システムは万能じゃない!

コンピュータから出てくる数字だから間違いない!

実際、伝票を調べてみたら、その数字は間違いだった(苦笑)

そんなことはそこかしこであると思います。

今、介護で衰えを見せている父親ですが、その昔、メーカーで
経理マンからコンピューター黎明期(パンチカードの時代)に電算室の
責任者をしていました…家庭でのワンマンぶりも含め、今は見る影もなく(苦笑)

余談ですが、へそくりを確保するために、奥さんに見せるニセの給与明細を
お願いする同僚が10名もいたとか…

その父親が常日頃、コンピュータから出てくる数字は100%信用するな!

システムは万能じゃない!

その理由はデータ入力も人間、システムを組むのも人間!

ヒューマンエラーを100%防ぐ手立てなんて存在しない。

つまり、コンピュータが出した1つの数字が100%じゃないという意味。

複数の面からチェックする仕組みを作るのと同時に、
数字を見ていて、どうもおかしいなあ?という勘どころも
数字が出る仕組みを知っていると分かるようになる…
e0009772_22372687.jpg

財務の基本的な仕組みを勉強しようと財務管理のテキストで
資金運用表や仕訳の勉強にトライしましたが、どうも苦手(笑)

どうも親と子では違う!ということを得意顔で認識。

もう20年前によく話しをしていた内容ですが、
どうやら今の時代にも通用しそうな気がします。

コンピューターがはじき出した数字だから100%間違いはない!

そんな時、システムは万能じゃない!とチラッとでも
脳の片隅において、少し変だなあという勘どころも
大切にするという発想を持ち合わせていると、
大きな失敗を招くヒューマンエラーを未然に防げるかもしれませんね(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-08-26 22:34 | 教え