ファトスタチン

ファトスタチン…京都大と東京大などの研究チームが発見した
          脂肪の合成を妨げ、過食による体重増加を抑える化合物。
e0009772_1520173.jpg

つまり、細胞内で脂肪の蓄積を阻害する物質だそうです。

これがメタボ特効薬?の見出し!

水を飲んでも肥える体質の人間にとってはうれしいかも…

肥えないためには、摂取カロリー以上のカロリーを消費する運動を行う、
それ以上に摂取カロリーを減らすかのいずれかですね!

摂取カロリーを減らすには、食べる量を減らす、高カロリー食から
低カロリー食に切り替えるしか方法が見当たりません。

その一方で、脂肪に変わる糖分を腸で吸収するのを阻害したり、
脂が体内に吸着しないようにするのもひとつの方法です。

食べ物のボリューム感はありながら、体内での消化吸収を阻害する。

そこまで議論を進めると、食べるという行為はいったい何だろうか…そんな疑問も湧いてくる。

食べるというのは元来、栄養摂取が目的のはずですから…

それでも飽食の時代になってくると、本来の栄養摂取目的から
おいしく、食べたい、カロリーを気にせず食べたい…

そんな気持ちの部分での食欲を満たす…“食べる”という行為の側面もあります。

美味しく、食べて、しかもカロリーオフ…最近のカロリー0ブームはまさにそのいい例!

カロリーゼロから食べた段階ではカロリーがあっても、胃腸で消化吸収をブロックして
結果的に摂取カロリー0、そんな食品の到来、今回のファトスタチンも価格が安定して
くれば、カロリーブロック食品へ応用されるかもしれませんね(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-08-29 15:20 | サイエンス