ビタミンCの威力

まずはこの本をご紹介したい!

ビタミンCがガン細胞を殺す。
e0009772_21475027.jpg

この本に関心を持ったのは、ある方から高濃度ビタミンC点滴の
お話しを聞いたことがキッカケでした。

高濃度ビタミンC点滴を打つと、身体は元気になるし、お肌はピチピチ…(笑)

それでもいくつか疑問がありました。

ビタミンCを摂取し過ぎると、不要な分は尿といっしょに排出される。

過剰摂取のビタミンCが排出されるということは過剰摂取は身体によくないのでは…

そんな疑問についてこの本はコンパクトに、分かりやすく解説されています。

アスコルビン酸(ビタミンC)は選択的にガン細胞を殺す!
「超高濃度ビタミンC点滴療法」の最大のメリットは、副作用がほとんどない。

この書評も参考にしていただきながら、関心のある方はぜひご一読いただき、
そのメカニズムと理由を直に読み取っていただければと思います。

理科系はどうも?とおっしゃられる方にもおススメ。

ちなみにビタミンCがガン細胞を殺す仕組みについてはこちらの解説もどうぞ!

アスコルビン酸(ビタミンC)は抗がん剤やインターフェロンと比べると
比較的安価で供給もしやすい。

ところがアメリカでも、日本でも保険適用でないところが問題。

そりゃ、ビタミンCでガンが治る、副作用もないとなれば製薬業界も真っ青(苦笑)

実はこの超高濃度ビタミンC点滴はインフルエンザにも効果があるといわれている。

メカニズムを考えれば納得できるし、ワクチンと違って、ビタミンCの生成は
その気になれば、ジャガイモなどの澱粉さえ供給できれば何とかなる。 

ワクチンやタミフルが足りないのであれば、大至急、超高濃度ビタミンC点滴療法を
検証すべきで、これが可能となれば、澱粉からビタミンCの生成をフル稼働させれば
途上国も含め、多くの人が助かるかもしれない…

業界のしがらみ、政財界の癒着や利権、そんなことに気を取られていると、
人類に対して肉眼では見えない、ミクロの敵、病原性のウイルスの襲来に
なす術がなく、呆然と立ち尽くしてしまうだろう…

新型インフルエンザワクチンが対応できなければ、超高濃度ビタミンC点滴も
対インフルエンザ対策として、早急に考えるべきではと個人的には思っている(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-08-24 21:48 | サイエンス