、そしてこしあん。
e0009772_2233187.jpg

②焼いた「こがし」のもなかの皮、求肥の中はつぶあん。
e0009772_2263642.jpg

当初はあんを求肥(ぎゅうひ)で包むお菓子が、日持ちしなかったため、
遠方に運ばれてもおいしさを保てるようにとこの形になったとか…

おかげで、口の中で3度、それが2種類となると、2つ食べると6倍美味しさを楽しめる?

白鷺陣屋(はくろじんや)さんは企業HPをお持ちではないので、
足で集めないと、なかなか情報は手に入りませんが、偶然出会う形でゲット。

ところで、姫路駅、昔の駅は線路がたくさんあって、いかにも大きな駅の風格が
あったのですが、高架になってコンパクトに、そして高架下の構内にお土産ショップの集積。

これは福知山駅も下記のように同様のタイプの駅舎に改造。
e0009772_2212940.jpg

駅舎に個性がなくなるのはさびしいので、せめて名物くらいは個性を保ってほしいものです(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-08-21 20:51 | おすすめスイーツ